毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーラ最高峰ブランドから誕生した[B.A RED]
もう先月になりますが、
ベストコスメ3年連続を誇るポーラ最高峰エイジングスキンケアブランド「B.A」から
「B.A RED」誕生

ということで
サンプルをいただいて試してみました
こんなセットでした

一応、年齢的には38歳のLee。
どちらかといえば、20代の方が肌も身体も悲鳴を上げていた気がして
今はどちらも安定してきているのですが
それでも疲れが抜けにくくなったのは事実で、
周りに「疲れてるねー」とは言われたくないので
やはりアンチエイジングは大事!という気分になってます

で、クレンジング、ウォッシュ、ローション、ミルクと使ってみました
クレンジングとウォッシュは こっくりとした感触で
秋冬であればホっとする使用感ですね。
ローション、ミルクは とろみがあって、これも効きそうな感じ。
香りは印象にありませんでした。
前回のシリーズが、アイテム毎に香りが違っていて ん?と思ったので
違和感がないということはイイことなのかもしれませんね

年齢を感じさせ内には頬が大事!ということで
頬をV字にアゲるマッサージクリームも付いていました。
毎日、習慣に出来る人にはおすすめでしょう。

コンセプトの中に
「化粧の効きが悪いと感じている女性に、ぜひ」とありましたので
幸い、私はまだ大丈夫そうですが、
きっといつかは来るその時になったら、頼ってみようかなーと思います。
自分へのご褒美にもイイですね☆
夏木マリさん、米倉涼子さんのCMも印象的で、ますます目が離せません
スポンサーサイト

ご無沙汰してまーす!!!
なんだか書ききれないほど、いろんな所で いろんなことをしていました。
お元気ですかーっ?
Leeです
また ぽつぽつ書き綴ってまいります

昨年の秋からのプロジェクトが6月末に終わって
クロージングなどしていたのですが、
7月1日から 急きょ4つ(!)のプロジェクトを背負うことになりまして。
で、8月には1つのオープニングを見届けて
別プロジェクトで新横浜にて泊まり込みでシゴトをした直後、
夏休みで イタリアのローマ、フィレンツェ、ベネチアへ。
そのあと帰国して、日帰り出張で名古屋へ。
それから昼間シゴトをして、深夜フライトでシンガポール2泊(!)4日の出張、
それから帰国翌日に 中高の3学年合同同窓会、
翌日に 小学校からの大親友の結婚式でスピーチ、
そして3連休のシゴト立ち会い、
…と、史上最大級にバタバタな毎日でした。

そんな日々、
冬場には胃腸をしょっちゅう壊していたのですが
気も張っていたからか、なんとか倒れずに生きております。
見えない何かの力に感謝…

ということで、
せっかくイタリアやシンガポールに行ったので
また旅日記を少しずつ書こうと思います。
それ以外の話も!

ということで、皆さま、素敵な秋を迎えましょうね

元気がないときに見ると、ほっこり
別のところでもご紹介しましたが、
夏バテとか、立て込むシゴトとかで ぐったりな時に
見るとなんだか、肩の力がフっと抜けて笑顔になれる
良い映像があったので、おすそわけしますー


I Have a Dreamのポジティヴ・エナジー満載
六本木の国立新美術館でやっている
【ワシントン・ナショナル・ギャラリー展】に行ってきました
フェルメールの『天秤を持つ女』がある美術館だなーというくらいの知識しかなかったのですが
(残念ながら今回は来日していません)、
展覧会のこと知るうちに、初めてくわしいことが分かりました。

ワシントン・ナショナル・ギャラリー
この ワシントン・ナショナル・ギャラリー は
駐英大使としてロンドンに滞在した、アメリカ人のメロン氏が
ヨーロッパの美術館に感動して
「アメリカの首都にも、こんな素敵なナショナル・ギャラリーを作りたい!
と私財をなげうって美術品を買い集め
アメリカに持ち帰って立ち上げた美術館、なんだそうです。

その後、その趣旨に賛同した市民たちが
それぞれの自分の持っていた美術作品を寄贈して

現在の12万点ものコレクションになったそうです
展覧会サイトによると
"建物、コレクション、基金、すべてが一般市民による国への寄贈で成り立っている
 世界でも例を見ない国立美術館"

とのこと。なんとも、胸の熱くなる話です~


で、その所蔵作品の中から
日本でも人気の印象派(とポスト印象派)の作品83点を公開するのが、
この【ワシントン・ナショナル・ギャラリー展】
くわしくは コチラ をご覧くださいね。

会場に足を踏み入れて感じたのは、トリプルでポジティヴなエナジー
  ギャラリー設立に情熱を注いだメロン氏や市民の気持ち
  日常の美しさをカラフルに切りとった印象派の絵の明るさ
それに加えて、
  この震災後(原発事故後)にもかかわらず、
    作品を今の日本に貸し出してくれたワシントン・ナショナル・ギャラリーからのエール
みたいなものが、会場内にキラキラと充満していて
普段、霊感もスピリチュアルな才能もない私でも
自然に心がウキウキ
してきました~

この展覧会にテーマ曲があって、
アンジェラ・アキさんの『I Have a Dream』
7年間、ワシントンDCで暮らしていたアンジェラさんが
「DCといえば、マーチン・ルーサー・キング牧師の演説
 "I HAVE A DREAM" を思い出した。
 『黒人と白人が同じ人間として一緒に暮らす』という夢を諦めなかったキング牧師。
 一方で、印象派の画家たちは発表当時に
 『こんな ぼやけた絵なんて!』と批判されたにもかかわらず
 諦めずに作品を描きつづけた。
 誰でも夢を信じてみよう!、という想いでこの曲を作りました」
とのこと。
これまた、胸が熱くなるような…


ということで、いくつもの前向きオーラのシャワーを浴びに
展覧会に出かけてみては いかがでしょうか?
展示されているのは、マネ、モネ、ルノワール、カサット、
セザンヌ、ファン・ゴッホ、ゴーギャンなどの作品。
私は一番最後に展示されていた
ゴッホの亡くなる年に描いた《薔薇》という、想いの溢れんばかりの絵。
ぜひ実物をご覧になってください
【ワシントン・ナショナル・ギャラリー展】は9月5日まで
六本木の国立新美術館で開催中です

web上の本棚、できました☆
以前も一度、別のところで作りかけて 使い勝手が悪くて止めた
読んだ本を記録して、バーチャルで本棚にできるサイト
【ブクログ】に登録してみました
本の表紙が見えるので、なかなか面白いです。
コミックが多めなのはご愛嬌
それぞれクリックすると、詳細が見られます。

こちらのサイト、感想をメモしたり、他の人の感想を読むこともできて
コメントを残すこともできるようです

もう少し慣れたら、ブログのサイドバーに入れてみようと思います


Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。