毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シカゴ:近未来的な光景と名画の旅
ロンドン1 ロンドン2 ミラノ1 ミラノ2 ミラノ3 大陸横断 シカゴ1 は それぞれリンクを参照)

シカゴは摩天楼の発祥の地というだけあって
古い高層ビルと新しいビルが混在していてカッコいい
それに野外アートの街で、新旧の高層建物が建ち並び、
時折ぽこっとアートモニュメントがあったりして、
レトロな街並みと近未来的な光景が交互に見え隠れします。
2005年に完成した公園・【ミレニアム・パーク】には
"ビーン"(豆)と呼ばれている巨大な「クラウド・ゲート」があります。
下を人が通れます
全面がミラー状になっているので、
ビーンに古き良き高層ビル群がぐにゃりと映って
それはそれはモダンで素敵な風景になります!

楽しそう!
それから同じ公園内にある、人面が映る噴水モニュメントは
「クラウン・ファウンテン」
手前と奥に、水の滴るタワーがあり、
時々、奥みたいな人の顔が映し出されます。
なんでも映し出されるのは、シカゴ市民の顔だそうで
不規則に、ちょうど口元あたりから水が噴き出すようになっていて、かなり可笑しい!
晴れた日だったので子供たちが水着やTシャツ姿でびしょ濡れになっていました

そんな光景を見ながら、私はシカゴ美術館の正面玄関へと向かいました。


【シカゴ美術館】は、メトロポリタン美術館、ボストン美術館と並ぶ
アメリカ3大美術館の1つで、正式名称はThe Art Institute of Chicago
ここで私はオキーフという人の描く、むっちりとした植物の絵の現物をみてみたかったのです。
午前10時30分に開場ということで、10時ごろには着いたのですが、
すでに前には30人くらいが並んでいた。すごーい、やっぱり人気なんだ
私も列に並んで待ち、入場料$18を払って、いざ中へ。
館内はフラッシュさえ焚かなければ撮影可だったので
持参したデジカメでパチリパチリと撮って歩きました。

最初に入った2階には、
館外不出の作品、スーラの『グランド・ジャット島の日曜日の午後』があった。
間違えてフラッシュが…
…と書いていると美術通っぽいけど、ガイドブックで見て知った事実。
で、たしかに美術の教科書で見た気がするなーくらいの軽い気持ちで見にいって
その大きさと細かさに驚いた次第。
だって、点描だけで、2年もかけて
この大人の背よりもはるかに大きい絵を描き上げたんですよ!
絵の前に接近禁止のひもなどがないので、ものすごく近づいても見れる。
ハンパないほど細かい点だけで、大人の背よりも大きな絵を描いたのはスゴい!
寄贈者が気に入ってたのも、わかるなぁ。
教科書で見たときにはゾっともゲッともしなかったのに、これにはかなりグっときた。

この目…それから館内を見ると
ロートレックの『ムーラン・ルージュにて』やら、
ゴッホの『自画像』もあった。
ゴッホの自画像はいくつかあるけど
(死ぬまでに40枚あまりの自画像を描いたという)、
ここでは、あのイラっとした視線の迫力を
正面に立ってしみじみと鑑賞することができた。
ゴッホ君ったらー、ここにいたのねー。
私が好きなシュールレアリズムの画家
ルネ・マグリットの作品も
館内にあると描かれていたので探して見たけど、
今回の作品は…あんまりピンと来なかったな。。。

それともう1つ、オキーフの作品を探した。
ネットを調べたら、
ジョージア・オキーフ(Georgia O'Keeffe)は、20世紀のアメリカの女性画家。
夫は写真家のアルフレッド・スティーグリッツ。
花と赤い丘アメリカを代表する女流画家であるオキーフは、
70年にも及ぶ長い画歴のなかで、
ほとんど風景、花、そして動物の骨だけを
テーマとして描きつづけた
、とのこと。
とにかく一目その絵を見たときに、
そのゆるぎのないピュアな色合いと、
むっちりした構図が妙に色っぽく感じられたのです。
この美術館で見られたのは
『花と赤い丘』
黄色い葉とデイジー『黄色い葉とデイジー』
それにただの山が描かれた『緑の山、カナダ』など。
シンプルな花や山が、なんだかむっちりむっちり
平面の絵なのに、どこか厚みが感じられて良い。
他の作品は コチラ などで見られます。
今度は、メトロポリタン美術館でも見てみようかなぁ

ほかにも、たくさんの展示作品を思うままに見られて
とても楽しい美術館でした
あまり美術に詳しくない私でも知っている程の有名な作品が
たくさんあったので、見ていて飽きませんでしたよ。
シカゴにお立ち寄りの際にはぜひお立ち寄りを


あと、観光地ではないのでめったにないのですが
シカゴ土産専門店があったので、入ってみました。
映画『アンタッチャブル』のロケ地でもあったこともあって、アル・カポネグッズ等もあるけど、
私はシカゴで弁護士・州議会議員として過ごした
バラク・オバマ大統領のグッズが欲しかったのです
で…あった!
さすがに額入りのポスターは持って帰れないので
結構、気に入った☆
Tシャツはギラギラ光るラメっぽいのと、CHANGE STARTS NOWを買っちゃいました
…はてコレ、いつ着るのかしらん???


そんなこんなで、初上陸のシカゴも思う存分楽しませてもらいました~
これで、長い長~い ロンドン→ミラノ→シカゴ の旅はおしまいです。
旅先へ行くとエンジン全開で動き回る私を
上手に泳がせてくれたSeikoに、改めて感謝します
そして旅先で私たちに会ってくれたケコちゃんとロンドンの皆さま、
ミラノのピーコ&ブランドショップの皆さま、シカゴのハナちゃん、
貴重な情報と資料をくださった 旅のスタイリスト様、本当にありがとうございましたー
そして、こんなとりとめない、長い旅日記を読んでくださった親愛なる皆さまにも
心から感謝いたします
スポンサーサイト

シカゴ:名物を食べよう&安く買おう
ロンドン1 ロンドン2 ミラノ1 ミラノ2 ミラノ3 大陸横断 は それぞれリンクを参照)
さぁ~てと、、、
赤い看板は、シカゴ劇場
はーるばる来たゼ、シカゴ~!!!
(はっ、∑( ̄ロ ̄|||) 気がつけば帰国して早1か月経ってる…書くの、遅すぎ…_| ̄|●)

とはいえ、シカゴに行く前のLee、ほとんど予備知識ナシ。
舞台や映画のCHICAGOも参考にならないし。。。
しかも、観光地ではないらしく、ガイドブックが全然ない
しぶしぶ唯一シカゴ版が発行されていた『地球の歩き方』を買う。
今まで買ったことないのに。。。

で、読んでいくと、アメリカでNY、LAに次ぐ第3の大都市で
アメリカ五大湖の1つのミシガン湖に面している、とのこと。
摩天楼発祥の地であり、
映画『アンタッチャブル』や『ブルース・ブラザース』、
ドラマ『ER(救急救命室)』の舞台にもなっている、とのこと。
へー!

そのシカゴでの私のthings to doは3つ。
 * Seikoの親戚の子と会う
 * アメリカンサイズを活用して、"武士"の服を買う
 * シカゴ美術館に行く


ボリューミー!Seikoの親戚のハナちゃんは、アメリカンスクール育ちで
その後渡米したそうで
華奢でおっとりした、かわいらしい女の子でした。
シカゴの3大名物料理は
「スペアリブ&ステーキ」「ディープ・ディッシュ・ピザ」
「ポップコーン」
だそうなんですが、
そのうち、「ディープ・ディッシュ・ピザ」「ステーキ」
ご一緒してもらいました
右がその「ディープ・ディッシュ・ピザ」。
その名の通り、深いお皿のようなパン生地に
トマトソースやら具やらチーズやらが
その厚みの中に、たーっぷり入っています。
厚さは2~3cmくらい!
オーダーしてから出来上がるまで40分くらいかかります。
女子3人は、1切れでお腹いっぱいになりました。。。
食べたのは、ハナちゃんおすすめのお店・【Pizzeria Due】
大人気店の2号店でした


&お買い物ー!
ホテルの部屋の情報誌を見ていたら、
アウトレットショップの【Filene's Basement(ファイリンズベースメント)の広告を発見!
探したらデパート・【Macy's】のすぐ近く。
そばには別のアウトレットショップ・【Loehmann's(ローマンズ)もある。
これらはわが愛するNYでしょっちゅう周っているお店たち。
こりゃ、お得な買い物ができるわ☆とテンションが俄然あがってきた~

ちなみにシカゴでもあった行ったデパート【Macy's】
【Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)は各地にありますが、
それぞれ、お買い物する前には必ず、店内のVisitor Centerに寄ってくださいね。
両デパート共、旅行者だけに渡される「International Saving Card」を手にいれてください
係りの人にパスポートを見せて、ホテル名を聞かれるだけで作れます。
紙製のカードです ←このようなカードをもらってレジで提示すると
 自動的に会計から11%引いてくれます
 しかもこれ、 セールになっている商品でも
 さらに割引が適用されるんですよ~
 昨年秋のNY旅行でも活用したんですが
 シカゴの両店でも同じサービスがありました。
 デパート品質をお得に買えるので、かなりオススメです
 
これのSMALL【New York & Company】というお洋服屋で
夏用のロングスカートを買いました。
このスカート、まっ、アメリカンサイズだし、と思って
普段より小さめのMIDIUMで試着したら…あれ?腰穿き?
で、お店のおばちゃんに相談して
SMALLを持ってきてもらったところ
なんと、それでちょうど良いぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!
これを飲み続けてて痩せたなーと思ってたけど
この174cmのあたくしがSMALL???
やっぱり、アメリカはサイズがデカイねーーー。

それから【Filene's Basement】
"武士"と父親用のラルフローレンのポロシャツやコットンシャツを購入。
同じ建物の上にある【T.J.Maxx】という店ものぞいてみたら、
こっちもPoloが豊富で、安い~!
シカゴのお店の店員は、ほとんどがむっちり体系の黒人のおばちゃんだ。
安い分、人が集まって待ち時間があるし、店員もぶっきらぼう。
やっと私の番が来てレジでごっつい黒人のお姉さんに会計してもらう。
私が「アメリカの方がサイズが豊富で嬉しいんです~」と話しかけると
お姉さんはぶっきらぼうな表情のままながら
「このシャツ、XLよ。大きすぎない?」と応じてくれた。
「いや、私の彼も父もとても背が高いんで、たぶん大丈夫です」と答えながら
カードのレシートにサインを書き込む。
お姉さんがカード名義のLEEをじっと見ている感じだったので
「あ、私は日本で生まれ育った韓国人なんですよ」と付け加えると、
急にぶっきらお姉さんがニコッとしながら
「あらそう! この店でも10年以上、韓国人女性が働いていたわよ。
 とっても素敵な人でね、私の第2の母親みたいな人!」

ほがらかに話しかけてくれたので、嬉しくなった。
私、やっぱりアメリカが好きかも。
サイズはあるし、思いがけずこういう会話ができるときにあるし


私たちの泊まったインターコンチネンタルホテルは
ミシガンAve.、別名『マグニフィセントマイル(魅惑の1マイル)と呼ばれる
シカゴの目抜き通り沿いにあった。
高級ショップやホテル、デパートやショッピングモールが建ち並んで
周辺の華やかさは まさにMagnificent!

分かりにくい…他方、街の中の移動は
もっぱら地下鉄路線バスを活用しました。
共通のプリペイドカードを買えば、乗り降りも怖くない
特にバスは、バス停がホテルの目の前にあったので
ものすごーく利用しました。
車内で降りたいときに知らせる手段が、ボタン等でなく
「ひも」なのは原始的で面白い
路線図の見方や乗降車の方法は
NYのバスにとてもよく似ているので難なく使えました。
すんばらしい!!!

あ、食べたり買い物したりしただけではなかったんです、シカゴ。
でも長くなってきたので、
次回こそ旅日記最終回。以後、つづくー。
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。