毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラノ:ミラクルなショッピングの街
さてミラノも3日め『食べる編』 『学ぶ編』 はそれぞれのリンクからどうぞ☆)
きょうは買い物です。
またまた長いですが、一緒に優雅な買い物気分を味わっていただければ、幸い

Seikoは日本へ送るお仕事のレポートを作成するとのことで、
朝食の後、別行動にして、午後1時にアルマーニの前で待ち合わせることにした。
私はまたトラムに乗って、
以前買い物をした地元のカジュアルブランドの店に行ったりして時間を過ごした。
ビビッドな色合いなにげないディスプレーの色づかいがすごくて、
それを見るだけでも楽しかった
だって、紫とオレンジを合わせてたりするんですよー。

同じ道の反対側を東へ戻ってきて、ドゥオモに着く。
それから地元のデパートを見たり、
MaxMara系のアウトレット
【Diffusione Tessile】へ行く。
看板の名前は【DT Intrend】に変わっていましたが
店中は2フロアに分かれていて、
半端なサイズだけ残ってしまったような正規品がたくさん
スーツ1着と、ジャケットを2着買いました。せっかくだしねー。

それからもりもり歩いて、待ち合わせ場所の
アルマーニ/ヴィア・マンゾーニ31(Armani / Via Manzoni 31)を目指す。
Seikoと無事合流して、店内のカフェでランチをとったあと
これまたせっかくなので、1階のエンポリオ・アルマーニを見る。
高級ブランドを見るときには、私もちょっと緊張するので
「見るのはタダだもんね!」と自分に言い聞かせながら、店に入る。

しかし、これがタダでは済まないんですよねーーー。

店内をぐるっとみると、1点、いかにも私が好きそうな、
とっっっても細身に見える黒のジャケットがあって
置いてある中でで一番大きなサイズ・44を試着すると、
ややタイト気味だけど超々スタイル良く見える~
(ちなみに日本人の平均サイズは38くらいかな。微笑)

品の良い年配の女性店員も近づいてきて「とっても良くお似合いですよ」という。
嬉しくなって、じゃぁ、セットで穿けるパンツありますか?と尋ねると、
その女性店員は ちらりと私の全身を見て
「少々お待ちを。サイズ42で持ってくるわね…」という。
慌てて私が
「えっ、待って下さい、私きっとサイズ44です!
 Because I have big hips!!
と言って 自分のお尻をペシっと叩いてみせると、
その品の良い店員さんは くすっと笑ってくれて、「じゃぁ、両方持ってきますね」という。
じつはその、私って"着やせ"するタイプというか、つまり"脱ぎ太り"っていうか
縦長に見えるから目の錯覚で細身にみえることもありますが 実際は かなり大柄で
そんな下半身だけ小さいサイズなんて到底無理っていうか…モゴモゴ。

で、ワイドパンツと細身の2種類の
それぞれ42サイズ・44サイズを持ってきてくれたので試着すると、
…やっぱり42の、細身の方のパンツが ぴったりしてカッコいい
Seikoも見て「きれいだよ」と言ってくれる。
よーし!また5年半ぶりに清水の舞台から飛んじゃおう♪
(前回はケコちゃんがここで見立てくれて、ジャケットとスカートを買った)と
値札も見ずに、I'll have these. Thank you for your help! と言うと、
店員さんがタグになにやらペンで書き込んでくれている。
きょとんとしていると、「30%引いておきましたからね」
その品の良い店員さんが私の目を見ておだやかに言う。
どうやら、こちらから値切ってもいないのに定価から値引きしてくれたらしい…!
あまり予想外の展開に固まる私。
それから、「ほかに見て欲しい物があったら、必ず私に知らせてね」とも言ってくれる。
ど、どうしたの? 『大きいお尻』が気に入ったとか…!?

それからSeikoもストライプのシャツとタイトスカートを試着して、
こちらもとても良く似合っていて購入することにする。
と、Seikoにアテンドしていた背の高い細い店員さんが、
私を担当してくれた店員さんと二言三言、イタリア語で話していた。
ということで、Seikoも30%オフが適用されて、2人とも驚きながら会計を済ます。
私の場合、ジャケットが450ユーロ、パンツが190ユーロで、
合計して640ユーロ(約87,000円)+付加価値税(VAT)のはずが、
30%引きでVAT込みで448ユーロ(約61,000円)になっていた。
しかも、このVATはTAX REFUNDをすれば戻ってくるからね…すごすぎ。
なんで割引してくれたのか全然分からないけど、
やっぱり万国共通で、愛嬌って大事なのね~~~~~~

うきうきと通りを歩いて、すっかり機嫌を良くした私は
今度はイブ・サン=ローランに入って、カバンをさらっと見るつもりが、
店員の背の高い、禿げていて優しい口調の男性が近寄ってきて
「ここはヨーロッパでも一番大きな店舗なんですよ」と話しかけてくる。
へぇ、そうなんですかー、とまた笑顔で応対していると、
で、次の瞬間、信じられないことを口にする、
「今なら50%オフにして差し上げます」
は、半額っすか???
またまた腰が抜けそうになる。
昔、表参道ヒルズで手に取ったけど諦めた、
メタルレザーのリバーシブルバッグが目の前にある。。。
ちゃちゃっと計算すると値段は…日本で買う値段の60%オフ以上になる
きゃー!と思って、即お買い上げしてしまう。
My first Yves saint Laurentですよ!と興奮してお店の人に話すと、
男性店員はにっこりして
「それはそれは、こちらこそ対応させていただいて光栄です」と物腰が柔らかい。
エレガントな気分だ~。
「次はいつミラノへお戻りになるんですか?」と、話しかけてくれて
社交辞令だとわかってても嬉しいもんである。
直営店でのお買い物は、気持ちが良くて思い出もついてくるもんなんだなぁ

それからSeikoがオメガへ行き、やはり55%オフ?にしてもらった。
さすがに
どっかのアジア諸国のセレブと人違いされてるんじゃないか
ってくらいオビえてきて
おそるおそるオメガの店員さんに割り引いてくれる理由を尋ねると
「今、旅行者には20%オフをしなくてはいけないんです。
 でもオメガは特別な存ブランドなので、55%オフにREFUNDもあるんです」
といった感じの回答が返ってきた。
ただ、お互いに母国語でない英語での会話なので
一体、どこがその指令?を出しているのかいないのか、細かい部分は分からず。。。

んー。
謎過ぎるよ。
だって、こちらから値切ってもいないし、ましてや常連客でもないし、
それなのに、お店の方から、値引いてくださるなんて…!
若干でも英語でコミュニケーションがとれると、向こうさんもホっとするのかしら???

ただ、次のフェラガモにて でっかいサイズ(私のだよ!)のパンプスを2足買って
レジで割引について聞くと、「当店ではやっておりません」とのこと。
この、やってる店とやってない店の違いがイマイチ分からないんですけど…。

ま、いいか
日本で買うより、サイズもあるし安いし。


それからSeikoがいるTOD'Sへ向かうと、彼女もいろいろ試し履きしていた。
同じ色合いのヒールとローファーを買おうとすると、
おしゃれな装いの店員のおじさまはSeikoに向かって一言、
「Not interesting」と バッサリ。
そこから彼の おしゃれ魂に火がついたらしく、
みずから同サイズの他のデザインも持ってきてくれたりする。
自分の店の商品でも、好き嫌いをはっきり言う、
こういうところもさすが おしゃれの国、ミラノなのかしら~


それからSeikoが別の店を見ている間、私はガレリアのGUCCIへ一人で行った。
じつは前日に、メタリックブルーのグッチシマのバッグを見ていて
めずらしい色だなぁ、と思って話を聞くと、新色とのこと。
で、別のもっと大きいGUCCI店舗に行くと、そこではその新色は もう売り切れたという。
うーん、気になる。
ガレリア店の方でも もう売り切れちゃってたら諦めがつく…と思いながら行くと
待ってました? …まだあった! 最後の1個だって!
 もう一度バッグを手にとって、
 隣にある一回り小さいゴールドのカバンと見比べるけど、
 やっぱり明らかにパンチがあるのは、メタリックブルーの方。
 それでもちょっと大きすぎるかな…と悩んでいたら、
 他の欧米人の女性がメタリックバッグを
 横から手をのばして取りそうになったので
 「これ、私が買うんです!」とありがちな展開になって、
 バシっと買うことにする。
 あー、またやっちゃったよ。。。

会計を済ませて、MaxMaraやらアルマーニやら
イヴ・サン=ローランやらフェラガモやらの巨大な紙袋に加えて
新たにグッチの紙袋を肩にさげて ぐらぐらになって店を出ようとする私を見て、
店員のおじさまが
「よろしかったら、ホテルまでお荷物をお届けしましょうか、マダム?」
申し出てくれる。
うわー、嬉しい、that will be great heip for me!!!
今夜中には、グッチ以外の紙袋もまとめて届けてくれるという。
す、素晴らしいサービス。。。
袋4つのデリバリーをお願いすることにする。良かった!
持ち歩く荷物が増えると、注意が散漫になって危ないんだよね~
店員のおじさまはショップカードに自らの名前を書いてくれて
「何かご不明な点がありましたら、店に電話してくださいね」とウインクしてくれた。

ホテルに戻って、テレビを見ながら休んでいると、
部屋の電話が鳴って
「Good evening, グッチの○○です。あなたの買い物袋を今、レセプションにお届けいたしました」
と連絡をくれたので、丁寧に御礼を言って、Ground Floorへ下りる。
と、たしかにコンシェルジュのカウンターに私の紙袋たちがあって、
ベルボーイと話していた男女が
「あぁ、良かった。今、お話しして調べてもらおうとしていたところですよ」
と言って笑顔で紙袋を差し出して、帰って行った。
ホクホクと袋を部屋へ持ちかえる。
こんな風に結ばれてたリボンはGUCCI
4つの紙袋は、グッチのリボンで丁寧にまとめられていた。
す、素敵。。。


今までは旅行でバッグ1つ、財布1つくらいしか買わなかったけど
ミラノは、なんとも特別な、買い物の魔法があるようですね~
免税店では味わえない、直営店ならではのサービスも体験できました。
店員と目があったら、笑顔で挨拶・返事するようにすると
とんでもないミラクルが起きるかもしれませんよ!

そして私たちは、食べたり学んだり買ったりしたミラノを後にして
ヒースロー空港経由で、シカゴへと旅たったのでした
まだ、つづく
スポンサーサイト

ミラノ:「ピーコ」なガイドに学ぶ街
さて、旅日記リターーーンズ!
ロンドン1 ロンドン2 ミラノ1 は それぞれリンクを参照)

今回はちょっと長いですが、
素敵なお話をたくさん聞いたので、忘れないようにメモさせてください
いい天気でした

ミラノ2日めは、
かの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』を見るべく(前回、見なかった)、
Seikoが半日ツアーに申し込んでくれた。助かりますー

朝、部屋の時計をチェックしながら、9:15の集合時間に間に合うように
若干余裕を持って出発する私たち。
地下鉄3号線で最寄り駅まで行き、地上に上がり、
トコトコと集合場所のバー前に着く。
Seikoは煙草を探したい、と前方に見えた売店へ行った。
すると。
背の低い東洋系の男性が私に近づいてきて
日本語で「…Seikoさんですか?」と問いかける。
えぇ、Seikoほか2名です、よろしくお願いしまーす、と答えると、
次の瞬間、私は衝撃の事実を聞くこととなった、

「あのー、集合は9時15分で、今は10時なんですよ」

え???

なんと、ホテルの部屋の時計が1時間遅れていたのだ!!!
その時刻が、なまじ前にいたロンドン時間と同じだったから
あまり違和感なく過ごしてしまっていた私たち。
実際には、15分前に現地に着いたのではなく、
45分遅刻して着いてしまったのだ。
ぎゃ~~~~~~~~~~~

あわててSeikoを呼び戻して2人で謝りまくる。
するとガイドの男性がしなやかに答えた
「あぁ、大丈夫ですよ、今日はたまたまお2人しかいらっしゃらなかったんで。
 もう参加するはずの英語のツアーはそちらのお城見学に出発してしまっていますけど、
 『最後の晩餐』はまだ大丈夫ですので、いまから参加されますか?」

もちろんです! 良かった…!
それが見れなければ、何のために来たのか分からない。
本当に冷や汗ものだった。
なんにせよ、とにかく
ホテルの時計が狂っているのは何事なんだろう???
現地時間だと思って、信頼してたのにーーー

城から戻った、英語圏のツアー客40人くらいと合流して観光バスに乗り込む。
水色のイヤホンガイドを渡されるが、説明は全て英語だ。
それを補うために、日本人の男性ガイドが付く仕組みのようだ。
とってもファンシーな話し方をするガイドさんで、お名前を名乗られなかったので
これ以下、彼を便宜上、「ピーコ」と呼ぶようにする。


ピーコは私たちを安心させようと、いろんな話をしてくれた。
「こっちってね、テレビ番組が決まった時間に始まらないんですよ。
 『あー、そのうち始まるだろう』って感じでテレビを点けっぱなしにしておくんです。
 で、放送する長さもあまり決まってなくて、
 番組もなんとなーく盛り下がってきたら終わるんです。
 そういうのにもう慣れてるんで、
 今日もお2人がいらっしゃらなくても
 『そのうち待っていればくるだろうな』ってくらいにしか思ってなかったから
 全っ然大丈夫なんです~」

Σ( ̄ロ ̄lll)そりゃ、予約録画とカ不可能ですねぇ…!
と驚くSeikoと私。

「こっちに来た日本の方は、合わない人は半年で帰っちゃうけど、
 合ってしまうとずーっと住むんです。
 あ、ちなみに私は15年いるんですけどネ」

おぉ、ピーコ的には、こちらが合っていた方なんですね

『最後の晩餐』のある【サンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会】に向かいながら
ピーコからいろいろと面白いことを聞いた。
「今回ご覧になる『最後の晩餐』はどんどん壊れているんですけど、
 日本だったら閉鎖しそうなのに、イタリア人は立ち入り禁止にしないで、
 むしろ、『見てください、そしてあなたがたが次世代へ語り継いでください』
 っていう考え方なんですよネ」

「現代で私たちが作っているもので数百年も残るものってないんです。
 家だって建てて30年でダメになる。
 ウチの群馬の姉なんて、住宅ローンが35年もあるんですよ(笑)。
 でも、ルネサンスに建てられた建物はこうして残っている。
 デジタルなものは電源が落ちればなくなるけど、アナログなものは無くならない
 だから未来の人から見れば、私たちの存在を証明する物の方が残っていなくて、
 大昔の物だけが残っているのかもしれないですよネ」

「ちなみに、こっちの人はモノが壊れたら、職人さんに直してもらって、また使うんです。
 『お金はなくなっても いつか戻るけど、職人はなくなったら戻ってこない』
 という考え方なんですネ。
 だから、古いトラム(路面電車)も いまだに普通に走ってる。
 服でも、親や祖父母が着ていたものを直して着てる人もいますからネ。
 だから新しいモノが売れなくて、景気が悪くなっちゃうんですよー(笑)」
昔の銀座線みたい

「ダ・ヴィンチって、天才の人みたいに言われてますけど、私はそうは思わないんです。
 画家なんですけど、何でも中途半端にしかできない人で、
 ちゃんと完成させたのは、ルーブルにある『モナ・リザ』と
 この『最後の晩餐』だけなんですネ。
 でも『モナ・リザ』は今、たまたまルーブルにあるだけで、
 ダ・ヴィンチがそこで描いたわけじゃないんですけど、
 このサンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会は
 本当に彼が城から通ってまさにここで製作していた
、という場所なんです。
 絵のある食堂の中に立つと、少し遠ざかって見ると、
 絵の遠近法とピタっと合うポイントがあって、
 そこにはまさにダ・ヴィンチ本人が立っていたはずなんです
 だから、そういった意味でとても貴重な場所なんだと思います」


うわー、なるほど!
すっごく分かりやすいし、すごく興味が湧いてきた!!!

「ちなみに、他の有名な都市には必ずあって、ミラノにないもの、分かりますか?
 …そう、なんです。世界の大都市には必ずある川がない。
 だからレオナルド・ダ・ヴィンチが作った運河がミラノの南側にあって、
 それで排水を流せるようになったんですよ」


いろんな説明を聞いてから見た『最後の晩餐』は、
ただの観光名所じゃなくなって、
時間を超えたロマンみたいなもの
…この場所から歴史上の人物のダ・ヴィンチさんも見ていたのかなーということに
思いを馳せながら鑑賞ができたので、その幸せがひしひしと感じられて
とっても心に沁みた

その後バスに戻って、今度はイタリアオペラ界の最高峰・【スカラ座】へ移動。
中では『アイーダ』の舞台のセッティング中でした。
ピーコいわく、貴族がオペラを楽しむふりをして、
実はおしゃべりがしたくて寄付をしてできた建物だそうで、
ミラノ人はとってもおしゃべりらしい。
実際に、寄付したした人に与えられるボックス席では食事をして、
公演そっちのけでロビーでおしゃべりに興じていたとか。
ここでおしゃべり

またここで面白い話を聞いた、
「よく、ツアーに参加される日本人の方から
 『オペラに行くのにドレスアップしなくちゃだめですか?』って聞かれるんですけど、
 こっちの人はそうじゃないんです。
 お出かけの時にドレスアップしたいからするんです。
 チップだって義務であげてるんじゃなくて、あげたいから置くんです。
 すべてのことが『したいから、する』
 だからストレス溜まんなくて、寿命が長いんですよ~。
 ヨーロッパの60歳以上の人の割合が平均で17%程度なのに、
 イタリアは20%を超えっちゃってるんですよ!」

それ、すごいっすねー。
日本も沖縄の寿命が長い…みたいなの似てるのかしら?

スカラ座に併設されている展示を見ながら、
この劇場で活躍した ある指揮者が成功して富を手にした後、
遺言で音楽家のためだけの老人ホームを作った話を聞いた。
音楽家、とくに声楽家は一時的に人気を得ても、
晩年は忘れられて寂しく死んで行く人が多かったらしい。
そこで彼らを集めて、
最後まで現役の音楽家として死んでいける施設を…と作ったそうで
そのホームは、今でも現存しているとのこと。
とても親しいおねえさんが今、東京の介護施設で奮闘していて
そのことにちょっと思いを馳せながら、その話を聞いていた。。。

スカラ座からは歩いて、【ヴィットーリオ・エマヌエーレⅡ世ガレリア】で写真を撮る。
(その写真は、先日の日記の最後にアリマス)
ピーコ情報によると
「ここは鳩のフン害がすごいんですけど、
 鳩避けを付けることで見栄えが悪くなるのをミラノ人は嫌うので、
 それで、ギリギリの対策として、ガレリアの入口の上には網が張られているんですよ」

あ、本当だ! 網がある!

やっと会えたね! それから大聖堂=【ドゥオモ】へ移動。
 5年半前に来た時は修復中で覆いがかけられて
 外観がまったく見れなかったから
 やっと美しい姿が見られて、本当にうれしい
 多くの聖人をあしらった石柱のそびえたつ
 非常に美しいファサードで
 しばし、うっとりしてしまう。。。
 中はとても薄暗く、なんでも蝋燭のススで
 灰色になってしまっているとか。
 日時計ならぬ、
 床に射し込んだ太陽光で日にちが分かる
 "日カレンダー"なんかも床にあった。
 その昔、ステンドグラスは
 聖書が読めない人たちのための
 紙芝居的存在だったとか、
 青色の部分だけうまく塗れなかったため
 ガラスを焼く段階から青くなる薬品を入れたので
 とても色が鮮やかだとか、
ピーコの話を聞きながら見ると
ガイドブックだけじゃわからない話をたくさん聞けて、本当に良かった。

ドゥオモの出口でピーコとはお別れ。本当にありがとうございました!
その話術に引き込まれっぱなしでしたよ~
しょっぱなから衝撃的だったけど、おかげさまでミラノも良い旅になりました。
皆さまもミラノに行くことがあったら、半日観光に参加されるのをオススメします。
もしかしたら、諸星かーくんと同い年の、名ガイド・ピーコに会えるかも…。

ということで、私たち2人はニコニコしながら
ショッピング街へと旅立っていったのでした
つづくぅ

ミラノ:なんとも美味しい街
(この前の街 ロンドン1 ロンドン2 の日記は それぞれリンクを参照)

ora.jpgミラノ・マルペンサ空港。
前回はローマから特急列車で着いたので、空港からは初。
宿泊は、ど観光地ではなく、空港シャトルバス乗り場に近い
ミラノ中央駅(チェントラーレ)のすぐ近くにしてもらいました。
前回もこのエリアに泊まったので
近所に普通のスーパーがあるのも分かってたし、
地下鉄や路面電車トラムが通ってたりして、何かと便利。
駅は改装工事中でした。
今回、泊まった 【ホテル・ミケランジェロ】 は、
朝食ビッフェの種類が多くて、なにもかもが豊富。
オレンジを丸ごと放り込めるジューサーが魅惑的だったわ~

初日は午後着のため、荷ほどきしてくつろぐ。
部屋にはファッション誌が置かれ、
テレビをつければファッションショーの密着番組
ミラノ、来たねぇ~
流行通信みたいな

tra.jpgそして初日ディナーは、ホテルのフロントの方にお願いして
あらかじめ日本でネット検索して見つけておいたトラッテリア
【Antica Trattoria della Pesa】 に予約を入れてもらった。
ちなみに検索したときの記事が コチラ
ぜんぜん知らない方のブログだったんですが
プリントアウトして持参しました
それが、
あとでぜったい御礼のコメント書こう!っていうくらい
美味しかったんです~~~

1880年創業、ミラノ伝統料理の老舗のトラッテリアだそうで
私たちがドアを入るときにも、前には
地元の落ち着いたイタリアの大人たちが
友達との会食といった感じで集まっていました。
なんか、そういうのって、いいよネ。

メニューは英語版のものと、
Seikoがイタリア語勉強中だったのでイタリア語版の両方をもらう。
いただいたのはオノボリサンらしく
  Antipasto(前菜)     モッツァレラチーズとトマトのサラダ
  Purimo(第一の皿)   サフランの香りがリッチな黄金色の「ミラノ風リゾット」
  Secondo(第二の皿)  薄くてカラっと美味しい「ミラノ風カツレツ」

それと、2人それぞれ Dolce(デザート) を注文。
モッツァレラは香り高く味わい深く、
リゾットは絶妙な歯ごたえ、カツレツはレモンをかけてさっぱりぱくぱくでした
どれもこれも唸るほど美味しかったのですが
最っ高だったのは、Dolceの「クレーマカラメッラ」
つまり焼きプリン
んもーっ、脳天にまで響くような
カラメルソースの芳しさと甘みと苦味…(人´∀`).☆.。.:*・゚

あまりの美味しさに感激して、悶絶する私。
Dolceは「クレーマブリュレ」をオーダーしたSeikoも
覚えてきたイタリア語を駆使して『美味しい!』と伝えると
お店のおじさんは静かに立ち去り、しばらくしてまた戻ってきた…
another.jpg
デザートがもう1品でてきたーっ。
ワインの香りが豊かなDolce「ザバイオーネ」に木いちごを載せて、サービスしてくれた
なんだかうれしい!んだけど
ただ…Dolceが3品とも卵&ミルクなカスタード味満載。。。_| ̄|●
それでも、
旅先で受けた愛情はありがたく受けて平らげさせていただきました


翌日、観光と買い物の合い間に訪れたドゥオモ近くの
【Al Conte Ugolino】 でランチをいただく。
トスカーナ地方の料理やシーフードが美味しいらしいのですが
魚料理は詳しくないので、Seikoにセレクションをお願いすると
「ズッパ・ディ・ペッシェ(魚のスープ)をオーダーしてくれた。
素晴らしいダシ!
これもトマトとダシが効いてて、美味しかったな~
お昼からモリモリ食べてしまいました☆


…あれれ? ここまで食べ物の写真ばかりだ。
ちゃんとミラノ観光もしたんですよ。
ガレリアにて
そんな話はまた後日の日記
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。