毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人脈って
ツイッターでRTされていたツイートが秀逸だったので、メモ

 chocontaさんのツイート
   勉強会に行きたいと妻に言ってみた「意味あるの?人脈?じゃあ、こういう条件なら。
   1.予め質問を用意して必ず聞き出すこと。2.相手が欲しそうな情報を提供すること。
   3.笑わせること。そしたら相手はあなたに価値を見いだすはず。これが人脈だよ。
   あなたが今まで集めた名刺の束は単なる紙だよ」


…これ、ものすごく核心を突いていると思ったのです

私自身は人の集まる席にお声がけいただくことが多く
自分でも見つけて出かけていくことが多いので
参加するからには、その場を華やがせられるように努める
(目立とう精神ではなく、その場を有意義な雰囲気へ導けるように気を配る)。
そして、初対面の方にでもオープンでいるように、努めております、
が、
ワクワクするようなご縁とともに素敵な時間を過ごせることも多い一方で
エレガントではない人に遭ってしまうことも…

若い女性だ、というだけで近づいてくる人
(いえ、本当はもう若くないんですよ~)とか、
シゴトを聞いてから名刺を交換しようとする人
(交換ならましですが、一方的にもらって終わらせようとする人もいるなぁ)とか、
あと、挨拶も そこそこに「じゃぁ、○○してもらえますか?」と
give & takeのtakeしかする気がない人(微笑)とか。


どうして自分が相手のために何かできないか、という発想がないのでしょうか。


それでも、せっかくの場ですので
精一杯、笑顔で やんわりと対応しますが
そういった方々ともう一度お会いすることは、滅多にありません
名刺を見返して連絡を取ることもなく
ただただ枚数を増やしてニヤニヤしているのかしらん!?


人脈という言葉を勘違いしている人が、多い。
これをイラっとしてしまうか、
チャンスと考えるかで、なんだか自分の立ち位置が変わりそう。
相手に真摯な関心を傾けなければ、自分に関心を持ってもらえるはずもないのに
人とのめぐり会いを、真剣に考えて行動する人だけが
エレガントで有機的な関係を築いていけるのでしょうね


とはいえ、私だって同じ轍を踏まないとは、もちろん言い切れませんので
常に「相手にとって価値ある自分」であるために
自身を磨いていきたいなぁ、と思いを新たにしたリツイートでした
スポンサーサイト

To Love You More
動こうとしたとき、私は めずしく躊躇していました。

今のシゴトがあるし、望まれたら行けば良いし、
私も休んでないし、怒られるかもしれないし…。
でも、私にできることは、やはりひとつしかありませんでした。
気がつけば、カバンに荷物を詰め込んで、髪を結い上げていました。

今、昔のシゴトで走っています。


 【卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ。(校長メッセージ)】 より
 (↑やや長文ですが、よかったらお読みください。胸に迫ります!)

 「愛される存在から愛する存在に変われ。愛に受け身はない。」


思い上がりかも…と迷っていましたが
やっぱり、走って良かった と今は思っています。

私にできるは、それだけだから。

そんな日本に誰がした(PCから どうぞ)
私の"ガラウケ"(身柄引受人)・Tさん
だいぶ前からTwitterを使いこなしていることは知っていたのですが
何度かアカウントを教えてもらいそこねて
先日、やっと聞き出してフォローしました。
だって、ご自分のツイートが
すごーく気に入っているみたいだったんですもん。

で、そのツイートの中で紹介されていたある動画が
興味深かったので、ご紹介いたしましょう。
左下の再生ボタンをクリックしてご覧くださいませ。
ナレーションがあるので、音付きで どうぞ
(11分強ありますが、あっという間です)

Japan - The Strange Country (Japanese ver.) from Kenichi on Vimeo.


元記事は
『あなたの知っている日本と違う!?データが教える不思議な国ニッポン』
です。
淡々とした男性のナレーションとともに
ポップなイラストで次々と説明される日本の姿は
時に笑えて、わかりやすくて、それでいて後から じわっと来るコワさが 秀逸。。。

もちろん、切り口に偏りがあるとか、あまりにも極端だとか
イロイロ反論もあるんでしょうが
知ったつもりで知らない日本、
気づかないふりをしている日本…、
そろそろ、どーにかした方がイイんじゃないでしょうか?
誰かが、じゃなくて、自分たちで。

…そんなことを考えさせられる動画ですね
Tさんのツイート、ご自身がおっしゃるとおり、勉強になりました

モスクワ 1:教育って すごいなぁ
【サンクトペテルブルク 1:エカテリーナ宮殿と琥珀の間】編は コチラ
【サンクトペテルブルク 2:エルミタージュ美術館】編は コチラ
【サンクトペテルブルク 3:ロシアの教会と運河クルーズ】編は コチラ
【サンクトペテルブルク 4:いろいろ散歩して出発】編は コチラ


さぁ、やっとモスクワに到着した日記です
今回、ツアーで宿泊したのは
中心地からは北東にちょっと離れたイズマロヴォにある【ヴェガホテル】
広ーい朝食会場ここは建物が4棟も並んでいる
大型ホテルの1棟で、合計で
客室数の多さでギネスブックにも
登録されている
そうです。
それもそのはず、
ここは1980年のモスクワ・オリンピックの
選手村だった建物なのです。
ということで、過不足ない
(=贅沢さはないけど、不自由はない)
宿泊施設でした。
朝食会場も 妙に大きかったです
なぜか、アコーディオンの生演奏付でした


ブラゴヴェシチェンキー寺院 ホテルから地下鉄に乗って5駅の所に
 【クレムリン】 があります。
 「城塞」を意味するクレムリンは
 ロシア正教の総本山であり
 政治の中心でもあります。
 大統領が執務中には
 建物の上に旗が立つとのこと。
 モスクワ大公国、ロシア帝国、
 ソビエト連邦、そしてロシア連邦に至るまで
 いつも権力の頂点であり続けたんですね。
 たまたま士官学校の卒業式の参加者が
ウスペンスキー寺院 制服で大勢おとずれていました。

 王家だけが使っていた聖堂も見事で
 内部には荘厳なイコン(聖像画)が壁や扉に
 びっしりと描かれていました。
 ロシア正教は、キリスト像やマリア像など
 立体像はなく、すべてイコンです。
 椅子もなく、パイプオルガンもなく、
 立ったままで、アカペラで歌うのが
 正当スタイルだそうです。
 ここの屋根はもちろん、金たまねぎ!
今まで知っている教会とは、いろいろ細かい部分が違っていました。

そして、クレムリンの隣には、かの有名な 【赤の広場】 があります。
赤の広場です!
広っ!
ただ、実際に広いには広いのですが、
広場自体が奥に行くにしたがって、少し狭くなっていて
視覚的にもさらに奥行きがあって広く見えるように設計されているそうですよ
一番奥にあるのは 聖ワシーリー寺院、
向かって右の城壁はクレムリンで、左の横長の建物は元・国営の グム百貨店です。
レーニン廟 そして中ほどのクレムリン寄りには
 【レーニン廟】 があります。
 1924年に死去した
 革命家・レーニンの遺体が
 化学処置をされて、完全な形で
 安置されているそうです。
 ひー。
 見学時間が短くて限られているので
 今回は中には入りませんでした。
 廟の裏には、途中で外に出された
 スターリンの墓もありました。わー。

今回、母親と一緒に行ったのですが
母はソウル生まれ・ソウル育ちで、ばりばりの韓国の教育を受けてきたため
『赤の広場=軍事パレードと処刑の場所』という
刷り込みが浸透していて
「…私、生きているうちに自分が赤の広場に
 観光で来るなんて、思っていなかったわぁ」と想像以上に感慨深げでした。
たしかに韓国では、朝鮮戦争の敵国なわけだし、
しみついた教育って、すごいなぁぁぁ。

キレイな建物 赤の広場に面した元・国営百貨店の
 【グム百貨店】です。
 かつては品物不足のために
 行列のできるデパートだったそうですが
 今では天窓から明るい光の差す
 高級ショッピングモールになっていました。
 建物はとってもキレイ
 出店しているのは海外ブランド。
 最上階にはカフェテラス式の
 リーズナブルなロシア料理店があって
 言葉ができなくてもいろいろ試せました。
屋内のカフェもいくつもあって、何度も休憩に使ったし
1階の高級スーパーマーケットではお土産も買えて、かなり重宝しました!

でも高級店でも店員はおしなべて 無表情…
かなりビビりますが
旅行社がくれた豆知識パンフレットによると
ロシアでは
「仕事中に笑うのは不真面目だ」という教育がされていたようで
ぶっきらぼうなのは
それが正しい仕事の仕方だと思っているから…とのこと。
なるほどね~。
悪気はないんだ、と分かれば、レジの人が にこりともせずに
ボンっと商品を渡してきても、悪く思わなくなりました。

教育って、いろいろだなぁ。
正解は、1つじゃないんだなぁ。

そんなことを考えながら、モスクワの旅は 続きます

サンクトペテルブルク 3:ロシアの教会と運河クルーズ
【サンクトペテルブルク 1:エカテリーナ宮殿と琥珀の間】編は コチラ
【サンクトペテルブルク 2:エルミタージュ美術館】編は コチラ

銀座通りとか表参道とか さてさて、
 ロシア・サンクトペテルブルクの
 目抜き通り、【ネフスキー大通り】です。
 "全長4.5km。歩くと約1時間"、と
 ガイドブックに書かれていますが
 私たちが行った6月末は記録的な猛暑で
 少し歩いてはカフェで涼む…という感じでした。
 そう、おしゃれなカフェやレストラン、
 ショッピングモールなども道沿いに並んでいて
 賑やかで楽しいストリートです。
 滞在中、何度も往復しました


いよいよロシア教会へ ネフスキー大通りにの少し奥に
 とっても気になる形の教会が建っていました。
 後方にある、個性的な塔の形。
 【スパース・ナ・クラヴィー聖堂】
 別名、【血の上の教会】です。
 運河沿いに、すくっと建っています。
 派手な建物に、おどろおどろしい名前。
 一体、なぜ…?
 もっと近づいてみましょう。


たまねぎ型の屋根 ご覧あれ、この見事な たまねぎ型の屋根たち!
 ロシア正教の建物は、こんな たまねぎ型ドームが
 いくつも立っている形が多いです。
 屋根が たまねぎ型の理由は、
 『雪が積もっても落ちやすいから』
 と書かれている本もあれば
 『昔、強いガードマンがこの形の帽子をかぶっていたから』
 という説明もあって、本当はどうなんでしょう…?

 つい十数年前までのソ連は無神論な政権のため
 ロシア正教は弾圧されていたそうで
 多くの教会が壊されたり、
 残った教会も倉庫や馬小屋などとして
 粗雑に使われていたりしたそうです。
たまねぎ部隊を思い出す こちらの美しい教会は
 じゃがいも置き場になっていたとか。
 そ、そんな~~~
 それがペレストロイカ、そしてソ連崩壊後、
 今ふたたび
 ロシアの人々の信仰の拠り所となって
 再建・修繕が進んでいるそうです。
 ソ連時代と 今のロシア時代は
 本当にいろいろと違うのね。。。
 ちょっと実感が湧きました。

正確には「万能神」 ちなみに、【血の上の教会】という名前は
 農奴解放を決めたロマノフ王朝の
 アレクサンドル2世が1881年、
 反対派に暗殺された場所の上に
 建てられた教会だから、とのこと。
 暗殺された後、
 彼を愛した一般市民のお金を集めて
 建設された"復活"がテーマの教会。

 いつの世も改革する者は
 愚者に狙われる運命にあるのよね。
今も修復中 ジョン・F・ケネディーとかもだし…
 ちょっと、ホロリ

 そんなホロリな話を聞いてから
 教会の中に入ると
 見上げれば たまねぎの中には
 輝くキリストの絵が描かれていたり
 じゃがいも置き場時代の
 傷んだ壁画と修繕後を
 比較した資料があったり
 いろんな人の想いを感じられた空間でした。


日差しがまぶしい!血の上の教会 脇の運河に沿って
ネフスキー大通りへの道を戻ると
そこにはクルージングの船着場が。
サンクトペテルブルクは
運河の流れる街としても有名で
私たちもガイドのターニャさん同行で
水上からの街の眺めを楽しむことにしました。
後ろに見えるのは、【イサク聖堂】
ナポレオンとの戦いで勝利した
クトゥーゾフ将軍の墓も
教会内に安置されていました。
次回は上陸したいトルストイの『戦争と平和』にも
登場していましたね

豊かな水の中を、船は進みます。
街並みはどこまでも美しく
ターニャさんいわく
「キゾクのイエが そのまま使われてまーす」。
一番大きなネヴァ川の向こうの高い塔は
【ペトロパウロフスク要塞】
サンクトペテルブルク発祥の地であり
ピョートル大帝以降の皇帝が安置される場所。
エカテリーナ2世もここに眠るんだなー。
冷戦の遺物
エルミタージュ美術館もネヴァ川側から見て
先日の日記の外観写真は
 このクルーズで撮ったもの)
その大きさに改めて感嘆する。
川を挟んだ場所には
昔の戦車や大砲が
野外に展示されている博物館があったり
「あのビルは元KGBのタテモノでーす」
とターニャさんが教えてくれたり
…また歴史のうねりを感じたりしました。

読めるかな?そうそう、船から見えた
この右の写真の大看板、
青い字は、なんて書いてあるでしょう?

РОССИЯ


『…ポ…なんとか~』って思いましたか?
答えは『ロシア(ロシヤ)』です。
ロシア語のアルファベットでは
はローマ字のR」「はローマ字のS」で
見慣れない「ИはI」「ЯはYa」になります。
うがー!
さっぱりワケが分からない!!!


細かくオーダーします というわけで、ここでロシア語クイーズ
 …というには あまりにヒントありまくりですが
 見慣れたアノ看板も
 ロシア語になると こうなっちゃう、
 というものです

 サブウェイの頭文字は、さっきもあった
 ローマ字のSにあたる「」。
 『ブ』にあたるのが「Б(ローマ字のB)」
 『ウェ』はWにあたる字がないようで
 「(ローマ字のV)」が使われていますね~。
あれれ…? ラストは「И(ローマ字のI)」か
 「Й(同じく「Y」」だろうなぁ。

 と、サブウェイは楽勝だったのですが
 こちらの見慣れたバーガー屋さんは
 なんだかもう、お手上げです~。
 気になる「Э」はローマ字のEだ、と
 ガイドブックに書かれているんですが
 なぜ、ここに「Э」があるのか…?
 もう分からなすぎます…_| ̄|● 

ちなみに下段の「24ЧАСА」
ご想像通り『24時間営業』の意味で
ソ連崩壊後にぞくぞく登場したそうです


書きたいことがあり過ぎて進まない日記ですが
はもうちょっとだけサンクトペテルブルクを歩いて、モスクワへ向かいます!
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。