毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50cm、美しいほうへ
ある探しものがあって、昔、自分が書いたものを見直していたら
すっかり忘れていて、かつグっとくる話があったので
メモがわりに下に再掲させていただきます…
聞いた当時より、今の方がさらに胸に沁みてくる。
たしかに、そうなんだよなぁ…!

================
(前半は割愛)

この日の目的は、経済産業省の某室長であるMさんの講演を聞くためでした。
Mさんは経産省の"鬼才"で、私も何度か勉強会でご一緒したのですが
滝のように言葉をあやつり、頭脳明晰、自由人。
「辞職勧告を13回されました」で始まるお話は
目からいろんなウロコが落ちていって…。

  *生物は突然変異しないと、絶滅してしまう
    辞職勧告を受けるような"狂気"でも
    実は その組織を危機から救うために必要なものであったりする

  *『竹が雪の重みで倒れても折れてはいない
    竹は折れてはおらず、倒した雪は解けてなくなっている』というフレーズがある
    時代に変革を起こそうとすると、圧力もあるが
    いつか圧力をかけていた時代の方が変わる

  *日本は ものづくりの国といわれるが
    職人が国を思ってなにかをしているわけではない
    ただそこには「もっとイイものを作りたい」という素直な気持ちがある
    その気持ちの集合がこの国のかたちだった

  *『正しいか、正しくないか』で向き合うから、争いになる
    これが『美しいか、美しくないか』で向き合うならば 戦争になんかなるわけがない
    美しくないものは おのずと みんなが分かっている
    これからは、美しいほうへ、1mといわず 身近な50cmから進んでいこう


たしかに、美しいものの基準は人によるかもしれないけど
"それって醜いな~"ってものは 分かり合える気がする。
モノでも行動でも。
だから、急にムリはできなくても
みんなが あと50cmだけ美しいほうへ力を注いだら
…きっと世界が明るくなる。
スポンサーサイト

非日常への対価
先日、大学1年からの親友2人とランチをしようということになりました。
彼女たちは2人とも妊婦さん。
1人は初めての子がこの3月に出産予定で、
もう1人は、2人目がこの夏に生まれるとのこと。
学生時代、一緒にローファーで階段教室をのぼっていた私たちも
今ではすっかり、三十路女 オトナなのであります☆

で、渋谷でゆったりランチコースでも…ということで
1人が「じゃぁ、アリマックスホテルのフレンチ行こうか?」
と提案してくれて、いいねぇ!ということに。
あの、たまにテレビのロケとかしてる 隠れ家ホテルでしょ?
私も気になってたんだ、行ってみたかったのよね~♪と言いあいながら
ウキウキで神山町へと歩いていきました。

…で、結論から言って、ビミョウでした。

アリマックスホテル
たとえば一休.comの紹介文だと
「渋谷の雑踏を離れた所にある、 イギリスのプチホテルの様な佇まい」
とも書かれている、大人の雰囲気溢れる隠れ家。
のはずが…
もうちょっと洒落た建物の外観を期待してたら
80s名残りのような幾何学的な やや殺風景な外観

 で、ホテルに併設されている
 フレンチレストラン「Polyantha」
 昼下がり、ランチで混雑する時間は少し過ぎて
 それなりにキチンとした身なりの女性3人。
 それなのに、案内された先では
 ややゆったりめな2人席に お誕生日席を設置
 隣りの2人席は空いてるし、
 予約されている気配もない。
 そのお誕生日席に一旦は座った私ですが、
 思わず満面の笑顔で聞いてしまう
「あのー、これから3人でコースをいただくのに
 まさかこの席の並びなんですか、こちらは?」。
言われてから店員さんも気づいた風で
それから慌てて隣のテーブルを付けて
私を新しい席に促してくれました。。。

あと、食事も一段落してホテルのレストルームに行ったとき。
内装は一応、オールドイングランド風な感じで統一されていながら
洗面台のハンドソープが
『キレイキレイ 薬用ハンドソープのポンプ』剥きだし

…いや、キレイキレイが好きとか嫌いとかの話じゃないんですよ。
それよりも、その都会の隠れ宿のラグジュアリーな演出の中で
せめて優美なソープディスペンサーに入れてて欲しかったワケよ。
それが、『キレイキレイ』。
えーん、せっかくの非日常のためにお金を払ってきた人
コレはないんじゃないかな???

1つだけ彼らの名誉回復するとすれば、
デザートの後のコーヒーか紅茶かの選択の際に
3月出産の友人には きちんとカフェインフリーの紅茶のチョイスを
丁寧に説明していたところですね。
これは、きちんとお客様をみているなーと感心しました。

ということですが、総合的には、うーん、という感じ。
たぶん、次は ないと思います。
もう一度行ってもいいかな♪というお店に出会うのは
なかなか大変ですわネ。


ちなみに最近のヒットは、渋谷公園通りの【和食 洋食 神南軒】
アラカルトもそれほど高くないメニューでありながら
しっかりした味付けでおいしかったです♪
なによりも、渋谷でありながら大人っぽい空間づかいで
しばし優雅な気分になれました?
レストランのテーブル席では、荷物を置くスペースが無いなどの難点はありますが
このお値段なら、かなり得した気分。また行きたくなりました(^-^)

またタクシーで餌付けされるの巻
 今日はタクシーで
 『きっと、サクラサクよ。 キットカット』を1箱、
 運転手さんからいただきました♪

 これまで、タクシーの運転手さんにいただいたものは
 飴、信玄もち、ドリンク剤、ハイチュウ、
 あとワイン丸々1本(!)とか、現金(150円)とか…
世間バナシに相づちを打ちまくるので、モノを もらいやすいようです。ハイ。

で、今回は「サクラサク」。
そうですねー、受験シーズンなんですよね。
このバージョンは サクランボ味 だそうです。
美味しいかはビミョウですが。。。
でも、人からもらうと、妙にウレシイもんですね(≧▽≦)

シゴトも大詰めに入り、へろっとしてますが
ちょっと元気になりました!

めでたい焼き日和
 
きょうは1日のうちに
たい焼きを2匹も もらいました。
1つは、食堂でタダで振る舞われていた「めでたい焼き」
もう1つは、鯛焼き御三家のひとつ(らしい)
四谷の「たいやき わかば」の たいやき


見た目とネーミングは 小さくてカワイイ「めでたい焼き」、
味は「たいやき わかば」の勝ちでした(≧▽≦)
こんな日も あるんだなぁ。

※ 追記
その後、この「めでたい焼き」を また5匹もらいました。
これで本日、手に入れた たい焼きは 合計7匹になりました!
(ちゃんと おすそわけして食べましたよ~)

うつくしい「華みくじ」
2007年になりました!
私の後厄もあと1か月(節分で交代、とうかがっています)、
本年もパタパタ羽ばたきますので
一緒に怒ったり泣いたり笑ったり踊ったりしましょう♪

年越しは、ダーリンと のほほ~んと おウチで迎えた後、
『カウントダウンTVスペシャル』で90年代のJ-POPを熱唱しながら
(歌っているのは私だけで、"武士"は諦めて聴いている…)
過ごしました。

初詣は、"武士"の発案で、飯田橋の【東京大神宮】に行きました☆
ここは昔、伊勢の神宮にお参りにいけない人のために
明治天皇に頼んで、東京にも"支店"を作ってもらったものだそうです。

もともとは、縁結びの神様として女性に人気がある、ということは
知っていたのですが、初詣で来るのは初めてー。
雑居ビルの中のコンパクトな神社ですが
手水のところでペーパータオルを渡してくれたり、
おみくじ や お守りの種類がいろいろあって楽しかったりと
とにかく素敵な神社でした?

 参拝を終えたら、次は おみくじに。
 この神社には、
 普通の巫女さんのところでひく おみくじのほかに
 「恋みくじ」や「華みくじ」と、全部で3種類あって
 まず、どれをひこうか悩めるのが楽しい(≧▽≦)
 私は、とても素敵なデザインの
 「華みくじ」をひきました。
 ←左が そのパッケージ。
 ね、なんだか、おみくじ らしくないでしょ?


この おみくじは、開くとお花のポップアップが出てきて
めちゃめちゃ可愛かったです!
私のは、春を告げる梅の花がポンっと飛び出してきました♪
結果は『吉』。とにかく変化の年らしいです~。
…また何か、起きるのかしら???

お守りも、花言葉が"幸せ"の すずらんをあしらったものや
モダンなデザインを取り入れたものが多くて
渋すぎるお守りの概念を超えるものがいっぱいありました。
楽しく目移りできる、これも女性に人気があるヒミツなんでしょうね。

縁結びって、男女のことばかりじゃなくて
さまざまな人生で「知り合えて良かった☆」という人との
ご縁を結んでくださるものなんでしょうね。
ダーリンと2人、お参り後にはまた肩のあたりが軽くなって
うきうきしながらゴハンに向かいました。
飯田橋方面にお出かけの時には、東京大神宮、ぜひ訪れてみてくださいませ。

それでは、こうして皆さまとの縁が続いていることに感謝しつつ…
本年もよろしくお願いいたします!
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。