毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モスクワ 2:街を ぶらぶら歩き
【サンクトペテルブルク 1:エカテリーナ宮殿と琥珀の間】編は コチラ
【サンクトペテルブルク 2:エルミタージュ美術館】編は コチラ
【サンクトペテルブルク 3:ロシアの教会と運河クルーズ】編は コチラ
【サンクトペテルブルク 4:いろいろ散歩して出発】編は コチラ
【モスクワ 1:教育って すごいなぁ】編は コチラ

3号線ですモスクワの宿泊先が
中心地から5駅ほど離れていたおかげで
街歩きはもっぱら
地下鉄を駆使することになりました。
海外で地下鉄や路線バスに乗るのは楽しい。
改札を通る時のドキドキとか
交通広告の違いとか
乗っている人の服装や表情とか…。

サンクトペテルブルクの地下鉄は
チケットの代わりが
さっぱりした車内コイン状のトークンでしたが
モスクワは紙製のプリペードカード式。
車内には広告がまったくなくて
これからのジャンルなのかなーと思いました。
モスクワの駅の一部は、
美術館のように
キレイな内装の駅もあるそうです。
通りすがりの人が
必ず撫でる犬の像のある駅もあって
私もマネして撫でてみましたが
どんな由来があるかは分かりませんでした。
なにかの幸運のおまじないかなー。

よっ、色男!? モスクワの現地ガイドは
 私より背の高いミハイルさん。
 今は娘2人のお父さまですが
 昔はプレイボーイだった匂いが ぷんぷん。
 若い時に
 ちょっとだけ付き合った韓国人女性が
 いたそうなのですが
 「カンコクのgirlfriend、
  とっても おいしかったです!」と
 朝の9時からキッパリ言われても
 リアクションに困るってバ
上の写真は、世界遺産にも登録されている【ノヴォデヴィッチ修道院】
この湖をみたチャイコフスキーが、 『白鳥の湖』を作曲したそうです。
今は、鴨しかいない湖でしたが~。

賑やかな歩行者天国 午後は街歩き。
 お土産屋やおしゃれなカフェがたくさん集まる
 歩行者天国・【アルバート通り】を歩きます。
 露店では絵やタペストリーも
 いろいろ売っていて、賑やかです。
 私が手にしているのは
 スターバックスの
 マトリョーシカ柄のタンブラー
 …って小さくて分かりませんよネ。
 赤いマトリョーシカが
 タンブラーの柄になっていて、
スタバ&スタバ かなりのレア感がありました。
 ということで
 スタバの看板もロシア文字と
 英語表記がありました。
 СТАРБАКС КОФЕ と
 STARBUCKS COFFEE
 …だんだん法則がわかってきた?
でっか!



  こんなマトリョーシカは いかが?
  大統領バージョンは、開けるとちゃぁんと
  前任者の絵に変わっていくんですよー。
  日本の首相版を作ったら…キリがなさそうだねぇ
右側はプーチンいろいろ











改修中です こちらは【ボリショイ劇場】
 ロシアを代表する、バレエとオペラの劇場で
 "ボリショイ"は"大きい"、という意味です
 (なので、ボリショイサーカスは
  "大きいサーカス"という意味です)。
 現在は大改修中で
 いろんな本などによれば
 もう終わっててもよいはずなのですが
 なかなか終わらないみたい。。。
 なので、写真だけ撮ってみました。
 正面玄関前の噴水が
 暑い空気の中で市民を涼ませていました。
 たしかに、7月アタマのこの頃も
 じりじり暑かったなぁ

飴細工みたい~ぐぐっと歩いて戻って
赤の広場 奥の【聖ワシーリー寺院】にも
近づいて見学しました。
たしかに歩くと、見た目よりも遠くなかったなぁ。

ちなみに【赤の広場】の"赤"は
本当にレッドだったわけではなくて
ロシア語で「美しい」と「赤い」が
同じ単語だったことから
"美しい広場"という意味でつけられたそうです。
その昔、広場には青空市場がひらかれていて
ゴミも散乱して、汚かったそうで
それをキレイにしようと
わざと"美しい広場"という名前にして
市場を一掃させたとのこと。
それにしても、この聖堂の屋根も見事な たまねぎ&カラフルですね~。
生でみると、その派手さも格別でした
でっかい飴細工みたいでした


この後、電卓叩きます 日付は変わってロシア旅行も最終日。
 ホテルの横にあるお土産市場
 【イズマイロヴォ市場】
 土産物の露店を見て回りました。
 入場料を取られたわりには
 露店は一部しか開いていませんでしたが
 この旅で好きになった琥珀のアクセサリーや
 大中小・色とりどりのマトリョーシカ、
 旧ソ連のミリタリーグッズなど
 猥雑な感じで並べられていました。
 母親は、韓国の妹に買うブレスレットを 
冷えてると さらに美味 熱心に比較検討中。
 私は、ロシアの清涼飲料
 『クワス』に くびったけで
 0.3Lをグビグビ飲んでいました。
 このクワス、
 大麦またはライ麦の麦芽を
 発酵させて作るロシア独特の飲み物で
 甘苦い、微炭酸飲料です。
 缶入りのものも売っていますが
 ビールのように生で量り売りのものが
 一番おいしい、とミハイルさんが言ってました。
うぉー、本当に おいしかった! また飲みたいーーー
 
明るい夜空!?そんなこんなで、
白夜のロシアの旅、
文字で見るよりもビビッドで
新鮮な驚きにあふれた旅でした。
夜更けの22:26の空がこんな明るいのも
今となっては懐かしい光景です

一度は行ってみたいと思ったロシアですが
きっとまた、訪れると思います。
読めそうで読めない文字、
欧州のようで欧州になりきれない建物、
正解が1つだけでない国、、、
まだまだ発見が多そうです。
とにかく今は、出会えたものすべてに спасибо!スパシーバ!
スポンサーサイト

モスクワ 1:教育って すごいなぁ
【サンクトペテルブルク 1:エカテリーナ宮殿と琥珀の間】編は コチラ
【サンクトペテルブルク 2:エルミタージュ美術館】編は コチラ
【サンクトペテルブルク 3:ロシアの教会と運河クルーズ】編は コチラ
【サンクトペテルブルク 4:いろいろ散歩して出発】編は コチラ


さぁ、やっとモスクワに到着した日記です
今回、ツアーで宿泊したのは
中心地からは北東にちょっと離れたイズマロヴォにある【ヴェガホテル】
広ーい朝食会場ここは建物が4棟も並んでいる
大型ホテルの1棟で、合計で
客室数の多さでギネスブックにも
登録されている
そうです。
それもそのはず、
ここは1980年のモスクワ・オリンピックの
選手村だった建物なのです。
ということで、過不足ない
(=贅沢さはないけど、不自由はない)
宿泊施設でした。
朝食会場も 妙に大きかったです
なぜか、アコーディオンの生演奏付でした


ブラゴヴェシチェンキー寺院 ホテルから地下鉄に乗って5駅の所に
 【クレムリン】 があります。
 「城塞」を意味するクレムリンは
 ロシア正教の総本山であり
 政治の中心でもあります。
 大統領が執務中には
 建物の上に旗が立つとのこと。
 モスクワ大公国、ロシア帝国、
 ソビエト連邦、そしてロシア連邦に至るまで
 いつも権力の頂点であり続けたんですね。
 たまたま士官学校の卒業式の参加者が
ウスペンスキー寺院 制服で大勢おとずれていました。

 王家だけが使っていた聖堂も見事で
 内部には荘厳なイコン(聖像画)が壁や扉に
 びっしりと描かれていました。
 ロシア正教は、キリスト像やマリア像など
 立体像はなく、すべてイコンです。
 椅子もなく、パイプオルガンもなく、
 立ったままで、アカペラで歌うのが
 正当スタイルだそうです。
 ここの屋根はもちろん、金たまねぎ!
今まで知っている教会とは、いろいろ細かい部分が違っていました。

そして、クレムリンの隣には、かの有名な 【赤の広場】 があります。
赤の広場です!
広っ!
ただ、実際に広いには広いのですが、
広場自体が奥に行くにしたがって、少し狭くなっていて
視覚的にもさらに奥行きがあって広く見えるように設計されているそうですよ
一番奥にあるのは 聖ワシーリー寺院、
向かって右の城壁はクレムリンで、左の横長の建物は元・国営の グム百貨店です。
レーニン廟 そして中ほどのクレムリン寄りには
 【レーニン廟】 があります。
 1924年に死去した
 革命家・レーニンの遺体が
 化学処置をされて、完全な形で
 安置されているそうです。
 ひー。
 見学時間が短くて限られているので
 今回は中には入りませんでした。
 廟の裏には、途中で外に出された
 スターリンの墓もありました。わー。

今回、母親と一緒に行ったのですが
母はソウル生まれ・ソウル育ちで、ばりばりの韓国の教育を受けてきたため
『赤の広場=軍事パレードと処刑の場所』という
刷り込みが浸透していて
「…私、生きているうちに自分が赤の広場に
 観光で来るなんて、思っていなかったわぁ」と想像以上に感慨深げでした。
たしかに韓国では、朝鮮戦争の敵国なわけだし、
しみついた教育って、すごいなぁぁぁ。

キレイな建物 赤の広場に面した元・国営百貨店の
 【グム百貨店】です。
 かつては品物不足のために
 行列のできるデパートだったそうですが
 今では天窓から明るい光の差す
 高級ショッピングモールになっていました。
 建物はとってもキレイ
 出店しているのは海外ブランド。
 最上階にはカフェテラス式の
 リーズナブルなロシア料理店があって
 言葉ができなくてもいろいろ試せました。
屋内のカフェもいくつもあって、何度も休憩に使ったし
1階の高級スーパーマーケットではお土産も買えて、かなり重宝しました!

でも高級店でも店員はおしなべて 無表情…
かなりビビりますが
旅行社がくれた豆知識パンフレットによると
ロシアでは
「仕事中に笑うのは不真面目だ」という教育がされていたようで
ぶっきらぼうなのは
それが正しい仕事の仕方だと思っているから…とのこと。
なるほどね~。
悪気はないんだ、と分かれば、レジの人が にこりともせずに
ボンっと商品を渡してきても、悪く思わなくなりました。

教育って、いろいろだなぁ。
正解は、1つじゃないんだなぁ。

そんなことを考えながら、モスクワの旅は 続きます

2010年も よろしくお願いいたします
shou-kuji.jpg 「新年あけましておめでとうございます」
 「セヘ ポン マニ パドゥセヨ」
 後者は韓国語での新年のご挨拶で
 (新しい年にたくさんの福を受けてください)の意味です
 2010年になりましたね
 私はといえば、大晦日に風邪をひいた"武士"とともに
 静かに ゆ~ったりと新年を迎えました。
 薬を飲んでひたすら休んでいた 眠り王子・"武士"
 初詣は元日の夕方に、近所の神社へまいりました。
 お参りの後、おみくじをひいたら
 大吉
 ここ数年、どんな神社に行ってもひけなかった大吉が
 やっっっと出ました~

 辛い時期はもう過ぎ去ってくれたのかしら…?
 これはかなり嬉しかったー

あ、ネイルは年末に【l'eclat】さんでやっていただいた
『パープルフレンチに黒レースを埋め込んだデザイン』です
よろしければ、キレイな写真は こちらのブログ にてご覧ください


shou-ice.jpg そして今年最初の夕食は私の希望で、近所のエスニックカフェへ。
 辛いものがニガテな私が無性に食べたくなるカレー
 「バターチキンカレー」が美味なる店で
 お正月から、ナンをちぎりちぎりしながら頂きました
 こちらの店員さんは全員、南アジア出身の方々で
 時々食べに来る ノッポのカップルを覚えてくださっていたらしく
 お店に入ったときから
 「あなた方にお越しいただけてhappy new yearですよ~」と
 めっちゃ笑顔で迎えてくれた。
 そして、食後に「こちらはお店からです」といって
 2人分のアイスクリームパフェをサービスしてくれた
 新年早々、うれしいサプライズだなぁ。
 大吉効果、はやいかも~



haka2010.jpg 毎年、お正月の2日は
 東京郊外にある祖父のお墓参りに行きます。
 リアルりさん家族のLee家ではありますが
 この日には祖母・父・私の3世代で高速に乗って参ります。
 祖父の本当のお墓は出身地の韓国南部にあるのですが
 それではあまりに遠くてお参りに行けないので
 ちょっとだけ分骨して
 東京郊外にある共同墓地に入れさせていただいてます。
 祖父はクリスチャンだったのでアーメン系の共同墓地です。
 こちらの墓碑が個性的で、石の上に
 『我らの国籍は 天に在り』と書かれているんです。
 特に外国人用のお墓ではないのですが、
 埋葬に行ってはじめてこの石碑をみたときには
その不思議なご縁に、なんだかニッコリしてしまいました。
ちなみにこの祖父が、例の天使を見た祖父です

shou-nabe.jpg 墓参りの後は、ジッカで食事です。
 離散していても、形にはこだわるビミョウな一家。
 ジッカには母が住んでいて、
 この年末年始には叔母とその娘さんも滞在中で
  韓国の正月料理と
  オーダーしたイタリアンのオードブルという
 ごちゃまぜなお食事になりました。
 写真は、叔母が作ったチヂミ類とプルコギ。


あと1日休んだら、シゴトに戻ります。
皆さんも、新しい年にたくさんの福を受けてくださいね
今年もどうぞよろしくお願いいたします

蝶よ花よ、とは言わないが
ソウルにいる自分の妹に会いに行って帰ってきたLee母親。
買い物を頼んでおいたものがあるので、それを引き取りにジッカへ立ち寄った。

母親はジッカで今、ネコを2匹飼っている。
背中に牛のような黒点模様があるテンテンと
とにかく人を怖がってめったに姿を見せないヴィタ(ラテン語で「人生」という意味だそうだ)。

テンテンの方は忠猫ハチ公ばりに母親の後ろをついて回り
つねに母のいるほうに丸い目を向けて
ちょっとでも遊んでもらおうと甘えまくり
お腹を出してゴロゴロにゃーにゃーしている。
おかげで、自己中心主義でおでかけ好きの母親も
かわいいネコのことを考えると気が気じゃなくて
用事を済ませると 外出でも旅行でも さっさと帰ってくる。そうだ。

テンテン コーヒーを片手に、家のソファに座る母親、
 すかさず、テンテンがすっと足元に近づいてくると
 目じりを下げまくった母親が
 究極のソプラノばりのネコ撫で声で
 「テンテン、かわいいねぇ~~~。
  かわいいね~~~。
  ほーら、うりうりうりうり~~~(←といってノドをくすぐっている)。
  テンテン、イップダ~~~(←これは韓国語で『可愛い』のこと)」
 と、
まるでヘンなキノコでも食べたんじゃないかと思うほどの変貌っぷりで
丸くて白いネコを撫でくりまわしている。
あきらかに、キャラ変わってない?
はぁ、好きにして頂戴。

そのネコを撫で回しながら、母親が芝居がかった口調で言う、
「あ~ぁ、最近ねぇ、
 きっとあんた達(=私と妹)のことも、
 こんな風に可愛い可愛いっていって優しく育てれば
 良かったんじゃないかしらん…って思ったのよねぇ。
 でもあのときは全然、そんな気分じゃなかったと言うか、余裕がなかったのよねぇ」

あのー、それを"被害者"である私に言って
私にどうリアクションしろと?
そんなことないよ、母さんはとっても私たちを可愛がってくれたよ★なんて
根も葉もない嘘は、口が裂けても言えないわよ、私。

仕方がないので乗っかった相槌を打つ、
「そーよねぇ、そんな風に可愛い可愛いって育ててくれれば
 私らもテンテンみたく優しくて素直な子に育ったかもしれなかったわねぇ」

蝶よ花よ、と育ててくれとは言わないが
せめて、もうちょっとなんとかできなかったのかね、あなたがたは。


そういえば、私は親から「可愛い」って言われた記憶も
撫でられた記憶もまったく無いなぁ
とか思い出しながら、ジッカを後にした。

予想外の展開
さてさて、母親と私の冷戦は続いているのですが
この日以来、まだ続いてるんですよ!)
先週日曜日の母の日には、
小さな(←ここが無駄な抵抗ポイント)ネコの陶器入りプリザーブドフラワーを
インターネットで注文し、母の日指定で送りました。
コレ送りました


しかし、日曜が終わろうと、月曜が過ぎようと
母親からの連絡は一切ナシ
ここまで来ると、へそ曲がりも相当だな~~~、と ムカムカしていた私。

すると、

木曜日の午後、母親から1通のメール。

”猫の お花 ありがとう。”


はぁ?どんだけ間あけてんのよ、この人? と思いながら、冷静に返信する

”日曜に届かなかったかしら? どういたしまして。”

すると、また返信

”昨日届いたよ。でもありがとう。”

ハァ???
私、母の日当日指定で注文したんだけど???

すぐに注文メールにある花屋に電話をすると
そこには驚くべき事実が…!

電話口に出た花屋の店員いわく
「じつは配送途中で入れ物を600個破損してしまい、発送が遅れました。
 後日、送り主と送り先には
 お詫びのご連絡と品物をお送りしようと思っておりますので…」


いやいやいやいやいやいや…

口をポカンと開けながら、やっと返事をする私、
「そうだったんですか?
 で、昨日届いたってわけですね。
 あのー、お詫びの品とかイイですから、それよりもまず
 母の日当日にせめて、送り先に
 『届けるはずだったのですが、間に合わないんです』
 といった旨の連絡は、しなかったんですか???」


「はい、なにせ600個も破損したもので、
 お問い合わせいただいた方にはご説明したんですが
 それ以外の方には連絡ができておりませんで…」


なんかそれ、ちがくね???

私はてっきり母の日に届いているものと思い、
母から連絡がないのでイライラしていたし、
当日、なんの音沙汰もない娘をもった母親も
きっとアタマから湯気を出して怒りつづけてたに違いないのですよ、水曜まで。

悪いけど、私には何個 入れ物が壊れたかは関係ないから
せめて当日に、贈る予定だった旨だけでも伝えてほしかったのだよ。

ぐったりして私も応える、
「後日のお詫びとか本当にどうでもイイんで
 今すぐ私の母に電話して
 本当は母の日に届けるはずだったことを伝えてもらえませんか?」


そのあと、名前と母親の連絡先を聞かれて電話を切った。

プレゼントを扱う店としての自覚が欠落していると思います。
私以外の599人×2の贈り主・贈られる人も
同じ思いをしていたのかと思うと…本当になんともいえない気分になりましたわ。

その後、電話がいったらしく、母親からはまたメールが来た
”今 花屋から電話が来た。破損事故だったらしいが
 手紙だけでも 入れるべきだと 言っておいたよ。
 ともあれ ありがとう。”


いやー、私もそう思うよ、母さん。
ということで、いろんな意味で気苦労がたえない
忘れられない母の日になった…な…。
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。