毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年も よろしくお願いいたします
shou-kuji.jpg 「新年あけましておめでとうございます」
 「セヘ ポン マニ パドゥセヨ」
 後者は韓国語での新年のご挨拶で
 (新しい年にたくさんの福を受けてください)の意味です
 2010年になりましたね
 私はといえば、大晦日に風邪をひいた"武士"とともに
 静かに ゆ~ったりと新年を迎えました。
 薬を飲んでひたすら休んでいた 眠り王子・"武士"
 初詣は元日の夕方に、近所の神社へまいりました。
 お参りの後、おみくじをひいたら
 大吉
 ここ数年、どんな神社に行ってもひけなかった大吉が
 やっっっと出ました~

 辛い時期はもう過ぎ去ってくれたのかしら…?
 これはかなり嬉しかったー

あ、ネイルは年末に【l'eclat】さんでやっていただいた
『パープルフレンチに黒レースを埋め込んだデザイン』です
よろしければ、キレイな写真は こちらのブログ にてご覧ください


shou-ice.jpg そして今年最初の夕食は私の希望で、近所のエスニックカフェへ。
 辛いものがニガテな私が無性に食べたくなるカレー
 「バターチキンカレー」が美味なる店で
 お正月から、ナンをちぎりちぎりしながら頂きました
 こちらの店員さんは全員、南アジア出身の方々で
 時々食べに来る ノッポのカップルを覚えてくださっていたらしく
 お店に入ったときから
 「あなた方にお越しいただけてhappy new yearですよ~」と
 めっちゃ笑顔で迎えてくれた。
 そして、食後に「こちらはお店からです」といって
 2人分のアイスクリームパフェをサービスしてくれた
 新年早々、うれしいサプライズだなぁ。
 大吉効果、はやいかも~



haka2010.jpg 毎年、お正月の2日は
 東京郊外にある祖父のお墓参りに行きます。
 リアルりさん家族のLee家ではありますが
 この日には祖母・父・私の3世代で高速に乗って参ります。
 祖父の本当のお墓は出身地の韓国南部にあるのですが
 それではあまりに遠くてお参りに行けないので
 ちょっとだけ分骨して
 東京郊外にある共同墓地に入れさせていただいてます。
 祖父はクリスチャンだったのでアーメン系の共同墓地です。
 こちらの墓碑が個性的で、石の上に
 『我らの国籍は 天に在り』と書かれているんです。
 特に外国人用のお墓ではないのですが、
 埋葬に行ってはじめてこの石碑をみたときには
その不思議なご縁に、なんだかニッコリしてしまいました。
ちなみにこの祖父が、例の天使を見た祖父です

shou-nabe.jpg 墓参りの後は、ジッカで食事です。
 離散していても、形にはこだわるビミョウな一家。
 ジッカには母が住んでいて、
 この年末年始には叔母とその娘さんも滞在中で
  韓国の正月料理と
  オーダーしたイタリアンのオードブルという
 ごちゃまぜなお食事になりました。
 写真は、叔母が作ったチヂミ類とプルコギ。


あと1日休んだら、シゴトに戻ります。
皆さんも、新しい年にたくさんの福を受けてくださいね
今年もどうぞよろしくお願いいたします
スポンサーサイト

父とのNY (その2:ミュージカルと夜景ときどき口論)
間があいて失礼しました!
なつかしのNY航路、完結編です☆
(『チープと舞台と滝と夢のデパート』編 は コチラ

バスでほっと一息 マンハッタンでの日ごろ移動は、
 もっぱら路線バスを使っていました
 写真は、車内でくつろぎすぎな父親。
 前々回の旅行くらいから、南北移動だけの地下鉄よりも
 東西南北に走るバスに乗ることが増えて
 さらに移動がラクラクになりました!
 1枚のメトロカードで地下鉄もバスも乗れるので
 毎回、運賃を気にせずに超お得に移動できます
 (1回の乗車で$2。7日間乗り放題のカードは$25)。
乗客の人種も、通過する街によってさまざまで
こんな風にいろんな人の日常をちょっと共有できて、ワクワクしてしまう私。


ミュージカルは、歴史あるマジェスティック劇場で 『オペラ座の怪人』を見ました
メジャーな作品では、"Show Trans"という多言語イヤホンガイドを
$10で貸し出しています。
私は前回の『WICKED』で借りて、各幕の見どころが日本語で聞けて大満足でした!
ということで、今回も借りることに。
借りるときは、料金のほかにIDを一旦、預けるのが必須なのですが
私の前に借りようとした日本人カップルは、パスポートをホテルに置いてきたらしく
「…これじゃダメですか?」と
これ見せても…顔写真のついたtaspoを差し出していました。
ダメだと思います。
係りの人、ニホンゴ読めないし!
案の定、肩をすくめられて、借りられなかったようです。ザンネン。

ミュージカル自体は、まぁ古典ですので話のテンポがゆるくて、
第1幕は父親が爆睡しておりました…_| ̄|●
たくさん歩いたから疲れていたのでしょうが、そりゃーないぜ!!!
で、第2幕は話がどんどん展開して、
最後にはファントムの狂気やせつなさが ひしひしと伝わってきて、良かったです~
父親も「来て良かった」と言っていたので、一安心。
その理由が
「最後の地下室のシーン! あんな風に舞台上で再現するのは驚いたね。
 さすがブロードウェイだね~」と突如、感心していました。
しかしそのシーン、実は、第1幕でも数回出てきてたんだよね。。。


イーストリバーの東、ブルックリンハイツからの夜景は
ポスターやCMなどにもしょっちゅう使われるほどメジャーな夜景の絶景ポイントです。
私は以前、キャビンアテンダントをやっているChiekoの乗務便に乗って
NYに行ったこともあって、そのときに一緒に地下鉄で絶景ポイントへ行ったのですが
駅から遠くて、たどり着くまでドキドキしたのを覚えています。
そんなこともあって、今回は現地発の「2大夜景ツアー」に
初めて参加することにしました

ハミルトンパークにて しかし今回、大発見だったのは、マンハッタンの逆サイド
 =ニュージャージ側・ハミルトンパークからの夜景も
 かーなーりー素敵だったこと!(≧▽≦)
 先に行ったブルックルリンハイツからは、
 ウォール街などがある南端のビル街・
 ロウワーマンハッタンの夜景が見れるのですが
 このハミルトンパークからは、もっと北側の
 ミッドタウンやアップタウンの夜景が見れるのです。
これはなんだかお得!
ミッドタウンには、エンパイヤーステートビルや、私の大好きなクライスラービルがあって、
そのライトアップされた先端もちゃんと見えるのです。
きゃー、うれしい
このハミルトンパークは高台にあって、周辺は新興住宅地でした。
個人でいくのは難しそうな場所だったので、ツアーで良かった!
くわしくは コチラ もご覧くださいませ。


旅の往復は、今回は日本航空でした。
日本語オンリーの父親が長いフライトで気楽になるように、というポイントと
今夏にはじまったばかりの新サービス
【JALプレミアム・エコノミー】 を利用できたのが選んだ理由でした。
いいですよ~~~~~~~(人´∀`).☆.。.:*・゚
プレミアム・エコノミー!!!
「専用チェックインカウンターがある」
「搭乗前にJALラウンジが使える」
「座席が+20%広い&テーブルも広め&ヘッドホンもグレードUP」
「飲み物の選択肢に、エコノミーにないシャンパンも加わっている」
「スリッパ、アイマスク、耳栓、歯ブラシなどのアメニティーも用意されている」

…どれも嬉しいサービスばかりでした
(スリッパはホテルまで持っていって大活躍☆)
特に、エコノミーだと絶対に使えないJALラウンジには、
お酒もソフトドリンクも揃っていて菓子パンおにぎり、一口蕎麦もあって
これで朝食代が浮いてしまいました♪
J.F.ケネディー空港のラウンジでは、日本の新聞もたっぷり読めて一安心。
出発前に搭乗ゲート前のワサワサしたベンチでなく
ゆったりとしたラウンジで時間を待つことができて、父親も大変満足していました。
自腹でビジネスは無理でも、
プラス数万でこんなに優雅になれるなら、いいよね~
ヨーロッパ方面やNYに行くなら、検討の価値はあると思いますよ


そんなこんなで、2人でいろいろ やりました。

最終日の超名門フレンチ・「Daniel」でのディナーのときに、
たぶん続けられるまで今のシゴトを続けるといった私に、父が
「Lee(←実際は私の下の名前)、昔は夢があったのに、けっこう変わったな…」
みたいなことを言ったので、さすがに頭にきて
「父さんと母さんを見ていて、男に頼らないと生きていけない人生だけは
 避けようと思ってなんとか自分を作り上げてきたのよ。
 その張本人である父さんに、そんなこと言われたくないっ!」

と声を上げて言い返したりもしました。
地雷、踏まれちゃった感じですねー。
旅の間の、父の批評家的なモノ言いに しばしばカチーンときていたのと、
どれだけ今まで私がボロボロになりながら、今の自分を作ってきたかを
知りもしないでいうなよ、という気持ちが溜まりに溜まって
つい出てしまったのでした。

ただ、いま振り返ってみると、
幼いときに貧乏で夢みることさえできなかった父が私に向かって
『自分のような、家賃を稼ぐためだけに夢を持たなくなる人生にはなるな』と
不器用に伝えていたのかもしれないナ、と思いました。
そんな話ができただけでも、一緒に旅してよかった…かな?
自分の将来、また考えてみようかなーと思ったりしました。


完成品はコレ☆6泊8日の旅を終えて、撮った写真は130枚。
せっかくなので、
こちらのサイトで写真集までつくってしまいました(笑)。
わはははははははは、盛り上がりすぎですか?
でも、本当に簡単に作れたので、オススメです

ということで、後まで味わい尽くした親子珍道中でした~

父とのNY (その1:チープと舞台と滝と夢のデパート)
行ってきました、ニューヨーク&ナイアガラの滝。
Times Sq.だよ、おとっつぁん
父親と1週間も2人っきり、というのは人生で初かもしれず
意外な面をみたりもしたのですが
とにかく無事に、絶交もせずに!?帰ってこられて良かったです、お互い。


だいたいの日程はこんな感じでした。

 1日目   昼前にジョン.F.ケネディー空港着(日本航空6便)
        夜は【アポロ劇場のアマチュアナイト】

 2日目   父は【ニューヨーク1日市内観光】/私は買い物 
        ロックフェラーセンターで合流して、展望台「Top of the Rock」(地上70階)に上る
        夜はミュージカル「オペラ座の怪人」 (マジェスティック劇場)

 3日目   【ナイアガラの滝・日帰り一日観光】

 4日目   5番街を散歩、「Tiffany」で買い物
        ランチは店員が歌う「Ellen's Stardust Diner」
        映画で見たというデパート「Macy's」などでお買い物
        夜は在ニューヨークの友達とステーキ「Ben & Jack's Steakhouse」

 5日目   ブランチの後、父はメトロポリタン美術館へ/私は買い物へ
        合流後、老舗スーパー「ZABAR'S」でお土産を買う
        夜は【ニューヨーク2大夜景ツアー】

 6日目   「グランドセントラル・オイスターバー」でランチ
        エンパイヤステートビル展望台(地上86階)に上る
        夜はフレンチの名店中の名店「Daniel」でディナー

 7~8日目 午後イチでJ.F.ケネディー空港発(日本航空5便)
         日付線を通過して帰国の途。お疲れさまでした!

日本語オンリーな父親に合わせて、今回はかなり現地発オプショナルツアーを入れました。
結果、自由でいながら押さえる所は押さえた旅になったのではないかと。


隠れおしゃれさんの父親にとっては
(↑ロゴの付いてない高級品を身に付けて、分かる人にだけ一目置かれるのが好きなタイプ)
カシミヤのショールにもHERMESにも関心を示さない私に たいそうガッカリされて
旅行中、エブリディ、1時間ごとに、
「大人の本当のおしゃれというものは、良い物をきちんとだな…」と説教をくらってました
ひー。
普通、男女が逆でしょ。
たしかに女も35歳にもなったんだからと
雑誌『25ans(ヴァンサンカン)』的エレガンスを身につけて欲しいらしいが
…人には向き不向きがありましてね。
私、チープシックでゴージャスに(←用語として合っているかは不明)
おしゃれをするのが好きなんですよ~~~~~~~~~~~~~。


ま、そんなことはいいとして、

ハーレムにあるNYの黒人音楽の殿堂・「アポロ劇場」舞台に立ちました、私
Leeが第2のワダアキコになるのも、もうすぐです!!!
…というわけではなく、毎週水曜夜に開かれている
偉大なる素人のど自慢大会「アマチュアナイト」
=ジェームス・ブラウンやビリー・ホリディ、
マイケル・ジャクソン、ローリン・ヒルも輩出した伝統のイベントです。
そこで、定員1500席あまりでほぼ満席の会場から
8人ほどの観客をステージに上げて各人踊らせるのですが
…私、呼ばれちゃいましたよ、まんまと司会者に。
踊りましたよ、 CHI-LITESの「Are You My Woman (Tell Me So)」
(=ビヨンセの「Crazy In Love」のイントロ)に合わせて。
えぇー
ビックリしました~~~~~~~~。
でも、イベント終了後に、知らないお客さん数人から
「トキョー、good job!」と言われてハイタッチしたりして
(↑おそらく私が東京から来た、といったのを覚えていた)
とっても良い体験でした!!!
で、そののど自慢・ダンス自慢もノリノリで楽しく
また来たいなーと思ってしまいました(じつは今回で見るのが3回目)。

滝の落ちるところ、すごい… ナイアガラの滝は、見事にスパっとずれた断層から
 大量の水がどばばばばばばばばばばばば…と
 直角に真下に流れ落ちてました。
 『雄大な自然を前にして、
  自分の悩みのちっぽけさを知りたいんだよ…』
 …なんてのたまっていた父親でしたが
 本人も私も、
 あまりの水の大量さと、暴風雨のような激しい水しぶきに
 青い雨ガッパを着て、ただただ
スゴ過ぎて面白すぎる、
わははははははははははははははははははは!と声に出して笑うばかりでした。
どこにいった、感動や感傷や感慨???

4日目のランチで行った「Ellen's Stardust Diner」
明日のスターを夢見る卵らしき男女がウエイター・ウエイトレスをしていて
注文をきいたり、料理を運んだりする間に
突然、マイクをもって朗々と歌いだすダイナーです。
観光地っぽいですが、一見(一聞?)の価値はありです。
最近ではYouTubeにもいっぱい動画がupされているそうな。

NY最大のデパート「Macy's」は
映画好きな父親が見た『三十四丁目の奇蹟』で舞台となっていた所で
ぜひとも行きたかったそうです。
この店、中2階にあるVisitor's Centerに行ってパスポートを見せると
International Savings Cardという、セール品でも11%offになるカードをもらえます。
発行日から1か月有効なので、滞在中に何度も使えるのもウレシイところ!
親子でかなり活用しましたよ。

在ニューヨークのチエ・R兵ちゃんに連れて行ってもらったステーキハウスは
ジューシーで雰囲気もよくって、本当に美味しかったです。
また行きたい!

と、気がつけば文章がかなり長くなってきたので
旅日記は、後半へつづく~。

低めの安定蜂チーム
ということで、明日22日からニューヨークへ、父親とともに行ってきます。
今回で9回目のニューヨークです。
祖国より行っているって、今 気づきました。

表題の『低めの安定蜂チーム』は、私と父親の共通点です。
つまり、体調がつねに「低めの安定」で、
しょっちゅう具合悪くて、いろんな薬を飲んでるくせに
入院するほどの大病はなぜか一度もしてないので
大きなカラダで しゃかりきに働き蜂をやっている、という共通点です。

ほかに無いのか、共通点…_| ̄|●

ということで、バファリン、パブロン、ビオフェルミン、太田胃散、
それにユンケル顆粒(←これは父好み。私はリポビタンD派☆)を持参しての旅です。

父さん、笑ってくれろ。

月末には復活いたします~

行くしかないネ
深夜に父親からの着信にコールバックして
そこでいつのまにか父自身の人生を振り返られて語られた挙句に
涙声で「俺の人生ってなんだったんだろうなー…」
受話器の向こうでさめざめと泣かれて
挙げ句にすごい勢いで懺悔されて
言い返したいことはほんとうは山盛りあるんだけれど
状況を鑑みるに、そこはするどくつっこむよりも
「いいじゃないの、私のような人間をこの世の中に出しただけでも
 生きてきた意味がちゃんとあるってーもんじゃないの」
と根拠皆無の自画自賛風であまりに不遜な なぐさめを言って
実の父親を泣き止ませようとした経験のある人、手ェあげて~♪


はーい
アタシだよ。


ちなみにこれは、今から1か月ほど前のこと。
いや、こんなの初めてで、普段は非常に真面目な人なんですが。
そんなこんなで、詳細はブルーになるので省くとして
その会話の中で、さめざめとした父親が
「…ただね、死ぬ前に一度でいいからニューヨークへは行きたいんだ」
と言ったので、わかった、行こうねニューヨーク、
だから泣くのはやめてくれ~という話の流れで

来週、ニューヨークに行ってきます。
題して
『ニューヨークだよ、おとっつぁん ナイアガラも行っちゃうぞ編』


父、61歳。
おそらくまだまだどーこーなるとは思えないが
あのとき、連れて行ってればよかったなーというのもナンなので
行きましょう、NYC。

在日2世に生まれ、178cm、星野仙一似。
でも在日社会とはほとんど縁が無く
貧乏だったもんで若いときから働きづめで
一人っ子で兄弟も無く、
本国から嫁はもらったがちっとも分かり合えず(言語的にも性格的にも)、
幼なじみの親友に40代で先立たれ、
やっと経済的には豊かめな生活になったものの
いろいろちょっかい出したり出さなかったりしているうちに
見事に家族全員が別居し、
末娘とはお金のやりとり以外で会話がない父親が
海外旅行に行く最後の手段は、長女の私と行くことなのです。
はいはーい、行きますよ。

ということで、シゴトもなかなか詰まってるのですが
まだ夏休みも取ってないし、無理くりなんとかして
来週22日から6泊8日で、父親の初ニューヨークを敢行してきます。
娘35歳、父親と二人旅は初めてですよ。
うまくいくように(私がキレないように)祈っててー
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。