毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web上の本棚、できました☆
以前も一度、別のところで作りかけて 使い勝手が悪くて止めた
読んだ本を記録して、バーチャルで本棚にできるサイト
【ブクログ】に登録してみました
本の表紙が見えるので、なかなか面白いです。
コミックが多めなのはご愛嬌
それぞれクリックすると、詳細が見られます。

こちらのサイト、感想をメモしたり、他の人の感想を読むこともできて
コメントを残すこともできるようです

もう少し慣れたら、ブログのサイドバーに入れてみようと思います


スポンサーサイト

12星座の友人へのメッセージは いかが?
年末の素敵な出会い、BOOK編です。

 『アストロカウンセラー・まーさの12星座のおはなし』
              著 内田真朝 / メトロポリタンプレス


 私も大好きな占いブログ
 【アストロカウンセラー・まーさの
  「占いで運命をチューニングする」ブログ】

 まーさちゃん=内田真朝さんの新しい本です。
 これまで、私の日記でも
 この時 とか この時とかでご紹介しましたが、
 まーさちゃんのブログに書かれてる毎週の占い、
 いつも楽しみにております

で、この本は、まーさちゃんが
12星座の友人に対して 親しくおしゃべりしながら
本当に大事なこと教えてくれる…そんな本になっています。
それぞれの章が、"親愛なる○○座へ" というタイトルで始まっているように
友達に対する深い愛情と、ちょっぴりの忠告が書かれています
表紙に書かれている英文タイトル(?)は
『MARTHA AND HER FRIENDS
 THE TALKING WITH THE 12 SIGNS OF THE ZODIAC』

もう、内容にドンピシャなタイトルです


単に「○○座は来月になればラブ運UPだから、がんば」といったような
運気の上げ下げを言い当てたり、
ただ生ぬる~い相槌を打ってくれるような友達の言葉じゃなくて
昔からのアレやコレやを知られてる友達から
「ほら、またキミってば意外と○○しちゃってるでしょ!
 そこがあなたのイイ所でもあるけど(笑)。
 でも、もしかしたらね、もっとこうすれば、キミってもっと輝けるんじゃないかな?」

って、カウンター席で並んでゴハン食べながら言われているような
そんな錯覚に陥る、不思議な本であります


そしてこの本では
12星座ごとに語りかける まーさちゃんの七変化(十二変化?)も読みどころ
ちなみに私の獅子座には
"チーム獅子座"をロッカールームに集合させて語りかける まーさコーチ」
から
「だれよりも高い理想を掲げているのに、
 なかなか そこに辿り着こうとしない等身大の自分を受け入れていない。
 今こそ、人生でもっとも大切な、そのときかもしれないのに」

という、ちょっと耳の痛ーい話をされていて、ドキドキしました


自分の星座だけでなく、ぜんぶ一気読みしたくなる魅力が
まーさちゃんの文章にはあります。
次に"武士"の蠍座を読んだときには
"蠍座"ちゃん とお付き合いしている男子・まーさ」の
喫茶店での ひとコマになっていて、その先は…きゃー


ということで、自分で読んでドキっとしたり、ニヤニヤしても良し、
大切な人(友達とかパートナーとか家族とか)にプレゼントしても良し、
ぜひ一度、手に取ってみてはいかがでしょうか?

やっぱり、憧れの人
 先日の出張フライトのお供は、
 懐かしい 兼高かおるさんの今年の本、
 『わたくしが旅から学んだこと』でした

 幼稚園にあがる前から
 毎週日曜の朝のLee家のテレビは
 【世界の結婚式】
 【兼高かおる 世界の旅】 のハシゴでした。
あと、教育テレビの 【Sesame Street】 も よく映ってて
思えば、今、
ヒマさえあれば海外をほっつき歩いているの私を
いくばくなりとも形づくっているのは、
この頃の、親のチャンネル選択によるものなのかも…?!

とにかく、
とーっても美しい日本語を話しながら、
芥川隆行さんと小粋な会話を繰り広げて
海外の街角でのさまざまな様子を楽しそうに伝える兼高かおるさんは
潜在意識のレベルから
私の憧れだったのかもしれません…

30年以上続いた【世界の旅】が終了したのが、1990年
(ちなみに番組協賛していたパンナムも、その翌年に倒産しました…)。
それからも旅を続けている兼高さんの文章は
イキイキとして愛情に溢れ、
茶目っ気たっぷりでいながら凛としたものでした。

兼高さんの人生。

> 最初の3分の1は あとで世の中に役立つようなことを習う。
> 次の3分の1は世のため、人のために尽くして
> 残りの3分の1は、自分で好きなように使う。


とおっしゃっています。
とっても、すがすがしいなぁ
私も いつまでも旅しながら、エレガントに歳を重ねられたらなぁ。

ロシアの旅の準備 脳みそ編
せっかくロシアを旅するんだからと、ロシア文学を読んでみようと思いました。
が、いかんせん時間がナッシング。
なので、こんなので読みました。
  

ドストエフスキー 『罪と罰』トルストイ 『戦争と平和』
これ…読んでよかったです!!!

『罪と罰』は、現代の若者(あ、私はもう入っていない!?)にも
必修にしてほしいくらい、読んでほしい
強烈なコンプレックスの裏返しで
自分は特別だと思い込んで他者を攻撃する、アンバランスな感じ、
そんな"アンバランスな感じ"が
19世紀後半のロシアにも存在して、描かれていたのはスゴイ。
ちょうど昨今の自分勝手な犯行がつづくニュースを見たり、
アストロカウンセラー・まーさ ちゃんが書いた
下半期に向けて「親愛なる獅子座へ」のメッセージを読んだりして
必要以上の自尊心の危うさについて考えていたときだったので
さらに ぞくぞくしました。
そして、底なしの絶望と、突然現れる圧倒的な救いも。。。
いろんな登場人物のことを考えながら、何度も読み返したくなりました。

『戦争と平和』 も、ナポレオンとロシアが戦った時代の話なのですが
これも、真面目な人、不真面目な人、美しい人、美しくない人と
それぞれのキャラがイキイキと登場して
その時代を生きていたであろう人たちの感情や生き様に惹きつけられました。
やっぱり戦争はイヤだなぁ。
何かの本に、
「もしも世界の指導者が女ばかりだったら、戦争だって口喧嘩で済むだろうに」
っていう表現があったけど、
いやはや、男たちは戦いたがって困るわねぇ。。。
これを読んで、ナポレオンの盛衰も垣間見れて、勉強になりました
個人的には、ヒール役の登場人物たちに ものすごく心惹かれるなぁ。
マンガでの描き方が うまいのかもしれないけど。


そう。マンガなのです。
この「まんがで読破」シリーズ、結構好きで持ってます。
本で読んだら、ロシアの人名ってなかなか覚えにくくて混乱しそうだけど
マンガなので2日で2冊読めました
もちろん原書で読めるのに越したことはないんだろうけど
それでも、名作の醍醐味を味わえるのはウレシイです。
読み終わってしばし 呆然とすることもしばしば…。
今回の2冊もそんな本でした。

旅の準備のつもりが、生きる上のヒントにもなった。
皆さんもお時間あったら、ぜひ手にとって見てくださいませ~。
本屋によっては、コミック文庫のところにあったり、
歴史書のところにあったりと、様々です。


あ、アストロカウンセラー・まーさちゃんの、その他の星座向けのメッセージが読みたい方は
コチラの記事一覧 から どうぞ

知るって、ワクワク
最近、あまりに面白くて一気に読んだ
ニュースが面白くなる本たちをご紹介します~
キーワードは
「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

 『知らないと恥をかく世界の大問題』  池上 彰
池上彰さん 週刊こどもニュースのお父さん・池上彰さん。
 最近はNHK以外で人気ですね。
 テレビでの腑に落ちる わかり易い説明が心地よくて
 最新刊を買ってみました。
 これ、本当に大正解!!!
 しょっちゅうニュースで耳にするけど、
 実はよくは分かっていないことを
平易な言葉で、分かりやすく説明してくれます
"置いていかれた感"がないのが、素敵


まずはこれで脳みそを耕したら、間をあけずに
この本も読みましょう

 『「1テーマ5分でわかる」世界のニュースの基礎知識』  池上 彰
 これ1冊読めば、
 ギリシャの経済危機やタイの混乱の理由が分かったり、
 自分の中で十把ひとからげになっていた中東やアフリカが
 それぞれの国の特色や課題がイキイキと見えてきたり、
 …ブッシュの いけ好かなさに激しく同意したり
 とにかく読むのが止まらないんです(≧▽≦)
 ときどき、くすっと笑えることが書いてあるのも、ナゴむ。
今、考えなければいけないことが見えてきたり
世界が急に、立体的につながってくる感じがします


そして、もしも もっと世界と日本を知りたくなったら…

 『世界を知る力』  寺島実郎
 日本という国に真剣に向き合ってきた先人の矜持とか
 歴史への興味がむくむく沸いてくる本です。
 思い込みや固定概念をはずして、
 自分の目で見て、考える必要をひしひしと感じさせられる。
 もっと世界を知って、もっときちんと主体的に動いて
 アジアと世界をよくしていけたらいいなーと
 思わず胸が熱くなってしまいます


誰かが良くしてくれる世界は、きっとない。
変えられるのは、ひとりひとりの忍耐と積み重ね、なんだろうなぁ。
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。