毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災でFacebookとTwitterを見ていて思った2、3のこと
3月11日の震災以降、TwitterやFacebookを両方見ていました。
先日、感度の高い年上のレオナルドさん(日本人男性です)とユリとの会話の中で
うすぼんやりと思っていたことが腑に落ちたので、
備忘録として、思いついたワードでメモします
あくまでLeeの独断と偏見と感触なのですが…

〔Twitter〕
 内輪のようであって内輪でない場所での発信。
 感性寄りのツール。
 面白がる、怖がる、驚く、怒る、悲しむ、褒める、欲しがるなどの発言を
 理屈ぬきに瞬時に脊髄反射的に伝える。
 発信者を知らない限り、その人の評価につながらないことも。
 自分のための発言も多め。
 リアルタイム性がワクワクして面白い。反面、残らない。
 点の共有。

〔Facebook〕
 実名で認めあった同士の中での発信。
 理性寄りのツール。
 知らせる際にも、伝えたい理由などを理論武装してから発信することが多い。
 発信の質が即本人のリアルな評価につながる。
 他者のための発言が多め。
 書くのも読みのも やや手間ヒマかかるが、その分残る。
 面の共有。


個人的にはFacebookからの発信の方が覚悟がある分、
信頼性が格別に高まる
ように思いました。
Twitterはアミューズメントではあるが、
情報源ではない、雑多な印象。

つまり、Facebookの
お互いに「実名でつながるに足る人だ」と判断した友人・知人が
収集する情報のクオリティーと
Twitterの
不特定多数が流し続ける情報の精度には
同じく流行っているツールとはいえ
若干、差がある
気がする、というもの。

この際、
「Facebookだって実名じゃない人がいるじゃないか」とか
「自分の場合は手当たり次第コネクトしているので、FacebookもTwitterも同等」とか
「私は信用できる人しかフォローしていないので、FacebookもTwitterも同等」とか
「Facebookでもツイートを流しているだけの人もいる」とか
「みんながみんな 両方やってない」
という個別の細かい話は抜きにして
あくまで ざっくりとした印象なのですが。


震災前まではFacebookでもTwitterでも、発信するつもりがなかった私ですが
どうしても伝えたい!というものができたときに
両方、恐る恐る使ってみるようになり、
簡単にシェアできて、
しかも反応がビビッドに返ってくる、というのが
たしかに楽しく、
あー、こうやって人々はハマっていくのね…と やっと実感しました

反面、この楽しさがゆえに
一部の人々が「なんちゃってメディア」化して
他人よりインパクトのある情報を早く流そうとして
裏をとる、確認する、という ひと手間が抜けがちなのが
実名じゃないTwitterの弱点かなぁ、とも…
(もちろんフルネームを公開してツイートしている人は除く)。


もちろん、どんな情報源の どんな情報であっても
受け取った側でぜんぶ鵜呑みにしない、取捨選択の資質を
磨くのが大事なんだろうなー、と今回、さらに思いました


あと、こういう危機的状況下で
「危機を知らしむることが自分の使命」という位置に自身を置くか
「希望を探し出すことが自分の使命」という位置に自身を置くか
「怒りをみんなで共有したい」という位置に自身を置くか、
「涙が止まらない自分をアピールする」という位置に自身を置くか…
個々のツイートや投稿を見ているうちに
普段は表に出ていない、その人の本質のようなものが垣間見れたのも
ちょっと興味深かったです。ハイ。
スポンサーサイト

Leeは無事です
マブダチが私の分の歯ブラシを買ってきてくれた
マレーシアからの電話が来て
オランダとNYからのメールが届き
ご無沙汰した友人から
「何か困ったら連絡を!」の言葉
なんだか胸が熱くなって
泣きそう
無事を祈ってくれる言葉が
心に灯る
本当に私は支えられて
生きていることを痛感する
傷ついた人のために祈りたい
どうぞご無事でと祈りたい

デルタ航空、交換マイル数をまた変更
先日、Leeが怒っていたデルタ航空の特典旅行交換マイル数の激増ですが
あっという間に、また変更になっているようです。

【デルタ航空・スカイマイル:グアム・サイパン・パラオへの特典マイル数が減少(再び変更)】

新しいマイル数一覧は コチラ
なんだか複雑になってきて、目くらましかしら!?とも思いますが
激増が緩和されたのは、ヨかった。
日本人なら英語読まないし、しれっと変えてやろうと思っていたら
予想外にブログやTwitterで情報伝播が早くて
ガンガン抗議が来たのでビックリして再変更…だったんならいいけどなぁ。
でも、まだ安心できないので、要注目ですネ

良く考えたら、マイルの有効期限撤廃、っていっても、元に戻っただけだしなー。
残ったのは、デルタに対するあんまり良くない印象だけだったかも

デルタ航空のスカイマイルが ひどいのーっ
今週は、お腹の風邪で ぐろっきーなLeeです
流行っているようですので、皆さま、どうぞお気をつけて~~~。

ところで。
以前、シルバー・メダリオンになって浮かれていた
デルタ航空 ですが、このマイレージプログラム【スカイマイル】
ひどい改悪をしていますので、メモします。

スカイマイル会員の方には今週、下記のようなメールが来ています

 『デルタ航空では、このたびマイルの有効期限を廃止いたしました。
  これからは、有効期限を気にすることなく、ご自身のペースでマイルをご獲得いただけます。
  しかも、有効期限をなくすための条件などもありません。

  (中略)
  米国大手航空会社の中で、マイルに有効期限を設けていないのはデルタ航空だけです。』

あぁ、デルタ航空って、イイ会社だなぁ~と思っていたところ
なんと、とんでもないことまで変更されていました。
一部の路線で、交換に必要なマイル数が
大幅に増やされていたんです!

たとえば、日本~東南アジア・グアム・サイパン・パラオ間は
往復20,000マイルが必要だったのが、
一気に45,000マイルに…!Σ(・ω・ノ)ノ!
すごくない? 急に2倍以上の増加

しかも、一番ひどいなぁと思うのが、
このことを日本語ユーザーに一言もアナウンスしていないこと
上記のようなイイ面だけのアナウンスをして
これを伝えてこないのは、意図的で ひどいと思うのですよーーー

詳しい交換必要マイルの変更は コチラ が分かりやすいです。
デルタ以外のスカイチームの航空会社(マレーシア航空・大韓航空)に使う時にも適用です。

ということで、さっそく私はスカイマイルへログインして、
「交換必要マイルの急激な増加も、それを告知していないことも、受け入れられません。
 今後、他の選択肢があればデルタ航空を選択しないでしょう」

という抗議を英文で送りました

日本語向けのメールアドレス websupport.ja@delta.com も ありますので
ご意見を送ってみては…

マイレージは あくまでサービスなんだから、そんな目くじら立てなくても…
という声もあるかと思いますが
仁義のない やり方を隠しているのは、ねぇさん、赦せないなっ。(←誰キャラ???)
昨年、アエロフロートのフライトも、エールフランスのフライトも、
KLMオランダ航空のマイルも デルタ「スカイマイル」に加算したLeeとしては
なんだか裏切られたような気持ちになったのでした~

あの憧れのマークが復活!
わーーーーーーーい

【日本航空:旧ロゴマーク「鶴丸」…4月に復活へ】

あの赤い鶴のマークが復活するそうです!!!

TBSドラマ 『スチュワーデス物語』 を見て
「あんな『ドジでノロマなカメ』でもスチュワーデスになれるなら
 私にもなれるはず!!!」と鼻息あらく、
リアルに478期の一員として
くれない寮で生活している気分で
ノートを取りながら見ていた小学生のアタシ。
やっぱりJALは
「鶴のマークのおねぇちゃん」(石立鉄男)じゃなくっちゃねーっ」
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。