毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠れ家アーユルヴェーダを初体験
年末は素敵なものにたくさん出会いました

年も押し迫った頃に、
アーユルヴェーダの体質論を基にしたオイルトリートメントのサロン
【5elements】 に行ってまいりましたー

私から見てもほれぼれするような女性・michikoさんが
昨年、満を持してオープンさせた
1日に3組までしか受けない、ボディとフェイシャルのトリートメントサロンです。
ただ、気持ちがイイだけではなく
アーユルヴェーダを元にした分析
元々の体質や、その時の体の傾向、
筋肉やリンパから発せられる かすかなメッセージ
瞬時に読み取って、それに適した施術をしてもらえる 素敵なサロンでしたー

あ、アーユルヴェーダといっても
おでこにオイルとろとろ…ってやつばかりじゃないそうですよ
むしろ、骨格や体質、キャラクターの傾向まで読み取れる
非常に奥の深い学問のようです

で、michikoさんは、もともと施術を受ける側だったのが
勉強を重ねて、その生まれつきのあたたかな手のひらも生かして
ご自身のサロンを開いた、ということ。
本当に見えない力に導かれてトリートメントしてくださっているようで
私だけが知っている体のクセとか
自分でも気づかない身体からのサインだとかが
ご自身でも理由が分からないくらい、手のひらと指が勝手に動くんだとか。
話でうかがったときには、ピンときませんでしたが
施術をしていただいて、ものすごく納得
1年の終わりに、またホンモノに触れさせていただきましたー

場所は表参道と原宿の間の、閑静な住宅街の一角。
なんとも言えない おだやかな「気」に溢れた空間でした

あと、この日は
以前、michikoさんが私を心配してプレゼントしてくれた
石鹸1つで全然違う!【ペマダワ ビューティーソープ】
また分けていただきました。
もうこれで何個めかなー
チベットの はちみつからできた石鹸。
クレンジングも兼ねているので、夜、顔を洗うと
余計なモノ、脱ぎましたー!っていうくらい
肌が軽くフリーになった感覚が たまらない…
石鹸だけでこんなに違うのは、本当にビックリでした。


ご自分の体からの声に耳を傾けたい方は
一度体験してみては いかがでしょう?
存じ上げている方、ということは一切差し引いても
すごいな!と思えた体験でした


~~~追記~~~

こちらのサロンではトリートメントを受けた数日後に
michikoさんからの
実際にトリートメントをして分かった身体からのメッセージ&アドバイスが
「フィードバック」という形でメールでいただけるのです
これ、画期的ですよね!
私の場合は

  ≪Lee様のお体の状態≫

  お体全体の感じからいうとお疲れがあることは確かですが、ここ最近の過酷な
  お仕事状況においてこのお体の状態というのは思いのほか悪くはありません。

  Lee様のお体から受けるメッセージは、体は体自身でセルフコントロールをしている、
  というか、疲れをどんどん受け入れることはなく、体自身が許容範囲を決定している
  ようなそんな感じです。

  だから生活環境や、あるいは精神的には凄くきついことがあっても、体は自らの
  フィルターを持っており、やみくもに影響を受けないようにしていのではないでしょうか。

  こういうことが出来る体はそう多くはありません。
  だからこそ、そんな体がLee様の体であったことに感謝です。


とのことでした。ヤッホー
セルフケアのアドバイスもあったので
やってみます…面倒くさがり屋の私に続けられるかな
スポンサーサイト

最高峰のローション、試してみた
なかなか心身ともにハードな夏の毎日。。。
自分へのケアに、
先日いただいた素敵なローションのセットを使ってみました。

【百貨店限定販売のB.A ザ ローション スターターセット】
ローションは現品♪

この秋に、ポーラの最高峰エイジングケアブランド
「B.A」から発売されたスキンケア製品で、
"肌の老廃物を作り出す現象=「糖化」に着目して"
そこから解放してくれるそうですよー。
百貨店限定発売で、今月20日から発売されたものです。

エイジングケアというよりも、まだまだ吹き出モノの方が怖いLee。
シミ、シワ、たるみは まだあんまり自覚がないのですが
それでも、年齢はリッパに(?)37歳
もう そこそこのお歳なのよね…(遠い目)。
あんまり気合だけじゃぁ、もう元気な肌にはなれないかしらん。

ということで、美しく年齢を重ねるために、エイジングケアのデビュー
セットには、クレンジング・ウォッシュ・ローション・ミルク・クリームが入っていました。


普段はクレンジングと洗顔が一度にできる、チベットの石鹸を愛用中。
ひさびさにクレンジングと洗顔を別々にしたのですが…
これ、まず香りがローズ系のフローラルで、華やいだ香りにテンションがアガる~
疲れた夜に、ふ、っと肌にすべらせる薔薇の香りって、素敵ー
たしかにしっとりとした感触ですが、メイクや汚れを落として
次のローションを浸透しやすくしている感じがします

次に「B.A.ザ ローション」という名前の化粧水。
これ、以前から気になっていたんですよね~。
なんといっても"最高峰"という言葉が強い!
で、手のひらにとって顔全体に包み込むようにつけると
…あれ?香りがクレンジング類の薔薇っぽいのと違う…?
リーフレットを読むと「ブーケグリーン」調、とのことなんですが
なんだかあまり香りがしないというか…しいていえばお米のような香り。
あんまり魅力は感じられない…
同じスキンケアシリーズなら、統一感ある香りの方がよかったなぁ。

で、肝心のローションの感触ですが…あ、これ、イイかも
とろみのあるテクスチャーながら
すーっと肌の中へ入っていくのが分かって、好印象。
肌がもっちりするような感じ
でしゃばらないけど、ちゃんと届けてます、って感じでしょうか。

その後、ミルク(乳液)をつけましたが、これまた香りが違う…?
シャンパンのような香り。
なんで1品1品、統一感のない香りになっているのかは、かなり謎
使用感は思ったよりベタつかず、ゆるめのテクスチャーながら
肌に やわらかく浸透する感じがして、気持ちよかったです。


そして翌朝、鏡を見ると…
…お肌が もちもちっとしていて、ふっくらしていて すごい変化
内側から ぱーんと張るような元気な肌になっていました。
最高峰の技、納得です

シリーズで使ってみたのですが、1コ1コのプロセスで
1つの製品が次の製品の良さを一層ひきたたせるために
きちんと準備している、って感じがして、
なんだか すごいチームプレイの試合を見たような感じ


ちょっと敷居が高そうに思えるかもしれませんが
今年の猛暑をくぐりぬけている肌は 意外に加齢しているかも…!?
この夏の自分へのご褒美に、ちょっとトライしてみても良いかもしれませんね


と思いながら、サイトをもう一度、よく見てみると…
なんと、コマーシャルには わが憧れの志・夏木マリさんと
I LOVE 『黒革の手帖』の 米倉涼子が出演されるそうですねー(≧▽≦)
さらなる高級感、脱帽です…

Lee、しばらく化粧濃くなります
週末、想定していたシゴトが夜からになったので
あわててヘアサロンに行ってきました。
今年からお世話になっているのは、表参道の【11 salon】
本田ヒカルさんメイクアップアーティストの 本田ヒカル さんがオープンした
明るくて ゆったりとしたサロンです
昨年、初めてお目にかかって以来、ヒカルさんとそのお仲間の
優しさと人懐っこさに 勝手に惚れこんで
親しくさせていただいている次第です。
そして、ヒカルさんが新たにオープンしたサロンにお邪魔し、
そのていねいで持続性のあるトリートメントや
担当のトモさんの絶妙なカット術に納得して、通い始めたLee。

今回も不器用な私でもキレイになれる髪形をトモさんに おまかせして、
髪を切っていただいている間、
お店にいらしたヒカルさんが 時々おしゃべりしに来てくださって
ヒカルさんが最近、再チャレンジ中という中国語の勉強法について教えてもらいました。

そしてブローで仕上げて髪型も整ったころ、ヒカルさんがまた
遠慮がちに、話しかけてこられました
「あのね…もし良かったら、Leeさんのメイク、
 ちょーっと凹凸をプラスするように、ポイントメイクをして差し上げてもいいかしら…?」

えぇーっ、プロのメイクアップアーティストの方が
私のこの手抜き大雑把メイクを直してくださるんですかっっっ!?

ヒカルさんは、肌の質感をふんわりとすることがお得意で
ボビー・ブラウンのグラデーションカラー、ジョルジオ・アルマーニのアイペンシルなど
一般に市販されている化粧品を私に見せてくれながら
ササササッ…と顔に重ねていく。
そして、普段は上まぶたにしかアイラインを引いていない私の
目の下にも ちょっとだけ線を足してくれた。
「ぜーんぜん難しくないから、覚えてやってみるといいと思うな」

そしてその出来上がりは…!















いや、写真は載せられませんよ
それでも、出来上がりをサロンのスタッフの方が次々と見に来てくれて
笑顔でビックリしてくださったのが 有り難や~~~。
そりゃぁもうね、
口を閉じてたら 私、この顔ならどこへでも嫁に行けちゃうよ!とか
ていうか もしかして私ってば、ユンソナの生き別れの姉妹だったかもしれない!とか
本来の私は こっちだんじゃないかしら!?とか
恐ろしい勘違いを起こしてしまう程に
うるっとして ふんわりした美人顔になった私がおりました
誰よ、この鏡に映っているのは~~~

すっかりビックリして、口数も少なくなった私は
その後 美人顔のまま ヴィヴィアン佐藤さんの個展にお邪魔した後、
もじもじとシゴトへ向かいました。
なんだか 気恥ずかしいんですよ、ちゃんとメイクした姿って。。。


何よりも驚いたのは、深夜に遊びに来た"武士"が
これまでに こんなにもメイクを褒めたことあったっけ?というほど絶賛し、
カメラで何枚も写真を撮りまくり、
挙げ句の果てに
「Leeは もっと化粧をヒカルさんに習ってくるべきだと思う」
きっぱりと断言していました…_| ̄|●
OH…!
つねづね、私の化粧はワンパターン&手抜きだという自覚はあったけど
ここまで ちゃんとしたメイク顔を手放しで喜ばれると、
なんだか、なんだか、嬉しいようなココロ苦しいような気がして…。

でもさー、チークとか使ったことなくて、どうして良いものやら。。。


ということで、
しばらく私、試行錯誤のメイク道に入りこんでみようかと思います
使い慣れないものも使うので、しばらく落ちつかないかもしれませんが
そのときには やんわり~と ご注意いただければ幸いです
"武士"いわく、
「『濃い化粧』と『厚化粧』は違うんだから、がんばれ!」とのこと。
…分かるようで分かりませんが、
もう若さだけでは闘えませんもの、精進いたしまする。
なによりもヒカルさん、貴重なアドバイスをいただき、本当にありがとうございましたー
またイロイロ教わりたいと思います。。。

皆さんもメイクって習ったことありますか…?

イルミネーションを身に着ける
光を纏う 今月のネイルは
 "街のイルミネーションを爪先に"的なデザインになりました
 今回も、【nail l'eclat】さんでお願いしました。
 自分だと思いつかないデザインを提案していただけて
 しかも とーってもネイルの持ちが良いので
 すっかり信頼しておまかせしております

 この日、たまたましていた腕時計と
 まるでコーディネートしたみたいだったので
 一緒に写真を撮ってみました。
 それぞれの指には、雪の結晶のシールも貼られていて
 1日に何度も見て、うっとり…としているLeeでした
 

流線の輝き☆
じつは先日、あるネイルサロンで「手タレ」してきました~
Leeの手です
※「手タレ」=手タレント。手のパーツモデルのこと。

こちらは東京・南麻布のプライベートネイルサロンの
写真モデルをさせていただいたときの写真です。
サロンは 【nail l'eclat】
 > l'eclat(レクラ)とはフランス語、ワインティスティング用語で”きらきら””輝き”を意味します。
 > 手元も気持ちも”きらきら”できますように。

というのが名前の由来だそうです。素敵ですネ
なんでも、ネイリストさんがソムリエの資格もお持ちなんだそうです

高級マンションの一室で、看板も無いサロン。
自分ではなかなか思い浮かばないデザインをネイリストさんに提案していただき
エレガントな指に変身できました
"ホワイトパール、ベージュでフレンチをつくった上に
 シルバーのラインにラメやストーンでキラキラを追加"していただいたとのことです。

施術はとても丁寧で、ジェルもその特性に合わせて使のい分けるなど
こだわりが随所に感じられました

ということで、私の爪も作品集の仲間入りー♪
他の作品は コチラ に掲載されています
見ているだけでも、楽しいですよ☆
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。