毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上品中華で父親孝行の夜
この日は、父親の誕生日。
ご案内のとおり、5人家族が 見事に相容れずにバラバラに暮らしているLee家では
この元・大黒柱の生誕を祝う宴もなし
とはいえ、この家で 父の話をまっとうに聞けるのは私ぐらいしかいない、ということで
(父と母とは威嚇しあうし、妹とは萎縮しあうし、祖母からは依存されっぱなし)
長女である私は父を誘って、ささやかに誕生日の食事をしたのでした。

シゴトの先輩のアドバイスをいただいて
東麻布の【富麗華】というセレブっぽい中華料理レストランを予約。
通された席の隣にはクリスタル・ジェミーの中島香里社長のご家族がいて、びっくり。
似てる人だなーって程度にしか思ってなかったのが
父が「先週も銀座でお見かけしたよ」と言ってたので、本物なんだろう。笑。

スープ コースは5ケタのものもザラにあったけど、
 分相応に、
 美味と うわさの北京ダックの入っている8000円のコースに、
 青島ビールと紹興酒、
 それから私が大好きな小龍包も単品でオーダーした。
 …とにかく、味が上品で さらっとしていて、
 とっても美味しい(人´∀`).☆.。.:*・°
 運ばれてきた蟹とフカヒレのスープなんて、
 蟹肉と たっぷりのフカヒレのすき間に
 やっとスープがある…ってくらいに具だくさんで、美味しかった~!
(これを食べてるときに、父の後ろを 女優の斉藤慶子さんが通った。キレイだったな)

このあと、
ダック「富麗華に行ったら絶対食べるべきだよ!」と言われた北京ダック
クレープみたいのに包んでいただいたけど
カリっとしてて、でも油っこくなくて
…美味しかったなぁ(´▽`)はぁぁ・・♪
欲を言えば、身(肉?)の方も少し食べてみたかったけど
もともと北京ダックって皮しか食べないのよねぇ~。
丸々と光っていただけに、ざんねん。

コースの後半に そっと組み込まれた小龍包も
皮が厚すぎず、中のスープもぎとぎとしてなくて、美味しかった!
私は『世界一美味しい小龍包』というのを
東京・ニューヨーク・台湾・上海でイロイロ食べてきたけど
(っていうか、『世界一』があっちこっちに存在しすぎだと思うんですけどー)、
ここ【富麗華】は そのなかでも世界ランク2位の美味しさだな。
ちなみに私の中の世界ランク1位は…ジャーン!
台北にある鼎泰豊ディンタイフォン
(↑東京なら、日本橋と新宿の高島屋に入ってる。汐留にもある。
  現地より量が少なくのが残念)。


食事しながら父とは、経営する会社の景気やら、日本経済やら、
アジア外交の話やら(こないだの寺島さんの話を私がしたので)、
「ひとり暮らしって、若干めんどうだけどラクでいいよね~」というマイルドな諦めやらを
紹興酒で注しつ注されつ、とりとめもなく会話を楽しみました。
途中、シゴトで来れなかった妹からも電話が入り
表面的には、かなり出来た父と娘たち、なのでした。

ということで、父もゴキゲンで帰っていきました。
来年は、還暦。さて、この離散家族で、どうしたもんかなぁ。。。と胸を痛める長女でした。
スポンサーサイト

日本の自立って
この日は、わが師匠のうちの1人・寺島 実郎さんが主催されている講演会
【ユーラシアダイナミズム  日本の進むべき道とは】に行ってきました~。
たまには今のシゴトを放って勉強しないと、どんどん社会情勢に疎くなってる私…(涙)。

で、今回楽しみだったものが 前半のパネルディスカッションで
パネラーが姜 尚中さんと藤原 帰一さん、総括が寺島さんで
この3人が描き出す『今の日本の立ち位置』の話は、とっても興味深かった。
講演を聞いていて、印象的だった言葉をメモしたので、ここに書いておこうっと。


姜 尚中さん
姜尚中-近代の100年で日本が周辺国の中国・朝鮮・ロシアと違うのは
  内戦を経験していないことだ
-6か国協議は、今は形だけでも、多国間の対話の場を続けることに意味がある
  その対話に、日本がどうコミットしていくかが重要だ
-韓国が北朝鮮に融和政策をせざるを得ないのは、38度線とソウルがあまりに近く
  危機=外資の流出=大打撃、という構図が見えているから

藤原 帰一さん
藤原帰一-アジア共同体構想とヨーロッパ共同体の違いは
  ヨーロッパが各国の国家主権を縮小してまで
  統一の解決策を模索したのに対し
  アジアには そうした気がさらさらないこと
-6か国協議はペリー国防長官がKEDOとセットで提唱していたもの
  中国を巻き込んで(engagement)していこうというのは
  クリントン前大統領の政策
-力の均衡だけでなく、国際制度の中で安定を築いていこうという提案を、
  日本がしていってもいいはず

寺島 実郎さん
寺島実郎-日本の自主性を問いたい
  まずはアメリカと軍事同盟だけでなく、FTAを結ぶなり、
  自立した国として対応をすべき
  自立していない国の常任理事国入りには世界は冷ややかだった
-日本にとってアジアは鏡のようなもの。
  日本が「なぜ私を尊敬しないのか」「盛りたててくれないのか」と言っても
  日本がアジアを尊敬せず、盛りたてようとしないでは なりようがない
-日本がこれから中国に誇れるのは、省エネルギーや環境の技術
-2002年に永世中立国のスイスが国連に加盟した
  日本は今後のスイスの動向から何かが学べるはず


あと、藤原さんと寺島さんが口をそろえて言っていたのは
『日本と中国の間に軍事紛争が起きたとしても
 アメリカ軍は日本を助けに来ない、ということを
 日本人は認識するべき』
ということ。
日本は あんだけ高い金払って駐留させてるんだから
(↑この話もまた最近、キナ臭くなってきたよねぇ)、
日本の周辺国と万が一のことがあったら、アメリカが助けてくれる~♥と思い込んでるけど
アメリカは日本側についたりはしない。
アメリカと中国には相互に尊敬しあう関係があり、援軍してくれることはない。
ひるがえって、アメリカと日本に相互に尊敬する関係が築かれているかといえば
けっしてそんなことはないわけで。。。

フォーラム後半に出てきた言葉
"紛争を さらに紛争にして疲労困憊するのは愚かなこと"
まさにその通りなんですよね。
ばかブッシュと浅いコイズミによって、世界が失ったものは大きいよなぁ…(遠い目)。

いやー、頭の良い人同士のディスカッションで
私にはメモするのも難儀したのですが
聡明な人たちの語る『日本の立ち位置』と『あるべき姿』の話は
ものすごーく興味深かったです(人´∀`).☆.。.:*・°
なんとか自主的な日本の姿を実現していきたいもんです。ハイ。
っていうか、実現してくださいよ、選挙権のある皆さま~★


ボンベイ・サファイアと久々に知的好奇心を見たさられて うきうきと会場を出た帰り、
渋谷で時折寄っていた【bar cacoi】
会場近くの銀座・木挽町に移転したというので
ふらり…と寄ってみる。
前より広くなって、和とモダンが融合した店の雰囲気は健在☆
最近、ネットで手に入れたという
オールドのボトルの"ボンベイ・サファイア"
(80年代に流通していたものらしい)で
ジントニックを作ってもらって、その意外なまでの まろやかな甘みに感動!
いやーん、夏祭りで飲むラムネみたいに爽やかな口当たりだわー♪
銀座にいったときには、また足を運んでみるね~。

ラヴ FRANCK MULLER!
この日はmちゃんに誘ってもらって
高級時計メーカー【FRANCK MULLER】
2006年モデルの新作発表レセプションを訪ねるために、銀座に行ってきました☆

フランク・ミュラー/FRANCK MULLERというのはスイスの時計デザイナーで、
その特徴ある曲線を生かした数字のフォントとエレガントさ、遊び心満載の作品に
今では生産が追いつかないほどの人気を誇っている。
myフランク・ミュラー世界の有名女優やトップモデルから本物志向の時計愛好家まで、
幅広く愛されるこだわりのブランド。だそうだ。

かくいう私も記念に1つ持っていて、大切に使っております。
大切すぎて、大切にしまいすぎて、
今どこにしまったか分からないというのが
難点といえば難点ですがー_| ̄|●
(追記:GW初日の掃除で見つけました→ やれやれ~。
 文字盤はぱっと見じゃわからない深い赤)

まぁ、いい。

frankm2.jpg で、新作レセプション。
 銀座の直営店に足を踏み入れると、
 まずはシャンパンを渡される。
 美味しい粟を楽しみながら、まずは中央に置かれた
 "SAKURA"(写真左)の あざやかな赤に釘づけ。
 なんでもミュラー氏が日本びいきとのことで
 ま、外人にとっては「SAKURAはcherry」、ってことで、このデザイン。
 下に さくらんぼ が描かれているのですが
 うっ、キラキラすぎて写真に写りづらいなぁ。
 …とにかく、かわいらしくて、美しいわ!
 

で、かわいらいしだけじゃ面白くない。
文字盤の数字の並びがメチャメチャな"CRAZY HOURS"は有名ですが
今回の新作の"MYSTERY"は、なんと、針がなくて、○時を示す▲しかないのです。
(。☉_☉)ん?
frankm3.jpg説明文を見れば
『この時計を使用する人に分を気にする必要はありません』
と書かれてる。
つまり、時間を気にする人には使えない時計、
時間を調べることを否定している時計なのです!
このほかに、
「○月かのみを示す時計」とか「○曜日かのみを示す時計」とか
そりゃーもう、時計の常識を ひっくりかえす時計の数々。
ひえー。

このほかにも、普段は12時ちょうどを指していて
サイドのリューズを押したときだけ本当の時間が分かる時計や
とにかくダイヤが細かーくちりばめられている時計とか…
ため息が出たり、笑ったり、本当に楽しかった(人´∀`).☆.。.:*・°
会場ではPIERRE HERMEの高級ショコラまで振舞われて
ものすごーく贅沢で美味しい時間を過ごしました!

これらの新作はスイスで発表されたばかりのもので
実際の日本の市場に出てくるのは普通、半年くらい先になるそうです。
あぁ、いつかこういう美しい時計を手に入れてみたいものです(´▽`)はぁぁ・・♪
誘ってくれたmちゃん、ありがとうでした!

「情念の行方」をみる
この日は"武士"と、新宿ゴールデン街劇場に出かけた。
大好きなママ・しのさんがプロデュースする公演・
長嶺ヤス子さんのダンスを観に行ったのです。

長嶺さんは、日本のフラメンコ界ではとっても有名な舞踏家さんで
今年で、70歳。
これまでカーネギーホールなど数々の世界の舞台で踊り
紫綬褒章までもらっている歴史の持ち主。
で、しのさんから
「彼女は、本物だよーーー」と言われて楽しみにしていた。
チラシの写真を見たら、公演タイトルは【情念の行方】
へぇ、和服だねー、それでフラメンコ踊るのかなーと思いながら
2人でうきうきと劇場へと向かった。

ら、
なんと、その日の演目が
『夜桜お七』『北の蛍』『長良川艶歌』『望郷じょんがら』
…つまり、この日は、
演歌でダンスを踊るステージだったのです!(@_@)

長嶺さん えっ、スペインのフラメンコじゃないんだ…と
 動揺する気持ちを隠せないまま
 舞台は暗くなり、
 着崩したキモノを着た長嶺さんが歩み出てきた。

 そのしなやかな躯体と、切なげな表情、妖艶な指先の動きに
 私も"武士"も、一気に心を奪われてしまった。
 日舞のようでいて、ところどころにフラメンコ特有の足踏みが入り
 恋焦がれる想いを身体いっぱいで表現する。
 その姿は、まさに『情念』。
早着替えの姿も時折、みせながら
次から次へと、40人でいっぱいになる劇場の端から端を使って踊る。
もう、拍手する手が止まらないよ。
…こりゃ、本物だよ、しのさん!!!

和服でフラメンコの魂を踊るなんて
世界中でも長嶺さんじゃなきゃできない表現なんだろうな。
「羨ましい」っていうと、近づけない溝を感じてしまうから
ここでは敢えて「憧れる」っていう言葉を使いたいナ。

ステージのあと、挨拶に立った長嶺さんは、劇場を笑顔で見渡して
ニッコリと話し始めた。それがまた、キュートなこと!
以下、大原麗子風の話し方で↓
「きょうはお友達がたっくさん来てくれて、とても楽しく踊れました。
 新しい人も、こんにちは、今度は 旧い人 になってね♡」
いやーん、可愛らしい(´▽`)はぁぁ・・♪

ということで、照明が全部ついても、なかなか席を立てなかった。
さっそく来月の府中の森芸術劇場での本格フラメンコのチケットを買って
お話をして握手をして帰ってきたLeeと"武士"。
最近、友人のベリーダンスといい、ハワイアンセンターのフラダンスといい、
こうした踊りを観るのがとっても楽しいです☆ 

急行=セレブ?
シゴト場で隣りの席の後輩くんと話をしていた。
私の友達が住む場所を決めるときに、
「杉並区」と「武蔵野市」だったら どっちがいいかなー、と悩んでいて
その後輩くんが 生まれも育ちも杉並区だったので
ヒントにならないか 聞いてみようと思ったです。

「…ということで、どう思う~?」
「そうっスね、ご家族で住むなら福祉系が強い方がいいんじゃないっスか。
 武蔵野市は共産党が強いから、子育てとかに やさしいかもしれませんよ」
「なるほどねー。どこ住んでるんだっけ?」
「実家は杉並区の荻窪です。で、今 嫁と住んでるのは久我山っスね」
うわー、急行 停まるじゃん! お金もちなんだねー。
 でね、武蔵野市だと車が"多摩ナンバー"らしいね。
 杉並区だと"練馬ナンバー"。っていうか、"練馬"でいいの?」
「一応、隣りの区ですからねぇ、練馬って」
「でも かなりイメージ違うなぁ。練馬っていうと、豊島園~って感じだもん。
 杉並からは だいぶ遠いよねぇ。
 とかいって、私のうまれた浦安だって、ナンバーが"習志野"なんだけど
 ハッキリ言って なんの接点も見当たらない。
 だいたい"習志野"なんてさぁ、各駅停車しか停まらない駅の名前なのよ~」
「…Leeさん、話きいてると Leeさんのモノの基準って
 電車に乗って急行が停まるか停まらないか なんっスね~」

Σ( ̄ロ ̄lll) はっ
い…言われてみてばその通りだ。。。

私のジッカは、地下鉄にしてはマイナーな快速電車が走ってる沿線で
最寄り駅は、快速電車が通過する
私が6年間通った母校(中・高)は、京王井の頭線沿線にあったけど
最寄り駅は、急行が停まらない
私が26歳のときに初めてジッカを出て住んだ場所は
急行が停まる三軒茶屋が高かったので、隣りの駒沢大学駅。
そういや、大学の遠いほうのキャンパスも
最寄り駅は、特急が停まる駅の次の小さな駅だった。。。

こりゃー、長い時間をかけて、壮大かつ確固たる
急行が停まる駅コンプレックスが形成されていたんだわ、私の中で!!!

ぐすんぐすん。なんだかダサいわ。
唯一の救いは、今 住んでいるところの電車には
急行・各駅停車の区別がないこと だ…_| ̄|●

ハイ、けっこう田舎モノなのね、私(^^;)

両班な夜
この夜は、前のシゴト場でご一緒していた
キャサリンさん(仮名。というか日本人女性です)と一緒に
新宿・職安通り沿いの韓国料理屋両班ヤンバンでゴハン。
このキャサリンさん、その分野では草分け的存在の人なんだけれど
ご本人はいたって朗らか、それでいて おちゃめ。
私は「生まれつき"華がある人"っているなー」と思っているのですが
キャサリンさんもその内の1人。
しかも社交ダンスまで踊っちゃうんだから、鬼に金棒。

yanban1.jpg 2人で、竹筒に入っている豚の三枚肉を鉄板で焼く
 "サンギョプサル"
 もぎゅもぎゅとつまみながら、
 シゴトの話とか、健康美の話とかに花を咲かせる。

 ところで、この店名の『両班ヤンバン』ですが
 韓国の貴族の呼び名です。
 むこうの人と話すと、誰でも彼でも
 「ウチは『両班ヤンバン』の家系ですから~」と言うのですが
本当だったら韓国は貴族だらけの国になって
かなり具合が悪い気がするんだけどー。
ま、フツウの家でも家系図があるからこういう話題が好きなんでしょうが
かくいうLee家だって
「ウチは李王朝第4代の世宗大王の4番目の王子の家系だから~」
とか言ってましたが、
韓国版カッパえびせんいくらなんでも4番目の王子じゃビミョウなんじゃない?
日本の人も先祖自慢とかってするのかしら?

そんなこんな話しているうちに、後からナガオさん・オオタさんも合流して
オトナの女4人で、チヂミやらチャプチェやらを もりもり食べた。
帰りには、通りの向かいの【韓国市場】にも寄って
皆さんのおみやげに 韓国版かっぱえびせん を買ってお渡ししました♪
これ、美味しいのよ~。
手に入れる機会のある方は、ぜひお試しを☆

両性具有の毒薬たち
この日はシゴト関係の人の送別会に顔を出したあと、西麻布に移動。
日中にメールをいただいたotoさん(30代後半・男性)と
かねてからお誘いいただいていたお店「またはり」で
急きょゴハンを食べよう!ということになったのだ。

このotoさん、なにが楽しいって
色っぽい写真を撮り、魅惑的な音楽を愛す妻子持ちでありながら
見事なオネェ言葉
ご本人いわく、「あたしは オカマもどきなの」。

otoさんとは、面識がなかったんだけど
mixi経由で私のブログを見つけてくれて
ムダにセキララなこの日記に興味を持って、連絡をくださった方。
あまりに どろんどろんな文章を評価してくださったのだ♪
が、その文体はあくまでエレガントで、オネェ言葉。
そして私はといえば
otoさんの撮影した写真の艶っぽさにグっときたのでした~。

まだ3回くらいしかお会いしてないのですが
お互いに家族問題を含めてディープな話やら
身の回りの愉快な人の話やら、男女の話やら
いっぱい話しましたね~。

otoさんは生まれつきは男だけど、軽やかに女性にもなれる。
私は生まれつきは女だけど、けっこうドライな男性脳になれる。
2人は見た目はぜんぜん違うけど、
内側が両性具有で、しかもストレートトーク、別名:毒舌
きっと私たちは
劇薬タイプの人間であるがゆえに、
たまに 気つけ薬として使うと すっごく元気になれる☆けど
常用するには、若干キケンながある人種♥

「Leeさんって、ものすーごくハッキリしてるのよ~」
「んーたしかに、『なんでも揃えてるデパートです!』っていうよりは
 『あ、それは扱ってませんし、扱う気がないんで他あたってください。
  その代わり、コレなら ばんばん売っちゃいますよー』っていう感じの
 すごーく偏った小売店でしょうね(笑)」
「面白いわ! 分かりやすくてイイんじゃなーい」
「しかしotoさんも ハッキリしてますよね~」
「そうなの(笑)。あたしも寂しくないしねー。けっこう1人が好きなのよ?」

ということで、あっという間の3時間半、非常に心地よくお話できました~。
otoさん、またいろいろお話しましょうね!
(※あー、業務連絡。dubさん、次回のゴハンはいつにしましょうー?)

成分分析してみました
めぐさんの日記をみて遅ればせやってみました

【成分分析】 ← ココをクリックして文字を入れてみてね

 # マダムLeeの45%は明太子で出来ています
 # マダムLeeの34%は白インクで出来ています
 # マダムLeeの9%は濃硫酸で出来ています
 # マダムLeeの9%は言葉で出来ています
 # マダムLeeの3%は心の壁で出来ています

Σ( ̄ロ ̄lll) め、明太子で出来ていたのか…。
んで、「言葉」は9%しかないのかー。
でも9%あって良かった!…のか?

 # madamleeの92%は希望で出来ています
 # madamleeの7%は海水で出来ています
 # madamleeの1%は理論で出来ています

理論、薄っ!
でも希望が多いからいいや♡

あなたは、どんな成分で出来てる?

嗚呼、カセット哀歌
"常磐ハワイアンセンター"…もとい、"スパリゾート・ハワイアンズ"から
新宿駅西口に戻った私は、迎えにきてくれる わが愛しの"武士"を待つ間
ふらふらぁ…とビックカメラに入った。
そういえば最近、乾燥機も調子悪いし、
最近ミニコンポのCDが出てきたり出てこなかったりして
おそろしくて聴けてないんだよねー。

ビックカメラのオーディオ売場に行って、さっそく店員にたずねる
「あのー、コンポを探しているんですが
 CDが複数枚はいって、カセットがかけられるのってどれですか?」。
そう、マスト事項はこの2つで、とくにカセット搭載は外せないの~。

だって、家にはジッカから持ってきたカセットが、80本くらいあるんだもん。
中森明菜の『POSSIBILITY』、
チェッカーズの『もっと!チェッカーズ』、
松田聖子の『SEIKO TOWN』、
サディスティックミカバンド(桐島かれんのやつ)の『天晴』、
中島みゆきの『寒水魚』、
松任谷由美の『Delight Slight Light Kiss』
…ぜーんぶカセットで持っているんだもーん♡

ということで、カセット付きはマストな私。
そんな私に、ビックカメラの店員さんが笑顔のまま
気の毒そうに言う
「申し訳ございません・・・カセットが付いてCDが複数枚入るものですと
 …当店ですと、こちらの1点しかございません

工工工工エエエエエエエエェェェェェェェェ(゚Д゚;ノ)ノェェエエエエ工
いろいろ見せてもらって、悩んだ末にデザイン重視で決めちゃお~♪と思っていたのに
もう1種類しかないんですかぁぁぁぁぁぁぁああああ。

そう、カセットがかけられるコンポなんて
もうメーカーでも、新製品では ほとんど作ってないのである。
それよりもSDカードに対応してたり、ハードディスクで録れたりする方が
需要があるし、かっこいいし、今向きなのである。
世の中で、カセットを聴いてる人口なんて、減っちゃってるのである。

しおしおになって"武士"にメール打つ私
 > カセット付のコンポ、パナソニックの1種類だけなんだって。時の流れが…(;_;)

ほどなく、同い年の"武士"からのメール
 > うん。もう言うな 何も言うな。

結局、ヨドバシカメラにも行ったんだけど
カセット付きでCDが5枚入るのは、
シャープとパナソニックの2種類しかなくて
minicompo.jpgしかも、シャープの方が1万2000円くらい高い。
"武士"が店員さんにいろいろ聞いてくれて
しかも かけあってくれたおかげで、
結局、安くなってたパナソニックのミニコンポ 510MD
さらに安くしてもらいました~♪

ということで、わが家にきた新しいCD&カセットコンポ。
あーぁ、これは大事に使わないと、次には製造中止かもな…(汗)。

ハワイアンと江戸情緒を同時に満喫!
この週末は、かねてから予約してもらった1泊旅行のために
朝から新宿都庁の駐車場にいた。
行き先は福島県いわき湯本、目指すは"常磐ハワイアンセンター"
…じゃなかった、
"スパリゾート・ハワイアンズ"!!!

『ハローキティはとバス』・『蟹漁師の家』と
それぞれのバースディイベントに力を注いできた
mちゃん・uちゃん♂・エリーと私の4人組は
先月、お誕生日を迎えたmちゃんのお祝いに
アロハオエ~な世界に行くことにいたしました♪

新宿から出る無料送迎バスに乗る。これで往復交通費は0円?
朝10時に出発して、現地着が昼の1時半。
巨大な屋根つきドームに、数えきれないプール、
外気が13℃なのに、館内は半袖でちょうどイイくらい、暑い
プールと温泉あわせて65種類もあるとのこと。
すーごーいーーー!!!

さっそく館内着のムームー(!)に着替えて
ランチに、ハワイのハンバーグ丼="ロコモコ"を食べる。
それから、温泉のプールに行って、佃煮にしたくなるほどの子供の数にビビったり
ホテルにあるイオウ泉がかけながしっぱなしの大浴場で だらーっと 過ごす。
無色透明じゃない温泉だと、なんだかすごく効きそうな気がするね~♪

夕食はバイキングで…まぁまぁのお味デシタ。
サプライズでmちゃんのバースディケーキも出してもらって、パチパチ☆
この"ハワイアンズ"の店員さんは皆、福島弁だからなのか
話し方が のーんびりしてて なんだかホっとする(^-^)
ゴハンの後は4人で一緒に足裏マッサージまでして、贅沢三昧なのでございます。

 夜は、ステージに移動して
 楽しみにしていた『グランドボリネシアンショー』を見る。
 フラダンサー達の すごい激しくくねる腰ふり!
 ファイヤーダンサーは 火のついたバトンを廻して
 …か、カッコ良すぎる!(鼻血)
 これはもう、ショーと言うより、芸術
 50分間のステージは
 うわー!っと叫びっぱなしでした(人´∀`).☆.。.:*・°

ショーの後は、ギネスブックにも載ったという広~い露天風呂
『江戸情話 与市』へ行って、あったまる。
三味線の演奏を聴きながら、
よもぎ蒸し風呂に入るのは ものすごく気持ちイイ。
ちなみに、ここハワイアンズの泉質は
イオウの香り豊かな半透明な"硫黄泉"と、
無色透明な"塩化物泉"の 2種類の温泉を使い分けているそう。
空には月、まるで時代劇のセットのような日本情緒の世界。
ただし、
お風呂から出て着るのがムームーというのが笑えるでしょ。


2日目の朝は、ヨーロッパ調の建物にある 露店つき大浴場での朝風呂でスタート。
チェックアウトの11時半まで だらだらして
荷物を預けてから、館内のハワイアンなお店でショッピング。
自宅用のムームーを買うか 悩む私とエリー(笑)。
 お昼は、プールサイドの窯焼きピザを食べてから
 ステージで『トロピカルフラショー』を観る。
 ←ファイヤーダンスのKen青木さん、カッコ良すぎ!!!
 火を舐めたり、振り回したり、触ったりして
 スリリングな技と 輝く笑顔にメロメロになってしまいました…(。-_-。)
 さすが、シルク・ド・ソレイユのスカウトを蹴っただけある!

 送迎バスは午後3時発で、新宿に6時半に到着。
 帰りのバスは、心地よい疲れで
 ぐっすり眠りながら帰ってきました~。


とにかく、そのスケールと夏気分とに 度肝を抜かれた2日間でした!
誘ってくれたエリーに感謝です☆
またすぐに行きたくなったので、来月のハワイアンズも予約しました
うふふ、楽しみ♪


おまけ。
"スパリゾート・ハワイアンズ"は、もう40周年だそうです。
もともと炭砿の町だったのが、閉山が決まったときの失業対策として
ほとんどの人が行ったことなかった「夢の島ハワイ」を、北国に作った。
当時の炭鉱夫の家族の中から、見た目がイイ子を集めて
誰も見たことのないフラダンスを必死で練習して
ステージに送りこんだ…という逸話は、スゴイの一言!
その黎明期のドタバタな実話をもとに映画化したのが、この夏公開の【フラガール】だそうです。
はやく観たいなーーー♪
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。