毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こないだ、タクシーで
先日、シゴトでへとへとで
タクシーで1メーター=660円分だけ乗ることがあって
(運転手さん、ゴメンナサイ。でも歩くとビミョウな距離だったの~)
降りるときに小銭がなかったので
「1000円で お釣りお願いします」と言ったら、
運転手さんが
「1000円ですか? 1000円ですね」と二度も念を押すので、
別に一万円札でもないんだからいいじゃーん、とお腹の中で思いながら
そうです、と手短に答えたところ
差し出した私の手のひらに、ちまっと お釣りが置かれました。
ん? なんかツルツルしてヘンな感触。。。

 見てみたら、小さな透明のジップ袋に入れられた
 青リンゴ味のハイチュウと
 340円分の硬貨
が入っていました!

 オジサンったら、おちゃめなんだから★
 いつか1メーターの人を笑わせようと思って
 密かにおウチとかで準備していたのネ。
 おもわずニッコリして、
 疲れもちょっと吹っ飛んでいきました♪

もし、タクシーで1000円札で払ったときに
聞き返されたら、ちょっと期待してもイイかもしれないですよー。
スポンサーサイト

はじめての明治神宮
生まれて初めて明治神宮に行ってきました。
薔薇色の頬をもつ乙女・ぬまこちゃんとお茶をしようと思ったら
「天気が良いので明治神宮でも散歩しませんか?」との提案。
おー、私、小学4年のころから 竹の子族みたさに原宿に来てたけど
じつは明治神宮の中って行ったことなかったなぁ。

ということで、首都圏出身ながら33歳にして初めて
明治神宮デビューしました☆
入ってすぐ、なんだか空気が違う気がするね~。

ぬまこちゃんは
「私は実家の次くらいにココによく来てるの!
 都内のパワースポットでもあるしね」
と言っていたほどの明治神宮ツウ
(ちなみに ぬまこちゃんは占いもできる"魔女っ子"である)。
 コースは、
  明治神宮前→入口横の「杜のカフェ」
  →山手線ぞいの側道でドングリを拾う
  →北池のある原っぱでおしゃべり
  →境内に参拝→代々木駅
 というものだった。

 ドングリ、もう何十年ぶりに拾いましたよ~。
 お化粧もして、ヒールブーツ履きながら、
 きゃぁきゃぁ言ってドングリを拾うのは、けっこう新鮮♪

背の高い木々の間を抜けていくと、そこは東京とは思えない光景。
北池のある原っぱは午後の日差しを受けてとても穏やかだった。
私たちも芝生に直接座っておしゃべり。
亀のようにみえる岩の隣りで、まるで少女のように将来の夢を語りあった。

 境内へ進むと
 (ちゃんと入る前に手水を忘れずにね♪)
 この日は、七五三シーズンまっさかりだったため
 小さな和服の子供たちが てちてちと歩いてる。
 私も妹も、七五三はチマチョゴリで神社に行ったなー
 (韓流ブームの今と違って、かなり注目を集めてた記憶アリ)。
 あーぁ、千歳飴の袋をひきずっちゃってるよ。

 この日はお日柄もよかったのか、
 神式での結婚式も何組かみられた。
警備員さんに「ブライダル!」と言いながら交通整備されたのは
私がガイジンに見えたのかしらん?

明治神宮のおみくじは大御心おおみごころといって
ふつうの大吉とか凶とかが書かれていなかった。
明治天皇と昭憲皇太后の和歌が書かれているんだけど
ぬまこちゃん曰く
「おとうさん(=明治天皇)の歌だと
 『よしよし、大丈夫だからね』って感じの
 優しいのが多いんだけど
 奥様(=昭憲皇太后)の歌だと
 『あれもこれも気をつけなさいね』っていう
 注意事項的なものが多いんだよね~」。
そして、私がひいたおみくじは…昭憲皇太后の歌だった。
うーん、吉なんだか そうじゃないのか分からなくて、不完全燃焼気味。。。

休憩所で甘酒と酒蒸しまんじゅうを食べながら、また緑を眺める。
都会にこんな場所があったのね~。

代々木駅につくころには
マッサージに行っても、エレキバン貼っても治らなかった肩凝り
すーっと軽くなってたのがオドロキ
うーん、やっぱりパワースポットなのでしょうか?

ぬまこちゃん、また私と明治神宮散歩してください(人´∀`).☆.。.:*・°

ラ・フランスいただきました?
以前、シゴトで一緒だった女の子・ハルカちゃんから
「ラ・フランス」が届きました~♪

ハルカちゃんとは、前の前のシゴト場で
週に1回の、各部署の連絡会議で同席していたのですが
その会議メンバーが
なんだか気があって明るいメンバーばかりで
まるで学校の部室のようなノリの
楽しい会議(?)になっていったのでした。
そのメンバーのハルカちゃんが
実家のある山形に戻ることになったときには
会議メンバーで送別会をしたほどのノリノリぶりだったのです…。

ハルカちゃんは私のことを覚えてくれていて
「以前から、何かお送りしたかったんです!!!」というメッセージ付きで
山形の名産品、ラ・フランスを送ってくれました☆

 ラ・フランスは、フランスで生まれた西洋梨の一種で
 「洋ナシの女王」と呼ばれているそうです。
 今まで、高級ゼリーに入ってたり
 ケーキに包まれてたりするのを
 いただいたことはあるけれど、
 生のラ・フランスを見るのは
 初めてかもしれなーい(人´∀`).☆.。.:*・°

 さて…これって、どうやって剥くんでしょうかー?
 不器用な私に、できるかしら…(汗)。

ちなみに、11月11日は『ラ・フランスの日』だったそうです。
 ①ラ・フランスが成熟し最も美味しい時期でいい月いい日であること。
 ②ラ・フランスが生まれたフランスでは、第1次世界大戦において
   フランスが三国同盟のドイツなどに勝利した勝戦(終戦)記念日であること
   (1918年11月11日に終戦によるもの)
ご存知でしたか?
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。