毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金とセンスの間
zinokishi.jpgこの日は元祖ちょいワルおやじの岸田一郎さん
(元・『LEON』『NIKITA』編集長で、現在は『zino』編集長)が
プロデュースするコンセプトルーム『zinoルーム』の内覧会に
またネットで当選して行ってきた。
このようなカユいイベントに快く同行してくれた
mちゃんとミツイねぇさんに感謝!

これはつまり、青山一丁目に建ったラグジュアリー賃貸マンション
『パ-クアクシス青山一丁目タワ-』のプロモーションなんだけど、
「社長の別宅」をイメージした部屋を作ったそうだ。
たとえば、夜の素敵な食事のために
仕事の後に立ち寄ってパリっとした麻のスーツに着替えたり、
ゲルマニウム温浴がリクライニングでできる椅子を置いて癒されたり
zino1.jpg(写真は、私がその椅子に試し座りしてるところ。ハシタナイ…)、
コレクションしている靴や眼鏡を並べてディスプレイできたり、
友人を呼んだパーティーを開いたりが可能な部屋、だそうだ。
ある意味、自分のセンスをを見せるための、非日常的なハコ。
ものすごく金のかかる名刺みたいなモノ、ですな。

お部屋はハイセンスなamadanaの家電、
高級ホテル並みのSealyのベッド(ソファ代わりに使う)、
繊細なバカラのミニシャンデリアなど、
完全に都会の夜仕様~☆(昔なら、グラっときてた…かな?)
地上37階の大きなガラス窓からは、
ミッドタウンも新宿副都心も東京タワーもキラキラと見える。
岸田さんご本人のミニトークショーもあった
(当選者が25人のため、ものすごく近くで話を聞いた)。
「明日の価値は自分が作る、というくらいの気持ちで
 非日常を手元に置いておく」
なんて話をされていた。
岸田さんは耳がすごく大きな方だった。
”耳が大きいと成功する”っていうのは李家の言い伝えなんだけど、
日本ではあんまり言わないのかな???

zino.jpgそしてマンション自体は、
入口には、車を駐車場から出し入れしてくれるバトラーが常駐していて、
30階にはいつでも食事やバーとして使える
居住者オンリーのラウンジもあって、
んまー、ラグジュアリーだこと!!!

でもね。
見終えて3人で考えたのは…お金があっても、こういうのは、ちょっと…。
こうした、新富裕層向けの物件って
周りみてもセンスがない人が住んでいることが多い
そもそも、後天的に金持ちに(それも桁違いな金持ち)なるって、
どこかで「これ以上やるとtoo muchだな~」という感覚とか
「これは人として微妙だな」という線引きが欠けてる人
…つまり、センスがない人のような気がする(某ホリエモンとか。偏見?)。

だから、そんな後天的金持ちがラグジュアリーマンションを手に入れても、
今度はセンスある住まい方とか、難しんじゃなかろうか。
あー、これって庶民のヒガミかしら?
でもお金とセンスってなかなか両立してないよネ。
だから、本当に両立してる人は、素敵☆

もちろん、後から意識してセンス良くなることは
本人の努力と感受性によっては可能なんだろうけど。
ここでいう「センスが良い」っていうのは
いつも「一番値段が高いものなら良い」っていうんじゃなくて
人を圧迫せずに、でもほんのり憧れさせられる線引きと申しますか。
うーん、考えれば考えるほど私は『zinoルーム』派ではなさそうだわ。
もっとも、私は社長でもないし
別宅を持つ以前に本宅で待つ家族すら持たない身なんですがぁ。
スポンサーサイト

このPV、有名???
【The Killers/Read My Mind】
↑ミュージックビデオです。音出ます。
(最初のCMは我慢~)
すごいよ~~~~~~~~~~~~。
いろんな意味で衝撃!!!
私の愛する、緑のものが…を磨いてるぅ。
曲は悪くないんだけど、あまりにも…謎…(・_・?)

本当に美味しい缶コーヒー
今さらですが、ドトール【黒糖ラテ】の美味しさに驚いています
黒糖好きの皆さま、もうお試しになりまして?
(上のリンクのページの一番下にあります)
いやぁ~ん、美味しすぎる

同じく、沖縄限定の【黒糖プレッツェル】
極上に美味しいです!
なんてったって、黒蜜を練りこんで作ってますから
東京だと、通販で買うほか、
有楽町の沖縄物産店『わしたショップ』で買えます(この方が送料が かかんなくて、おトク)。


で、表題の缶コーヒーの話。

黒糖好き&焼き芋好きのLeeは、ほろ苦好きでもあります
(そして人生でも、ほろ苦好きかも?!)。
で、闘うビジネスマン(ウーマン?)の友・缶コーヒー。
atsu.jpg「デミダス」とか「シーズンズベスト」とか「珈琲鑑定士」とか
それらしい名前が付いてる割には
たいして美味しくないのが缶コーヒーの世の常… ┐(´-`)┌
それが、最近お気に入りなのが、この銘柄;

    【WONDA 圧力仕立て】

いや、本当に騙されたと思って飲んでみて~。
Asahiの自動販売機でも、地味ぃに端っこにあったりするけど
これが、古めかしい喫茶店で飲むアイス珈琲のように
イイ感じに焦げた豆の香りと味が、強くするのです~(人´∀`).☆.。.:*・°
これで他の缶コーヒーと同じ値段なんて信じられなーい!

ということで、今日からAsahiの青い自販を見かけたら
ぜひチェックしてみてくださいませ

taste of martini、当たりました
当たりました!
イープラスのチケットご招待で
【鈴木雅之 taste of martini tour 2007 CHAMPAGNE ROYALE】
6月21日(木) 19:00開演 渋谷C.C.Lemonホール(渋谷公会堂)

きゃーーー、鼻血が出そう(≧▽≦)
っていうか、なんで開催日の前日の募集で、チケプレなんてしてるんだろう?
収録あるのに空席ができちゃってた、とか???
まぁいい。
10組20名様の中で当たったってことで♪

 シャネルズ→ラッツ&スター時代から好きで
 1986年のソロ活動になっても、甘い歌声にメロメロな鈴木雅之。
 2003年の【Live EPIC25】
 (エピックレコードジャパン創立25周年記念イベントとして
  80sのトップアーティストたちが集結したライブ)で
 生の歌声を聴いてから、いつかは鈴木さんのライブに
 行ってみたーーーい!と思っていたのでした
 (そのライブでは鈴木聖美も一緒に歌ってた♪)。
今年のツアーも知ってたけど、
どうせシゴトで行けないだろうな…と思って諦めていたので
こんな風にチケットが当たって、しかもなんとか時間が取れて
とってもウレシイ☆

鈴木さんのニックネームは、雅之からとってマーチン、
そのスペルに「i」を足した「Martini」から
ツアータイトルはいつも"taste of martini"だそうだ。
ステージはNYのバーラウンジのよう。
ラメのスーツも着こなした鈴木雅之が登場。
次々とあの甘い声で「ラヴソングというカクテル」(←鈴木さん談)を送り続ける。
色気と、洗練と、甘美さったらもう…
ほとんどは今年3月にリリースされたニューアルバム
【Champagne Royale】(=極上のシャンパン、という意味だそうだ)
からの曲で、知らない曲も多かったけど、
『渋谷で5時』とEarth Wind & Fireの『Let's Groove』のリミックスとか、
悶え死ぬほど甘い名曲『恋人』とか、
『ガラス越しに消えた夏』とか…
んもーーーーーぅ、生で聴いても超カッコいい~~~(人´∀`).☆.。.:*・゚
『夢で逢えたら』では客席も合唱してて
鈴木さんがハモる…という夢のようなひとときもありました。。。

今年で50歳になったという鈴木さん。
でも、ダンディーで、甘く狂おしい、ココロを酔わす歌声は
ますます輝いてました

ということで、タダで うっとり楽しんでまいりました☆
ヘンな話、タダだったから半分くらい知らない曲でもOKだったかナ。
本当はこういうライブって、ベストアルバムが出たときに行った方が
懐かしい歌をいっぱい歌ってくれるのかもねぇ。

携帯の機種変しました(au)
au.jpg 携帯を夏モデルで機種変更をしました。
 私はauユーザーです。
 【W52H】
 HITACHIの携帯です。

サブディスプレイがあって
カメラにオートフォーカス手ブレ防止機能があって
充電が長持ちするのが決め手でした!
ワンセグは…いらないけど付いてました。

色は「レリーフブラック」
ミラーボール柄のTシャツみたいな模様が付いてて、素敵☆
ただ、メール打つときに
絵文字のボタンが前の機種と左右逆のところにあって
慣れるのに時間がかかりそうです。。。

礼儀しらずな私
すみません、本日の日記はきっと感じ悪いです。
先に謝ります。ごめんなさい~。

先日、就職活動を共にしたマサと
2人目の産休明け以来、はじめてお茶しました。
彼女が仕事で私の職場の近くまで来てくれてたのです。
私が最後に彼女にあったのは、1人目を産んで職場に復帰した後だったので
かれこれ、2年近く会ってなかったのね~。
さわやかな笑顔で登場したので、ホっとしました

次々と自分らしい転職をして、企画畑を歩いてきたマサでしたが
2人のママになって、イイ感じに肩の力が抜けて
仕事ウーマンと母親業を両立しているようでした☆
私はそんなイイ感じの彼女の近況に とても興味をもって
熱心に根掘り葉掘り聞いていた、
つもりだったのですが。

マサは笑って私に言った、
「ねぇLee、礼儀として子供の写真みてくれるかな?」

おーーーーーーーーーーーーーーぅ!
そうだったわね
私ったら、会って20分経っても
「子供の写真みせて♪」と一言もいってなかったのねぇ。
なんともまぁ、失礼いたしていました…!

ご存知の方はご存知ですが
私、子供が大のニガテです
(↑マサも このことを知ってるから笑って言ってくれてます)。
正直、どの子供を見ても同じに見えます
申し訳ない。ごめんなさい。
そんなこんなで、大変失礼ながら
ママを目の前にして、一番初歩的&とっても大事な社交辞令
失念しておりました~~~。

そういう非礼をサラッと笑って指摘してくれる旧友よ、
ありがとう。
また1つ、大人の階段を上った気分よ、本当に!!!


ヤな感じついでに、世のママやパパの皆さんに ささやかなお願い(-人-)
年賀状の写真を子供の写真だけで送ってくるのは
本当にやめてください。

私はママやパパの友達であって、子供の友達ではないんですよ。
せめて家族写真
「あー、やっぱり○○ちゃんの方に似てるんだなぁ」
という楽しみ方をさせてください。
え~恥ずかしいから つい子供の写真でごまかしちゃって…という声もよく聞きますが
がんばってください、
私は、自分と直接知り合いの友人の近影がとっても見たいのです

京都出張に行ってました
といいながら、戻ってきて1週間近く経ってしまってました
なんだかまた忙しくなってきたなぁ。

【プリンセスの輝き ティアラ展】京都展の準備で
京都文化博物館に通っておりました。
烏丸御池(からすまおいけ、と読みます)駅の周辺は
初めて行ったのですが、
古い民家を生かしたカフェやセレクトショップが
あちこちにあって、素敵なエリアでした♪

kyoto5.jpg 特に、ホテルにあったフリーペーパー『doco-ico』
 (テレビ欄とクーポンが付いた冊子)に載っていた食事処の
 【清水家 Rakuchin】にみんなで行った。
 築120年の町家を改装したお店で
 お食事も おばんさい中心でどれも美味しかったので
 とってもオススメです!!!
 『doco-ico』は大阪や京都に行ったときには
 必ずチェックしてお世話になってます♪


kyoto1.jpg連泊したホテルは、博物館近くの【ホテルモントレ京都】でした。
今年3月にオープンしたばかりのホテルは
京都の姉妹都市?のエジンバラをイメージしたそうで
なんだかものすごく欧風かっ!って感じの建物でした。
でも、バスルームが長身の私でも十分な広さで
各部屋に空気清浄機と加湿器兼用のマシーンが置いてあって
長い出張も快適に過ごせました!
シゴト自体は今回、とても大変だったんですが
夜ぐっすり眠れたので、よかったなー。

kyoto8.jpg あと、展覧会場近くに数店舗あった【イノダコーヒー】
 私たちのオアシスでした~。
 昭和17年に開業して、
 終戦後も本物の珈琲を出す店として評判になって
 文化人や京都の旦那衆が集まった…というコーヒー店。
 濃いめのコーヒーに砂糖もミルクも入れてもらって
 一番オススメの飲み方で飲んだ「アラビアの真珠」
 1杯400円でした

そんなこんなで、東京で『ティアラ展』を見逃した方,
もう一度、一生ものの輝きを目にしたい…という方は
7月22日(日)まで開催中ですので
祇園祭に合わせて京都を訪ねるのもオススメです!


帰りは阪急線で大阪・梅田に立ち寄って、
先日の『ユメヲカナエル』イベントを成功させた
写真家&鑑定士のEMYさんと
阪神三番街の上海風レトロカフェ【ロイスカフェシノア】
おしゃべり&タロット鑑定をしていただきました
不安に思っていることも、すっぱり言い切っていただいて
と~~~ってもすっきりました!
(紫のタロットで「XXI 世界」が出たときは嬉しかった!!!)

EMYさんの懐の深さの歴史も少し垣間みれて
思い切ってご連絡してみて良かった~
外は雷雨があったり、止んだりして不思議な天気でしたが
きっと龍神様が見に来てくださったんですね♪
今月末には東京でのイベントも控えているEMYさん、
またゆっくりおしゃべりしたいです(≧▽≦)

隠れ家2件
どうやら大阪&淡路で歩き回り過ぎたようで
足がぱんぱんで辛い。。。
ということで、近所でHotpepperを入手して、お得なマッサージを探す。
夜は1年以上ぶりに妹とサシでゴハンだから、それまでに回復したいのよね~。

で、予約したのは【フットリラクセーション・サラ】
パウダーとオイル使用の贅沢リフレクソロジーが
60分で6,720円のところが、今月末まで4,000円に(≧▽≦)
sala.jpg店内は長椅子が3つあるだけの
アジアンリゾートのような感じで隠れ家サロンっぽい。
施術は40代の男性1人でちょっと驚いたけど
ご自身がゴルフ旅行で腰を痛めたときに、足裏リフレクソロジーで
あっという間に回復した、という驚きの経験から
脱サラして一生懸命にした…という努力家で
とても信頼できる方でした☆
「とにかくお客様の足をお借りして、毎日勉強できるのが楽しい」
とおっしゃっていたのが、印象的で
あー、本当にこの仕事が楽しくてしかたないんだなぁという
想いが伝わってきました!
で、施術は痛がり屋の私に合わせて加減してくれて
体の隠れた不調まで言い当てられて驚きました!
また今月中に行ってみようっとーーー。

siro.jpg で夜は、外苑前のお値打ちフレンチ【シュペールサンク】
 オーナー・但馬史朗さんが隣の日本家屋を改造して
 今月オープンさせた和食の店 【しろう】を予約して、
 妹と2人で行きました
 なんと、元は畳屋だった家屋を買い取って
 外観と柱を残してすべて改造したという店内は
 もう何十年も伝わる旅館のようなアメ色になった木造建築で
 とーっても落ち着きます。
 個室もいろいろあって、ほどんどは椅子席ですが
 2階には掘りごたつ式の部屋もありました。
お食事はまだオープンしたてということで
コースのみの営業ですが、これがどれも上品で美味しかった!
まだ看板もできていなくて、サイトもない 超隠れ家
興味ある方は、【シュペールサンク】に連絡して尋ねるか
03-5414-2311 まで連絡して、詳細を聞くといいと思いますよ☆

「うず」っちゃー、うず →淡路島の旅
awa1.jpg 大阪のイベントを後にした私と"武士"は
 梅田までダッシュで戻って、高速バスに乗車。
 目指すは「洲本バスセンター」、
 私たちは淡路海峡大橋を渡って
 淡路島に陸路で初上陸しましたー!

 そもそも大阪行きを決めて、
 その後どこ行こう?という話になったときに、"武士"が
 「アワジシマって一度は行った方がイイ、って言われたことあるなぁ」
 という一言で決定。
で、大阪のガイドブックを読むが、淡路島のページなし
なんだぁ、ずいぶんマイナーな観光地なのねぇ…と思って
でも諦めきれずに家に帰ってネットをひいてみたら、
淡路島は兵庫県であることが判明…_| ̄|●
はい、47都道府県ゼンブを言えないオンナですが、ナニカ?


awa2.jpg午後3時 梅田発のバスで5時半すぎに洲本に到着。
夕飯は地元の店で食べてからホテルに行こうと思っていたので
お腹がすくまで、文字通り縦に横に町中を歩き回りました~。
昔、鐘紡の紡績工場跡が赤レンガでロマンチック。
でもジャスコができて、地元の商店街はシャビーだったなぁ。
町の南側まで行けば、
洲本城のお堀跡にある洲本温泉の泉源を使った足湯があって
"武士"と歩き回って疲れた足をあたためました~。
で、夕飯はネットで調べておいた【和楽】にて、
地魚の刺身や はもの天ぷらなどを地酒でいただく。美味しかった~。

で、土地勘がないので宿は
高速バスの発着地・洲本の【淡路島観光ホテル】に決定。
全室オーシャンビューで、窓を開けるとひたすら海~☆
温泉も楽しめて、朝ごはんは一夜干しを席で焼くこともできて
なかなか良かったです☆


翌朝は、"武士"に調べてもらってあったレンタカー屋までタクシーで移動して
(島内にはメジャーなレンタカー屋がなく、ホテルで個人経営の店を紹介された)
"武士"の運転で島内観光にGO!
まずは、武士の希望で【伊弉諾神宮】へ。
"武士"と旅するようになって、よく神社に行くようになったのですが
この神社も素敵だったなぁ。
私、イザナギさんとイザナミさんって名前が似てるから兄弟かと思ってたんですけど
ご夫婦だったんですね…_| ̄|●

御守り売り場に、なぜか桃のプレートを発見。
これは『神桃陶板繪馬』といって
妻のイザナミさんが亡くなって
死後の「黄泉の国」まで追っかけて
そこから戻ろうとしたときに化け物が追いかけてきたときに
桃を投げたらその霊力によって退散した…という
『古事記』のお話にならって作られた絵馬、だそうだ
(詳しいお話はコチラ)。
伊弉諾神宮の神主さんに話をうかがうと
「桃には霊力があるんです。だから『桃太郎』じゃないといけなくて
 『梨太郎』じゃいけないんですよ(笑)」
とおっしゃっていた。へぇ~、面白いなぁ。
参拝記念にこの飾り絵馬を、私と祖母と"武士"の3人分を買いました♪

それから、高速でガーっと南下して、福良から遊覧船に乗って、うず潮を観にいった。
一応、公式サイトで一番観れそうな時間帯をチェック。
あのーぅ…私、うず潮ってバ
洗濯機みたいな感じで、水流がずーっとぐるぐるしてるんだって思ってたんですね。
awa6.jpg それが実際には、瀬戸内海と太平洋との
 干潮と満潮の海水の差によって生まれるもので、
 その急な流れの変化に とまどった感じの海水が困っちゃって
 ぐるっ…とする程度、でした(その間、数十秒程度…)。
 つまり、「『うず』っちゃー『うず』って言えるね」
 といった小渦があっちこっちで回ってる感じ。
 それでも、瀬戸内海側の海と太平洋側の海の水に
 急に段差ができて、ぐるる…となるのは、
 とーっても神秘的でした!!!
 これは本当に、百聞は一見にしかず、だわ~♪

awa7.jpg船を降りてから、大鳴門橋をみた私はふと
「ねー、お昼は橋渡って、徳島県鳴門市で食べない?」と思いつき
車でぶーんと移動。わーい、初の四国上陸だ!
鳴門公園内の【うづ乃家】で、名物の「鯛丼」を頂く。
1,890円ですが、美味しい~~~!
鳴門で採れた わかめのお刺身と一緒にいただきます。
その後、近くの【お茶園展望台】から大鳴門橋を眺めて
その美しい橋と海と陸のコントラストに、うっとり。
この海峡は、淡路島からより徳島側からの眺めの方がオススメです

ということで、車で洲本まで戻ってレンタカーを返して
バスセンターから高速バスで梅田に戻って
新大阪から新幹線で東京に戻りましたー。
1日ですごい移動距離!でしたけど、とっても楽しかったです。
淡路島って、海の幸はもちろんのこと
山の幸(知ってた? 「淡路牛」って神戸牛や松阪牛の元の牛だったって!)もあって
なんだか関東でいう伊豆みたいでした。
名産品の玉ねぎ、美味しかったなぁ~。
次回は淡路牛を食べに行ってみたいです

ユメヲカナエル →大阪の旅
親愛なる写真家・EMYさんが大阪で写真展を開いたので
"武士"と一緒におじゃましてきた。
場所は【願いの宮】…大阪・桃谷にある、クリエイティブ神社だ。

hagakure.jpg"武士"と私は前日から大阪入りして、
昼食は、泣けてくるほどおいしい
讃岐うどんの【梅田はがくれ】で食べて
1日乗車券の付いたOSAKA海遊キップをゲットして
その券で割引になる【天保山大観覧車】に乗って
まずは大阪の眺めを満喫☆
大阪港は、はじめて来たなぁ。

kai.jpg それから世界最大級水族館の【海遊館】に行ったら、
 ちょうどガイドツアーの〆切り直前だったので即参加。
 バックヤードで巨大水槽を真上から見下ろして
 ジンベイザメの餌付けを見たりしました♪
 いやー、飼育員しか入れないエリアから見学できたのは
 すっごく楽しかったー!

夜は、なんばの【大阪ぼてぢゅう】でミックスモダン焼きと そばめしを食べてから
新世界に移動して、【串かつじゃんじゃん】の串揚げを
合わせて18本も食べた。
ふぅ、2人ともよく食べたなぁ~。


tako.jpgさて、翌朝はホテルで朝食をつけなかったので
千日前の【たこ焼き道楽 わなか】で、モーニングたこ
あんなにおなかイッパイだったのに
また2人で たこ焼き15個をぺろっと食べて
それからまたミスドいっちゃいました♪
(誰? だから2人ともデカいんだ、って納得した人?!)
それからブラブラして、時間になったので
【願いの宮】に移動して、EMYさんのイベントへGO!

今回のイベント『ユメヲカナエル』
写真家でもあり、タロットリーディングでも大人気のEMYさんと
ご自身もセラピーを行うフリーライターの きりゆきさん、
それに天然石カウンセラーの meiminさんという
文字通りパワーのある3人の女性が集まって、
これまたパワーのある神社【願いの宮】(以下『宮』)でイベントをする…という
いろんな加速度がついた催しでした。

そもそも私が兵庫に住むEMYさんに数年ぶりに連絡して
「大阪の『願いの宮』というクリエイティブ神社に行くので
 よかったら会えませんか?」とメールしたところ
EMYさんは前の週に仙台のイベントに行って
きりゆきさんから『宮』の話を聞いたばかりだった…
という不思議続きの縁だったのでした~。
それから半年もしないうちに実現したこのイベント。
私も、なんだかとっても嬉しかったです

神社の中は、EMYさんによる掛け軸になった鯉の写真が艶やかに飾られて
右手にタロットリーディングをするEMYさん、
正面に結界で参拝者の祈りを聞く『宮』の井上先生、
左手には、紫の浴衣姿の きりゆきさんと
世界から集めたパワーのある美しい石の数々の前に座るmeiminさん。
そして、ユメヲカナエルために集まった女子の数々…。
その幸せになりたいオーラは、とっても素敵なものでした!

この女子校のような空気の宮に一番驚いたのは…"武士"でした
(ありがとね、一緒に来てくれて)。
でも"武士"も、次第に慣れてきて
「こうして若い女性が神社に集まるのは、とっても良い事ですね」
と うなづいていた。
それを受けて『宮』の井上先生も
「この場所は、カフェと神社の間にあるような存在でイイんです」
とおっしゃって、目を細めている。
いろいろ話せて、願いが叶う場所。
やっぱりこの日を迎えた出会いは素敵だなぁ

すっかり元気をもらって、ハートの紫のストーンも1ついただきました!
仙台のワイヤーアーティストによる台付きで
きりゆきさんによると

stone1.jpg> あの石は「アメトリン」という石で
> アメジストとシトリンが融合した珍しい石なんです。
>
> 以下資料から~~~~~~~~~~~~~~
> アメトリンはアメジストとシトリンの特性を強く持ち、
> とても強力なヒーリング力を持つ石です。
>
> この石のキーワードの一つは調和であり、
> 他者との繋がりを深め、
> 偏見や物事を一面から見る姿勢を改善していきます。
>
> 認識と行動のバランスをとり、
> 集中力を高め、物事を考える力を高める助けとなります。
>
> 自分自身のエネルギーをコントロールすることに優れ、
> 人生を良い方向に導く為に非常に有益な助けとなる石です。
>
> 精神面にかかるストレスに対して、
> 影響されにくい状態をつくりだします。
> ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
> だそうです。ちなみに私もお守りとして5年ほど前から
> 大切にしている石のひとつです。

という石だそうです!
ということで、とってもさわやかな気分で『宮』を後にしました☆
今月末には、東京のカフェでもイベントがあるそうなので
詳細がわかったらまたUPします


その後、私たちは梅田から高速バスに乗って
ある場所へと移動しましたが…
その話は、また来週!
これから私、国内出張に行ってきます。。。
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。