毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ラウンジ 『A.I.-TOKYO』
六本木・飯倉片町に8月31日にオープンした
ダイニングラウンジ 【A.I.-TOKYO】のオープニングに行ってきました。
一般向けのオープンは夜10時からだったのですが
オーナーさんのご好意で、9時からの
招待客のみのOpening Partyにお声がけいただいてました☆
とはいえ、ギリギリまで入念な準備だったのか
スタートは30分遅れで入場開始。
お店の地上のエントランス前は、お祝いのお花と招待客と
それ以外のお客さんで ごったがえしている。

ai3.jpg 案内が始まって、店内に足を踏み入れた。
 店舗は地下にあるので、階段をヒールで下りていく。
 中は、横長のフロアで広すぎず狭すぎず。
 特筆すべきは、フロア中央にあるスタンディングバー。
 カッコいい系のおねぇさんが
 オーダーの入るお酒を次々と作っていく。
 背後には奥行きを感じさせる光と鏡のインテリア
 わー、素敵(人´∀`).☆.。.:*・゚
 しばし、パンチある美人バーテンダーに見惚れる私。

このオープニングのDJがとても上手な方でした
女性ボーカルの、都会的だけどエモーショナルな曲を
気持ちイイつなぎでかけていく。
ほとんどのお客さんは席取りとオイシイこと探しで
落ちつかなげにキョロキョロしてるけど
私はこの音の良さ(選曲とか音響とか)で、すっかりゴキゲンになってしまいました♪

その後、お客さんがさらに入ってきて ぎゅぅぎゅぅになってきたので
ちょっと早めに退散しました。
こちらのラウンジは、あまり無理すぎるゴージャス感は狙っていないで
手の届きそうなくらいの、プチ高級感がなかなかグゥ
これから、どんな風になっていくのかしら?

最近は、特定のクラブに通いづめる…っていう人もなかなか見ないし
(単に私の世代が歳とっただけかもしれないけど?)、
腹式呼吸で話さないとダメな(=音が大きい)環境でも大丈夫かつお金に余裕がある世代は
意外と層が厚くないのも事実。

駅からはちょっと離れている立地が 隠れ家的に吉と出るか否か、
店ならではの魅力が用意できるか、
心地の良いサーブを維持できるか…これから注目です!
広さ的にもパーティーにも向いてる感じです。
ご興味ある方は、ご一報くださいませ
スポンサーサイト

サプライズさせてみる?
この日は、mちゃんとミツイねぇさんと一緒に
渋谷区内の某クラブラウンジで開かれるトークショーに出かけてきました。
タイトルは、『明るいニッポン』
誘ってくださったのは、ナイスミドルSさん。
Sさんご夫妻は、お2人とも とてもクリエイティヴな仕事をされていて
私も時々、お2人主催のイベントやパーティーにお誘いいただいていました。
この日は、Sさんの奥様がトークショーのゲストとのことで
テーマも面白そうだったので、女子3人で出かけていったのでした。

会場に入ると、他の顔見知りの皆さんに挨拶してからSさんに挨拶する。
Sさんはニコニコしながら
「このあと段取りの説明がありますから。よろしくね」とか言っている。
はぁ、トークショーに『段取り』があるんですね。。。
女子3人でウェルカムシャンパンをいただいてから
トークショー会場のお部屋へ移動する。

会場では、司会者がニコニコと説明を始めた。
「皆さん、今日は何のためにお集まりいただいたかお分かりですか?
 じつは今日は、Sさんの奥様のサプライズ誕生祝い、なんですよ。
 トークショーというのは、ただの設定です。
 トークショーなんて、本当は実在しないんです。
 皆さんには、これから重要なミッションに参加していただきたいんです」。

うわー! そうだったんだぁ。
でも、なんだか大掛かりで楽しそうだ。
で、その『段取り』は以下の通り;

(1) 奥様と男性声楽家がゲストとして、別室で待機中
    もちろん、この男性声楽家もサプライズ仕掛人の1人
(2) トークショー前半が終わった、という設定で、係の人が奥様と声楽家を呼んでくる
(3) 司会者がゲスト2人を紹介して、しばしトークを展開する
(4) 途中で司会者が声楽家に「せっかくですから1曲、歌ってくれませんか?」と振り、
    声楽家が代表曲をアカペラで歌う
(5) 会場の客(←つまり私ら)が拍手を止めないで、司会者が
    「せっかくですから、もう1曲…」とねだる
(6) 声楽家が「僕は普段、伴奏がないと歌えなくて…」と ためらうフリをする
(7) 司会者が客席に向かって「どなたかピアノ伴奏できる方、いませんか?」と聞く
(8) あらかじめ仕込んであったピアニストが周囲から推薦されてステージへ行く
(9) ピアニストがピアノ席に座った瞬間に、客席全員が一斉に立ち上がり
    『HAPPY BIRTHDAY TO YOU』を合唱する
(10) 奥様、オドロく
(11) 合唱が終わった瞬間に会場が暗転して、花火&ロウソク付の
    バースディケーキが運んでこられる
(12) 奥様がロウソクを吹き消した瞬間に、これまた全員で隠し持っていたクラッカー
    一斉に鳴らして祝う
(13) 奥様、もう一度オドロく

…という、壮大な計画

会場に奥様と声楽家が入ってきたときには
私たち観客役はニヤけるのを必死にこらえて
さっきまで真剣に『明るいニッポン』についての講演を聞いていた…かのような顔で拍手をする。
トークが始まり、声楽家は1曲目を歌い、次には ためらうフリをする、
そこで、ピアノ伴奏者を探すときに、当の奥様が仕込みのピアニストを見つけて
「あらー、彼女ならできると思うワ。ねぇ、ステージにいらして!」と、自ら指名
ピアニストは驚いたフリをして、声楽家と曲相談のフリをする。
そして、彼女がピアノの前で席に着いた瞬間に
全員がまるで卒業式の呼びかけのように立ち上がり…

♪ HAPPY BIRTHDAY TO YOU~

最初はキョトンとしていた奥様も、やっと事情が飲み込めて
目を丸くして驚いていました~☆
もちろん、ケーキが登場してからのクラッカーもバッチリ。
じつはSさんは、毎年夏の終わりに、奥様のお誕生日祝いで
なんらかのサプライズをしているそうなのですが、
奥様はとってもおおらかな方で、毎年騙されるそうです
(そういえば去年の今頃も「写真展やるから」と言われて行ったらサプライズpartyだったっけ

ちなみにSさんは奥様に
「イベントの後はイタリアンレストランを予約してあるからね」と言っておいたそうですが
じつは、隣のラウンジにひそかに寿司職人やらローストビーフシェフやらをスタンバイさせて
この後、みんなで本当のお祝いパーティーが始まりました
いやー、楽しいものを見せていただきました
奥様、あらためてお誕生日おめでとうございました。
そしてSさん、イベント成功おめでとうございまーす!

本屋の店長になってみない?
ちょっと好奇心もあって
Lee、本屋さんの店長になってみましたー♪


…というのは半分冗談で半分本当なのですが
ネット上で好きな本を並べて
自分プロデュースの本屋さんを作ることができるサービスを試してみました♪

【セブンアンドワイ 「みんなの書店」】

自分がお気に入りの本について、おすすめコメントを書くことができます。
で、その書いたコメントは
セブンアンドワイYahoo!ブックス
当該本のページにも掲載される…というわけです。

まー、今 流行のアフィリエイトではないので
本が売れても「店長」には なんのキックバックもないし
おすすめコメントをタダで流用されるだけじゃーん、との見方もありますが
それでも、自分が好きな本だけを並べてみるのって
なかなか楽しいですよ~
家の本棚をひさびさに整理しちゃったりしました

で、私の店舗はコチラ↓をクリックしてご来店ください
【 「言葉芸者」の本の甘味処 】

わかりづらいですが、真ん中に横長にあるグレーの部分が"本棚のタイトル"で、
「物語に翻弄される?」「だってニューヨークよ?」「ホントを直視する?」…など
現在8つの棚をご用意して、皆さまのご来店をお待ちしております(笑)。

店舗のデザインカスタマイズがあまりできなくて
アイコンも用意された中からしか選べないし、
半角英字が全角にされちゃう…など若干つまらん部分もありますが
おヒマなときにでも、各本棚を覗いていただいて
この本懐かしいね~、とか、私も好きだ!とか、
こんな本知らないなぁ、とか、
立ち読みに来ていただけたらウレシイです
(結構、私の好きな本が絶版になっていて、かなりショックだった…

自分も「みんなの書店」で本屋を作ってみようかなー、という方は
コチラ のページの一番下からどうぞ♪
&お知らせいただければ、開店祝いにまいりますわ

豚しゃぶ×2な日々
世の中はお盆休みの真っ最中、
ポコっと夜の時間が取れるようになって
2日連続でお食事会にお呼ばれしてまいりました。
それが…2日とも場所は銀座、メニューは「豚しゃぶ」
豚肉料理ってここ数年、本当に流行ってるよね~。
私は根っからの しゃぶしゃぶ好きなので(食べ放題も行ったりします)、
連日楽しくお出かけしてきました♪


1日目:【うま酒 入母屋(いりもや) 銀座店】

この日は、元モデルのミツイねぇさんのお誘いで、
本当はバリバリのエリート官僚なのに
なぜか東南アジアのホテルマンみたく見える美食家のMさんと、
ニューヨーク州のリゾートをコンセプトにした
西麻布のインテリアオーガナイザーのAさんと、
私という、分野がばらばらの4人で豚しゃぶを楽しみました☆
shabu1.jpgこちらの しゃぶしゃぶは

> 秘伝白湯スープの黒豚しゃぶしゃぶコース
> 秘伝のくこの実やウコンを使用した白湯スープに
> かごしま黒豚をさっと通して!!
> 6種類のきのことたっぷり野菜で美味しく
> しかも美容・滋養効果も??
> ヘルシーしゃぶしゃぶで盛上がる事間違いなし!!

とのこと。
薬膳好きな私には、とても美味しいスープでした
お肉は…普通のしゃぶしゃぶ用肉の4枚分くらいの厚みがあって
って写真じゃ暗くて分からないわネ…)、
「さっと通して!!」っていうより、沈めて煮る、という感じでした…。
とてもめずらしい日本のお酒も取り揃えている店舗のようで
『十四代○○』というシリーズのお酒は貴重、なようです(←Mさんの受け売り)。
場所も銀座ライオンビルの3階で分かりやすいので
なかなか使いやすそうなお店でした。
さー次はこのメンバーで、秋の落ち鮎を食べに集まりましょうね♪


2日目:【豚肉創作料理やまと 銀座二丁目本店】

この日は、美形+優秀+明るい+毒舌=DUBさんにお呼ばれして
『鍋部』なるものに参加させていただきました。
この日は12人中、9人が女性というメンバー構成。
あまり目立たない看板で地下のお店なのに
入口には「本日は予約でいっっぱいです」の看板が。
とても人気店なんですね~。

こちらのお店は 「薬膳不老長寿鍋」が代表料理とのことで
その鍋を食らおう!というのが集まりの趣旨。
ただ、このスープが、紹興酒と各種の薬味をブレンドした ピリ辛味
つまり、Leeのアウェイということを知って、泣く泣く参加を辞退していたのですが
(そんじょそこらの ピリ辛でも私は大の苦手なのだ)、
なんと後日に、
shabu2.jpg辛くない 普通の豚しゃぶ鍋テーブル
別に設定してくださったとのことで、
その心遣いに感服しながら参加しました☆

コースでいただいたのですが、鍋の前に出てきたお料理も
やまと豚を使ったローストやゼリー寄せなどでで
1つ1つがとっても美味しかったです!
で、普通のしゃぶしゃぶも、野菜がわんさか入っていて
本当にうっすらとした豚肉で、やわらかーい
思う存分しゃぶしゃぶ いたしましたー♪
店員さんも細やかに働くし、また予約とって来てみたいな。

食後は、この夏に銀座にオープンしたラウンジ
【砂漠の薔薇】に連れて行ってもらいました。
ランジェリー一歩手前な衣装で悩ましげに踊るポールダンサーも くねくねと踊ってました
(こういうのを見ると俄然、衣装に着替えたくなるのは悪いクセ)。
お店の印象としては…んー、私とかの歳だとリアルタイムではないにせよ
若干懐かしい感じもするゴージャスさの演出かなぁ~。
entrance feeを数千円払った元を取ろうと
ギラギラした目で回遊しづづけるオジサマとかを見るのも、久しぶり。
あまり胸をわしづかみされる程のパンチはなくて、既視感。
もうちょっと針が振り切れた人が集まると、面白くなるのかしらん。

ということで、この日は終電前に失礼しました~。
後々わかったことは、この日の「鍋部」は
こちらの社交クラブの分科会だったそうでした。
いやー、何も分からずに参加して
勝手にくつろいで話しまくってきてスミマセンでした♡
DUBさん、お会いできた皆さま、ありがとうございました。

Lee、アメリカのビザを取るの巻
8月15日、終戦記念日。
"武士"は靖国神社に、
私はアメリカ大使館へに行きましたとさ。
…ちょっとスゴいよね。

えぇっと私は韓国のパスポートのため
アメリカに旅行に行くのに、観光ビザを取る必要があるのです。
以前から使用していた、某職種のシゴト用ビザが切れてしまったため
今回は観光ビザを取るための面談をしに行ったというわけです。
これまでは自力で申請書類を作ったりしてましたが
今年の夏は死ぬほど忙しいので
ビザ取得代行会社に途中までお願いしちゃいました。

予約した時間は朝8時45分だったので、8時半にアメ大(って略さない?)前に到着。
この時点で、すごい炎天下の元、すでに50人近くの人が順番待ちをしていた。
ひー、暑くて死にそうだよーぅ。

すると、係員の人が駅弁売りのような箱を持ってやってきた。
水でもくれるのかな?と思いきや、
ametai.jpgなんと、扇子を貸し出ししてました。
しかも、星条旗柄☆
日除けにも役立つし、助かるわぁ。
ただ、みんなで同じ柄の扇子を振り回してると
なんだかヘンなロックコンサートに並んでるような気分だったわー。
しかも、扇子には「Made in China」のシールがばっちり
この星条旗扇子のユーモアが笑える~
でも係員の人いわく「返してくださいねー、明日も使うので」。
ちぇっ、ちょっと欲しかったかも?!

中では、劇場のチケット売場のようなカウンターが並んでいて
その前の待合室で、指紋の採取と面談の順番を待つ。
何人かまとめて呼ばれる場合と、1人だけ呼ばれる場合があったけど
私の場合、前のビザがシゴト用のため
おそらく1人だけで呼ばれるだろうなーと思ったらその通りだった。

質問は、英語8割に日本語2割の混ぜこぜ。

「あなたは前の職種のシゴトを今もしてるか?」
Lee: いいえ、もう違います
「あなたが通った中学・高校は?」

Lee: St. ○○○○'s Junior & Senior Highです
「…インターナショナルスクールなのか?」
Lee: いいえ、日本の大学の付属女子校です
(↑日本の学校なのにアーメン系のため英語名があったのだ。ややこしい)
「北朝鮮に行ったことはあるか?」
Lee: ありません
「北朝鮮に家族はいるか?」
Lee: いません

といった具合でした。思ったよりいろいろ聞かれたなぁ。
面接官は、感じの良い若い兄さんでした。

で、ばっちり化粧もしていったし
終始 満面の笑顔で話した甲斐もあってか
(って書類を揃えてるんだから大丈夫だけど、心象って大事だし)
無事に面接官から『approved』の説明書をもらえました!

それから約1週間でパスポートが返送される、という話だったのですが
(返送用の「EXPACK500」を渡しておいた)、
なんと、たった2日間で返送されました。
アメ大、働くじゃーーーん♪
有効期限も最長の10年だったので、これでしばらくラクできます☆
うふふ、遅い夏休みに向けてちょっとずつ準備中です

Cyndiの歌声は天から
心を貫く心地よい声に出会ってきました!

【Cyndi Lauper LIVE IN TOKYO】

今年の「SUMMER SONIC 07」に参加した後の
シンディ・ローパーの単独ライブに行ってきました。
場所は、初めて行きましたSHIBUYA-AX
席は2階席の最前列で、ちょっと特別気分☆
1階席はオールスタンディングですが、2階は席があって
しかも中央寄りでラッキーでした♪
おなじ2階最前列には、土屋ア○ナさんや篠○紀信さんが、
あと、後ろには上原さ○らさんもいたなぁ。

19時ちょっと過ぎから始まったライブは
「HOLE IN MY HEART」から始まって、最初から大興奮!
シンディは途中でウィッグも取っちゃって、パンプスも脱ぎ捨てちゃって
ステージ上を裸足で歌いまくってました。
とにかく、CD…じゃなかった、当時はLPで聴いてた
あの澄んだ歌声とまっっったく変わらず
むしろ生で聴くと想像以上の声量で
空に突き抜けるようなハイボイスを大迫力で歌ってました。
本当に聴いていて気持ちがイイーーー。

目の前で「TRUE COLORS」を歌っているのを見たときは感激したし
(隣の席の女性は泣いてたみたい)、
ライブでは滅多に歌わない「The Goonies 'R' Good Enough」も聴けたし、
なんだかムード歌謡曲風な「SHE BOP」はめずらしかった。
個人的には、あまり有名じゃないけど大好きな3rdアルバムの歌
「I DROVE ALL NIGHT」を生で聴けたのが大感激だった~~~。

最後に「GIRLS JUST WANT TO HAVE FUN」のときには
たまらずに立ち上がって踊りまくったら
(2階席最前列は誰も立ってなかったのだ)、
横にいたア○ナちゃんも、続いて立ち上がって歌い踊ってた☆
もう『懐かしい』なんて枠を超えて
ただただその歌唱力が素晴らしかった!!!

そして、アンコールも終わって退場アナウンスも始まって
ステージの片づけが始まっても、会場のCyndiコールが止まなかった。
すると…
会場の明かりもついていたのに、Cyndiがまたステージに現れて
また2曲、歌ってくれました…(人´∀`).☆.。.:*・゚
あれは、大感激だったなぁぁぁ。
全部で2時間弱のライブは、あっという間に過ぎてしまいました。。。

じつはヒットした当時ですでに30歳を過ぎていて
今は54歳のCyndi Lauper。
でもその愛らしさとオーラと胸を照らすような歌声は
ますます磨きがかかってました。
歌うのが楽しくて楽しくて仕方がない、って感じ。
ライブ中は一度も水など飲んでなかったです!!
まさに天から何かを預かった歌声なんだろうな。
聴いた人が、生きているシアワセを感じられるような。。。

ありがとう、Cyndi。
また絶対ゼッタイ日本に来て歌ってください

役立つ口コミサイトいろいろ
最近、世の中の口コミに、とても興味があります。

先日来、レストランの口コミをいろいろ見ていますが
このあいだも、幼なじみと一緒に行ったレストランについて
行ったことある人の感想を知りたいなーと思ったところ
『テラス席は蚊がいて刺されてしまいました』と書かれてあったので、
事前にレストランに電話して
「行く前に、蚊取り線香を焚いておいていただけますか?」
といったところ、快く対応してくれて
おかげでとっても快適に食事ができました☆

あと、海外旅行で滞在予定のホテルの宿泊経験者の話を探して
「1ブロック先のスーパーマーケットのサンドイッチが美味しい!」
と書かれていたので、さっそく行ったところ
美味しいだけじゃなくてボリュームがあって
ついでに地元の人の買い物風景も見られて
とても良い思い出になりましたー。

いろんな分野で口コミサイトが出来ていて、なかなか心強い限りです!
老舗では、コスメの口コミサイト【@コスメ】なんかも
お世話になってますね~。
自分の体験も、大したことじゃないと思っていても
誰かのお役に立ててるかもしれませんね。

病院検索の口コミもあります。
私が以前から登録しているのは【QLife】
私も近所で行って効果があった&良かったお医者さんのことを書いたところ
今見たら「評価された口コミ 8回」となっていて
ちょっと嬉しかったです♪

最近、リニューアルされたようで
最寄り駅から探すだけじゃなくて
郵便番号からでも、周辺の病院を探せるそうです。
駅で説明するにはビミョウなエリアに住んでいる人は、便利ですよねー。
私も新しい街に越してきたばかりのときに
どこに良い病院があるか、しばらく苦労したっけなぁ…。

ということで、見るも良し、できれば体験談を書くも良し、
一度お試しあれ☆

おカシなオフィス常備品
guli1.jpg 先日、近所でこんなスクーターを発見。
 『オフィス グリコ』 と赤文字で書かれている。
 このグリコ って、
 ロゴ付いてるし、もちろんあのグリコ?
 それって…もしかして…やっぱり?
 あの爽やかなヤクルトおばさんみたく、
 飲み物買えたり、ヨーグルト買えたりするのかしらん。
 謎だわ~。


さっそく検索してみたら、ほぼその通りでした。
でも、ちょっと想像とは違っていて
guli.gif方式でいえば、「置き薬の富山堂」形式。
つまり、箱に入れて置いておいて
使った分だけ、ちょこちょこ補充しに参ります~、
ってことらしい (くわしくは、コチラ)。
ポッキーとか、ビスコとか、ジャイアントカプリコとか
こまめに入れてくれるのかしらネ。

なんだか楽しそうだなー、オフィスにグリコ。
私のシゴト場にも、ヤクルトの巡回販売は回ってきますが
私はあまり買ったことなくて。
だって、おばちゃんが回ってきたときに
ジョアな気分とは限らないんですもの~。

ほかにどんなのがオフィスで周ってきたら嬉しいですかね?
「オフィス リポビタンD」 (私の命の水)
「オフィス 縁日」 (日によって、射的だったりタコ焼だったりアンズ飴だったり)
「オフィス マッサージ」 (本気でお願いしたい!)
「オフィス "武士"」 (…シゴトが手につきません

…だめだこりゃ。
どこかでこの置き薬式グリコを見かけた方がいたら
どんな感じだったか、教えてくださーい!


ところで、ガソリンがまたすごく高くなってるらしいですね~。
こういう配達系の企業も大変だなぁ。
テレビで見たところによると、
【ガソリンを節約するための走り方】

 ★ トランクに重い荷物を入れない
 ★ タイヤの空気を適正にしておく
 ★ 急発進・急ブレーキをかけない
 ★ アイドリングをしない

だそうです。私は運転しませんが、
ドライバーの方はご参考まで~

姐さん風携帯に
この夏、機種変したばかりの私の携帯電話ですが
気に入った色がなかったため、ブラックを購入
→ これが、暑くるしいやら、キズが目立つやらで(私はよく落としてしまうのです)
なんだか滅入ってきた今日このごろ…。

そんなとき、
渋谷の東急ハンズで実演販売?していたコレを発見。

(以下↓ドラえもんの道具出し風に)
♪~テテテテ 「金蒔絵シール」ぅ~

…えーっと、
「蒔絵」「金蒔絵シール」とは?』については某所よりコピペ;
 金箔や金粉、銀粉を、接着剤代わりの漆を使って文様を
 現したものを「蒔絵」といいます。
 「金蒔絵シール」は、「蒔絵」の持つきらびやかな美しさ、
 独特の質感・立体感を誰でも気軽に楽しめるよう、
 手軽に扱えるシールで表現したものです。


もちろん、今まで見かけてても
不器用な私には関係ないワ…、と思っていたのですが
その日はたまたま東急ハンズに
シール貼りの名人(といっても若い女子)がスタンバイしていて
シールを買えば、その場で無料でデザイン&シール貼りしてくれる、ということで
見本のプレートをいろいろ見ながら、2種類のシールを買って、待つこと約10分…
あっというまに完成したのが、コチラ

keitai.jpg 紫の蝶と薔薇の饗宴~
 はい、本当にもう34歳にもなって やさぐれた携帯にしてみました。
 ベースが黒なだけに、なんだか
 極妻の着物の柄にも見えなくないです
 いいんです、これで落としてついたキズが隠れたんですからっ。
 しかし…
 薔薇の量はもうちょっと減らしても良かったかな???
 ま、いいか。
 貧相なのよりはマシってことで。

この蒔絵シール、
ちょっと厚みがあって、柄が ぷっくり浮き出ているのも、なかなか素敵です☆
日本の伝統芸能で、ゴージャスな気分。
柄さえ選べば、結構楽しめそうでオススメですー

私のレストランレビュー(ちょっと加筆)
昨日の中華薬膳料理店
tabelog.gif味の最高さと、サービスの最低さについて
どうしても口コミしたくなって(微笑)
いろんな所に書いたコメントも合わせて
『食べログ.com』にまとめてみました。

【Leeの『食べログ』のレストランレビュー 一覧】
(↑価格.comと同じIDのため名前がchiesatoになっていますが、お気になさらずに)

「味」「サービス」「雰囲気」に分けて採点しているので
自分がお店を探すときにも、結構こちらのレビューを参考にしています
(あと同じく口コミサイトの『ドコイク?』も参考にしてます)。
ただ、自分の中ではgood!なお店でも
他の人のレビューはそうでもないときもあるので
やっぱりお店って、好みによるんだろうなー。。。

それでも、
内装が素敵で、店員とコミュニケーションが取れて
美味しくて高すぎないお店が、大好き~~~(人´∀`).☆.。.:*・°

もしもご覧の方でレビュー一覧を作ってる方がいたら
ぜひ教えてくださいませ

★追記★
ちなみに『ぐるなび』でも、例のお店の対応に疑問がある旨、
【みんなの口コミ】欄にて投稿したところ
すぐに運営者によってコメントを非公開にされました
なんでも『ぐるなび』の【みんなの口コミ】欄では

 >・あなたの「お気に入り」であり、且つ「他の人にもおすすめしたい」
 > 好感を持っているお店のみ公開、レビューの投稿、特集ページの作成を
 > 行ってください。
 >・店舗や個人に対するクレームやトラブル、支払いに関する内容を禁止します。


とのことで、つまり褒める言葉以外は書くな、ということだそうでした。
うーん、だとしたら片方の側面しか伝わらない、役に立たない情報の気がしますが。。。
口コミってそういうもんじゃないと思うんですが。
まー、広告費をもらって運営しているサイトなので、
メディアという役割よりも 利益追求の方が大事なんでしょうネ。

紫のバラ祭り、と薬膳コース
garakame.jpg(≧▽≦) きゃー、とうとう行ってきちゃいました、
 
【美内すずえと『ガラスの仮面』展】
世田谷文学館、というところでやってます。
京王線 芦花公園駅から徒歩5分。
初めて降りました、芦花公園。
以下、『ガラスの仮面』を全然読んでない人は
印まで飛ばし読みしてイイですよ(笑)。

小・中・高・大学1年まで、ずーーーっと演劇部だったLeeは
もちろん、『ガラかめ』を何度も何度も読み返してきたのですが
(ジッカに何冊置いてあるんだろ?)
いつのまにか、北島マヤの年齢を追い越して
もしかしたら 速水真澄と同世代になってる…?

garakame1.jpg で、展覧会。
 まず、会場入口にはもちろん紫のバラ
 「あなたのファンより」のカード付です。
 この段階ですでに、鼻血が~~~。

 その鼻血を押さえて中に入ると、
 カラー扉絵の原画や、漫画の原稿そのものが
 ガラスケースに並べられています。
 劇中劇ごとにまとめられているので
 覚えてるお芝居から、えーあったっけ?って話もある。

garakame2.jpgさて、会場内には
こんな舞台セットも再現されてあります
さて、どのお芝居のセットでしょうか???


正解は…マヤが一つ星学園の体育倉庫でやった一人芝居
『女海賊ビアンカ』のセットでした~
…なんだか分かった人は、相当のマニアですねぇ
(といいつつ、また大興奮して写真を撮っている私も私)。
ちなみに脚本は、吉沢ひろしというメガネ君でした。

とにかく多数の原画を読みながら
乙部のりえは変身しすぎだろー、とか
『わが作品No.707 愛しのオランピア』の演劇部長は白目だったな、とか
桜小路くんの携帯はありえない、とか
で結局、亜弓さんが失明したシーンはカットされたのかな?、とか
アタマの隅っこの引き出しに押し込んでた記憶が
そりゃーもぅものすんごい勢いで溢れかえってきました
そういえば私、1988年に新橋演舞場でやった
舞台版『ガラスの仮面』も観にいってたな~
(北島マヤ役は大竹しのぶ、姫川亜弓役は藤真利子でした)。

garakame3.jpg 最後のほうに、マヤの部屋がありましたが
 これまでやったお芝居の台本が多数、転がってました(笑)。
 うーっ、やっぱり私は
 『ふたりの王女』が
 たまらなく好きだーーーっ!
 おもわず、会場の片隅に全巻そろって置いてあったので
 もう一度、25巻から28巻まで
 その場で熟読いたしました~(´ ▽`)
 きっと貴方も一度は声に出したはず、
 「ラストニア、私の国…!」

…という興奮のひとときでした☆
9月2日(日)までやっているそうですので
ご興味ある方はゼヒ!!!


夜は父親と銀座で食事。
数日前に「時間あったら、ゴハンでも食べよう…」と連絡があったので
なんか重大発表だったらヤだなーと思ったのですが
単純にゴハンしたかったようでした。ホっ…。
父娘そろって体調が常に"低めの安定"なもので
中国薬膳料理の店【星福(シンフウ)を予約。
案の定、父親は
「暑くて最近、食欲がなくて…」と言いながら登場しました(苦笑)。

せっかくなのでyakuzen.jpg季節の薬膳コースで【福】をオーダー。
1つ1つのメニューに
"免疫機能の低下が気になる方"とか
"体力に自信のない方、イライラしやすい方"とか
ズバリ当てられたわよ、なことが書かれているので
なんだか効きそうな気になる
写真は『冬瓜入り季節の薬膳蒸しスープ』
どのお料理も、薬の苦さはほとんどなくて
味は薄そうでいて しっかりコクがあって
とーっても美味しかったです

ただ男の店員さんたちがニコリともせずに
料理をだまーって置いていくのには閉口しました。
お料理の説明は、下敷きみたいなのを1枚置かれて、それだけ。
父が、説明がないんですね、とチクリと言ったら
「聞かれれば、答えますよ」だって!
唯一の女性の店員は、ほとんど日本語が話せなくて
うつむいでモゴモゴ言うから、何言ってるか分からないし。
正直、銀座で、安くはないコース料理食べて
あの対応じゃどーかなぁ~~~

でも、本当に美味しかったので
体力がまた落ちてきたら、サービス期待しないで
フンパツしちゃうかもー。悩ましい。

言葉の可能性
阿久悠さんが70歳で亡くなりました。
あー、あの片桐はいり似の、
カラオケの字幕でよく見た作詞家さんだよなぁ
という程度にしか思っていなかったのですが
代表作のリストを見ているだけでも、良い歌がごろごろありましたね。

生まれて初めてフルコーラスで覚えた 『北の宿から』(←当時の私は3~4歳)、
ピンクレディー自転車に乗って歌った 『UFO』
小学校でカーテンかぶってマネしまくった 『雨の慕情』
大人とのカラオケで必ず盛り上がれる 『勝手にしやがれ』
米米CLUBのライブでも超定番の 『どうにもとまらない』
シゴト場のパーティーの余興でバンドと歌った 『あの鐘を鳴らすのはあなた』
私と"武士"がドライブで思いっきり合唱した 『熱き心に』
・・・
あらららら、私の人生で歌った曲のうち、すごい比率を
阿久悠さんが占めていたのね~

そして、その逸話の中のひとつが紹介されていました。
『津軽海峡冬景色』
この歌の中で、阿久さんはある挑戦をしていたそうです。
「3分の歌で3分のことしか伝えられないのは、いやなのです。
 できれば3分で、映画1本分のものを伝えてみたい。
 ♪私もひとり 連絡船に乗り~
 というのは、女性1人の心情だけを歌ってるわけじゃないんです。
 『私ひとり』というのに意味がある。
 つまり、孤独なのは自分だけじゃなくて
 北へ帰る人の群れ の人の数だけ無数に孤独がある…ってことなんです。
 そういう風に、限られた短い歌の中で
 奥行きのあるたくさんの情景を描いていきたいんです」

うぉー、そんなに計算され、選び抜かれた言葉たちだったとは…!

言葉の可能性、というか、日本語の可能性を
心を込めて綴っていた方だったんですね。
最近では少なくなった、全世代で知っている曲。
本当に素晴らしい詞を残してくださいました。。。
改めて、合掌。
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。