毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年 旅して、食して、歌って、闘った
なんとか仕事を納めました
2008年がすぐそこに!
あわてて今年あったことを振り返ってみます。

1月:   展覧会の準備で毎日午前帰りだった…(遠い目)

2月:   前のブログが2chに晒されて、こちらの別天地ブログにお引越し
       お伊勢参りにも行きました。伊勢エビ最高

3月:   逆『DESTINY』なこともありました。あは。

4月:   生まれて初めて、ノートPCのリカバリーをしたり
       出張で新潟に行ったりしました。お米最高

5月:   羊にさわったり、ゾウの鼻にぶらさがるために木更津1泊2日
       出張で秋田に行ったりしました。いぶりがっこ最高

6月:   大阪『願いの宮』で行われたEMYさんの開運イベントに行き
       その足で淡路島も旅してきました。うず潮、ちっさ

7月:   シゴトでハラワタ煮えくり返ったりもしたなぁ。。。
       大好きな映画『アズールとアスマール』が公開

8月:   Cyndi Lauperのライブは素敵だったー
       私のうたう歌の3割は阿久悠さんの作詞と気づいた…
       (ちなみに残り3割は中島みゆき、3割が桑田佳祐、その他1割)

9月:   8度目のニューヨークで舞台『WICKED』とハーレムに感激
      ガラウケ・T氏との由比ガ浜ぷらぷらも楽しかったなぁ

10月:  とっても美味しい落ち鮎の天ぷらをいただきました
      米米CLUBの横浜アリーナに今年も参戦
      京都で雷神に遭遇したり、浅草演芸&ストリップを満喫~♪

11月:  念願のバーのママになりました!(ただし、一夜限り
      【世界が100人の村ならば】に再び、ココロ動かされた…

12月:  "福の神"ヘアカットは効果テキメンだった
      そして、しずかちゃんの亡霊との闘いは続くのだ…!


うーんうーん、なんだか国内外と よく移動した1年でしたね。
目に見えないパワーに触れる機会も多かった気がします。
美味しいものもいろいろ食べられたし、ライブで歌って踊れた!
一方でシゴトはとにかく、精神的にハードな年でした…いや、現在進行形?

そしてなによりも、今年出会えた人、再会できた人、ココロを通わせることができた人が
私を何度も力づけてくれました。
本当にありがとうございましたーーーーーーーーーーーーーー!
2008年も、一緒にたくさん笑えたらいいですね


さてもうすぐ、年越し。
今年1年も、"武士"と仲良く一緒に過ごせてよかった…
初体験の年越しライブ、行ってきます♪
目指すは年越しの聖地、横浜AREEENAです。きゃーっ(人´∀`).☆.。.:*・゚
スポンサーサイト

年末年始メモ
まだまだシゴト中です☆
年末年始のメモとして…

毎日3回更新されているという
【東京消防庁 救急病院案内】

私には関係ありませんが
【こどもの救急~おかあさんのための救急&予防サイト】  

初日の出とか初詣とかバーゲン情報は
【Walkerplus 年末年始ガイド】

写真家・鑑定士のEMYさんのブログより
【開運参拝方法】
(↑リンクの記事 『2008年の元旦は凄い☆』 の後半部分をチェック!)

ひまつぶしに読むと楽しい! 21世紀に入ってからもすでにイロイロ変わったのネ。
【21世紀の歴史】

不寛容との闘い
連休も関係なく、ずーっとおシゴトなLeeです。
気がつけば、周囲はあっっっという間に年末モード。
新聞・雑誌・テレビでも『今年を振り返って』的なものが
どばどば出てますね~。
で、流行語大賞はどうでもいいのですが
最近、週刊誌の見出しとかに しばしば躍ってる
『KYな○○○』という言葉。

私自身、『状況判断ができない人』は正直、ものすご~くニガテです。
電車のドア付近で突っ立ったまんまで乗り降りの邪魔になってる人とか、
ありえない場所で走り回る子供と それを注意しない親とか、
せっかくその日の主役の人が小さな自慢をしているのに
ただただ自尊心のためにもっとスゴイ自慢話をしてしまって
主役の立場をなくさせる人とか…ねぇ。

でも、その『状況判断』は 事前に「それってダメなんだ」という
知識とか経験則とかがあって、はじめて判断できるので
その知識や経験をする場が与えられないままの状態で
即座に『状況判断できない=KYな人』というレッテルを貼るのは
それまた ちょっと違うなーと思ってて。

私も、どっちかといえば心の広い人間ではないとは思うんですが
世の中レベルで ものすごい勢いで
【不寛容】な空気が流れちゃってる気がするのです。
自分と違うからダメ。
自分のやり方じゃないからダメ。
自分の世界を乱すからダメ。
自分の信じる神様と違うからダメ。

同じを強要したり
違ったモノを排除するのって
アタマ使わなくていいからラクなんですよね。

ちょっと話はズレますが、
横綱なんだから&チャンピオンなんだから&主演女優なんだから
その責務を自覚して、まっとうに受け答えしろよ!っていうのも
まったくもって理に適ってはいるんですが
だからって、いつまでも鬼の首取ったみたいに
責め続けてるのも、なんか違和感をかんじちゃうんですよね。
そんなにも他人を糾弾できるほど、人は自分にも厳しいものなのかしらん?

状況に合わせて、まっとうな対応ができない人は
イラっとくるし、ケッっと思うし、失笑しちゃったりもするけど
じゃぁ、どうしたらその人が場に適った立ち振る舞いができるか
近くの人がちゃんとアドバイスして導いていく面も
大事なんじゃないかな~と思うのです。
で、アドバイスしてもダメなら…
思いっきり嫌っちゃってもイイと思います☆
ま、きっとほどんどの『KY』さんはそうなんだろうけど。

責める側にも、責められる側にもなりそうな今日このごろ。
いろいろ注意していかねばなぁ…と思う、今年の年の瀬でございます

いろいろ占い
あらあら、当たってる…?!

> あなたの素直で正直なことは悪いことではないのですが、
> たとえ本当のことでも、自分の欠点や弱点を突かれていい気分の人はいません。
> それが的を射ていればいるほど、煙たがれます。
> いつも批評ばかりをしていると、毒舌家のレッテルを貼られてしまいます。
> 相手の気持ちになってよけいな言動は慎みましょう。


ぎゃ~~~~~~~~~~。
だって、嘘つけないんですものーぅ。
以上、【Leeさんの占い鑑定結果】 より


このページから生年月日をいれて自分の結果が見られます(無料です)。
動物占いから西洋占星術、六星占術、血液型占いまで
一遍にいろいろ読めて、なかなか面白いです☆

ちなみに…

> Leeさんにとって総合的に相性が良いタイプ
>  淀川長治 : 映画評論家 : 1909年4月10日 : 相性 111%
>  森田健作 : 俳優・参議院議員 : 1949年12月16日 : 相性 110%
>  ウエンツ瑛士 : WaT・歌手 : 1985年10月8日 : 相性 109%
>  鹿賀丈史 : 俳優 : 1950年10月12日 : 相性 107%
>  高田純次 : タレント : 1947年1月21日 : 相性 103%


どれも、総合的に相性が良いといわれてもビミョウ
…って、淀川さん 生きてないし!!!

ごちゃごちゃ
ずるいと思っていた人の気持ちが
いまさら痛いほど分かるような気がして、怖い。
閉じ込めた言葉、切り捨てた確信、失った絆、
考えれば考えるほど、
あのころ あの人もこんな想いでいたのか。
熱く、冷たい、心の底、
そんなこと、分かりたくもないのに。
この状況を相談するとすれば
それは そのずるい人でしかありえないのだけれど
そんな悪趣味なことは今の私にはできない、か?

ちょっと泣ける…
もう1つ、こちらはまた違った動画で
【Kiwi Mad World Version】


をクリック ↑YouTubeからの動画。所要時間3分くらい)

この元ネタになっている、音楽なしバージョンの【Kiwi!】
「YouTube Awards 2006」で、
Most Adorable(最優秀かわいい賞)に選ばれた作品だそうです。

ご存じ、キウイはニュージーランドにいる、飛べない鳥です。
その後ろ姿に似てる、ということで、あのフルーツも同じ名前なんですよね。
で、そのキウイが一生懸命、絶壁に木を打ちつけて
ダイブしたときに
一瞬だけ、夢が叶うように…。
ものすごくかわいいけど
なんだか きゅん として、せつないわ。。。

感動的に くだらな~い!
【ネットミラクルショッピング】


をクリック ↑YouTubeの動画。所要時間は6分弱)

他の商品の続編も求むーーー!!!
と思ったら、前作もいろいろあった。。。

「神の手の雲」に騙されないでね
先日、携帯に こんなメールが画像付きで届きました;

> 沖縄に出た、神の手の雲だそうです。
> 神の手が何かを掴もうとしてる、滅多に観られない雲らしいですよ!。
> 合成かあ?
> でも、幸せになってもらいたい七人に送ると願いが叶うそうなのでおくります。






えー、本当に?と思って検索してみたら
…残念なお知らせがありました

この写真について考察されているブログ↓
【PSJ渋谷研究所X : 「神の手」はどこから来たのか】

つまり、海外で合成された写真で
(しかも ちょっと下ネタ入ってて)、
それがいつのまにか日本では神秘的な写真として
チェーンメール化したものだそうなんです。
それも先月からまた再流行してきてるらしい。
皆さま、もし自分の携帯にこの画像が廻ってきても
送信主の「しあわせになってね」という あったかい気持ちだけほっこりいただいて
自分のところで止めましょうね

ゴールデン街ママと妖艶の彼方に
ポスター 本日は、新宿ゴールデン街の憧れのママ・しのさんと一緒に
 五反田・ゆうぽうとホールで
 「長嶺ヤス子のCASA・BLANCA」という舞台を観に行った。

 長嶺ヤス子さんは、71歳のフラメンコ舞踏家
 スペイン留学後の1970年代から
 フラメンコ・ダンサーとして一世を風靡し、
 その後、日本の文化も交えて独特の世界を築いてきた彼女。
 画家や猫の保護活動などでも知られていて、
 2002年には紫綬褒章を受賞しています。
 
 でも、そんな肩書きはどうでもよくて
とにかく、この方の踊りには、「愛」と「絶望」と「情念」に満ちて
狂おしく、美しいのです

しのさんがプロデュースした小劇場でのステージを観てから、今回が3回目。
大ホールでは初めてでした。
フラメンコギターに 哀愁あるしゃがれた歌声に合わせて
2人のスペイン人男性ダンサーの間で、妖しく強く踊る女性ひとり。
その姿は、躍動感と熱情に溢れていて
引き締まった身体と華麗な手さばきには
本当の年齢を忘れて、ただただ驚くばかりです。。。
カスタネットを叩く手先まで、妖艶。
その視線の先には、何が見えているんでしょうか…。

サイン中カーテンコールでは、ステージから客席に降りてきて
通路中を踊りながらまわった長嶺さん。
あーぁ、こんなに両手投げキッスが似合う71歳はいないだろうなぁ。

カーテンコールの後にもステージから客席にドレス姿のままで降りてきて
そのままロビーで、パンフレットを買った人へのサインに応じてました☆
ちなみに しゃべり方や声は、女優の大原麗子さんそっくり
どこまでもキュートな長嶺さんでした
来年3月下旬には、歌舞伎座でも公演があるそうです。
でも、やっぱり小劇場の方が、彼女の裸足の足踏みのリズムが聴けて
オススメなんだけどなぁ。

ドレスコードは、金
先日のバーのママ企画にご指名いただいたSさんの
還暦祝いのパーティーが先週末、
六本木のグランドハイアットで催されて、お招きいただきました。
いつも人を楽しませるサプライズばかり考えて、自分のことは後回しのSさんですが
(たとえば、この日の奥様の誕生日祝いとか)、今回は違います。
なぜなら、パーティーのタイトルが 『金の豚を祝う会』 だったからなのです!

『金の豚』というのは、この日の日記の後半にも書きましたが
日本で今年は「亥年」(イノシシどし)と言っているのが
中国や韓国では「ブタ」年となっていて、
さらに今年はその豚年の中でも、
"五行"という古代の思想の中で「金」の年に当たるという「金豚年」なのです
("五行"は、万物の根源をなすものは金・木・水・火・土という思想。
 で、「金」の年は5年に一度、干支は12年で一周、
 だから両方揃うのは、60年に一度!)

で、Sさんは今月アタマで60歳となったわけですが
これは、「金豚年」に生まれたことを示す~ということで
お祝いの会の名称が『金の豚を祝う会』となったのです。

ということで、ドレスコードは「おしゃれゴールド」
この記述に気づいたのが、パーティーの4日前で
慌てて都内のトールサイズショップやドレス屋に駆け込むが
流行はモノトーン&プラチナ方向で、
こてこての金じゃぁないらしい…_| ̄|●
当日の服装なんとか お水&社交ダンサー&オカマ御用達のドレス屋
(なんで知ってるかはヒ・ミ・ツ♡)
あちこちサイズ直しをしてもらって、ブロンズのツーピースをget
ちなみに手にしているのは、
Sさんのご友人が自宅からお持ちになった金色のブタのぬいぐるみ♪
しかし会場に着いてみたら、200人ほどの招待客の中で
ゴールドのドレスや金糸の和服の方は1割くらいで
あとは黒いドレスに金のアクセサリーやバッグ…といった
つつましやかな程度だった。
Σ(・ω・ノ)ノ そ、そんな。。。

金の豚を祝う会 なにはともあれ、ゲストの方の楽しい祝辞に笑ったり
 マジシャンのショーに驚いたりしながら
 美味しいコース料理をいただきました
 おしゃれなSさんにふさわしく、
 最後には、ハーレムのアポロシアターをイメージした
 黒人バンドの生演奏による『セレブレーション』や
 『CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU』 が鳴り響き、
 Sさんは赤いチャンチャンコならぬ、
 赤い日本代表のジャージをプレゼントされてご機嫌☆
 駆けつけた女性たちで壇上で即席ディスコを始めて
 踊り狂ってしまいました♪
ステージにはクラッカーの金色のリボンや、マジシャンが出した紙吹雪で光り輝き
みんな、とーっても幸せそう…(人´∀`).☆.。.:*・゚
こんなふうに、大好きな友人と一緒に還暦を迎えられたら、素敵だなぁ。
これもひとえに、他人のシアワセを創ってきたSさんだからこそだろうな。

この華やいだステージのおかげで、
気分はすっかり 紅白歌合戦が終わったかのような高揚感&脱力感。。。
Sさん、還暦 本当におめでとうございます
ねぇ、こんなバースディパーティーなら、毎年やりましょうよ?
といったら、まんざらでもなさそうなSさん。
来年もゼヒおじゃまさせてくたさいませ
もちろんドレスコードは、もうちょっと簡単な色でお願いいたします

福引あたった!
銀座というには ほとんど新橋な位置にあって
住所が「中央区銀座八丁目10番地」とかいう
妙にざっくりな表記になっている謎のアーケードショッピング街・【銀座ナイン】
たまたまお買い物をして、たまたま抽選券をもらって
昔ながらのガラガラを10回まわしたところ、
戦利品
たくさんのピンクのポケットティッシュとともに、なんと
1等賞「銀座ナインお買い物・ご飲食券 2万円分」 を当ててしまいました~
わーっ、こんな福引で大物を当てるなんて、初めてかもしれない!
それがたとえ、謎のアーケードショッピング街 【銀座ナイン】であっても嬉しい

…はっ、もしやこれは
"福の神"効果が さっそく現れた、とか…?(人´∀`).☆.。.:*・°

銀座"福の神"ヘアサロン
そんなこんなな毎日で、スッキリもしたかったし
私の髪は切ってからきっちり2ヶ月で収集がつかなくなるので
(うぉー、まとまらねぇー、となると見事に2ヶ月後だったりするのです)、
ヘアサロンに行こうと決意。
でも、ここ数年行っていたヘアサロンは
「朝8時まで営業してるから☆」という味気ない理由で選んでいたので
もうちょっと、自分に手間ヒマかけようゼ…と思っていたのでした。

そしたら偶然、写真家&タロット鑑定士のEMYさんのブログ
彼女が"福の神"と呼ぶヘアスタイリストさんが載っていて
私も以前、数回お目にかかったことのある方だったので
わーい、これは渡りに船だ!ということで
さっそく予約して行ってきました

【GRAND TAYA】

全国展開している美容院 TAYA グループの
粋を集めたブランドサロンとのことで、銀座はマロニエ通りへ出かけました。
このサロンは 「華美」「優美」「匠美」をキーにして
質の高いサービスを…というのがコンセプトのサロンは
オープンして2年半くらい経っているそうです。
フロアはなんと170坪!
カウンセリング・カラーの部屋、シャンプー&ヘッドスパの部屋、
ネイルコーナーやVIPルーム(!)まであって、広いです
(メンズエリアもあるそうです)。
入って、サロン専用のガウンを着るのも、なんだか非現実的な感じ~。

で、"福の神"・飯塚ひろみ総支配人にひさびさに再会☆
あいかわらず、ふんわりした笑顔の人だわ~。
フジテレビの小島奈津子アナをもっと華やかにした感じ。
この方が働くお店はどんどん売り上げがアップしたり、
担当したお客のモデルさんがパリコレ進出が決まったり、
周囲に良い"気"がめぐっている感じで、
新たに出店した マロニエ通りまで
開店2年半にして街の流れまで良くなってしまったそうで…
なんだかスゴイ感じです!!!

そんな招福パワーの持ち主なのに、ご本人はいたって ふんわり。
カウンセリング専用ブースに行き
「今日はどんなスタイルがいいですか?」と鏡越しに聞いてくれる ひろみさんに対して
私は
「とにかく時間がなくて ぶきっちょなので
 朝、梳かすだけで かなりイイ感じになるようにしてください
というガサツなお願いをする。
せっかく銀座のど真ん中まで来て それかよ、私…_| ̄|●
が、そこは ひろみさん、
ニコニコと話を聞きながら、シャンプー&ブロー後の髪に
サササ…と はさみを滑らせていきます。
楽しくお話しながら、あっという間に仕上げてくれました。
そのカットに、迷いなし。

それに、さすがTAYAのラグジュアリー版
シャンプーやヘッドマッサージを担当された方も、とても上手でした♪
施術中に、ハーブティーやアイスクリームのサービスもあって
帰りにはお土産もいただけました☆
(アイスとお土産はタイアップ企画で、なくなり次第終了みたいです)
今までのサロンよりも優雅な気分を味わえて
お値段は以前よりリーズナブルだったので
何倍も得した気分でお店を後にしました。

で、仕上がりですが…と~っても素敵!
本当に、朝ばばば…と梳かすだけで、エレガントな私に変身です。
きゃー(≧▽≦)
また2ヵ月後に、行ってみたいと思います。
思い立ったら、店のサイトですぐに予約ができるのも嬉しい限り。
EMYさん、ひろみさん、ありがとうございました~
時には銀座で自分磨き。
なんだか内から外から元気になれそうですね

ハートメーカー、やってみる?
あの例の「○○メーカー」系の乙女チック版です!

Lee さんのハート

ヾ(▽⌒*)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!
なんだかすごいことになってますよ、私のハート
「喋」「笑」も もちろん はずせないですが
ものすごく偏ったところに「夢」だらけ~。
しかも、すみっこにチラリと「コスプレ」
ひーっ! なんで私がかつては ハロウィン毎にがんばってたのが
分かるのかしら???

ちなみにこの『ハートメーカー』
 > 名前を入力すると「大きなハート」と「ちびパンツ」の中に文字が表示されます。
 > 「大きなハート」には恋愛観が、「ちびパンツ」にはその恋心に隠れている下心が
 > それぞれ面白おかしい言葉で表示されます。

とのこと。

これ、男の子バージョンもあるので、"武士"の本名でtry♪

("武士"の本名)さんのハート


わー、当たってるかも!!!
うはははははははははははははははは。

ご自分のハートは 【コチラ】 でチェック!

ベクトル変更の夜
いろいろあった1週間でした。
あまりシゴトのことは書かないでいるのですが
今週はちょっと書かずにいられなくて。

シゴトで、長年続いているプロジェクトの責任者として
ぽーんと据えられました。
伝統あるシゴトを任されたのは良いのですが
プロジェクトには、すでに十年は軽く超えるほど長く関わっている人も多く
そこへ、元気なだけの若輩者が「責任者でーす!」と入ったのです(私のことね)。

で、早く仲間になりたくて話に参加しようとする私に
「新参者は黙ってて」と老舗さんに面と向かって言われたりして
さっそく軽くショック受けたり。
しずかちゃんイメージしかも私の前任者は
ドラえもんでいえば『しずかちゃんタイプ』
静かで にこにこした、ファンシーな人だったんですわ。
で、どちらかといえば『ジャイ子タイプ』の ファンキーな私が来たことで
スタッフがヒいているとまではいいませんが
やや違和感を感じられているような気もするんですよ。
「そうですかー、変わっちゃうんですか、
 スタッフの中には結構、『しずかちゃん』さんのファンがいたんで
 きっとがっかりするでしょうなぁ」
なんて私に面と向かって言われても、
あーそうですかわたしがきてしまってほんとうにもうしわけございませんね
とか言えっていうのかしら?って感じで。

でもイヤな表情は誰にも見せられずに
本音も誰にも言えずに、
まったく傷ついていない感じで、プロジェクトに顔を出す日々。
そして当の『しずかちゃん』さんからは
「もうちょっと責任者として、威厳というか、そういうのを持たないと。
 Leeちゃんの良さはいいんだけど、そのままではこの先、困ってくると思うの…」
と言われて、自分のキャラまで受け入れられない状況に。


そんなこんななある日に
同じ部署の上司だけれど、私のプロジェクトには直接関わっていない
女の上司・Hさんに「ちょっと1杯いかない?」と言われて
麻布のバーに行って、気がつけば朝4時まで語らってた

Hさんとは以前、別の部署でも一緒にシゴトをしたことがありました。
「Lee、私もこっちのシゴトに移ってきて、段々わかってきたとこなのよ。
 前のシゴト場だと『当たって砕けてナンボ』っていう、ガサツな所だったじゃない?
 でもさぁ、今度のシゴト場は『砕けちゃったらオシマイ』なんだよね。
 首絞めたいほど腹が立つ相手でも、実現させなきゃいけないもののためには
 アタマ下げてやってもらう。ホント、まったく違う世界なんだって
 最近、しみじみ思うのよ」
ちょっと白ワインを吹きだしそうになる。
たしかに、ガサツなシゴト上等で生きてきましたね~、私たち。
そうか、たしかにがんばりどころが違うのかもしれませんね。
すごく分かりやすいです。

Hさんは続ける
「私らはLeeが現場でがんばり屋なのは すごく分かってる。
 でも、そろそろオトナと呼ばれる年齢にもなってくるんだし
 現場じゃなくて
 現場が動きやすくするシゴトも必要になってくる時期なのよ。
 急に難しいことをお願いしちゃってるのは重々わかってる。
 でも、それができる力があなたにあると思ってるから、お願いしたのよ。
 誰も言わないから、私が言おうと思って」

私にも、分かっている。
上司たちはきっと私のことで困っている。
この、ばりばりシゴトはするし それなりの年齢だけれど
心底では、今の分野で邁進する気がさらさらない私に
きっと困っている。
夢がここではない別の場所にある私を知っていて、
でもいつまでもフラフラさせておける程 人員的に余裕はなく
上司たちは、このプロジェクトの責任者を私にやらせることにした。
この分野を続けるにしても、出ていくにしても、
今のシゴト場で1つくらいメダルを首にかけてやりたいという想いで。
それを、Hさんが懸命に言葉を選んで私に伝えようとしていた。

困らせている、心配してもらっている自分に
…なんだか泣けてきた。

前の占いにもあったけど
『ラクなことはもう学ぶ必要のないもの。
 学ぶべきものはラクでないところにある』
というのを心に刻もう。
今回は現場ではなく、現場が動きやすいようにするのが私の仕事という
ベクトルの違いを認識しよう。
今から仲間と思ってもらおうなんて思わない、
時間がかかるものを今から求めない。
そして、私がいつかこのプロジェクトを去るときに、
『えー、Leeさんファンなのにショックですぅ』と1人にでも言われれば
それでいいんじゃないかしら、と。

一生懸命、私のモヤモヤ・イライラを払ってくれようとしてくださった
Hさんに心から感謝です。
こういう人と同じシゴト場にいられて、本当によかった。
顔を上げて、鷹揚に構えて、力を入れる方向を間違えずに
またプロジェクトに臨んでこようと思います。
今をクリアしなければ、その先にはいけないから…ね。
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。