毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うん、その通りだね!
今月の怒涛の国内出張 第3弾・広島に来てます。
空いた時間を見つけて、広島平和記念資料館へ。
大学生のころ以来、2度め。
最近じゃ、修学旅行が海外になったりして
訪れたことがない人が増えているそう。

見終わって小さい女の子たちがキッパリ言っていた、
「じぶんの家族がされてヤなことは
 やっちゃいけないんだよねー。ばかだねー」
「ばくだん作る人が儲からなくすればイイのにね~」
「戦争したくない人しかセイジカになっちゃいけないようにすればいいんだよ」
うん、その通りだね!

昔、傷ついたことのある人がいることを忘れずに、
そして今も傷ついている人がいる想像力を持ってほしいなぁ。
スポンサーサイト

来月、楽しみです
秋のパッケージだけど… レジ前に置いてあって、まんまと買ってしまいました、
 【小枝 秋味】
 紅葉のイラストのパッケージで、はやくも秋気分満喫

 …いや、味は普通の小枝と比べて
 あんまり変わんなかったですけど。。。_| ̄|●


さてさて、また出張の行き帰りで読破した本。
これもまた 読み出したら止まらない系でした~!

 『氷の華』 天野節子 (幻冬舎文庫)

 テレビ朝日で9月6日(土)・7日(日)に
 米倉涼子・舘ひろし・堺雅人でドラマ化される原作小説です。
 妊娠した夫の愛人を殺したはずが、
 その後のニュースでは妊娠の事実が報じられない。
 彼女が殺したのは、本当に夫の愛人だったのか…?
そして執拗に追い詰めてくる刑事との戦いが始まって。。。

いやー、この配役で米倉は大正解な気がします
刻一刻と変わるパワーバランス、二転三転する状況は
妻に有利になるのか、刑事に味方するのか…
このなかに、無駄な文章は一切ありません
あとから分かる、伏線の数々。
もう最後まで目が離せなすぎますぅぅぅ。

こちらの本の存在自体もドラマティックで
一旦は自費出版されたものの
あまりの反響に再度、出版社から売り出されたそうで
それが単行本化され、ドラマ化されるという階段をかけのぼった物語だそうです。

そのワケを知りたければぜひ、本を手にとって見てくださいませ

そして一時帰京、が…
大雨の影響で新幹線が止まって
予定時刻から5時間半も遅れ
午前3時半ごろに品川駅に着きました…_| ̄|●
新聞記事にもなってたのネ)

名古屋を出て、次の三河安城駅&次の次の豊中駅で
じとーっと停車すること、計3時間。
…ホームに出れるわけでもナシ、出れても売店もやってないし
車内販売の飲み物はなくなっちゃうし、お腹はすくし、
携帯の充電は切れそうになるし…。

ニュースとかでこーゆーの見たことあったけど、
自分がなってみると なかなかツラいものねぇ

さて、それでも今日も働かなくちゃ。。。

名古屋の美味しいもの
天むす いっぱい! 今月の怒涛の国内出張 第2弾・名古屋に来てます。
 天むす、喫茶店のモーニング、きしめん、みそかつ…
 ちょこまか名物を食べてます。

 でも、あんかけパスタはピリ辛だそうなので、パス。
 ひつまぶしも、鰻がニガテなのでパスです

 いやー、【千寿】の天むす(←この店の登録商標らしい)は
 本当に美味しいなぁ~♪
 名古屋近辺の喫茶チェーン・【コメダ珈琲店】のモーニングも
 380円のコーヒーにトーストとゆで卵が付いてきて、なかなか☆

あと、くるくる回るパトランプがあちこちの看板についていたのが、印象的でした。。。

四つの季節 四つの嘘
圧迫感すら覚える暑さの大阪から戻ってまいりました~。

関西の人は、背が高い私にお世辞を言うときに必ず
「Leeさん、背ぇ高いし
 ゼッタイに宝塚に入れてましたよ~」
と言う。
「今からLeeさん、ショートカットにして金髪にして
 サングラス掛けて街あるけば、ゼッタイ宝塚スターに間違えられますって!!!」
という具体的条件付きの太鼓判
…ノーサンキゥって言ってもいいですか???_| ̄|●


今回の桃花札シゴトの合い間をみて、クリエイティブ神社
【願いの宮】にもお参りに行けました!
(「願いの宮」についての説明は この日の日記 にて♪)
ご祈祷の後にひいた「開運のことば」が書かれたカード=桃花札には

”四季に応じて、毎年、
 人間が楽しみに待っている物ができる。
 それを買い求めて食べ、
 体を丈夫にしていただけるのである。
 四季の変わりは人の力では自由にならない。”


といったことが書かれていました。
ちょっとニホンゴ的にはヘンな感じもしますが
これを読ん直感で浮かんだメッセージが
『今を楽しみなさい』だったので、そういうことかもしれませんね。
ちょっと胸に沁みました。。。


そんなこんなで、お盆もきっちり働いてまいりました!
そしてその帰りの新幹線で読み出して止まらなくなった本がありまして…

 『四つの嘘』 大石 静 (幻冬舎文庫)
 
 こっれ、久々に読むと止まらなくなったよーーー!
 ドラマの方は見たことがないのですが
 女子校出身の4人が、41歳になって
 それぞれの事情で、貪欲に、淫蕩に、諦め気味に、狡猾に生きている。

女学生時代と今の2つの時代があって
4人とも自分らしく生きてきたつもりが
プライドと違和感が入り混じって、
不安と負けず嫌いな面が交差して…それがまたイイ
クラスで学級委員をやっていた人にも、
集団行動がニガテだった人にも、読んでいて必ず心当たりがある部分が出てくるの。
どうやら、新聞の連載小説だったようで
1ページ毎に先が気になってしょうがない感じがスゴイ!!!

自分という延長線には、狂おしいまでの何かが待っているのだろうか?

…あ、でも 男性は読まない方がいいかもなぁ。
女性の腹の底まで知らない方が、きっとシアワセな気がするから。。。(微笑)

ということで、女性陣の皆さま、禁断の本音ベースが読みたかったら
ゼヒ本屋で手に取ってみてくださいませ~

大阪出張中
今月の怒涛の国内出張 第1弾・大阪に来ています。
関西は本当に…暑いなぁ。

生じょうゆうどん 写真は大阪に来たら外せないお店
 讃岐うどんの【梅田はがくれ】生じょうゆうどん・2人前です。
 だって美味しいんだもーん、1人前じゃもったいない!
 梅田の駅前第3ビルの地下2階にあります。
 カウンターしかない店で、いつも行列に並んで食べます。
 "うどんの刺身"と謳われたこともある、ぷりっぷりのうどんは
 ほぼ噛まずに、のどごしを楽しんで啜る!

 カウンター越しに、饒舌な店のご主人から
 「ねえさん、久しぶりやなー」と言われた。
 半年に1回、行けるか行けないかなのに、うれしいなぁ。

さ、働こう…。

ちなみに日数&荷物が多いので、今回はNEWスーツケース。

これのパープルを買いました
色もキレイで、TSAロックで、重さが4.4kgしかないので、気に入ってます☆

海外旅行保険で意外とおトク
6月のマレーシア・シンガポールの旅
昨年秋のニューヨーク旅行のときに買ったスーツケースが歪んでしまった。

そういえば成田で、お守り代わりに海外旅行保険に入ったのですが
(もちろん、『○日間でン千円』…なんていうパッケージ料金では入りません
 ちゃんと要る項目だけ最安値で選ぶ「バラ掛け」でリーズナブルに済ませます!)

そのときたしか3社のカウンターがあって
どれも同じだろうな、と思っていたら
【スーツケース修理・回収お届けサービス】を掲げていたのがあったので
その会社・三井住友海上火災の海外旅行保険に入っておきました。

で、それを思い出して、さっそくホットラインに電話してみたところ
書類を書いて、宅配業者に電話をすれば
自宅まで回収しにきてくれて(もちろん無料で)
修理工場に持っていって直してくれる、
万が一、直らない場合には
減価償却分を差し引いてスーツケース代金を払い戻してくれる
、とのこと。

もともと安いスーツケースだったけど
自分でもっていかなくて済むのも魅力だったので
さっそく修理をお願いしてみたところ

やはりプラスティック素材のため、歪みは修理不可能、とのことで…
結局、スーツケース代を保障してもらう形になりました。
で、その計算書が昨日、届きました。

届いた書類

見づらいですが、これは
「あなたが8900円で買ったスーツケースは
 半年の経過年数で、経年減価・減価償却率分を引くと、
8500円 となり
 その額を保険金額と認定して支払います」

ということらしい。
すごーい!

だって、バラ掛けで入った保険だったから、保険料は3040円しか払ってなかったのよ
(パッケージ料金だと6000~9000円近くだった。9日間で)。

ちゃんと調べたら、ネットで入るとリピーター割引のある会社もあるんですね!
今までは空港に着いてから漫然と入っていた海外旅行保険ですが
これからは、サービスを見比べて入ろう!と思いました

アイラブメーカー
世界一有名なロゴのひとつ、


みたいな画像が自在に作れるサイトがありました。
【アイラブメーカー】というサイト。
このロゴ、何度見ても力強くて、シンプルで、 大好き~ (人´∀`).☆.。.:*・゚

ということで、
よーし、私オリジナルなのを作ってみるかー♪

…あれ?
なんだかローマ字にしちゃうと一瞬、
私が one of the most 嫌いな どあほぅ大統領
愛してるように見えちゃわない???


ということで、諦めて自分用のマークを作り直してみました。



うっふ~ん
こんな感じで文字とマークが選べて
それぞれサイズと色が変えられる
ので
ぜひ皆さまも、オリジナルロゴを作ってみてくださいませ
完成したら、どこにいけば見られるか こっそり教えてください☆

なんで映ってるの?!
かのGoogleの【ストリートビュー】なるサービスを知った。
路上の景色が360度見回せる、というのがウリのサービスのよう。
まずはジッカの住所を検索してみてみた。

∑( ̄ロ ̄|||) た、たしかにウチの前の道がバッチリ映ってて
歩くみたいに風景が見られる~~~!

しかーし、
なんとジッカの車まで映ってて(ナンバーも映ってる。画像は荒いけどネ)
ちょっと怖くなって、ヘルプから車の削除依頼を出しちゃった

このストリートビュー、使い道としては
初めて行く場所や住もうかと思っている場所の下見に役立つ…とかのかもしれないけど
ちょっと、なんだか、気味が悪いサービスだなぁ。

念のため皆さまも、一度チェックを!!!
【ストリートビュー】の説明記事は コチラ

どうしても好き…
mちゃんとゴハンを食べて、バースディプレゼントをいただきました
mちゃん、ありがとー!
Francfranc の紫&蝶のグッズ てんこもり~!!!

特に左下の紫蝶のコンパクトミラーは
店頭で何度も見ては諦めていたものだったので
とってもウレシかったです(人´∀`).☆.。.:*・゚

さっそく、おウチの玄関に飾らなきゃ

というのも…
Lee家の玄関
Leeの自宅の玄関横にある宝物たちです。
世界を旅して見つけてきた紫色の数々
右下の紫×グリーンの電話は 韓国から、
真ん中の紫の自由の女神は マンハッタンから、
左上の紫の三日月の鏡は スペインから持って帰ってきたものです

本当に紫を見ていると、ココロが落ち着くんです~。

紫は欲求不満の色、といわれることもありますが
これは昔、
高貴な人しか紫色の着用を許されていない時代に
娼婦たちがマネをして紫のドレスを纏ったことからきている…との説もアリ。

ちなみに私のデスクの文房具は
ハサミもボールペンもホチキスもペン立ても2穴パンチも紫色です

あ…そんなドン引きしないでくださいね
ということでいただいたプレゼント、大切に使い、飾らせていただきます

上も下も自分も
シゴト関係でお世話になっている目上の方との会食に、私の上司とともに行く。
この上司・Aは びっくりすることに、いつでも自分の話しかしない
先方が京都のご出身なのに対して
自分がいかに京都の某業界の人にかわいがってもらったかを延々と話しつづける上司・A。
静かに聞いてくださる目上の方。

正直、先方に謝りたいやら帰りたいやらの私。
釈迦に説法
っていう言葉しってるのかしら?

その目上の方が今、関わっているあるプロジェクトについても
じつは上司・Aが企画立案のチームにいたらしく
「今のあのプロジェクトは なっちゃいない。
 申し訳ないけど、今のチームでは何の発見感もない」
とボロクソに言っている。
目上の方から
「じゃぁ今、私がいるチームは全然ダメなんですね…」
なんて相づちを打たれる始末。

だれかー!私が入れる穴をさがしてーーーーーー!
実るほど 頭を垂れる稲穂かな
っていう言葉しってるのかしら?

どうしてここまで上司・Aは
相手に何の思いやりもなく
自分のスゴさを見せつけようとばかりするんだろう???


しかし、そんなこと言っている私も
何年に1度、ご挨拶に行く師匠がいて
その方に
「Leeさんも変わったね。
 昔は、自分の賢さを見せよう見せようと話していた気がするけど
 今はとっても穏やかだね」
と言われて、
はずかしくて顔から火を噴きそうになったことがある。
社会に出て、カッコイイ大人をみてからは
自分の手柄なんてはずかしくて、言えなくなるもの。


本当にスゴいかどうかなんて、周りの人が感じれば良いことであって
自分でべらべら言うべきことじゃないんだなー。

世の中、自分よりもスゴい人は本当に たくさんいて、
自分はそこまで到達できなくてイライラしたり、凹んだりするけど
それでも しぼまず、ふんぞり返らずに粛々と努力してみるのが
健全な感じがするのよね。


最近の
叱った親を殺してみたり、昔の先生を刺してみたり、
思うように異性がきてくれなくて無差別殺人を試みてみたり…と
自己が否定される→即 暴れる になっているニュースを見ていると
なんだかヘンな自己愛が激しい人が増えたようで、気持ち悪くなる。
自分という人間の認めさせ方が、完全に違う気がする。

いーこね、カワイイわね、といわれる家庭での乳幼児の時期を過ぎると
次は幼稚園や学校で
自分よりもスゴい人間やカワイイ人間はたくさんいることを知る。
自分がたいしたことないレベルだ、ってことを知る。
そのショックをちゃんと乗り越えてからが、本当の社会生活なんだけど。

そこでショックに向き合わないで
家に逃げ帰ってママから言われる(あるいは自分で自分に言い聞かせる)
「そんなことない、アナタはカワイくてお利口よ」
なんて慰めをマに受けて
自分を認めてくれない相手や世の中の方が間違ってる、なんて思い続けると
…うへぇって人間になるんだろうなぁ。

そういう子は他者を認められないから
なんとなく いや~な空気感がでていて
友達もできなくて、ますます自画自賛の世界に入っていく。

世の中、上には上がいて、下には下もいるの。
それを受け入れられない人が増えているんでしょうか。
受け入れられないのが属人的な問題なのか、
教育の問題なのか、
はたまた時代的な問題があるのかどうか、
…自分自身も、そのヤな感じの人間だったことがある人間の1人として
そこらへんの原因を もやーーーっと考えている日々であります。


ま、上司・Aの場合は、属人的な問題な気がするけど。。。
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。