毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーニーさんの言うことにゃ
Yahoo!占いでも毎週・毎日の12星座占いを執筆されている
ジーニーさんのブログ 【ジーニーの「助けてエンジェル」】
きょうの記事 『気分が落ちた日には』がグっときたので
転載しちゃいます。 (ブログに「リンク、コピー&ペースト大歓迎!」とあったので☆)
なんとなーく気分がアガらない日ってありますよね…、

> そんな時には、自分以外のこと、それもできたら仕事や家族以外のことに
> 意識を向けてみるのが、とても効果的です。
>
> ○ しばらく連絡を取ってなかった友人にメールを書いてみる。
> ○ ネット上のコミュニティなどに書き込みをして、自分の知っていることで人を助けてみる。
> ○ 離れている人の幸せを、数分間でも手を合わせて祈ってみる。
>
> それから、発想を転換してみるのもオススメ。
>
> ○ 損をしたと思ってたお金が、どんな風に世の中のために役立ってくれるのかイメージして、
>   さらに、どんな旅をして自分の手元に戻ってくるのかまでイメージしてみる。
>
> こんな風に、しっかりリセットしてから眠るようにすると、
> 明日の朝素晴らしい気分で一日をスタートできますよ。


なんだかすごく、分かる!
ときどき、せっかく買ったものが
別の店でもっと安く売られてるのを見つけてしまうと
がぁぁぁぁぁぁぁぁん、とショックになりがちな私_| ̄|●
こんな風に、ちょっとしたヤなことを数え上げて
「うー、なんだか最近、ツいてないなぁ~」なんて
思考が下向きスパイラルになっちゃうときがあるのですが
そんなときこそ、発想を変えて
自分から誰かをハッピーにすれば
めぐりめぐって自分もハッピーになるかも…ってなるとイイですね

明日から4月。
まずは東京に慣れずに道に迷ってる人を見つけたら
積極的に助けちゃお♪と思ったLeeでした。
スポンサーサイト

明日はおばあちゃんに会いに行く
この歌を知ってしまったので…、
【手紙~親愛なる子供たちへ~】

介護される側から子供への想いを手紙の形にした詞です。
これは、差出人不明の一通のポルトガル語で書かれたメールを日本語に訳して
それに後から曲をつけて歌になったもので、
ラジオやテレビで紹介されて、多くの反響があったそうです。

手軽にちょっと聴くには コチラ のYouTube版を、

フルバージョンを聴くには コチラ のYahoo!動画版をどうぞ
(ただし、再生される前に2つ広告を見させられるので覚悟を。
 こちらの動画は、日本国内でのみ視聴できるようです。)



私の場合はいろいろありすぎて、この曲を聴いても両親ではなくて
祖母のことを思ってしまいまして…
たしかに話を遮ってしまうことがあるなぁ。
明日、祖母に会いに行ってこようと思います。
じっと話を聞くつもりで。

清らかに成熟する術
イベントフライヤー 昨晩、私の大好きなドラァグクイーンで非建築家の
 【ヴィヴィアン佐藤さんのブログ】
 東京ミッドタウンで、日本のモデルの草分け的存在の
 山口小夜子さんの映像イベント・
 『日本が生んだ世界のファッションモデル…世界を陶酔させた
  東洋の粋“小夜子”』
を知り、
 ヴィヴィさんにメールさせていただき、行ってきました。

 資生堂の専属モデルをはじめ、
 1977年にはアメリカ「Newsweek」誌の
 "世界の6人のトップモデル"の1人に選ばれて
 その切れ長の目元を模したマネキンが
 世界中のウインドウに並んだ、というスゴイ女性。
 今回、日本ファッションウィークの映像スペシャルイベントとして
 彼女のファッションショーでの圧倒的な存在感と
 彼女自身の言葉、そして最後のステージングの様子が
 約30分間にわたって上演されました。

私は、山口さんというと、トレードマークのような伏し目がちな印象しかなかったのですが
映像の中の彼女は、とっても瞳の中も綺麗な方
研ぎ澄まされた空気感をもっている方でした。
彼女の肉声も、おそらく私、初めて聞いたんじゃないかな。
新鮮で驚きました。
彼女は自分の着る服にインスパイヤーされ、
デザイナーは彼女からインスパイヤーされる。
70年代当時は、まだハーフモデルや明るい髪の色がもてはやされた時代に
漆黒の黒髪で、東洋の美をまっすぐに世界に知らしめた人。
けして卑屈にならず、ふんぞり返らず、まっすぐと。
歳を重ねても、透きとおるようなそのオーラは変わらなかったようです。
きっと高い美意識を持ちつづけた人なんだろうなぁ。

映像を見ていて、
「清らかであること」「成熟していくこと」って
えてして両立し難いのだけれど
彼女は それができていた、稀有な人だったんだな…と思いました。
軽い気持ちで見始めたんですが
会場が明るくなるころには背筋がのびるような、力づけられているような
不思議な感覚が残りました。。。


帰り際にヴィヴィアンさんに、素敵な機会を与えてくださった御礼を言うと
山口さんとの思い出話を教えてくれた、
「私ね、彼女のウイッグ制作をお手伝いしたことあるんだけど
 その頭皮がとてもあたたかくて驚いたことがあるの。
 ヘンよね、当たり前なんだけど。
 でも、あまりに完璧でサイボーグみたいなのに
 あ、この人とってもあったかいんだって…」。
一昨年の夏に天に召された山口さん、
生前に直接会われたのは、とても羨ましいなぁ~。

「きっと彼女は、月に帰ったのね…」と
ヴィヴィアンさんが ぽつんとおっしゃったのが、とても印象的でした

本気でおいしいチョコたち
最近、口に入れた途端、目が覚めるほど ウマーっ と叫んだ
(…まではいかなくとも かーなーりー感激した)お菓子がある。
両方、チョコ。
しかも、コンビニで買えちゃう、お手がる品。
しかも、あまりウマそうにみえないパッケージ

それが、こちら
この2つぅ~
森永の【BAKE ベイク<ショコラ>】 (写真上段)と
明治の【アーモンドあられクランチ】 (同下段)。
…ね? ごくごく平凡なパッケージ
【ベイク】ベイクに至っては最初、
春先にありがちな期間限定いちご味のチョコレートかと思った始末

それが、パッケージをよく見ると「焼きチョコ」と書かれているだけあって
さっくりとした歯ごたえの後には…
一粒ン百円の高級チョコレートに負けないくらいの
薫り高い、濃厚なカカオの香りが口に鼻にぱぁーっと広がって
えもいわれぬ幸せな気分に…
百円ちょっとでこの薫りは、初めての体験っすよ~~~~

もうひとつの、【アーモンドあられクランチ】の方は
シゴトの時に、隣のおねぇさんに一粒められた。
上がベイク、下があられクランチあ~、なんか あられ がまぶしてある程度でしょ?と思ったら
超超超 香ばしくて、しょっぱ甘くて、
大人ウマい~~~~っ
なんでも亀田製菓と提携してて
柿の種を細かく砕いてまぶしてるそうですが
あの、チョコ塗っちゃった不味い柿の種(微笑)と
同じ発想とは思えないほど
クリスピーで、隠れた塩味で
その奥のチョコの味わいを引き立てている
これだとコーヒーだけじゃなくて
日本茶にもバーのおつまみでも自信もって出せそうです。

この2つがコンビニのチョコ棚に
他の商品よりも全然目立ちもせずに ちまっと陳列されているのが、あまりに歯痒い…
もう高いだけの欧風ブランドチョコレートなんて、いらないかも!?
ぜひ一度、コンビニで手に取っていただいて
あなたも「ウマーっ」って叫んじゃってみてくださーい

やっと、デビュー
超キラっキラ やっとデビューしました!
 【ファッションセンターしまむら】

 べらぼうに衣料品が安いという、カジュアルチェーンストア。
 mちゃんが一度行ってみたところ
 相当たのしんだという話を以前、聞いていました。
 普通、地方や郊外の住宅地にしかないようなのですが
 めずらしく23区内にある店舗・高田馬場店に
 ぎうぎうなシゴトのついでに行ってみました。
 たしかに安いわ~~~~~。
 全体的に安っぽいものも多数だけど
 その中から掘り出し物を安値で探そうと、テンションが上がるアガる☆
で、戦利品がこれ、オーロラスクエアビーズの3連ネックレス。
動くたびにオーロラ色のビーズが超キラっキラ光って、モダンなこと この上なし♪
一目で気に入ってしまいました。
で、そのお値段は・・・







ろっぴゃくななじゅーえん



あ、今度 私が付けてても
「670円の女だっ!」って指ささないでね
さすがに都心にある高田馬場店は小さかった。
アウターは中高生&オバサン向きのものが多かったから買わないけど
小物やアンダーウェア系ならかなりお買い得がみつかる、かも。
今度、"武士"に郊外の店につれていってもらおーっと

そこまで求めてない…
最近、学生時代のゼミのOB・OG会があって
ひさしぶりに会った同級生のYちゃん。
彼女は某カメラメーカーのデジカメ部門に働いている。
なんだか最近のデジカメって すごいねー、と言ったら
苦笑しながら こう言っていた、

「正直、もうデジカメに増やす機能、なっちゃったよ~。
 小さいし、ブレないし、顔さがすし、笑うとシャッターだし、
 挙げ句に今度は、顔を覚えて 追いかけるんでしょ???
 半年ごとに なにか新製品を出さなきゃいけないのに
 もー、やることなくてキツいよーぅ

だーよーねーーーーー。

最近見聞きした中で、もっともツッコんだのは
これ↓
楽器付きだって…
楽器付き携帯
それ、要る?
もはや、携帯にソレ、望んでなくね???

大人の、なかなかできない準備
先日、シゴト関係の方のご家族の葬儀に伺うことがありました。

じつは20代のころは喪服じゃなくて
黒無地のワンピース(膝上丈)とジャケットのツーピースで誤魔化して出かけていたのですが
30歳を過ぎた頃から、うーん、さすがに膝上丈はないよなぁ、と思い
いろいろ見ても トールサイズ の喪服はなかなか見つからず
見つかっても高いやらダサいやらで ふん切れなかったのですが
それでも、ん?まてよ、
喪服で個人のセンスをアピールしてもナンだよな、と
(やっと)思い至り
味気ないけど真っ当なトールサイズ喪服を奮発して買いました
(本当に安くなかった)。


その後、喪服にサービスで付いてきたミニフォーマルバッグで
一度、出かけたことがあったのですが
財布とパスケースと携帯を入れたら ぎぅぎぅで閉まらなくなって
どーにもこーにも小さすぎたので
やや大きめでマチの広めのフォーマルバッグを探して買い揃えました。
一緒に黒い手提げバッグがついてきたのも有り難かった。
けっこう、ブラックフォーマルに合う紙袋ってないからね~。
やっと揃えました

それと、今回は薄墨色のペンも揃えました(←遅い?)。
香典袋に、きちんと薄墨色で名前を書いている人をいると
きちっと故人を悼んで、礼を尽くしているなー、と思ったからです。
香典を入れるふくさ(というかケース)と黒いハンカチは元々持っていました。

実際、きちんとできる限りの礼服姿
…喪服とフォーマルバッグと薄墨で書いた香典袋をもっていくと
多少心にも余裕ができて、葬儀に気持ちを集中することができました。
これまでの、
『…どこか失礼な格好してないかしら?』
『非常識って思われてないかしら?』といった
ギクシャクとした居心地の悪さがなくなったのです。

同じ席で、私より年上の女性(既婚者)が、
上下の揃っていない黒い服だったり
靴も色が黒でもよく見ると、ヒールスニーカーだったりするのを見つけてしまうと
ヒト事ながら なんだか落ち着かなくて…
ますます、今まで私がどう見られていたのか、今さら恥ずかしくなってしまいました


女35歳、
そろそろ 若造なので★と言い訳もしにくくなった
(というか、とっくの昔に↑その言い訳はナシだった、との声多数)。
あまり出番がないに越したことはないけど、
これから喪服系フォーマルの準備はしておこう、と思ったLeeでした。
ちなみに今回の反省は、雨の日だったのですが
喪服に合う傘がなかったこと…
(家にはゼブラ柄の傘と ライトブルーの水玉の傘しかなかった…)。
これを気に、地味めの傘もそろえておこうっと
とはいえ、滅多に使うものじゃないから
なかなか後回しになっちゃうことが多いのよねぇ~~~。


ということで、自戒を込めてメモ代わりに
こちらの回答 のページで知った"揃えておくべきものリスト"を転載
(まー、全部ホントに揃えられるかは分かりませんが);

 和装喪服、洋装喪服(真夏用、真冬用、秋冬用と3タイプ)
 真冬用に黒のロングコート、マフラー、手袋
 下着(全て黒。防寒用下着も黒)
 靴、バッグ(バッグは他にサブバッグ、ボストンバック、和装バック)
 雨傘(長傘、折りたたみ)日傘
 レインコート、春コート
 扇子、ハンカチ、ポケットテッシュケース
 膝に広げるエチケットハンカチ
 財布、時計(黒またはシルバーのベルト)
 できれば携帯ストラップや、キーホルダーも派手なものは慎みます。
 黒と白の手伝い用エプロン(地域によって色が違う)
 髪飾り(黒)
 袱紗(仏式と神式、キリスト教式用)
 お供え用風呂敷
 数珠と、数珠袋
 メガネをかける人は今様の派手なデザインのものは避けて
 シルバーまたは黒のフレームのもの。
 アクセサリーは白の真珠

バッグinバッグ、愛用中
新旧の2つ 某通販サイトで買い物をしたら
 おまけで「バッグinバッグ」が付いてきました。
 以前から使っていたバッグinバッグが古くなってきたので
 買い換えようかな~と思って
 あれこれ見ていたけどピンとくるものがなかったので
 タダでもらえて、けっこう嬉しかった~(←別名、思うツボ)

 写真下のブラウンの方が、これまで愛用してきたもの、
 写真上のオレンジの方が新しいバッグです
 上のポケットからチラっと出ているのが名刺入れです。
 だいたいのサイズが分かりますでしょうか?

「バッグinバッグ」はその名のとおり、
かばんの中に入れて使うバッグ。
服装に合わせて かばんを替えるときに
中身はコレに入れると、必要なものをごっそり入れ替えられるのです。
私がこの存在を初めて知ったのは、JALの機内誌だったかな。
買ったのは、フランス「タンタマール社」製のものです。
今では、無印良品などでもいろんなサイズや色が出ていますね。

こんな物を入れてますちなみに私の場合のバッグinバッグの中身は
名刺入れ、ポイントカード入れ、リップクリーム、
困ったときの薬、サプリメントケース、つめ切り、
ノートブック、3色ボールペン、
ブレスケア剤、大好きな神社のお守り…などなどです。
これと、ポケットティッシュや、使い捨てお手ふき、
取替え用の使い捨てコンタクトレンズを
入れているときもあります。
これをバッグinバッグごと入れ替えれば完璧!
いやホントに、単純だけどバカにできないくらい
外出先で助かったことが、たっくさんあります

さっそく中身を入れ替えて、明日から かばんの中身はコレでいきまーす

思うほど、悪くない
今、花粉アレルギーによると思われる肌荒れで
顔じゅうが赤く、ピリピリ痛いLeeです

もうね、自分の顔が因幡の白兎になったか!?って思うくらい
敏感肌用のローションでも乳液でも
こんな感じの目…しみしみして、痛い~

先週は朝起きたら、目が数字の逆3並びのような まぶたの腫れで
花粉症が無駄に進化してる感じ…

で、こりゃ耐えきれんっ!ということで
いつも通っている耳鼻科に併設されている皮膚科へ行きました。
そこは古くから地元にあるような
内科や小児科も一緒にやってます~という診療所で
全員が、女医さん。
おそらく耳鼻科のおばあちゃん先生が院長で
内科・小児科・皮膚科担当の女医さんが娘さんかなぁ。

ものすごく混む月曜の待合室でひたすら待ち、
名前を呼ばれて診察室へ。
娘さん先生(←勝手に命名)は私のカルテを見ながら症状を聞く。
私は、肌がピリピリして痛いこと、
最近では春秋の花粉の時期に起きることを伝えた。

先生「それで、カユくはないですか?」
Lee 「はい、カユくはないです。ヒリヒリと痛いだけです」
先生「そうですか、カユくはなっていないんですね」
娘さん先生は、カルテの前の方をめくって、耳鼻科で処方された薬を見た。

先生「耳鼻科でアレグラ(=アレルギー止めの薬)をもらってますね。
    きっとそのおかげで、カユみは抑えられているんでしょうね」


私はびっくりした。
それまで、こんなにアレルギー止め薬を飲みつづけているのに
なんで肌が荒れるんだろう?
と思ってたんだけど
そうではなくて、薬のおかげで
最悪の状況=カユいのに痛い というのは、避けられていたのだ

イヤなことがあると、ツイてない~最悪だ~と思ってしまうけど
もしかしたら、最悪よりは少しはマシなのかもしれないと思うと
気の持ちようも変わってくる、のね。


なにか期待通りにいかなくても
「思うほど、悪くない」って思うようにしようっと。

杜の都・仙台 (開運するぞ編)
閑話休題。
今度は仙台での開運めぐりの旅について(『開運するぞ編』は こちら
翌日は、朝から青いダルマを探す旅
…お正月にみた 『秘密のケンミンSHOW』
仙台のダルマは青いと知って以来、
どーしても本物が見たくなったのだ。
ただ、今までの人生でダルマって買ったことが無いから
どこで買っていいのか皆目検討がつかないヨ…_| ̄|●

で、ネットで調べたプリントアウトを片手に
仙台の繁華街から地下鉄で4駅ほどいった北仙台駅近くの
ダルマ製造所を訪ねる。
青ダルマたちが、素のフツーの民家で、ビビる。
逡巡していたところ、近くの鄙びた日用雑貨店兼タバコ屋さんに
見事に並ぶ青いダルマを発見!!!!!!

聞くと、お店にいたおじいさんとおばあさんが
裏の民家でコツコツ作ったダルマだそう。
仙台のダルマは、
派手好きな伊達政宗(=伊達オトコの語源の方ね)の影響もあり
どこにもない青い派手な色付けが行われているとか、ないとか。
正式には 「松川だるま」 といって
江戸時代に、武士の内職として仙台に広まったという。
独眼竜だった政宗候に配慮してか
最初から両方の目玉が書かれているのも特徴だとのこと。
四方八方にニラミを利かせて、厄を払ってくる青いダルマさん。
ありがたく、買ってまいりました~。


仙台牛ランチの後は、きりゆきさんオススメのスピリチュアルスポットの
【瑞鳳殿】【大崎八幡宮】を訪ねました。
いずれも、伊達モノを感じさせる、派手な色使いが特徴的でした。
ここに眠るのね…
 【瑞鳳殿】は政宗候以下、3代の領主が眠る霊廟。
 その静謐さは、たしかにパワースポット…。
 と思って今、ネットを検索したら、
 向かう長~い階段がパワスポだったよう。
 しかも、横の墓には立ち寄らないように、って寄っちゃったよ…。
 でも、とにかくすごそうな気は、
 霊感のない私でも感じられたからヨシとするっ。

【大崎八幡宮】も昔の面影を残す神社で
どんと焼きといった行事で有名だそうですが、平日のこの日はひっそりしていました。
こちらは、運気を安定させてくれるパワースポットだそうです。

こうして歩いて見ると、
子供のときに大河ドラマで見た伊達政宗が
本当に実在していたんだなーと実感が湧いてきます
もっとも、想像の中では、渡辺謙の顔なのですが~。


ずーっと小雨でしたが、2か所を訪ね終えると空が明るくなってきて
橋の上から空をみたら、太陽に向かって昇る雲を見つけて、パチリ。
昇竜雲
なんだか、すっごくウレシかったなぁ。

周りは超現代的それから、実在した福の神 【仙台四郎】が祀られているこに
三瀧山不動院へ行く。
商店街アーケードのど真ん中にあって、驚く。
そこから、細い仲見世を通ると、奥に不動院があって
四郎さんの像 その横に、四郎さんの像があって、皆が拝んでいくという。
 この四郎さんという人は
 江戸末期仙台に生まれた実在の人物
 子供のときに起きた事故が原因で
 知的障害をもってしまうのですが
 この人が自分の意思でふらり訪れたり
 勝手にほうきで店先を掃いたりしたお店は
 その後、必ず繁盛したので、人々が驚いたとか。
 四郎さんが抱き上げた子供も すくすくと健康に育つといって
とても地元の人から愛された人だったそうです。
れで、福の神として、仙台の人々に今でも大切にされているのです。
(ちなみに、平成版の『仙台幸子』さんもいるらしいが
 きりゆきさん曰く、「たいしたことないよ。やっぱり四郎だよ」)
笑顔が素敵な人だったそうで
少しだけ残っている写真のポーズで
グッズや置物が作られているとのこと。
私もその笑顔にホッとして、買ってきちゃいました


そんなこんなで、1日中かけて開運の旅になりました。
アドバイスをくれた はっしー、いろいろ教えてくれた きりゆきさん、
本当にありがとうございました~!

初恋の人からの手紙…
ある日、自分宛てに こんな手紙が届いたら…↓

===================

Lee、ひさしぶり。
もう肉じゃがぐらいは作れるようになりましたか?「肉じゃが作れば女らしいんでしょ」と一人でキレていたLeeがなつかしいです。

素直に泣けないLeeにおれが「おまえは強いから大丈夫」と無責任に言い逃げしたあの日から、もう20年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんだ。ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、思いつくままに書いてみようと思い立っただけ。驚いたかな。

あのころを思い出すと、なんだか喧嘩ばかりしていたような気がします。なんだか毎日のように文句を言われたり、「どうせ男は飽きたら捨てるよね」などと言われたことも一度や二度ではなかったなぁ…。素直になれなかったり、卑屈になってしまうところを、理解してやれなかったおれの責任を今さらながらに痛感しています。今はもう少し心に余裕ができましたか?

そういえばLeeにとっては初恋の相手がおれでしたね。付き合ったばかりのころのLeeは、なかなか意地っ張りで、会いたいくせに「今日は用事があるから会わない」とか言っていた記憶があります。今も無用な駆け引きを仕掛けたりしていますか?

付き合ったばかりのころのLeeを思い出すと、不安だったのか「別れたら罰金10万円ってことにしよう。だって別れないでしょ?」などと言っていましたね。プレッシャーに負けて「うん」と言ってしまったのを覚えています。10万円どこに振り込めばいいですか?

総括するなら、Leeと付き合えたことは、とても感謝しています。多少重苦しいところもあったけど、期待されているし愛されているなぁと感じられました。どうもありがとう。

いろいろ書いたけど、おれはLeeが大好きでした。これからもLeeらしさを大切に、あと、Gカップになるという夢もそのまま追いかけながら(笑)、新しい誰かと幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. あのころのLeeは、なぜかお婆ちゃんのニオイがしました。


===================

という、初恋の人から自分への手紙は…

コチラ で見ることができますよ~!

これ、妖艶な踊り手・miftaahちゃんに教わったサイトでした
やぁね~、私のなにを見て書いてるんだか…って
けっこう当たってるのよね、私の設定キャラ(別名、キレキャラ!?)

大丈夫、現在の私はそんなにツンツンした恋愛してないよーぅだ。

あーっ、業務連絡、
"武士"さま、これはサイトが勝手に作った架空の手紙ですからね~!!!

杜の都・仙台 (美味しかった編)
先週、仙台に行ってきました
伊達政宗と、青葉城恋歌の、杜の都・仙台です。
東北新幹線ってバ、
列車の名前も行き先もいろいろありすぎて、ぜんぜんわかんないッスよ…_| ̄|●

初日のランチはシゴト関係者と
【牛たん 一福】で牛タン三昧。
ここの「味噌漬け牛タン」は柔らかくて美味しかった~。
写真撮りたかったけど、ここはビジネスの席なのでガマンの子。


夜は、仙台在住のイベントプランナー兼ライターである
きりゆきさんにお会いして、
古民家を改造したイタリアンレストラン 【びすた~り】
美味しいコースをいただきました

きりゆきさんとは、一昨年の6月に、大阪・【願いの宮】で開かれた
開運あと押しイベント『ユメヲカナエル』で初めてお会いして
2回目が東京 中野のカフェでも 開かれた同イベントで再会、
で、今回が直接お会いするのが やっと3度目なのですが…
びっくりするくらい 分かる!分かる!の連続でした
しゃれっ気のない人から聞いたらアブなそうと思われがちな
前世の話とか、スピリチュアルな話とか、背後に憑いてる人とか使命とかも
お目めばっちりでキラキラしている きりゆきさんから聞くと
なんだかすべてが元気の素に思えてくるから不思議~

しかも、わがココロの日本神話の神様・アメノウズメの話で大盛り上がり
世のためなら チラリもポロリも有りだ!との合意まで達したの
明るいエロは、世界を救うのね!

※こないだの高千穂の旅の話をしていたのでした
  アマテラスが天の岩戸に閉じこもった際に
  アマノウズメは片乳出しながら踊りまくる姿に
  見ていた神様がやんややんやと大盛り上がりして
  その声に驚いたアマテラスが岩戸を開けて、再び外に出て
  世界は光を取り戻した…、という話でした



ジューシービーフ!で、翌日はひとりで ぽてぽてと歩き回って
昼は、仙台牛を堪能できる【仙臺アビルヴァン和牛】へ。
ここは、先日のマダムLeeの店のお客様第1号だった
はっしー(宮城県出身)オススメのステーキハウスで
ランチ時のみ、しかも1日10食限定の
『タルタルハンバーグ』を食べてきました。
仙台牛、まぢでウマかった~~~!


あれもこれも牡蠣 そして夜は、これも宮城の美食・【仙台かき徳】
 牡蠣三昧をいただいてから、帰路につきました。
 2310円のかき徳定食をいただくと
 牡蠣フライに牡蠣海苔、牡蠣豆腐に牡蠣しぐれ煮…と
 たくさん出てきました。
 ひとりだったのでこんなにいろいろ食べられると思っていなくて
 十分、堪能いたしましたー!


仙台は冷やし中華の発祥の地でもあるそうで、
夏に行くときにはまた試してみたいと思います☆
で、日中になにをやっていたかというと
縁起の良さそうな所めぐりをしておりました。
その話は次回、書きます

えーっと、なんだか、
世も末だわねぇ…↓
『小学六年生』に<小悪魔7>が連載開始

そりゃこの出版不景気な時代に、なにがなんでも売りたいのはわかりますがね、
こーゆーeasyな、テクニックもどきなものを教える前に、
なんというか、知るべき礼節だとか、
基本的な読み書きそろばんだとか(あ、私、そろばんはできないか)、
色恋以前の思いやりだとかをキッチリ教えるのが
オトナの胆力というか、ふんばりどころのような気がするんだけど。
好きでもない異性にモテたがる子の気が知れませんよ、私は。

需要があれば、供給があって、それでいーじゃない…っていう風には
私はどうしても思えないのですが
私は、古い人間なんでしょうか。。。
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。