毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸糸あやつり人形とストリップと浪曲と
先週はいろんなものを観ました、第二弾。

浅草で、江戸糸あやつり人形ストリップ津軽漫談浪曲を楽しんでまいりました。

【浅草しの祭り】
大遊戯場・歌舞伎町の東側にある新宿ゴールデン街で
35年、バーを構えるママ・しのさんが毎年秋に開く大宴会で、今年で8回目
(お店の様子は、この記事の真ん中らへんにあります)。
浅草観音温泉という、今にも崩れそうな古~~~い銭湯の宴会場で開かれる、
飲み放題、笑い放題の、4時間にわたるノンストップ大宴会です。
出しものは、しのさんが選りすぐった名人芸の数々。
毎年、二次会は みんなで神谷バーへ移動して、電気ブランを飲みます。
私は今年で5回目の参加でした("武士"も3回目)。
うわ~~~
今年は、私と一緒に しのへ行ったことのある
泣く子も黙る強面のジュエリーデザイナー・さんもお誘いしました
ベタなコントもお約束 過去の宴の様子にご興味ある方は
 2005年の様子2007年の様子 もどうぞ♪

 で、今年の しの祭りは、上記の通り盛りだくさん。
 華麗なる(加齢なる?)マンネリ
 『お笑い浅草21世紀』のコントは
 いやはや、さすがに笑えなくなってきたけど???
 それでも、体当たりのお笑いは
 ドリフ世代の私には懐かしくもあったりします。
 

今回、人生で始めてみたのは、【江戸糸あやつり人形】の技。
生でみたい技
江戸糸あやつり人形づかいの上條充さん。
その繊細な指先と腰で、50cm程の人形に命を吹き込み、
軽やかでユニークな動きをみせる。
10分足らずの演目でも、酒を抱えた宴会客の顔を一気に集中させる。
ほどなくして酔客たちは、目の前で舞い続ける小さな命に、心から感謝する。。。

上條さんは350年以上の歴史を持つ江戸糸あやつり人形劇団で修行されて、
後に独立。
現在では東京都公認の大道芸人『ヘブンアーティスト』の資格を持っていて
ストリートや海外公演などでご活動されているそうです。
いやー、本当に素晴らしいものを見ることができました
職人ひとすじの謙さんもいたく感激しておられて、
"武士"なんか、次のストリップを見ずに、上條さんとお話しに楽屋まで伺っちゃったもの…。

で、ストリップ
本来、同性もいる会場でのストリップは 嫌がる踊り子さんもたくさんいるそうですが
初年からストリップを続けてる しの祭り、
なつきさんどんだけお客がノリノリかをご理解いただいているようで
&お客さんもプロへの賞賛としての おひねりを奮発するということで
今年も馴染みの(!)踊り子さんお2人がステージングされました。
1人目はブルーのドレスとパラソル姿の なつきさん。
その明るい表現力とサービス精神で
見る側の罪悪感すら吹き飛ばす楽しく美しい脱ぎっぷりでした!
2人目は、花魁姿の さくやさん。
こちらはまた対照的に、密やかに優雅な脱ぎっぷりで
このワタクシも、つ、ついに
おひねりデビューをさせていただきましたよ
お渡ししたら、小さく折りたたんで唇に挟ませて
キスしながら受け取りなおすんです…あぁ、淫靡

津軽漫談の黒石八郎さんの
聞き取れるか聞き取れないかギリギリの津軽弁の漫談に笑い転げ、
その朗々とした歌声に感嘆し、お酒を飲んで、またストリップを見る。
そうこうしている内に、毎年しの祭りの最後を彩る
浪曲師・国本武春さんが登場して、盛り上がりは最高潮に…!
名調子! 三味線を直接、指で掻き鳴らす
 ロックンロールあり、ブルースありの浪曲師・国本さん。
 とにかく彼の語る(演奏する)
 『巌流島の闘い』や『忠臣蔵』は何度聞いてもノリノリで
 人情味あふれて、面白い…

 すると今度は、国本さんが三味線を置いて台に座りなおす。
 舞台袖から、三味線を持った女性がスっと出てきて座る。
 すると、男子チーム(謙さんと"武士")の様子が なんだかおかしい。
 なんと2人は、浪曲の曲師(伴奏?)として出ていらした
 小柄な女性に完全にノックダウンされている
 それもそのはず、そのお方は、沢村豊子師匠。
 私と"武士"は、しの祭りをきっかけに
 国本さんの単独公演を見に行ったことがあるのですが
そのときに屏風裏で曲師をされていたのが、この沢村さん。
当時、彼女の所作と三味線の音色に、マニアな"武士"も かなり惚れ込んでいて、
それがこの夜、思いがけず再会できたというわけ。
そんな事情も知らない、はじめて演奏をきいた職人・謙さんもまた
沢村さんの静かな、居住いを正された姿にビビビ…っときて見つめていたと言うわけ。

男子2人は、宴会が終わってからすぐに楽屋の沢村さんを訪ねて
異口同音に大絶賛しておりました。す、すごすぎ…。
強面の謙さんと、でっかい"武士"に絶賛された沢村さんは
それでも、控えめに笑いながら首を振って
「いいえ…国本さんの語りに一生懸命ついて行っていますのよ。
 まだまだ勉強です…」とおっしゃって、また男子たちを身悶えさせる。
本物でいて、謙虚。どこまでもシビれるお方です。。。


あっという間の4時間が過ぎて、今年の しの祭りは終了。
希望者は神谷バーへ移動して二次会をするのですが、こちらも大盛況。
しのさんが各テーブルを回って、気持ち良さそうに飲んでいました
私たちのテーブルに来ては、以前出演されて今年亡くなった芸人さんの思い出話をしたり…。
私も気がつけば、電気ブラン3杯と電気サワー1杯飲んでたわ。。。
上機嫌の親方・謙さんと笑いすぎの私、本物の芸にうっとりの"武士"は
大変に幸せな気持ちで浅草を後にいたしました…。
しの祭り、最高!!!
今年も様々な本物を見せてくれるゴールデン街のゴッドマザー・しのさんに
深く深ーく感謝しております
スポンサーサイト

闘う者の歌が聞こえるか?
先週はいろんなものを観ました、第一弾。

10ン年ぶりに観劇してまいりました、【レ・ミゼラブル】
いわずとしれた、超有名なミュージカルです。
初演が1987年で、断続的につづいている舞台ですね。

私は たしか高校生の時に観たのですが、これがちっとも分からなかった…_| ̄|●
あれじゃぁ、観たうちに入らん、というわけで、今年は奮発してチケットを購入。
とはいえ、イープラスの特別チケットだったので
「お弁当・お土産付き」で
S席13500円→10000円になったチケットでした…
お得だー!
立派な幕の内弁当にお茶と、ホテルメイドの箱入りパンケーキまで付いてた!
きっと平日公演の集客ってタイヘンなのよね。。。

lemiz3.jpg この日の主役=ジャン・バルジャンは
 舞台俳優の今井清隆さん。
 以前、別の舞台でその深い歌声にシビれてしまい、
 レミゼ観劇再デビューを決意したのでした

 で、感想は

 …なかなか古典的な?ミュージカルよネ。
 なぜなら、最初から最後までのべ3時間
すべてのセリフが歌になってしまっているので、なかなか聞き取りにくい…!

先日の日記にあったように、じつはマンガであらすじを読んでから行った私。
読んでおいてよかったーーー
ほかのミュージカルと違って、非常に理解しにくい場面が多い。
高校生の私が分からなかった理由が、分かった。。。

ちなみに、子供の頃から今まで ちまちまミュージカルは観てきました
中学生で『アニー』『ピーターパン』
高校で『キャッツ』『レ・ミゼラブル』、ロンドンで『ミス・サイゴン』
大人になってからはNYで
『アイーダ』『マンマ・ミーア!』『WICKED』『オペラ座の怪人』
…その中でも、もっとも脳みそを使って観たのが、英語版ではなく
この日本版『レ・ミゼラブル』かもしれない

でも、
これだけ有名で続いているものには ちゃーんとワケがあって
音楽が素晴らしいし、登場人物のキャラが立っている。
同じ役を同時期に3人ないし4人の役者が演じることによって
そのときの組合せでしか見られない舞台になるのです
こんな感じで同じ日でも昼の部と夜の部では配役が変わります)。

お目当てだった今井さんの歌声も うっとりでしたが、
中でも最もシビれたのは、「ファンテーヌ」役のシルビア・グラブさん。
スイスとのハーフの方です。
舞台映像ではありませんが、↓ぜひ劇中でも歌われた名曲をお聴きください♪

この歌声を生で聴けただけでも、とっても幸せでした~
イギリスで無名の女性・Susan Boyleさんが歌い上げて
世界的に有名になったことでも知られる曲です

そのほか、島田歌穂さんや本田美奈子.さんが演じた「エポニーヌ」役も注目。
私の回は、知念里奈さんでした。
かなり歌は上手いですが、声量はないかな…?

惜しむらくは…ジョン・バルジャンを追い詰める警察官「ジャベール」が弱かったかな。
悪役が輝かないと、舞台は締まらないのですよ…
ま、ここまでいろんなキャストがあると、全役オール当たり!な回は
なかなか無いのかもしれませんねぇ。
だからこそ、マイBESTジャン・バルジャンやジャベールを求めて
人は何度も劇場に足を運ぶのかも…

一番有名な曲『The People's Song』の出だし
 ♪闘う者の歌が聞こえるか?
は英語では
 ♪Do you hear the people sing? Singing a song of angry men?
なのですが、これは和訳バージョンの方がなんだか良いですね。
ミュージカルって、翻訳もすごーく大事なんだと思います。

というわけで、観る前と後では文化度が確実に変わってくるミュージカルでした
若い無名なアンサンブルの子たちもとても頑張っていて
この長年続く舞台の層の厚さをみた感じでした。
ちなみに私が観た回は偶然、今井さんバルジャンの千穐楽だったそうで、
カーテンコールが4回もあったり、ご本人のご挨拶があったりで
これまたした気分でした!!!
今年の東京公演は、11月20日までだそうです(公演日程はコチラ)。

忘れがちなあの日を教えてくれるサイト
なんだか生活臭のある話で恐縮ですが
こんなwebサービスがあるんですねー

【ゴミ収集日お知らせサービス 53cal】

ニュースソースは コチラ のブログ。
自分の住む市区町村や○丁目を登録すると
燃えるゴミや不燃ごみ、資源ごみなどの収集日をカレンダー表示したり、
お知らせメールを設定したり、
なんと、ブログパーツ(!)にもしてくれるそうですよ。
ブログパーツは、さすがに自分の所在地を知らせちゃうので、使える人が限られるでしょうが…
と思ったら、町名を非表示のブログパーツもあった!
さすがですね~!(←なにが?)

ということで、試しに「東京都中央区銀座1丁目」はこんな感じ

(たぶん設定の幅いっぱいに合うようになってるのか???)

皇居のある「千代田区千代田」を探したら無かった
ゴミ、自分で捨てないものネ。

マンガで読むニュース
世の中、今さら聞けないことって多々ありますよね~。
私の場合、名作とか、日本の歴史とかがコレにあたりまして…。

で、気が向いたときに読んでいるのが下記のシリーズ;

 中央公論新社の『マンガ名作オペラシリーズ』。
 たとえば【フィガロの結婚】
 タイトルは聞いたことあるけど、あらすじが分からん、という私には
 昭和の香りのする里中満智子のイラストで
 ざっくり分かるようになりました☆
 ほかには同シリーズで
 【蝶々夫人】【椿姫】【カルメン】などもあります。


 イースト・プレスの『まんがで読破』シリーズ。
 たとえば【レ・ミゼラブル】
 昔、読んでも忘れてしまっていたり、
 舞台を見にいく前に、ざっくり分かっておきたいときにも
 まんがだったら すぐに読めて登場人物も覚えやすくて、いいですよね~。
 ほかにも、【グレート・ギャツビー】【ドン・キホーテ】【羅生門】
 今、流行の太宰治は【斜陽】【人間失格】のほか
 【ヴィヨンの妻・パンドラの匣】もあります。


 いわずと知れた、小学館の『ドラえもんの学習シリーズ』。
 たとえば【日本の歴史がわかる (1) ドラえもんの学習シリーズ】
 ←楽天になかったので、amazonより拝借。

 いつも行く病院の待合室に置いてあって
 あまりに待合時間が長くてひまつぶしに読んでみたところ
 これが、分かりやすいことこの上ない!
 そして のび太くんのダメっぷりも健在!
 ドラえもんの丸さっぷりがハンパない!
 共演者となる歴史上の人物のキャラクターも
 表情が生き生きしていて、とっても読み出すい本でした。
 なんでもこの本は日能研が監修についているとのこと。
 本当は中学受験向けなのかしらん。。。
でもamazonにも、大人のレビューがたくさんあって、一安心。 


そんな風にマンガでいろいろ分かるようにする日本ならではかもしれませんが
今月15日に、世界初のマンガによるニュースサイト
『マンガで読むニュース 漫画の新聞』が始まったようです。
「編集部より創刊のご挨拶」も もちろんマンガです
さっそく、私もブックマークしてみました。
だいたいが2ページ完結なようですが、
難しいことをどうやって分かりやすくするか、お手並み拝見!ですね

渋谷にリゾット基地発見!
おかげさまで、なんとか回復中のLee。
とはいえ、急にムリもできないので
身体にやさしく、元々好きなリゾットを食べたいなーと思い、
以前、雑誌を見て気になっていた「リゾット・カフェ」に行きました。
こんなロゴ…
【Risotto Cafe 東京基地】

場所は渋谷センター街のマクドナルド横。
お店のロゴはピンクに白抜き
女子高生がたむろするようなファンシーなカフェを想像していたら…
イイ意味で期待が裏切られましたー!

店内は想像と違って、レトロなソファーがわざと ちぐはぐに置かれていて
ほのかな明かりの店内まるで昔から続いているかのよう。
開店してまだ1年というのに、懐かしい安定感があります
ほのかな明かり。ソファーは座り心地もなかなか良くて、
多少買い物の荷物があっても大丈夫な空間的余裕があります。

メニューは前菜あり、各種リゾットあり、パスタやピザもあって
ドリンクメニューはアルコールもソフトドリンクも豊富、
デザート類もいろいろありました。
なので、1つのお店でありながら、
食事にも使えて、午後お茶・夜お茶にも使えて、
バー代わりにも使えそうな
…まさに大人の基地になりそうな感じでした☆

普通のカジュアルイタリアンだと脇役なリゾットですが(2~3種類しかない)
ここでは常に10数種類が揃っています!
サーモンと色々キノコのクリームリゾット 私は「おこげ入りパルミジャーノリゾット」、
 "武士"は「サーモンと色々キノコのクリームリゾット」
 をオーダーしましたが
 どちらもひと匙すくって口へ入れると
 とっても香り高くて美味しかった~♪
 リゾットなのでお腹にもやさしいのもグゥです。

 量はかわいらしい感じなので、
 1人ずつ別々のリゾットをオーダーしても大丈夫。
みんなで一口ずつシェアしても面白いでしょうね

お料理が出てくるのもそれほど時間がかからず、好感触。
ビルの7階なので、テラスの外に見える渋谷も開放感があって、なかなか良いです。
店内のBGMは大きめなので、静かではないですが
その分、思う存分おしゃべりできるかも。
あと、カーテンで仕切られた個室や、はしごで上がる ちゃぶ台の席もありました。

値段も高くないし、他の種類のリゾットも試してみたいので
また渋谷に行ったら立ち寄ってみたいと思います!



…といった食事処のレビューをメモ代わりにときどき書きますが
たくさん書いても読んでる人はつまらないかなーと思い、
主には コチラ で書いています。
何か美味しい店をお探しのときにでも、お役に立てれば、幸い

流線の輝き☆
じつは先日、あるネイルサロンで「手タレ」してきました~
Leeの手です
※「手タレ」=手タレント。手のパーツモデルのこと。

こちらは東京・南麻布のプライベートネイルサロンの
写真モデルをさせていただいたときの写真です。
サロンは 【nail l'eclat】
 > l'eclat(レクラ)とはフランス語、ワインティスティング用語で”きらきら””輝き”を意味します。
 > 手元も気持ちも”きらきら”できますように。

というのが名前の由来だそうです。素敵ですネ
なんでも、ネイリストさんがソムリエの資格もお持ちなんだそうです

高級マンションの一室で、看板も無いサロン。
自分ではなかなか思い浮かばないデザインをネイリストさんに提案していただき
エレガントな指に変身できました
"ホワイトパール、ベージュでフレンチをつくった上に
 シルバーのラインにラメやストーンでキラキラを追加"していただいたとのことです。

施術はとても丁寧で、ジェルもその特性に合わせて使のい分けるなど
こだわりが随所に感じられました

ということで、私の爪も作品集の仲間入りー♪
他の作品は コチラ に掲載されています
見ているだけでも、楽しいですよ☆

伊豆の無人島リゾートへ
先日、幼なじみのkekoちゃんにお誘いいただいて
伊豆の小さな島にあるリゾートホテル【淡島ホテル】にご招待いただきました。

淡島ホテル。
リゾートな外観今は無き東京相和銀行のオーナーが、バブルの1980年代に
駿河湾に浮かぶ無人島に建てたリゾートホテルです。
ぜんぶで60室で、
全室オーシャンビューのスイートルーム!バルコニー付き!
以前は会員制で
メンバーのみが立ち入りを許されたホテルでした。
現在では時代も移り、一般にも開放されるようになって
雑誌などでも紹介されるようになったそうです。
それでも、1泊 もっとも安いお部屋でも 69,300円!
す、すごすぎですわね。。。

あ、ちなみにホテルのルールで
 ご利用の皆様にゆったりと快適にお寛ぎいただく為に、
   満12才未満のお子様のご来館はお断り申し上げております。

となっているのは、かなり私好み…(人´∀`).☆.。.:*・゚

駿河湾沿いにホテルの入口があり、
そこからは専用の船で海を3分ほど渡って島のホテルへ移動します。
別世界感があっていいですね~。
海の水は澄んでいて、気持ちいい。
ホテルの部屋から見える海も、底の石までキレイに見えました。
透明なエメラルドグリーン
 チェックインを済ませて、お部屋に通されると
 そこには ゆったりとしたリビングと、ベッドルーム、
 海が見えるバスルームがありました。
 バルコニーからは海と伊豆の山々が見えました。
 天気が良ければ、富士山も見えるそうです。
 静かで落ち着いた空間です。

なんともいえない感触…それから島を一周お散歩したり、
隣接する水族館でウニやヒトデやナマコを触ったり
露天風呂に入ったりして、のーんびりと過ごしました。
生きたウニもヒトデも、手のひらに乗せると
なんともいえない
じわじわじわ…としたうごめきの感触があって
なかなか面白い体験でした☆

夕食は欧風料理のコースをいただきました
地元・静岡で摂れる果実を使ったワインも食前酒にあって
ミカンのワインをいただきました。
レストランは大人のご夫婦やカップルが睦まじく並んでいました。
私も年とってもラブラブカップルで旅したいなぁ。

エレガントなお部屋部屋でkekoちゃんが持って来てくれた白ワインを片手に
2人で ほのぼのと おしゃべりをする。
kekoちゃんと旅するのは
5年前のベネツィア・ミラノ以来だなぁ~。
パスポートのスタンプページが無くなる程
あちこち旅してまわるkekoちゃん。
チャーミングで優しい彼女とは9歳からの友達なので、
何でも話せる大事な存在です

翌朝、寝坊しかけても朝風呂はしっかり入って
また船に乗って伊豆半島へ戻りました。
専用の送迎バスでJRの三島駅まで戻りながら
途中下車させてもらって、三嶋大社へ立ち寄りました。
松坂大輔選手が結婚式を挙げたというのでも有名な神社です。

そこから、てくてく歩いて半時間ほどかけて
【柿田川公園】へ行きました。
ここは富士山に沁み込んだ水が常に湧き出ている水の公園。
その量は1日約100万トンで、東洋一の湧水量といわれているとのこと。
写真だの、水の輪が出ているところや
底の砂が舞い上がっているのが、水の湧き出ているところです↓
中央左側から 青い底から
その水はどこまでも豊かに澄みきっていて、飲料水に なるほどのピュアさだそうです。
派手さはないですが、とっても清々しい気持ちになれました…

そんなこんなで女2人で のほほんな旅でした。
誘ってくれたkekoちゃんに大感謝です。ありがとう!!!


charm.jpg 今回の旅をコーディネートしてくれた御礼に
 お礼に、私とお揃いのハッピーチャームをプレゼントしました
 シンデレラ風水の谷口令先生のオリジナル作品で
 ラッキーモチーフがいっぱいついた贅沢チャームです
 それぞれのチャームに意味があって
   カメリア・スワロフスキー(恋愛運・金運・社交運)
   ハート(愛情運)
   バラ(良縁・結婚運)
   ティアドロップ(ビューティー運)
   水玉(出世運・勝負運)
   コイン(金運)
 全部で9個のチャームです。
 「9」には"完成"という意味があるそうです。  
見た目よりも実際に持ってみると軽くて
とにかく どこから見てもキラキラしていて、運気もテンションもアガりそうですよ

下にさがってる私
すみません、ブログの投稿が間があいてしまっています。
じつはここ2週間ほど、うっすら体調が悪くて
でも倒れるほど悪くなくて、しかし非常にダルくて
書くパワーが不足しております。涙。

先週、2回も病院に行ったのですがラチがあかないので
本日、シゴト場を早めに出て新しい病院に行ってきました。

腹部のレントゲンを撮ろう、ということになりまして
レントゲン室へ移動したところ、技師のおじサマは
私の背の高さを見るなり動揺が隠し切れず
でも隠したつもりのようで
いそいそと着替え用ガウンを、そ…っと 女性用の『Mサイズ』から
男性用の『Lサイズ』に差し替えておられました。
技師おじサマは
「たっ…丈が足りないかと思ったんですよ」と
聞いてもいないのに説明し始める。。。
いや、いいんですよ、
温泉とかへ行っても、仲居さんが「あっ」と声に出してから
浴衣のサイズを替えに来てくださることが常ですから。。。

で、ガウンに着替えた私を見て
「おや、ずい分スリムなんですね」とお世辞をいってくれが 技師おじサマ、
そんな、このシチュエーションじゃ嬉しくないっす。

そしてそのレントゲンを元に、医師が見いだした原因は
「…Leeさんは、『内臓下垂』ですね」
は? イカスイじゃなくて?
「この写真でみてわかる通り、
 ここの骨盤と骨盤の間に腸がほぼ全部入っちゃっているんです。
 人よりも、胃だけでなく、腸まで下にさがってるんです。
 だから、消化があまり良くなくて
 それが悪くなるとお腹の真ん中あたりから、気持ちが悪くなってくるんでしょうね」
ほほーぅ。なるほど。
昔から、医者も驚くほど胃下垂だ、という自覚はありましたが
(以前、健康診断でかなり驚かれた経験アリ)、
腸全体まで下がってるとは。。。

とにかく、新たにお薬いただいて、ビタミン注射をして帰ってまいりました。
シゴト、休めないんですもん。

ということで、
こないだの連休に素敵な場所にもお泊りしたのですが
その話も ゆっくり書きます。。。


あ、あと各日記で付けられるものに、
記事の最後に「タグ」というものを実験的に付けてみました(PCでのみ表示)。
「カテゴリ」よりも、やや細かい&横断的なキーワードです。
それと、昔のblogから記事について、ちょっとずつ移設を試みております。
ご参考まで☆

50cm、美しいほうへ
ある探しものがあって、昔、自分が書いたものを見直していたら
すっかり忘れていて、かつグっとくる話があったので
メモがわりに下に再掲させていただきます…
聞いた当時より、今の方がさらに胸に沁みてくる。
たしかに、そうなんだよなぁ…!

================
(前半は割愛)

この日の目的は、経済産業省の某室長であるMさんの講演を聞くためでした。
Mさんは経産省の"鬼才"で、私も何度か勉強会でご一緒したのですが
滝のように言葉をあやつり、頭脳明晰、自由人。
「辞職勧告を13回されました」で始まるお話は
目からいろんなウロコが落ちていって…。

  *生物は突然変異しないと、絶滅してしまう
    辞職勧告を受けるような"狂気"でも
    実は その組織を危機から救うために必要なものであったりする

  *『竹が雪の重みで倒れても折れてはいない
    竹は折れてはおらず、倒した雪は解けてなくなっている』というフレーズがある
    時代に変革を起こそうとすると、圧力もあるが
    いつか圧力をかけていた時代の方が変わる

  *日本は ものづくりの国といわれるが
    職人が国を思ってなにかをしているわけではない
    ただそこには「もっとイイものを作りたい」という素直な気持ちがある
    その気持ちの集合がこの国のかたちだった

  *『正しいか、正しくないか』で向き合うから、争いになる
    これが『美しいか、美しくないか』で向き合うならば 戦争になんかなるわけがない
    美しくないものは おのずと みんなが分かっている
    これからは、美しいほうへ、1mといわず 身近な50cmから進んでいこう


たしかに、美しいものの基準は人によるかもしれないけど
"それって醜いな~"ってものは 分かり合える気がする。
モノでも行動でも。
だから、急にムリはできなくても
みんなが あと50cmだけ美しいほうへ力を注いだら
…きっと世界が明るくなる。

「〇九九」支店
わがオアシス、大阪のクリエイティブ系神社・【願いの宮】
『サポーター登録』が始まっていたので、本日、登録させていただきました~
【願いの宮】については この日記 とか この日記 とかで
いろいろ書かせていただいております。

なかなか行きたくても行けない大阪。
こんな形でサポートできるのはウレシイです
後日、サポーターに送られてくる会員証には
身上安全(交通安全・健康長寿)の祈願を込めていただけるそうで
またまた心強いパワーをいただけることでしょう…


で、その会費を振り込むために
雨も降っていることですし、ネットバンキングを利用したのですが、
振込先に指定されている ゆうちょ銀行の支店名が「〇九九」だったのでした。

が、ネットバンキングだと支店は読み仮名の頭文字で探す設定で
五十音表のみ=数字はナッシング。
しばし悩むLee。。。
(あ、今は【願いの宮】サイトは読み仮名が付いていますが
 私が振り込もうとしたときはなかったんですよ

恋のテレフォンナンバーは「シックス・セブン・オー・オー」だったけど
(by 阿久悠。あ、歌詞だと「君のテレフォン・ナンバー シックス・セブン・オー・オー」だった☆)
これは、どうすれば良いのだろう…?

でもさー、やっぱり、日本の公に近い ゆうちょ銀行だから
きっと正しい日本語を使っていると思うし、
「〇九九」はやっぱり、「れいきゅうきゅう」と読むのだろう!そうに違いない!と結論づけ、
頭文字「レ」を入力してみたところ…該当する支店名はありません、と…_| ̄|●

諦めない私は、あっそうだ、ゆうちょ銀行のサイトを見りゃいいじゃん♪と思い
サイトを見るが、店舗検索は都道府県別にしか見られない。
無理だ…。

でもしつこく諦めない私は検索窓に「099」と入れて検索してみたところ…
あったよ!読み仮名一覧が、なぜかpdfで(微笑)。
しかも、読み仮名は「ゼロゼロキュウ」支店なんだってさ!

ガイジンの私に言われたくないだろうけど、
 レイは「零」で日本語
 ゼロは「zero」で本来英語
 ですぜ。
若い銀行ならともかく、ゆうちょ銀行がそれでいいのか???

ということで、今は【願いの宮】サイトでも読み仮名がついているので問題ないと思いますが、
今後、いつか誰かが ゆうちょ銀行で「〇」がつく支店に遭遇したときに
お役に立てればなーと思って書いてみたLeeでした

Fly Me to the NARITA!
先日、こんな所を見学させていただきました。
この眺め~っ!
場所は東京・港区のアークヒルズ。
東京から成田空港まで、30分で移動できると言ったら、信じますか…?

【成田エアラインコネクションサービス】

東京の都心から成田空港まで、成田エクスプレスやスカイライナーで約60分、
車やリムジンバスだと1時間~2時間かかるのですが
このサービスを使うと、あっっっという間に空の玄関に着くことができる

先月始まったばかりの こちらのサービスは、
上の写真に模型がある通り、ヘリコプターを利用します!

模型でーす
あ、この日は雨でヘリ本機は見られなかったのですが
アークヒルズのヘリポートは、
東京都心で民間旅客ヘリが離発着できる唯一の場所なのだそうです。
上の写真とおり、出発・到着ラウンジは、まるで高級バーのよう~
天気が良い日は渋谷や新宿の先までキレイに見晴らせるそうです
お酒やコーヒーなどのドリンクカウンターもありましたよ

運行されるヘリコプターは、通常のヘリの他に、
なんと、ラグジュアリー&コンフォートにこだわって
高級メゾンのエルメスが内装を手がけたスペシャル機もあるそうです
いつか本物を見てみたいな♪
内装はこんな感じ?
ヘリについては コチラ をご参照あれ。

東京の港区・千代田区・中央区・渋谷区と新宿区の一部ホテルから
アークヒルズヘリポートまではハイヤーで移動し、
アークヒルズから千葉県佐倉のヘリポートまで約15分のフライト、
そこから成田空港までハイヤーで移動して、合計30分での超短時間移動を実現するそうです。
なんだか映画の主人公みたーい
もちろん復路も同様で、アークヒルズから上記のエリアへ送り届けてくれます。
"時間はお金で買う"という忙しいビジネスマンや
アニバーサリーで海外に行く方に利用してもらえたら、ということでした。
自分へのご褒美としても、アリですよねー?
うわー、使ってみたーーーーーーーーい!!!

運賃は片道5万円~(今年11月末まではオープニング記念で3万8000円~)とのこと。
さ、さすがなお値段ではありますが、
とにかく すぐに成田に行けるのは有り難い
料金表は コチラ にあります。

今までにない移動ツールの誕生で、
国際空港と都心のアクセスが悪すぎる都市・TOKYOが、少し変わるかしら?
なんだかワクワクしますね

祝 100回目☆
「THE女☆会」は2000年に始まって以来
毎月1回、第一週に開かれている、オンナだけのお食事会です。
参加者はビジネスに活躍する女性や起業家、
様々なインストラクターやライター、メディアやPR業などで働く
べっぴんお酒も美味しいものも大好きな女性が集まっています。
人生経験豊富な女性やママさんもいて、とても多彩な顔ぶれ。
べっぴんさんが多いのは偶然のようですが、素敵です

先日、その記念すべき100回目のTHE女☆会が
素敵なお祝いに恵比寿の一軒屋レストラン 『IL BAFFONE』 が開かれました。
この会は、毎回素敵なレストランを予約してくれるので
お気に入りのお店ばかりに行きがちな私は
いろいろ勉強になっています
写真は、お店がサプライズで用意してくれたデザートプレート。
この日の参加者は20人いたのですが
全員のお皿にていねいに手描きされていました♪

この会の主催者・shioさんは
…これほど危険な天使はいないかもしれない、という
なんとも魅力的な女性です
澄んだ瞳で人の良いところを見抜くいて愛情深く
いつも感動を分け与える人。
それでいて、ものすごく…蠱惑的(あまりに瞳がうるうるなんだもの…!)。
でも、本人の自覚ゼロ(笑)

感度の高い女性たちと食事を楽しみ、
最近ハマっていることや恋のハナシ、仕事の話を聞くのは、本当に刺激的です。
100回も会合を続けるのは、並大抵の努力と愛情ではできないことだと思います!
いつもいつもお誘いいただいて、とっても感謝
shioさん、本当におめでとうございました
これからも、いつまでも続けてくださいね☆
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。