毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気づいたら、報せよう!
先日、"武士"が
「びっくりしたんだけどさぁ」と話し始めた。

「こないだ、バイクで走っていたら、目の前のタクシーの
 屋根の上にある社名ランプ
(通称「行灯」)が めずらしく赤く点滅しててさ
 『…あれ? 最近のタクシーは不景気だから 派手にしてるのかな?』と思って、
 車内を覗き込んだんだけど、あとは全然フツウでさ、
 そしたら、後ろからすごい勢いでパトカーが来て、
 タクシー運転手に話しかけてた。
 あのランプの点滅、タクシーの緊急事態を知らせるサインだったんだよ!

 たまたま今回は
 運転手さんが間違って押しちゃったみたいで、良かったけど。
 それで、前にテレビで、あのランプの点滅は緊急事態だって見たのを
 思い出してさ~、
 でも、咄嗟だと 思い出せないもんなんだよね…。

 まぁ、思い出してたら、ここは俺が助けるんだ!って
 ムダに頑張っちゃったかもしれないから、分かんなくて良かったけど(笑)」


※資料動画。こんな感じに光ったのかな。


ムダに頑張りそうなんだ
でもたしかに、滅多にないことって、目の当たりにすると咄嗟には分からないよね~
(たとえば、目の前で人が突然倒れたり とか…)。


なんて会話をした後日、
2人でタクシーに乗ったときに
"武士"が運転手さんに、先日の顛末を話したところ、
その初老の運転手さんは苦笑しながら ぽつんと答えてくれました、

運転手
「前だったらねぇ、タクシーの運転手同士で気がついて
 『おーい、大丈夫か?!』 『誤報してないか?!』って
 お互いに声を掛け合ったもんなんですけど
 最近はぜーんぜん、知ら~んぷりでね、
 なんだか寂しいもんですよねぇ…」

"武士"
「なるほど…、それはちょっと寂しいですね」
運転手
「こんだけたくさんタクシーが走ってるのにね。。。
 でも、お客さんみたいに『何かあったら助けよう!』なんて人がいれば、
 まだ捨てたもんじゃないですよ」

"武士"
「じゃあ、運転手さんに何かあったら、呼んでください(笑)」

いつのまにか、最後は呑気な話になって、笑いながらタクシーを降りました。


世の中、いろいろあるんですね~。
とにかく、タクシーの屋根上のランプが点滅してたら要注意!
お近くのお巡りさんに報せてあげてくださいね
スポンサーサイト

意外なところで、見つけた!
じつはしばらく探していたものがあって…
それは、紙せっけん

私、せっけんで手を洗うのが 結構好きです
シゴトで煮詰まったりすると、
気分転換にばしゃばしゃと せっけんを泡だてて
手を洗って、スッキリしてからシゴトに戻ったりします。

でも、外出先や海外に行ったときに
洗面台に行ってハンドソープがないと、がっかりすることもあり、
そーいえば、子供のころ
駄菓子屋で 薄いプラスティックみたいな紙せっけんってあったな…
アレがあればいいのに…と思い出してから
トラベル用品売り場や、駄菓子屋ちっくな店を見て歩いていたのですが
なぜだか、水を使わない手のアルコールジェルはあっても
紙せっけんは見つからないままで…。
かなり諦めておりました。

それが、意外なところにあったんです!
嬉しくて2コ買い

場所は、日本橋の 【丸善】
超老舗大型書店の、文房具売り場でした
紙せっけんを、あんなに何年も探してきたのに…何故、文房具?
紙…つながりだから???

『小町ごのみ 紙せっけん』 (315円)
やっっっと見つけられて、ウレシイです
小さくて薄いから、いつもカバンに入れておこう!と思います




ところで。
今夜は Ustream で、昔から大好きだった Soul Sonic BoogieのDJプレイを
リアルタイム生中継で聴けてます!
私にはなんだか、Twitterより こっちの方がスゲー!!!

ネットで生放送、見てますか?
今晩、はじめて 【Ustream】 で生放送を見ました。
PCで見られます

【Ustream】とは、(Yahoo!によると)
 > 2007年に米国で設立された動画共有サービス。
 > 手軽にリアルタイム中継ができることから人気に。
 > 日本でもTwitterやiPhoneが普及するにつれ、注目が高まる。
 > 2010年2月にはソフトバンクの出資が発表された。

とのこと。
つまり、既存メディアを使わなくても
極論すれば個人でも生中継ができるツール、なんだろうなぁとイメージする。

今夜、偶然に知人2人が同席する討論会の"放送"があったので
PCを立ち上げて初体験してみた、というわけなのです。

ちゃんと見られた
スタジオにゲストが座って、カメラ1台で撮っていて
ズームインしたり、ズームアウトしたりする感じ。
それほどデータ量も多くないからか
それほどスペックが高いわけではない私のPCでも
音声・動画とも ちゃんと見られました。
ほ。

次々と増えていく
画面の右側には、リアルタイムのチャットで、感想や意見が書き込まれている。
まだまだ見ている人も多くないかな、と思っていたのですが
放送とともに どんどん書き込まれるリアクションを見ているのも、面白い
某巨大掲示板のような殺伐とした書き込みは ほとんどなく
まっとうな書き込みが多いのも、良かった。。。

こういった、放送までできるツールが出てくれば
「既存メディアの危機!」と言われていくんだろうなぁ。
ただ、私の印象は
Twitterと一緒で
ある程度の知名度があったり、伝えるべきネタが尽きない人には
伝えるツールが さらに1,2コ増えたことになるんだろうけど
有象無象とか、有名になりたがりの人とか
聞くべきネタがない人が いくら新しいツールを持っても…って気はします。

一方で、一切の編集をされないで発信できるツールとしては面白いな、と思いました。
ここでしか聞けない話とか、良さそう

皆さんもUstream、見てますか?

華の女性 アワード授賞式
今年もお招きいただきました、
【モンブラン・デ・ラ・キュルチュール - アート・パトロネージ・アワード】
(モンブラン国際文化賞)の授賞式とレセプション

世界的な高級万年筆ブランド、モンブランが1992年に設立した
モンブラン文化財団によるアワードで
宝石のような万年筆毎年、世界のアートパトロン(芸術支援者)に対して
モンブラン財団から贈られるアワードで、今年で19年目。
世界各国(今年は11カ国)から各1名ずつを選んでいて、
日本ではこれまでに平山郁夫さんや倉本聡さん、
仲代達矢さんや渡辺貞夫さんや野村萬斎さん、
そして、コシノジュンコさんが受賞されてきました
(ジュンコ先生の授与式の様子は コチラ)。

このアワードは とてもユニークで
いわゆる"賞金"は受賞者ご本人には渡されず
受賞者が指定する芸術関連のプロジェクトに
モンブラン財団から1万5000ユーロの賞金が寄付される
…というスタイルなのです。
そして副賞として
この賞のためだけに作られた、世界で数本しかない特製モンブラン万年筆だけが
受賞者に手元に贈られる…という、
かーなーりー粋な賞が、このモンブラン国際文化賞なんです

Mr. Waddington 冒頭に挨拶に立たれた
 モンブランGBUジャパンのCEO兼プレジデントの
 ニック・ワディントン氏。
 大変な紳士で、
 某レセプションでお目にかかって以来
 いろいろお気遣いいただいています。
 今回はミセス・ワディントンにも
 ご挨拶させていただきましたが
 笑顔の絶えない、素敵なご夫婦でした。

そして、今年の日本人受賞者の名前が読み上げられると
そこに登場したのが…

万年筆入りトロフィーの授与 女優の 夏木マリ さんでした
 Leeも激しく憧れ、目指している女性
 パフォーマーとしての活躍が注目されている夏木さんですが
 今回の受賞理由は、1994年から
 演劇人としてワークショップを国内外で開催して
 後輩を指導している点が評価されての受賞だということです。

 "ワークショップ"とは、簡単にいうと参加体験型の講座のことで
 一方的な講義とは違って、
 お互いの経験やプロセスを分かち合うことができる
 …というもののこと。

普段は派手な活動に注目されがちな夏木さんご本人も
「こんなに地味な活動を評価していただけてとても嬉しいです」 と受賞の喜びをお話されていました。
ただ、続けてこられたのには ご苦労もあったようで
「悩んだときに、自分自身も海外でワークショップに参加して
 とてつもない開放感を得たことがあって
 日本でもそうした経験をしてほしいと思って始めたんです。
 でも、資金繰りはいつも大変で…。
 これからもがんばって仕事して、いろんな人に体験してもらえる場を続けていきたいと思います」

とおっしゃっていました。

天井まで響く歌声授賞式の直後には
会場で夏木さんのサプライズライブもあって
とっても華やかなレセプションでした
真っ赤なライトの中で、
ピアノ・ベース・パーカッションだけを従えて
歌い上げる、華奢な女性…。
そこには圧倒的な表現者の夏木さんの姿がありました。
中でも最後に歌った曲、
エディット・ピアフの「パダン・パダン」
私はシャンソン歌手・金子由香利さんの歌声でしか
聞いたことがなかったのですが、
夏木さんの歌声は、響き渡るような、苦悩も昇華させるような
…ゾクゾクするほどの迫力でした
とにかく、素晴らしい


華奢・華やか・昇華…
図らずも夏木さんを表現しようとすると
「華」が付いてまわる、本当にそんな女性ですね。
公式サイトを拝見したら
夏木さん、みずからプロデュースされた薔薇を売って
その売り上げを発展途上国の子供たちの支援をする 【One of Love】 という活動も
されているそうです。ますます、華 ですね。。。

美味しいシャンパンをたくさん頂きながら、
カッコイイ女性、という一言では言い尽くせない凛とした美しさを
全身で感じることのできた、素敵な授賞式でした。
同じく夏木さんが大好きなmichikoさんと一緒に
「私たちも将来、社会に貢献できるカッコイイ女性になりたいね」って
大興奮して語りあって、夜は更けていきました。。。


こちらのレセプションでは また素敵な女性との出会いもあったのですが、
その話はまたの機会に

Lee、しばらく化粧濃くなります
週末、想定していたシゴトが夜からになったので
あわててヘアサロンに行ってきました。
今年からお世話になっているのは、表参道の【11 salon】
本田ヒカルさんメイクアップアーティストの 本田ヒカル さんがオープンした
明るくて ゆったりとしたサロンです
昨年、初めてお目にかかって以来、ヒカルさんとそのお仲間の
優しさと人懐っこさに 勝手に惚れこんで
親しくさせていただいている次第です。
そして、ヒカルさんが新たにオープンしたサロンにお邪魔し、
そのていねいで持続性のあるトリートメントや
担当のトモさんの絶妙なカット術に納得して、通い始めたLee。

今回も不器用な私でもキレイになれる髪形をトモさんに おまかせして、
髪を切っていただいている間、
お店にいらしたヒカルさんが 時々おしゃべりしに来てくださって
ヒカルさんが最近、再チャレンジ中という中国語の勉強法について教えてもらいました。

そしてブローで仕上げて髪型も整ったころ、ヒカルさんがまた
遠慮がちに、話しかけてこられました
「あのね…もし良かったら、Leeさんのメイク、
 ちょーっと凹凸をプラスするように、ポイントメイクをして差し上げてもいいかしら…?」

えぇーっ、プロのメイクアップアーティストの方が
私のこの手抜き大雑把メイクを直してくださるんですかっっっ!?

ヒカルさんは、肌の質感をふんわりとすることがお得意で
ボビー・ブラウンのグラデーションカラー、ジョルジオ・アルマーニのアイペンシルなど
一般に市販されている化粧品を私に見せてくれながら
ササササッ…と顔に重ねていく。
そして、普段は上まぶたにしかアイラインを引いていない私の
目の下にも ちょっとだけ線を足してくれた。
「ぜーんぜん難しくないから、覚えてやってみるといいと思うな」

そしてその出来上がりは…!















いや、写真は載せられませんよ
それでも、出来上がりをサロンのスタッフの方が次々と見に来てくれて
笑顔でビックリしてくださったのが 有り難や~~~。
そりゃぁもうね、
口を閉じてたら 私、この顔ならどこへでも嫁に行けちゃうよ!とか
ていうか もしかして私ってば、ユンソナの生き別れの姉妹だったかもしれない!とか
本来の私は こっちだんじゃないかしら!?とか
恐ろしい勘違いを起こしてしまう程に
うるっとして ふんわりした美人顔になった私がおりました
誰よ、この鏡に映っているのは~~~

すっかりビックリして、口数も少なくなった私は
その後 美人顔のまま ヴィヴィアン佐藤さんの個展にお邪魔した後、
もじもじとシゴトへ向かいました。
なんだか 気恥ずかしいんですよ、ちゃんとメイクした姿って。。。


何よりも驚いたのは、深夜に遊びに来た"武士"が
これまでに こんなにもメイクを褒めたことあったっけ?というほど絶賛し、
カメラで何枚も写真を撮りまくり、
挙げ句の果てに
「Leeは もっと化粧をヒカルさんに習ってくるべきだと思う」
きっぱりと断言していました…_| ̄|●
OH…!
つねづね、私の化粧はワンパターン&手抜きだという自覚はあったけど
ここまで ちゃんとしたメイク顔を手放しで喜ばれると、
なんだか、なんだか、嬉しいようなココロ苦しいような気がして…。

でもさー、チークとか使ったことなくて、どうして良いものやら。。。


ということで、
しばらく私、試行錯誤のメイク道に入りこんでみようかと思います
使い慣れないものも使うので、しばらく落ちつかないかもしれませんが
そのときには やんわり~と ご注意いただければ幸いです
"武士"いわく、
「『濃い化粧』と『厚化粧』は違うんだから、がんばれ!」とのこと。
…分かるようで分かりませんが、
もう若さだけでは闘えませんもの、精進いたしまする。
なによりもヒカルさん、貴重なアドバイスをいただき、本当にありがとうございましたー
またイロイロ教わりたいと思います。。。

皆さんもメイクって習ったことありますか…?
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。