毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンクトペテルブルク 3:ロシアの教会と運河クルーズ
【サンクトペテルブルク 1:エカテリーナ宮殿と琥珀の間】編は コチラ
【サンクトペテルブルク 2:エルミタージュ美術館】編は コチラ

銀座通りとか表参道とか さてさて、
 ロシア・サンクトペテルブルクの
 目抜き通り、【ネフスキー大通り】です。
 "全長4.5km。歩くと約1時間"、と
 ガイドブックに書かれていますが
 私たちが行った6月末は記録的な猛暑で
 少し歩いてはカフェで涼む…という感じでした。
 そう、おしゃれなカフェやレストラン、
 ショッピングモールなども道沿いに並んでいて
 賑やかで楽しいストリートです。
 滞在中、何度も往復しました


いよいよロシア教会へ ネフスキー大通りにの少し奥に
 とっても気になる形の教会が建っていました。
 後方にある、個性的な塔の形。
 【スパース・ナ・クラヴィー聖堂】
 別名、【血の上の教会】です。
 運河沿いに、すくっと建っています。
 派手な建物に、おどろおどろしい名前。
 一体、なぜ…?
 もっと近づいてみましょう。


たまねぎ型の屋根 ご覧あれ、この見事な たまねぎ型の屋根たち!
 ロシア正教の建物は、こんな たまねぎ型ドームが
 いくつも立っている形が多いです。
 屋根が たまねぎ型の理由は、
 『雪が積もっても落ちやすいから』
 と書かれている本もあれば
 『昔、強いガードマンがこの形の帽子をかぶっていたから』
 という説明もあって、本当はどうなんでしょう…?

 つい十数年前までのソ連は無神論な政権のため
 ロシア正教は弾圧されていたそうで
 多くの教会が壊されたり、
 残った教会も倉庫や馬小屋などとして
 粗雑に使われていたりしたそうです。
たまねぎ部隊を思い出す こちらの美しい教会は
 じゃがいも置き場になっていたとか。
 そ、そんな~~~
 それがペレストロイカ、そしてソ連崩壊後、
 今ふたたび
 ロシアの人々の信仰の拠り所となって
 再建・修繕が進んでいるそうです。
 ソ連時代と 今のロシア時代は
 本当にいろいろと違うのね。。。
 ちょっと実感が湧きました。

正確には「万能神」 ちなみに、【血の上の教会】という名前は
 農奴解放を決めたロマノフ王朝の
 アレクサンドル2世が1881年、
 反対派に暗殺された場所の上に
 建てられた教会だから、とのこと。
 暗殺された後、
 彼を愛した一般市民のお金を集めて
 建設された"復活"がテーマの教会。

 いつの世も改革する者は
 愚者に狙われる運命にあるのよね。
今も修復中 ジョン・F・ケネディーとかもだし…
 ちょっと、ホロリ

 そんなホロリな話を聞いてから
 教会の中に入ると
 見上げれば たまねぎの中には
 輝くキリストの絵が描かれていたり
 じゃがいも置き場時代の
 傷んだ壁画と修繕後を
 比較した資料があったり
 いろんな人の想いを感じられた空間でした。


日差しがまぶしい!血の上の教会 脇の運河に沿って
ネフスキー大通りへの道を戻ると
そこにはクルージングの船着場が。
サンクトペテルブルクは
運河の流れる街としても有名で
私たちもガイドのターニャさん同行で
水上からの街の眺めを楽しむことにしました。
後ろに見えるのは、【イサク聖堂】
ナポレオンとの戦いで勝利した
クトゥーゾフ将軍の墓も
教会内に安置されていました。
次回は上陸したいトルストイの『戦争と平和』にも
登場していましたね

豊かな水の中を、船は進みます。
街並みはどこまでも美しく
ターニャさんいわく
「キゾクのイエが そのまま使われてまーす」。
一番大きなネヴァ川の向こうの高い塔は
【ペトロパウロフスク要塞】
サンクトペテルブルク発祥の地であり
ピョートル大帝以降の皇帝が安置される場所。
エカテリーナ2世もここに眠るんだなー。
冷戦の遺物
エルミタージュ美術館もネヴァ川側から見て
先日の日記の外観写真は
 このクルーズで撮ったもの)
その大きさに改めて感嘆する。
川を挟んだ場所には
昔の戦車や大砲が
野外に展示されている博物館があったり
「あのビルは元KGBのタテモノでーす」
とターニャさんが教えてくれたり
…また歴史のうねりを感じたりしました。

読めるかな?そうそう、船から見えた
この右の写真の大看板、
青い字は、なんて書いてあるでしょう?

РОССИЯ


『…ポ…なんとか~』って思いましたか?
答えは『ロシア(ロシヤ)』です。
ロシア語のアルファベットでは
はローマ字のR」「はローマ字のS」で
見慣れない「ИはI」「ЯはYa」になります。
うがー!
さっぱりワケが分からない!!!


細かくオーダーします というわけで、ここでロシア語クイーズ
 …というには あまりにヒントありまくりですが
 見慣れたアノ看板も
 ロシア語になると こうなっちゃう、
 というものです

 サブウェイの頭文字は、さっきもあった
 ローマ字のSにあたる「」。
 『ブ』にあたるのが「Б(ローマ字のB)」
 『ウェ』はWにあたる字がないようで
 「(ローマ字のV)」が使われていますね~。
あれれ…? ラストは「И(ローマ字のI)」か
 「Й(同じく「Y」」だろうなぁ。

 と、サブウェイは楽勝だったのですが
 こちらの見慣れたバーガー屋さんは
 なんだかもう、お手上げです~。
 気になる「Э」はローマ字のEだ、と
 ガイドブックに書かれているんですが
 なぜ、ここに「Э」があるのか…?
 もう分からなすぎます…_| ̄|● 

ちなみに下段の「24ЧАСА」
ご想像通り『24時間営業』の意味で
ソ連崩壊後にぞくぞく登場したそうです


書きたいことがあり過ぎて進まない日記ですが
はもうちょっとだけサンクトペテルブルクを歩いて、モスクワへ向かいます!
スポンサーサイト

アタクシとしたことが
一度聴いてから耳から離れない…
初の、○-○○○ファンになるのか、私!?

[MV] 4Minute - I My Me Mine (Japanese Ver.)


【4Minute】(フォーミニッツ) という韓国の女性グループの
『I My Me Mine』という曲です。
いわゆる、K-POP
"世界を4分で魅了する"から4ミニッツ、だそうです。(あれ?「s」はドコ???)
この春、日本デビューしたとかで
同曲は韓国語・英語・日本語ヴァージョンがあるとのこと。
デビューから たった半年で韓国・台湾・香港のデジタルチャートで1位をとっていて
大人気なんだそうですわ。
ハードめなPerfume!?

どっかの国の、おぼこい少女アイドル集団より、好きだわぁ
ちなみに平均身長は約165cmだそうで
やっぱり、韓国人は背が高いよねー

サンクトペテルブルク 2:エルミタージュ美術館
【サンクトペテルブルク 1:エカテリーナ宮殿と琥珀の間】編は コチラ

ロシア・サンクトペテルブルク日記、【エルミタージュ美術館】編。
世界三大美術館の1つ
(ほかはメトロポリタン美術館ルーヴル美術館、らしい)でもあり
私が憧れたエカテリーナ2世が精力的に作り上げた文化施設の1つ。
ネヴァ川のほとりに建つ、巨大な美術館です。
ネヴァ川側から見た建物

ところでこの「世界三大」ですが、3つのはずが
故宮博物館プラド美術館が入るという説のものもあって
とくにオフィシャルに決められたものじゃないみたいですね~
(嬉しかったのは、全部行ったことがある所だったことかな♪)

閑話休題。
エルミタージュ美術館は冬宮(ロマノフ王朝歴代の皇帝の正規の宮殿)を中心とした
5つの建物(1つは劇場)から成り立ってていて、
ここに、聡明だったというエカテリーナ2世が美術コレクションを蒐集した、というもの。
『男たちは戦争をして、その間に女たちは 隠れ家エルミタージュ で文化を語らいましょう』
と彼女が言ったという風に自伝マンガでは書かれていて
「エルミタージュ」とはフランス語で「隠れ家」「隠者の間」という意味だそうです。

そして訪れた人 誰もが言うのは
『コレクションも素晴らしいけど、一番素晴らしいのはその建物』ということ。
だから、実際に訪れてみたかったのです

そして、足を踏み入れてすぐ、その意味が分かりました。
採光窓もキレイ
もうキラッキラ
廊下まで美しい  女帝に送られた大時計が奥に
気分は貴族?
さすがは元・宮殿。いちいち綺麗すぎます~~~~~
あまりに各部屋がすご過ぎて、驚きっぱなしの数時間。。。
こーんな美しい建物を歩き回ると
レオナルド・ダ・ヴィンチやラファエロ、エル・グレコ、
レンブラント、セザンヌ、ドガ、ピカソ、マティスの作品が
これでもかっこれでもかっってくらいに、次々と目の前に現れます。
美術に明るくない私でも「あ、これ○○○の絵じゃないかなぁ」と分かるくらいに
各部屋ごとに きちんとまとめられて展示されていました。
とくにレオナルド・ダ・ヴィンチの作品2点や
レンブラントの部屋は人気でしたね~
これでも、コレクション全体の2%程しか展示できていない、と聞いたことがあります。
∑( ̄ロ ̄|||) す、スゴすぎじゃないですか。。。

あと、相当強烈で個性的で身長2mを越す大男だったという
ロマノフ王朝最強の王様・ピョートル大帝
趣味の機械や、歯を抜く道具類、ご本人のデスマスクまで飾られていました。
なんでも器用で、歯を抜くのが好きで
抜いた歯200本以上は別で展示されているそうです。きゃー。

月曜休館、ということで観光初日から本丸見学となりましたが
とにかく見どころたくさんのエルミタージュ美術館でした!


その後、サンクトペテルブルクの目抜き通りである
全長4.5kmのまっすぐな道【ネフスキー大通り】をゆっくりと歩いて
ホテルに戻ったのが夜10時前。
今回の宿泊先は、ネフスキー大通りの終点近くにある
【ヘルヴェティア・ホテル&スイーツ】
このホテルは、個人ツアーの部屋からアップグレードて4つ星ホテルにしたもの。
ロシアはおしなべて、ホテルが高いらしくて
素泊まりでも1室3万円なんていうのは別に高級ホテルでもないそうです
(ロンドンに並ぶか抜くか、の高さだそう)。

で、このヘルヴェティアは19世紀に
スイスの建築家によって建てられた邸宅をホテルとして改装したものだそうで
こじんまりとしてキレイで、中庭があって素敵でした。
一緒に写っているのは、今回の個人ツアーで
半日×2日間、私たちを案内してくださった現地ガイドのターニャさん。
ほぼ個人旅行なのに、現地ガイドが2日間もついてくれる今回のツアーは
ロシア語ができない私たちにとって、とーっても助かりました
しかもこちらの希望を聞いて日程を組み立ててくれて
まるで現地の友達と街歩きをしているかのようでした!
(今回、私たちは 基本の個人ツアー をベースに
 2都市でそれぞれ1泊ずつ延泊+サンクトではホテルのアップグレードをしています)
ヨーロッパっぽいホテル 正式にはタチアナさん

で、スタートから全力で観光して、さすがに疲れたので
併設されているワインバーで、軽めの夕食をとることにしました。
stp26.jpg この時点で、夜10時の窓際です。
 自然光で写真、撮れてます。
 というくらい、明るいんです、まだまだ!

 "白夜"っていうと、
 神秘的な ほの明るさを想像していたのですが
 実際には、異常気象な夏空もあいまって
 テカテカ明るい夜がつづく
 本当に これも、百聞は一見にしかず、ですね~。


次の日記 では、サンクトペテルブルクの美しい街並みを歩きまーす

サンクトペテルブルク 1:エカテリーナ宮殿と琥珀の間
もうすぐ、モスクワ さてさて、ロシア旅日記を少しずつ書いていきます。

 成田からアエロフロート・ロシア航空
 予想通り、ロシア語のアルファベットが違いすぎて
 かなりビビる(これは追々書きます)。
 客室乗務員の制服がオレンジ色で可愛い!
 でも、滅多に笑わない。
 でもそれは、「仕事に笑うのは不真面目」という
 教育を受けているから だそうだ。
 彼らなりの礼節が、笑わないことなのだ。
とにかく この旅、自分の常識だけでモノを見るのは、やめよう。
いろんな価値観を学ぼう、と心に誓うLee。

モスクワ・シェレメチェヴォ国際空港のターミナルDに到着。
ここは昨年11月に出来たばかりのターミナル。
これまでモスクワ経由でサンクトペテルブルクに行くには
かなり離れたターミナルまで自力で移動する必要があったそうで
多くの旅行客にとって恐怖のターミナル移動だったようなのです
(遠いし、分かりにくいし、移動手段が見つけにくい)。
が、このターミナルDがオープンしてからは、同じ建物の到着ロビーから
3階の出発ロビーに行くだけで良くなったそうだ。よかったー!!!

でも、やはり預けたスーツケースからの盗難の心配は消えてないそうで…
ネットをひいたら
"私はガムテープ1本分ぐるぐる巻きにしたら大丈夫でした!"
との書き込みが ちらほらと…_| ̄|●

ということで、これ、ご存知ですか?
この兄さんが…
ラップ巻きにします
空港内にある、巨大サランラップ巻き巻きサービス
スーツケースを丸ごと みっちりと巻いて、
開けたら見た目でバレバレなので、精神的に開けにくくします
台に載せると、高速で回転してあっという間にサランラップを巻き上げていきます。
去年、ミラノ空港でも見かけたけど、実際にやるのは初めて。。。
(ちなみに私はよく渡米するので、紫スーツケースはTSAロック+数字3桁ロック。
 これに更に今回は、
 TSAロック+3桁のスーツケースベルト[開錠すると分かるインジケータ付]をして
 南京錠も付けて、ラップ巻きにしました。んぷーっ
スーツケース1個につき、巻き巻き代は250ルーブル(約850円)でした。
これで盗まれないなら、高くない!…かなぁ

そうして国内線に乗り継いで、
最初の目的地・サンクトペテルブルクのホテルに着いたのは、夜11時頃
あいにくの雨空でしたが、そのときの空の色が↓コチラ。
これで夜11時頃…!
∑( ̄ロ ̄|||) やっぱ、明るいよ~~~っ!
これが、白夜。
なので、寝るためには遮光カーテンは必需品です。
同行した母親は サランラップぐるぐる巻きのスーツケースに
あまりにも驚いたらしく、開ける前に記念写真 撮ってます。
素敵な部屋でした


さて、サンクトペテルブルク最初の観光は、郊外の 【エカテリーナ宮殿】
ピョートル大帝の妻・エカテリーナ1世、その娘のエリザヴェータ、その嫁のエカテリーナ2世と
数々の女帝に愛された夏の離宮は、ブルーと白と金が美しい宮殿です
大きな宮殿です
金の部分、分かるかな?
第二次世界大戦の際に、ドイツ軍によってコテンパンに破壊されましたが
その後、丁寧に修復したそうです。
金箔も奪われて、現在、少しずつ修復中
(まだ窓下の飾りだけ金箔。黄土色の部分も本当は金箔だった!)。
大切な文化財なので、全員、靴カバーを掛けてから見学します。
靴カバー必須
有名な「大広間」は、長さ47m×幅17m。とにかく金箔だらけ!
鏡もふんだんに使われて、ものすごく明るいです。
1787年にロシアに漂流した日本人の大黒屋光太夫は
1791年に、この大広間でエカテリーナ2世に謁見したそうです
相当オドロいただろうなぁ~
ヒトの小ささで、この広さが伝わりますか?
人間の小ささを見よ
鏡がふんだんに使用されている
エリザヴェータ女帝はキンキラキン好き。
自身も大変美しく、ドレスを1万5000着も持っていたとか。
池田理代子の歴史マンガ 『女帝エカテリーナ』 でも
エカテリーナ2世の姑として、美しさと強さでものすごい存在感を示しています。
ドレス姿を再現したトルソーが置かれていました。
美人のドレスマニア
そして、キンキラキン趣味の姑の趣味がぜんぜん合わずに
自分の代になってから、パステル&ラブリー&金箔無しに部屋を改造したのは
エカテリーナ2世。
英国式(スコットランド式?)だそうで、急に部屋のデザインが変わります。
乙女ちっく?
あなたは、どちらがお好き?


そして広々とした宮殿で最も素晴らしかったのが、「琥珀の間」
エカテリーナ2世が完成させた、琥珀を敷きつめた部屋で
そのなんともいえないあたたかな波動と、健康にも良いという言い伝えで
彼女の大のお気に入りのお部屋だったそうです。
この部屋は撮影禁止だったため、拾いモノの画像で どうぞ~。
ネットで検索した画像
この黄金のグラデーションは、金ではなく、すべて琥珀です
第二次世界大戦では、ドイツが この部屋の琥珀を、ごっそり根こそぎ盗っていってしまったのですが
その後、その大量の琥珀は見つからず、謎のまま。。。
今の琥珀は、修復されて2003年に完成したものだそうです。
くわしくは コチラ のページも どうぞ。
この部屋の中だけ、入った途端に、本当に ほわっ… とした温かみが感じられて
何かに包まれているかのような安心感を覚えました
数万年前の樹液が化石となって出来る、不思議な宝石。
内側から湧き出るような光と温度が魅力的~

色とりどりの琥珀 憧れのエカテリーナ2世にあやかって
 さっそく宮殿外のお土産屋さんで、
 琥珀のブレスレットを買いました
 琥珀は、ロシアでは「自然の涙」と考えられていて
 身につけていると涙を流さないで済むという
 幸運のお守りにもなっているそうです
 日本だと、美術館とかにある、オバサンぽいデザインが多いけど
 産地のバルト海に近いロシアは、色もデザインも
 とーっても豊富なのです
 エカテリーナ宮殿で買うと、なんだかパワーありそう。。。


宮殿の庭園も、いくつもの浴場があったり、池があったりして素晴らしい。
庭も素敵でした
来て早々、スゴいものを見たなーって感じでした!
ロマノフ王朝の華やかなりし頃に思いを馳せながら、宮殿を後にした私たち…。
この後、サンクトペテルブルクの中心へ向かいます

つづきは コチラ

まさかの映画 『トイ・ストーリー3』
ロシア日記の前に…。

この夏も、また有名な映画が目白押しで
『踊る3』とか『借りぐらし』とかもありますが
先日、私は 『トイ・ストーリー3』 の試写会 に行って参りました。
場所は都内某所にある ディズニー・ジャパンの試写室。
ブログを書いている人向けの試写会に応募したら、当たりました
入口でお出迎え 試写室 バズー!

トイ・ストーリー3で、この「トイ・ストーリー3」。

日頃、都会のオトナ道まっしぐら(なはず)のLee、
『トイ・ストーリー』も『トイ・ストーリー2』も
ぜんぜん見ていないLeeが見た感想ですが…

これ、大河ドラマ並みに壮大なドラマかも~!

…いや、最近の大河ドラマは見れてないのですが。
「なぁに、ディズニー映画だから、
 子供がキャッキャと笑えてバタバタして
 最後はぬるいHappyエンドで終わるんでしょ?」
と思われがちですが(というか、私がそう思っていたのですが)

今回は、全然、違います。

というより、最近のディズニー・ピクサー映画が
『カールじいさんと空飛ぶ家』のように
表現手段はCGアニメーションでも
生き方を問いかけるような作品
が出始めているようです
(『カール~』はテレビで旅立つ前のシーンだけ見た)。

持ち主だったアンディが大学へ進学することになり
"仕分け"される おもちゃたち。
屋根裏にいってでもアンディの元に居たいか
保育園に寄付されてでも 現役のおもちゃでいたいか、
あるいは捨てられるのを受け入れるか…
おもちゃたちは真剣に考え、話し合い、離れていきます。。。

どうしようもない時の流れの前で、変わっていかざるをえない無常の中で、
自分は何が幸せか? 何を信じるか?
どんな道を選択するのか?
を次へと突きつけられる
そして思いもよらなかった結果があって、また考えて行動する
…そんなアタマを使う、
もちろん、ありえないシチュエーションなんだけど
同じような瞬間は生きている私たちにも起こりうるし、
もしかしたら子供が見てもイミ分からないんじゃないかというような
そんなディープさもある、まさかの映画です。

ディズニーからご提供いただきました
リー・アンクリッジ監督は
「ストーリーを設定する上で
 "喜怒哀楽"のすべての感情を刺激することを意識して制作した」

と言っていたそうですが
まったくその通り
おもちゃ達の表情が、そりゃぁもう豊かで豊かで
いちいち想いが胸に迫ってくるんです…。

小さな誤解で怒ったり
ちょこちょこクスッと笑える場面を入れたり
でも全体的にはハラハラし通しで
まさかディズニー映画で ここまで気持ちを持っていかれるとは思っていませんでした

今回、ディスニーの方から「ストーリーに注目して欲しい」ということで、
2D(普通の映像)での試写になりました
(ちなみに前作の『トイ・ストーリー2』から11年経っているそうで
 その間、CG技術の発展は目ざましく進んでいました。
 そんな中、前作・前々作の"トイ"っぽさを保つために、要所要所で
 高度な技術を使いすぎないように苦心したそうです)。
今回、一部の映画館では3Dでの上映もあるそうで、
このストーリーで3Dになったら、きっと おもちゃの一員になって
一緒に話し合いに参加しているような気分になれるんじゃないかな~と思います
ので、次回は"武士"と一緒に3D版で見に行きたいと思います
あぁ、思わず吹き出しちゃうシーンも かなりあって
一言でいうと バービー、やるじゃん!っていう感じです
うふふなキャラクター人形も見え隠れするし…

『トイ・ストーリー3』、明日10日(土)から公開です
冒頭に流れる短編映画 『Day & Night』も、"違いを愛そう"というテーマが深くて、好きです



同じ試写会に来た ほかの方の感想もみてみたいですか?
コチラをどうぞ(PC閲覧のみです

マトリョーシカの国から、ただいま!
ただいまです!
マトリョーシカと 玉ねぎ屋根の世界から帰国いたしました。
いやー、行って良かったですよー
落ち着いたら、ちょこちょこと書いてまいります

まずは、コチラ から~。
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。