毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンクトペテルブルク 4:いろいろ散歩して出発
【サンクトペテルブルク 1:エカテリーナ宮殿と琥珀の間】編は コチラ
【サンクトペテルブルク 2:エルミタージュ美術館】編は コチラ
【サンクトペテルブルク 3:ロシアの教会と運河クルーズ】編は コチラ

さー、どんどん進みましょう!
ロシア日記、サンクトペテルブルクを歩き回ります
ちゃんとしたロシアンディナーも…ということで
スラブ的レトロ感が素敵なレストラン 『Demidov(Демидов/デーミドフ)
予約してもらって出かけました。
歌声も哀愁 フロントには完璧な英語を話す女性もいて
 観光客もよく訪れる
 ロシアンレストランなんだろうなぁ。
 店内は
 19世紀のインテリアをイメージした造り。
 1時間に1度、
 ジプシー楽団が生演奏をしてくれて
 哀愁のある歌と演奏をしてくれます。。。
 
 ビーフストロガノフやペリメニなど
 伝統的なロシア料理を堪能して
realロシアンティー! 最後には ロシアンティー をオーダー。
 日本人が「ロシアンティー」というと
 苺ジャムを入れた紅茶を
 思い浮かべると思いますが
 本場ではちょっと違っていて
 ←ジャムと ゆるめのフルーツソースを
 足して2で割ったようなものを横に置いて
 紅茶は紅茶だけで飲んで
 そのジャムみたいなものを
 自分で舐め舐めして
 口の中で混ぜて味わうもの
なのです。
こんな飲み方、初体験でしたが けっこう楽しかったです 


「お宅拝見」みたい サンクト最終日、
 私たちはあるお宅を訪ねました。
 さて、どちらのお宅でしょうか?

 こちらは
 【ドストエフスキー文学記念博物館】です。
 文豪が亡くなる直前の
 1878年~1881年の間、暮らした場所が
 記念館になっています。
 ダイニングや書斎、ライティングデスクや
 家族写真や直筆のノートなどが
ご本人の直筆も さりげなく展示されています。
 なんだか、時間が止まったような感じ…。
 旅行直前に慌てて(まんがで)読んだ
 『罪と罰』
 帰国後に慌てて(まんがで)読んだ
 『カラマーゾフの兄弟』
 …人間の強欲と絶望と救いが描かれていて
 展開の起伏の激しさにぐんぐん惹きこまれた。
 その名作を書き続けた文豪も日常では
 奥さんや子供を愛していたんだなーと
 ほんわかした気分になりました。


市場は楽しいねー文学記念館の近くには
果物や魚やチーズを売る市場を発見
活気があって、サンクトの人々の生活を
垣間見ることができました。
言葉は通じないけど
店のおにーさんがチェリーをくれたりして
楽しかった~

ちなみにロシアでは買い物をしても
普通のお店ではめったに袋をくれなので、
エコバック持参が必須なのです。



たしかに暑かった そんなこんなで いろいろ歩いて楽しかった
 サンクトペテルブルクを後にして
 アエロフロートでモスクワへ向かいました。
 飛行機へのバスもないし、ジャバラもない
 ひたすら歩いての搭乗でした。。。
 モスクワまでは1時間30分。
 機体も小さかったです。

 そういえば、このころは6月末だったのですが
 過ごしやすいはずのサンクトも
 やけにカンカン照りで
制服はカワイイ 暑かったんですよねー。
 あれは今夏の
 異常気象の前ぶれだったんでしょうネ

 ところで、アエロフロートの
 客室乗務員の制服が、まじカワイイ
 ミッドセンチュリーSTYLEというか
 宇宙ステーションの制服っぽいというか
 (宇宙ステーションに行ったことないケド)
 しかも色が全身、ぱっつりしたオレンジ色
 パンプスまでオレンジ色なんですよ~。
 思わず可愛くて
噛まないの…? パシャっと写真とっちゃいました。
 が、その後で男の客室乗務員から無表情で
 「No photo. No photo」
 と言われて、ちょっとコワかった。。。


 で、左がアエロフロートの機内誌。
 ロシア語が読めないので、写真だけみてたら
 こんなのがあった。
 どうしたいんだ、リスくん!!!


ということで、 は(やっと)モスクワへ上陸です

Comment

 秘密にする

素敵~。
ますます、行きたくなってきた・・・。来月ロンドン行く予定なんだけど、モスクワ経由にしようかしら?なんか貧乏学生と間違えられるかしら?!
ゲスト | URL | 2010/08/07/Sat 22:08[EDIT]
>ゲストさま
秋のロンドン…いいねぇ。
モスクワ経由のときの注意点は、空港のターミナル移動が
かなり複雑ちっくなこと。
同じターミナル内の移動だったら全然OKだけどね☆
Lee | URL | 2010/08/12/Thu 17:32[EDIT]
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。