毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化的お散歩三昧 ~オランダ・アムステルダム 後編
すみません、Lee、生きております…!
東京にも戻ってきております
何とも説明できないほど、毎日遅くまでおシゴトしておりまして
自分の時間がほとんど取れませんでした。。。
もうアレでしょうが、9~10月のアムステルダム旅行、完結編です

忘れてしまわれてそうですが…
"名画をとことん味わう ~オランダ・ハーグ&デルフト編"は コチラ
"名物を食べて町散歩 ~オランダ・デルフト&ライデン編"は コチラ
"あれに乗って、これを食べた ~オランダ・アムステルダム 前編"は コチラ


コンセルトヘボウ前です さてさて食事後、イイ時間になってきたので、
 また路面電車=トラムに乗って
 目指すはクラシック音楽の殿堂
 【コンセルトヘボウ】!!!
 …とはいえ、外装工事中ですネ。
 地元にお住まいの方にチケットを取っていただいて
 ネーデルラント室内管弦楽団の演奏による
 ヘンデルのオペラとオラトリオからの名曲を歌う
 オペラ歌手の方のコンサートに来ました

ロビーは大人の雰囲気 コンセルトヘボウは、
 室内交響楽のためだけに建てられた
 コンサート専用のホール。
 日本にも時折、来日公演をするのが交響楽団。
 東京のサントリーホールだったら
 ン万円もしそうなコンサートが
 こちらでは40ユーロでお釣りが来る…
 ちなみにコンサートのチケットを見せれば
 公演の前後のトラムも無料で乗れるそうです。
 すごいなぁ。
無料のバーでひといき
 オペラコンサートは
 男女ペアでヘンデルを歌うものだったのですが
 この男女がただ歌うだけじゃなくって
 途中で見つめあい、腕をからませ、情熱的で
 短いお芝居を観ているようで
 …素敵でした

 公演前と、途中の休憩時間には
 併設されているバーで、ワインやコーヒーが
無料で飲めるサービスまで付いていて、またびっくり
パンフはオランダ語文化をとことん楽しむための環境が整ってるんだなー。

ホール自体は2階席まででけっして大きくないのですが
すみずみまで音が響いて、素晴らしかったです。
また機会があったら来たいなぁ


あと、「ミュージアム・イヤー・カード(Museumjaarkaart)
といういう制度もあって
年会費を払えば、オランダの400以上の美術館・博物館が
無料になる年間パスポート
、というもの。
公立・私立にかかわらず、ですよ!
25歳以上は年間40ユーロ弱(35ユーロに登録手数料が4.95ユーロ)。
これはお得ですね
日本じゃ国立・都立・私立で統一するなんて難しそうだし
やれてもせいぜい100円~200円の割引くらいが関のヤマだろうなー
オランダで短い滞在でも、たくさん美術館を周りたい人は
カード自体がも記念になるし、利用してもイイかもしれませんね


そうそう、ホテル・NH Doelen
私が最初に泊まった部屋側は なんと道路工事中で
朝7時からガガガガガガ…と騒音がひどいので
フロントでお話しして、運河側のお部屋に変えてもらいました。
窓の外に、アムステルダムらしい茶色の縦に長い家々がみられて
なかなか良かったですー
早朝の街並み
秋から冬はほぼ曇り空で、霧雨が降ったかと思えば
ぽかっと晴れて青空が見えたりする、不思議なお天気。
この日は晴れてくれて、助かりました。
コートも脱いでいますね
気持ちのいいお天気


レンブラント、大人気ホテルから歩いて、
この旅ですっかり身近になった
レンブラントの銅像がある
レンブラント広場に行きました。
学生の団体が、銅像の前で写真を撮っていました。


そこから歩いてちょっとしたところに
レンブラントが最盛期に20年間住んでいた家があり
【レンブラントハウス美術館】として
一般公開されています。
下の写真の真ん中の、赤と緑の窓がある建物が
そのレンブラントハウスです。
真ん中がレンブラントハウス
展示室への入口です 館内は、レンブラントが栄華を極めた後、
 破産した時につくられた所持品リストや
 本人やお弟子さんのスケッチなどをもとに
 当時の家具や絵画などを集めて
 忠実に再現されています。
 レンブラントが油絵以外に力を注いだ
 版画の作り方が見られる
 デモンストレーションもあって
 かなり楽しく観ることができました。

 東インド会社が世界中と貿易をしていた
 17世紀のアムステルダムは
 今でいえば ニューヨークのような
国際的で活気ある街だったそうです。
そのころの日本は
鎖国をして出島だけで世界を知っていた時代ですよねー。
なんだか受験勉強で覚えた歴史が
急にビビッドに立体的に感じられてきました。

レンブラントが眠る西教会にも行ってみたのですが
秋冬は一般公開されていないようで、中には入れませんでした。
残念。
その代り、近くにとても可愛らしいパンケーキ屋を見つけて
また食べてみました
右が「パイナップル & チーズ」パンケーキ。
ラテと一緒で13ユーロ。
安くはないよねー
チーズがカリカリに焦げいていて びっくりでしたが
思ったより美味しかったです。
かわいらしいお店シロップをかけて召し上がれ

こちらはホテル近くの、【シンゲル花市場】
本当に住んでいる人は郊外の花市場を利用するようですが
街中でも、今まで見たことがないくらいの種類の
チューリップの球根が所狭しと置かれていて
写真を見るだけでも楽しいです。
「Queen of the night」なんて名前のチューリップ、想像つきますか?
なんと、花弁が真っ黒のチューリップのようです!
大人っぽいなー。
見てるだけで楽しい


そんなこんなで、
今まで見てきた華やかめでおしゃれなヨーロッパとは違う、
素朴で真面目で努力家の国・オランダでした
ここでなければ触れられない本物もたくさんあって
実際に足を運んでみて、よかったです
いろいろアドバイスいただき、お力添えくださった 旅のスタイリスト さま
本当に本当にありがとうございました


私、ちっさ! おまけ。
 オランダの平均身長は
 女性180cm、男性190cmとも言われていて
 なので、174cmのLeeは
 平均か、ちょっと小さい
くらいでした
 自分がチビじゃないか…!?、と思ったのなんて
 小学校以来の衝撃でしたよーーー
 コチラの男性は「何cmですか?」と尋ねたら
 「2mです」朗らかに答えてくれました。
 “武士”―!私たちがチビになれる国があるわよー!

Comment

 秘密にする

おおお!
うわー、本当だ!大きいよ!(最初のコメントはそこかい!ってツッコミもどうぞ・笑)
オランダの人って全体的に体が大きいよね・・・
なんでなんだろう、ニシン?ポテトフライ?いやああ、謎です。
あ、前回書けなかったけれど、ゴーダチーズの2年物は美味しいよ~。
美術館のイヤーカードは本当に素敵、日本でも作ってほしい!
いい展覧会だと何度でも行きたくなっちゃうもんだよね。一回分も高いしなあ・・・

それにしても大変だったね、お仕事お疲れ様でした!
あるく | URL | 2010/11/21/Sun 01:18[EDIT]
>あるく様
いんや、この衝撃を分かち合ってもらえただけでウレシイわ♪
同じ床の高さに立ってるとは思えない身長差でしょー?
秋冬に日照時間が少ないので
太陽に近づきたくて伸びたんじゃないか…って
なにかの本に冗談で書いてあったよ。
でも実際は、乳製品をたくさん食べるので
骨が丈夫になって伸びちゃうんじゃないかな。。。

チーズ、なかなか買ってまで食べられなかったので
次回は(あるのか!?)、買って食べてみたい。

コメント、いつもありがとうです!
Lee | URL | 2010/11/22/Mon 00:30[EDIT]
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。