毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立新美術館でさんぽ
 あたたかい日曜日、ふいに思い立って
 "武士"と一緒に【国立新美術館】に行ってみました。

 とはいえ、アート自体にはそれほど興味がないので
 この不思議な建物の見学が今回の目的。
 近くの立って見ると、まるで津波が立ち上がったみたいな
ものすごい曲線と青味がかったガラスの建物。
これが、都知事選に立候補している
世界的建築家・黒川紀章氏って人の設計なんでしょー?

sinbi.jpg 館内に入ると、円錐をひっくり返したような巨大な物が目に映る。
右の写真の下の黒いのは、人間
いかに逆さ円錐が大きいか分かっていただけるでしょうか?
このてっぺんに、レストランやカフェがある。
しかしまぁ、黒川さんってば
なんとも、言動もデザインも相当変わってるんだな…。

と思ったら、館内で彼の
【黒川紀章展 -機械の時代から生命の時代へ-】
を入場無料でやっていたので、見てみることにする。
…マレーシア・クアラルンプールの国際空港や
シンガポールの高層ビル、地方の市立美術館や
スタジアムまでを設計する、
しかも ほとんどの建物に謎めいた曲線や円錐が登場する
すごい設計士だったのねー。
あのーぅ、とにかく、都知事にはならなくてイイんじゃないでしょうか。
そっちの世界で世の中に貢献してください。
都知事って本当にタイヘンな仕事なんですよ~。

美術館は正面がガラス張りで
特に3階から眺める六本木の街は見たことのない角度で
都内にいながら、外国に来たような錯覚に陥りました。
有料展示エリアでなければタダ
建築のスケールと突拍子さが味わえて
ミュージアムショップやカフェなんかも入れるので
お散歩にオススメです。
六本木ヒルズとの巡回バスも出ているみたいなので
1日かけてぐるぐるするのも楽しいかもしれないですね♪

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。