毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活指導
もう少し、中学・高校時代の体育の先生、
厳格なE先生のお話をさせてください。

訃報をうかがった後、
私は通夜の祈り(先生はクリスチャン)に出席させていただきました。

礼拝の中で、先生の略歴が紹介され
先生にまつわる様々な伝説や生徒がつけたあだ名の話の後で
話は続きました、

「E先生は長年、生活指導も担当されていました。
 ご参列の生徒さんの中にも、きっと、
 『スカートが短い!』 『廊下を走るな!』 『姿勢を正しなさい!』と
 先生に叱られた覚えのある人が たくさん居るでしょうね」


E先生の姿を見かけると、急におとなしくしたり、背筋を伸ばしたりしましたっけ。
参列者の あちこちで忍び笑いが漏れました。

「この生活指導というのは、大変な仕事です。
 叱られると相手にもイヤな思いをさせるし
 嫌われることもあるし
 そもそも叱る方もけっして良い気持ちはしないし
 それに パワーを消耗します。
 それでも、いけないことを教えるためには
 毅然と、くり返しくり返し、叱らなくてはいけないのです。
 先生は、そんな生活指導を
 本当に長い間務めておられました」


今、この歳になってみると
もうどうなってもいいよ、という人とか
自分には直接、害はないからいいや…、って人には
面と向かって注意も怒りもしなくなっていったりします。
叱り続けるのは、とても心身を消耗することで、
愛情がなければ叱れないこと

10代では全然 理解していなかった先生のあたたかい想いを
今ごろになって、やっと少し 知ることができました。


そうすると、今、自分が見たつもりになっていることも
まだまだ分かっていないんじゃないか と思い至ったりして。
今は面倒くさい人だなぁと思っている人にも
もしかしたら、別の想いがあるのかもしれない、と…。


先生、本当にありがとうございました。
この年の瀬に、私はまた先生から教わりました。
奇しくも今夜は、中学・高校の部活仲間との忘年会です。
きっと先生のことを、みんなで思い出すことと思います。

Comment

 秘密にする

Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。