毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エディット・ピアフを知る
アーユルヴェーダサロン5elementsのオーナー・michikoさんのオススメで、
安蘭(あらん)けい さんの舞台
『エディット・ピアフ』を観てきました。

安蘭けい さんは、元・宝塚トップスター。
michikoさんも私も昨年、
それぞれで ものすごく久しぶりに宝塚を観る機会があり
「なんじゃぁ、この圧倒的なエンターテイメント!!!」と びっくりして
その後、michikoさんは見事にハマって
あらゆる映像資料を見尽くした結果。
「私が好きなスターは、
 もう退団していた瀬名じゅん安蘭けい
という結論に達し、
そのワケを先日のトリートメントの後、
資料映像とともに2時間みっちり聞いたLeeが
「じゃぁ、退団後の舞台を一緒に観に行きましょうよ~」と提案して
天王洲銀河劇場にやって来た というわけなのです。

で、エディットピアフ。
私がカラオケで歌う『愛の讃歌』の原曲の人だよね?くらいの認識で
安蘭さんにもピアフにも
あまり予備知識(=常識?)も持たずに観劇スタート。


いや、まじスゴいって、安蘭けい…!


舞台はフランスの国民的シャンソン歌手・ピアフの生涯を描いたもので
休憩をはさんで3時間10分の公演。
その全編で、安蘭さんはピアフとして10数曲を歌うのですが
その歌の技量と表現力がハンパない
なげやりでいながら、寂しそうで、でもプライドが高くて、魅力的で…
そんなピアフの等身大の姿を、呼吸をするように体現していく。
ときに囁くように、時に洗いざらいの感情を投げ出して歌うその姿は
時に劇場の客席にいる人間を当時のパリの観客になったかのように錯覚させて
空間を圧倒していました…
michikoさんと映像でみた安蘭さんの、ちょっと力を抜いたような
必死じゃない感じでいながら完璧な歌と踊り

目の前で存分に発揮されていて、魅了されました。。。


あぁ、人を楽しませるために、幼いころからひたすらに研鑽を積んできた人なんだ。
徹底して努力して芸を磨いたからこそ
自在に余裕を演出しながら、パフォーマンスできるんだ。


それと同時に、これまで自分が「元・宝塚」というだけで
=過去の栄光をひきずって、若干アブラっぽい演技をする人々
と、ひとくくりにして見ていたことを恥じました。
自分自身が、「在日コリアンって面倒そうな人」という風に
ひとくくりに見られることを毛嫌いしておきながら
自分が同じようなことをしていたなんて…
1人1人その人だけの個性や魅力があるものですよね。。。


閑話休題。
舞台全体について敢えていうなら、
相手役の皆さんやアンサンブルが若干、演じ分けができていなくて
混乱を招きやすい場面もあった感じがしましたが
甲本雅裕さんやお母さん役には芝居のできる人も脇を固めていて
全体としては、ピアフの世界に たっぷり酔いしれることができました。
歌自体の素晴らしさと、安蘭さんの歌声に
客席の電気がついても皆 なかなか拍手を止めなかったので
もう一度、安蘭さんが舞台に出てきて手を振る場面もありました。

チラシより実物が綺麗 『愛の賛歌』は、
 単なる、女の勝負歌なのかな★
 くらいにしか思っていなかったのが
 あんな絶望の淵での歌だったことを知って
 歌の意味が ものすごく心に沁みました。
 声を張り上げていなくても響く歌声で
 ますます想いが伝わってきて…期待以上に良かった

 今年最初の観劇が、この舞台で良かったです。
 天王洲銀河劇場も久しぶりに行きましたが
 館内は良くできていて素晴らしい劇場ですね
 (周囲が若干廃れているのが残念)。
 ミュージカル『エディット・ピアフ』は2月13日まで上演されています。


最後に、エディット・ピアフ本人の関連動画を2つ…。
『愛の賛歌』と、以前、夏木マリさんでも聞いた『パダム・パダム』です。




Comment

 秘密にする

ありがとう~
おお、なんか素敵!
時間があったら行ってみます。
やっぱり本物は違うね~。
あるく | URL | 2011/01/24/Mon 01:34[EDIT]
>あるく様
いやぁ、力みのない上手い歌や踊りを見るのは
本当に気持ちがイイものよ~。
機会があったら、ゼヒ!!!
Lee | URL | 2011/01/26/Wed 23:29[EDIT]
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。