毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデン街ママと妖艶の彼方に
ポスター 本日は、新宿ゴールデン街の憧れのママ・しのさんと一緒に
 五反田・ゆうぽうとホールで
 「長嶺ヤス子のCASA・BLANCA」という舞台を観に行った。

 長嶺ヤス子さんは、71歳のフラメンコ舞踏家
 スペイン留学後の1970年代から
 フラメンコ・ダンサーとして一世を風靡し、
 その後、日本の文化も交えて独特の世界を築いてきた彼女。
 画家や猫の保護活動などでも知られていて、
 2002年には紫綬褒章を受賞しています。
 
 でも、そんな肩書きはどうでもよくて
とにかく、この方の踊りには、「愛」と「絶望」と「情念」に満ちて
狂おしく、美しいのです

しのさんがプロデュースした小劇場でのステージを観てから、今回が3回目。
大ホールでは初めてでした。
フラメンコギターに 哀愁あるしゃがれた歌声に合わせて
2人のスペイン人男性ダンサーの間で、妖しく強く踊る女性ひとり。
その姿は、躍動感と熱情に溢れていて
引き締まった身体と華麗な手さばきには
本当の年齢を忘れて、ただただ驚くばかりです。。。
カスタネットを叩く手先まで、妖艶。
その視線の先には、何が見えているんでしょうか…。

サイン中カーテンコールでは、ステージから客席に降りてきて
通路中を踊りながらまわった長嶺さん。
あーぁ、こんなに両手投げキッスが似合う71歳はいないだろうなぁ。

カーテンコールの後にもステージから客席にドレス姿のままで降りてきて
そのままロビーで、パンフレットを買った人へのサインに応じてました☆
ちなみに しゃべり方や声は、女優の大原麗子さんそっくり
どこまでもキュートな長嶺さんでした
来年3月下旬には、歌舞伎座でも公演があるそうです。
でも、やっぱり小劇場の方が、彼女の裸足の足踏みのリズムが聴けて
オススメなんだけどなぁ。

Comment

 秘密にする

いつまでたっても、素敵で色気のある女性でいたいものです。
最近色気が抜けてきちゃってます。
色気補充しなきゃ~
愛人 | URL | 2007/12/13/Thu 02:00[EDIT]
>愛人さま
そうそう、いまから頑張っとけば、"色気貯金"で年配になっても色っぽくいられるかしらん??? ときどき、ちゃんと「オンナ」やってる先輩に会うと、背筋がシャキっとしますe-409
Lee | URL | 2007/12/13/Thu 22:13[EDIT]
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。