毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三鷹の森ジブリ美術館へ
本日は あるリサーチのために
【三鷹の森ジブリ美術館】に行ってきました
そう、あのジブリの美術館。
ああいうファンシーな世界とはあまり馴染まない
リアリズムな世界に生きている私としては
うーん、なんだか分からないだろうなぁという場所でした。

元々、ジブリ作品ってあまり見ないんです。
『風の谷のナウシカ』は何度見ても寝るし(これを言う度に友達を無くしている気がする)、
『おもひでぽろぽろ』も途中で寝ちゃった。
『平成狸合戦ぽんぽこ』はオチがそれかよーっ、って感じで肩すかしだったし
『火垂るの墓』も特には泣けなかった。。。
やっと、面白いなー、と思えたのは『千と千尋の神隠し』と『となりのトトロ』くらいかなー。

で、ジブリ美術館。
入口には、"トトロの受付"があって、一気にジブリワールドに入る。
写真の下の丸い窓にはマックロクロスケがいるー。
建物は、もこもこと紙粘土で作ったようなカラフルな造り
でも、意外と小さかったなぁ。

中の順路は決まっていないので、探検気分で気ままに回る。
まるで立体パラパラ漫画のような
(正式には「立体ゾートロープ」と言うらしい)
"トトロぴょんぴょん"は面白かった!
粘土で作られた立体のトトロやネコバスの人形が
発光ダイオードの光が明滅に照らされると
目の前でぴょんぴょんと動くのがスゴかった
あー、館内が撮影禁止なのがもどかしいっ。
でもたしかに、これは肉眼で見ないと分からない驚きだわね。

mamori.jpgそのほか、美術館の屋上には、高さ5.2mの"まもり神"がある。
何だろう、これ?と つぶやくと、一緒に行った子が
「知らないんですか? これ、『天空の城ラピュタ』に出てくるんですよ!」
と熱っぽく語ってくれた。
同じく屋上には、『ラピュタ』の象形文字?の刻まれた石の箱もあって
きっと見てきた人には堪らないんだろうなぁ。。。

ということで、帰りにミュージアムカフェ"麦わらぼうし"
午後3時から食べられるという「さとうさんのビーフシチュー」を食べて
美術館を後にしました~。

常設展示になっている"映画の生まれる場所"
実際にアニメを作っている工房が再現されていて
特にアニメに興味がなくても舞台裏が見られて楽しめました。
また行くことがあったら、もうちょっとジブリ作品を見てから
出直そう…と思ったLeeでした~。
でも、あの"ぴょんぴょん"は もう一度、
"武士"(ダーリン改め、元の呼び名ブシに戻します♪)を連れてきて、見せたいなぁ。

皆さんは、ジブリの映画は好きですか?

Comment

 秘密にする

おおー
縁の無い場所って、ジブリ美術館のことだったか(笑)
私は未だ行った事ないわーーー

ジブリ作品、私は逆にナウシカやラピュタのが好きです(爆)
というか昔の宮崎駿関係作品が好きだわ~ルパン(カリ城)や
ハイジ、未来少年コナンなどなど...
tae | URL | 2007/02/19/Mon 17:28[EDIT]
>taeさま
あはは、私はなんだかそっち方面に感受性が行き届いていないみたいで、おはづかしい。。。taeさん、さすがにくわしいですね! ジブリ美術館には作品づくりの過程が垣間見れる部屋もあって、きっとtaeさんなら楽しめると思いますよ~。
Lee | URL | 2007/02/20/Tue 00:05[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。