毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西の「すき焼き」は水を使わない
焼かれる肉たち 生まれて初めて、関西の「すき焼き」を食べました。
 だし汁に醤油・砂糖・みりん・酒など混ぜた「割下」などの
 水分を一切使わず
、牛肉を焼いて
 砂糖と醤油で味付けして溶き卵にひたして食べ、
 その後に野菜を入れてまた食べる…というのが
 関西の「すき焼き」だそうです。
 調理人いわく、
 『春菊を入れるなんてとんでもない!
  ほかの食材に香りが移ってまうやないのー』溶き卵にひたして…(←関西弁は適当…すまぬ)

関西版は私が知っているものとは
全然違うことを最近知ったのですが
結構有名なのでしょうか…?
食べてみたくなったので某隠れ家でお願いして作ってもらい、
大人数でいっぱい食べました。
そのせいか、家に帰ってからお腹がおかしくなってしまいました。。。

すき焼き豆知識は コチラ もご覧ください☆

Comment

 秘密にする

え、え、お肉を鉄鍋で焼いて、卵つけて食べるだけですか?味つけは?
初めて知りました。それって焼肉?
でも、すき焼きは何が「焼き」なのか、これって肉鍋だよね~って思っていたので、
これでやっとすっきりしました(笑)。
いつか関西版も食べてみたいです~。
meteora | URL | 2008/06/26/Thu 11:59[EDIT]
>meteoraさま
あー、その通りだ!と思って、味付けのことを追筆させていただきましたe-330 砂糖と醤油で じゃーっと焼くんですよ! おっしゃるとおり、関東のは「すき肉煮」ですよね~。ということで、ぜひぜひ関西のお友達を捕まえて、根掘り葉掘り聞いてみてくださいませ♪
Lee | URL | 2008/06/27/Fri 00:04[EDIT]
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。