毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かっけーーー!と叫びたい
クリックでやや拡大
 映画 【次郎長三国志】 を見てきました
 義理と人情の厚さでは誰にも負けないヒーロー、
 「東海道一の侠客」と謳われたヤクザの親分=清水の次郎長と
 その仲間たちを描いた時代劇映画です
 
 はい、このみっちり和風な世界&昭和レトロなテイスト
 誰のセレクションかは、いわずとしれた…。
 
監督はマキノ雅彦(=津川雅彦)、主演は中井貴一
私の好みのタイプを芸能人にたとえるときの永久常連のお2人の映画。
"武士"が
「ねっ? Leeの大好きな2人の映画だからさー、きっと見たいよね?見たいよね?」
と小首をかしげて何度も洗脳する言うもんだから、
すっかり上映が待ち遠しくなっちゃって…。
で、上映2日めに見に行ったわけです。

"武士"からの解説によると、この作品は、
昭和20年後半は東宝で、昭和30年代後半は東映で
次々と映画化されて大人気を博した『次郎長シリーズ』を
当時の監督・マキノ雅弘 の甥の津川さんが、マキノ姓を名乗ってリメイクしたもの。
…ま、その程度の予備知識だけで見に行きましたよ。
次郎長とお蝶

見終わって、

男って、かっけーーーーーーーーーーーーーー!
d(≧∇≦o)(o≧∇≦)b

と、徐々に明るくなる映画館の席で大興奮いたしました、私
上演中も、何度この「かっけーーーー!」を声に出して言いそうになったことか。。。
(あ、「かっけーーー!」は「かっこいいーーー!」の興奮版の言い方です、ハイ)

もうね、不義理をした人間を赦すときの決めゼリフだとか
これぞ本物のオトコだと惚れた人について行く心意気とか
恩義に報いようとただひたすらに献身するのとか
ぶっきらぼうな言葉に隠された深いきずなと愛情だとか…
…何度も「くぅーーーー」とハンカチを握り締めて
身をよじりたくなる場面が満載なのですわ(人´∀`).☆.。.:*・゚

中井貴一、岸部一徳、北村一輝のカッコ良さは予想以上で(本当に、鼻血モンでした)、
意外なところでは、温水洋一、笹野高史、本田博太郎それと竹内力の怪演がたまらんっ。
女優さんでは、荻野目慶子と高岡早紀の しっとりむっちりした演技はハンパない。
木村佳乃の首筋も綺麗だったな~。
惜しいのは、ヒロインの鈴木京香の演技が一本調子でみてらんないのと
彼女の首筋がシワとお肉で美しくなかったこと
うー、女の歳は首筋に出るよなぁ~、と
今夜は自分のネックラインにローションを塗ることを決意した私


さて、私の隣の"武士"の感想を聞くと…
「いやー、最後の『キネヤカツトウジ』の三味線がじっくり聴けただけでも
 俺は今、モウレツに幸せだ…」

熱くなった目頭を押さえんばかりに激しくウットリとしている。。。

『キネヤカツトウジ』とは杵屋勝東治さんといって、若山富三郎と勝新太郎のお父さん。
"武士"いわく、
そんじょそこらの三味線なんかと比べモンにしちゃいけないほど
ケタ違いにすんばらしい昭和の本物の長唄三味線方だそうだ。
へぇぇぇ…なんで知ってるの…さすがというか…生まれた時代を間違えたというか。。。

たしかに、クライマックスで舞い散る紅葉をバックに
ドラマチックに畳み掛けるように流れてくるこの三味線の曲は、胸に迫って圧倒される。
津川さんが10代のころから惚れこんで、
いつか使いたい…と50年来あたためてきた曲だそうだ。
たしかに、グっときたなぁ。。。


私は女優の首筋に注目し、
"武士"は三味線に酔った映画でした。
とにかく、日本の男のカッコ良さに気持ち良くシビレてみたい人
かーなーりーオススメですよー

Comment

 秘密にする

う~~早く観てみたいです~~!!
ちなみに おおまさは誰だろう!?石松は誰が演じたんだろう~~!!
時代劇フアンの僕としては 絶対見逃せませんぜ~~
ヤチ | URL | 2008/09/22/Mon 02:57[EDIT]
うわ~
『キネヤカツトウジ』の長唄三味線
を聴きにゆきます。
素晴らしい情報ありがとう!
G仔 | URL | 2008/09/22/Mon 05:33[EDIT]
>ヤチさま
お久しぶりです☆ 時代劇ファンなんですね~! 大政は岸辺一徳で、なかなか渋かったです。森の石松は…これもこの映画のお楽しみドコロのようですので、ぜひご自身の目で確認されて見てくださいe-257 ヤチさんの見終わった感想も知りたいですね。
Lee | URL | 2008/09/22/Mon 13:44[EDIT]
>G仔さま
ちょうどこの日記を書いていて、なんだかG仔が自分に乗り移った気分になっていたのよ~(笑)。美への感受性が豊かでオトコ気に惚れるG仔なら、ぜひ見てみてほしいわ~~~e-271
Lee | URL | 2008/09/22/Mon 13:46[EDIT]
意外や意外、すごく渋い映画見られるんですね!
最近確かに、日本の男のかっこよさを見れる映画ってないから
その映画気になりますわ
愛人 | URL | 2008/09/23/Tue 00:45[EDIT]
>愛人さま
渋いですよね~(笑)。私も自分ではなかなかしないセレクションでしたが、予想以上に楽しんでまいりました。正直、映画の男たちのカッコよさのDNAが現代日本男児に受け継がれているか、鑑定してほしい!とまで思いましたが。。。
Lee | URL | 2008/09/24/Wed 16:34[EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2008/09/27/Sat 12:31[EDIT]
>鍵コメさま
先日はご一緒できずに、本当にザンネンでした!!! 鍵コメさんもきっとシビレられる映画だと思いますよ☆ 前半はちょっとユルい部分もありますが~。
Lee | URL | 2008/09/27/Sat 13:35[EDIT]
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。