毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒の道はどこから
皆さん、お酒のことって、誰から学んでいるんでしょうか~?
私は旅行先で飲んでから好きになることが多いかも。
バルセロナでカヴァ、紹興で紹興酒、ローマでアマレット。
あとはクラブで飲んだ(飲まれた?)ジンやテキーラやラム。
でも、それ以外のお酒は正直、ぜんぜん見分けがつかない。
バーカウンターの後ろの瓶もほとんど分からないし。。。

で先日、酒好きな人から聞いて、へぇーと思った話。
ざっくりうろ覚えなので間違ってるかもしれないけど


 むかーし昔、フランスで葡萄が凶作になったときにワインの輸出が激変し、
 それでワインを飲めなくなったイギリスの人が
 どーしても酒を飲みたくて
 慌てて考え出したのが麦をつかって作る、ウイスキー

 そのウイスキーを新大陸・アメリカでも飲みたかったんだけど
 原料やら酒税やらの問題でウイスキーを飲めなくなったアメリカ人が
 どーしても酒を飲みたくて
 もっと手に入りやすかったトウモロコシをつかって作ったのが、バーボン



…かなりデフォルメされているとは思うけど。
でも、これって本当だとしたら
人間って どんだけお酒が飲みたくて、がんばっちゃってるのかしらね~
この辺、くわしい人がいたら是非、教えてください

Comment

 秘密にする

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2008/10/19/Sun 09:42[EDIT]
>鍵コメさま
先日はようこそでした♪ またぜひpartyへご一緒しましょうね~。
Lee | URL | 2008/10/20/Mon 14:32[EDIT]
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。