毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしても会いたくて (高千穂~熊本の旅 2日目後半編)
★ (高千穂~熊本の旅 基礎知識編)は コチラ
★ (高千穂~熊本の旅 初日編)は コチラ
★ (高千穂~熊本の旅 2日目前半編)は コチラ

高千穂ガイドツアーから戻り、ホテルの部屋に一旦戻って
ボートが乗れる程度の小雨にならないかなー、と待っている"武士"。
その隣りに立ち、
私のイケイケどんどんアンテナが、ピーンと立つ
「ね、今から荒立神社に電話して、
 その名物宮司・コウロギさんにお目にかかってみようよ


コウロギは漢字で書くと『興梠』。
高千穂周辺に多い、サルタヒコを祀り続けている子孫の苗字とのこと。
その"見える"宮司に、私はお会いしてみたかった。

さっそくガイドブックにある電話番号に掛けると年配の女性が応じて
「今、参拝者と一緒に上がっている所なの…」という。
これは、興梠宮司が相談者と一緒に本殿に入って
悩みを聞いているところ、という意味らしい。

ますますお会いしたい。

ということで、2時間後にまた掛け直させていただくことにした。
その間はレンタカーに乗って、
天岩戸神社の、あまり観光でいかない東本宮に行ったり
ガイドさんいちおしの、奇跡の神水が湧き出る神社【秋元神社】を参拝したりした。

さて、約束の時間に再度、荒立神社にお電話すると
明るい男性の声で
「荒立神社、こーろぎでーす」と返答が。
「はじめまして。突然すみません。高千穂に旅行できたLeeと申します。
 本日、ツアーで荒立神社を参拝させていただいたんですが
 どうしても興梠宮司にお目にかかりたく、不躾ながらお電話してしまいました」
「今、ちょーど参拝者とのお話が終わったところです。来てくださーい」
とのこと (あ、実際は高千穂弁で話されてます)。

すぐにレンタカーで向かって、拝殿横の社務所に伺うと、
にこにこ顔の年配の男性が、神主の服を着て座っていらした。
この方こそ、興梠宮司
あまりの感激で、お写真を撮らせていただくのをすっかり失念していたので
お顔立ちは↑のリンク先の一番下をご覧くださいませ。

社務所でのお話はとても明るくて面白く、深く、ワクワクするものだった。
高千穂には知られざる素晴らしい神社がたくさんあって
宮司が古文書を読み解いて、6年かけて探し回った話、
悩みごと相談で来た子がすっかり1か月も興梠家に寝泊りして元気になったこと、
ずっと異性と縁がなかった女性がここのお守りを持ったのはいいが
タイプじゃない人に言い寄られたといって返送してきた話、
宮司のおじいさまから武術を習ったときの笑い話、
次から次へと笑いながらどんどん話してくださる。
あとは神道の深い話で、私には分からなかったけど
横にいた"武士"は、感嘆の声を上げて、感動していた。

私たちが話している間にも、相談依頼や予約と思われる電話が
8本くらいかかってきた。
本当に人気のある方なのだろうなぁ。
1時間ほどしたところで、"武士"が急に切り出した
「あのー宮司さま、お疲れのところと思いますが
 もしよろしければ、彼女の悩みを聞いてやっていただけませんか…?」

とっさに私がきっぱり言う
「いいえ、私ではなく、彼の話を聞いてやってくださいませんか」

行くまでは、あれ聞きたい、私ってどーなるの、とか思っていたけど
こうして宮司とお話できていると、
私には家があって、シゴトがあって、大好きな人たちがいて、旅ができて
きちんと恵まれているって思えたから。
多少、家族が離散していて、シゴトがビミョウに ずれているとしても
そんなの本当に小さい悩みのような、気持ちが軽くなった感じがした
きっと私、大丈夫だ。

対して、背負うものが多すぎている"武士"、
私でさえ支えきれるか不安になるときも、ないわけじゃない。
その彼の話を宮司に直接聞いていただけたら
2人とも救われるような気がしたのだ。

本殿へ向かって宮司と"武士"が消えていく。
私はそれから30分ちょっと、社務所で宮司の奥様とおしゃべりしながら待った。


宮司と"武士"は和やかに笑いながら戻ってきた。
私たちは、夕食を準備しそうになっている奥様に丁寧にお断りして
お礼を言って、神社を後にした。
また宮司が笑って言う
「次くるときは宿はいらんよー。ウチで泊まって、バーベキューしよう」
もちろん、もっとこっくりとした高千穂弁でおっしゃっていたんだけど。


荒立神社と私たち本殿でどんな話をしたか、"武士"は今でも教えてくれない。
「御扉(みとびら)の中で見聞きしたことは
 宮司さんと自分だけのものなんだ」
えー、話しちゃいけないって言われたの?
「言われてないけど、話さなくてもそれは分かるんだよ…。
 Leeは話し上手な宮司しか見れなかったけど
 御扉の中の宮司はまったく違う
 …うまくいえないけど、スゴイ、本物の神主だったよ
とウットリしている。
ふーん。じゃぁ、私のこと大事にしなさい、とか言ってなかった???
と聞くと、"武士"は真顔になってこう言った、

「じゃぁね、特別に2つだけ教えてあげるよ。
 興梠宮司はね、Leeのことは全部知っていたよ
 こちらから何も言わなくても、全部Leeのことはご存知だった。
 大事にしなさいって叱られた」

なんですってーーー! ますます気になるじゃないのーぅ!!!
これはまた必ず、高千穂に戻ってくる必要がありそうねー。
というか、ぜったいまた来るね。
食べものは、地のものに勝てないから
美味しそうなバーベキューソースでも仕入れて来ようか???


ものすごくシアワセな気分でホテルに戻った私たちでした。
以下、最終日編につづく

Comment

 秘密にする

高千穂、ぜひいってみたくなったわ~v-10
miftaah | URL | 2009/02/05/Thu 13:39[EDIT]
>miftaahさま
そうなのよ! きっとmiftaahちゃんなら、さらにイロイロなものをキャッチできると思うのだe-339
Lee | URL | 2009/02/05/Thu 15:37[EDIT]
むむー
きになる・・・
リー | URL | 2009/02/06/Fri 03:35[EDIT]
>リーさま
ふっふっふ、きになってきたでしょー!
願いの宮とはまた違った、手ごたえのある神社でしたよ☆
Lee | URL | 2009/02/06/Fri 17:45[EDIT]
なんだかワクワクする旅ですね。
私も来週、九州へ飛ぶのです。福岡なのですが。
今から情報を集めてワクワクしています。
旅の醍醐味ってやっぱり人との出会いかなー。
インタビューが趣味なので福岡でもやりたいです。
誰に会えるのか楽しみです。
とろ改めりお | URL | 2009/02/06/Fri 23:10[EDIT]
>りお様
わー、福岡にいらっしゃるんですね! もう10年以上行っていません。
美味しいものがたくさんありそうですよね~e-146
楽しんでいらしてくださいね。

人との出会いが醍醐味、私も大賛成☆です。
私もいろいろ質問しちゃうタイプなので、
もし一緒に旅したらスゴイ旅になりそうですね(^-^)
Lee | URL | 2009/02/07/Sat 10:34[EDIT]
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。