毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地ビールとババヘラと づんだ餅
この夏のおシゴトの下準備として
生まれて初めて秋田の地を訪ねてきました。
あ、中学の修学旅行でチラッと十和田湖に行ったっけ。
でもあれは東北周遊でガーっと通過しただけだったので
意思をもって行くのは初、っていうことで。

akita1.jpg akita2.jpg

秋田新幹線に乗る。が、この朝の強風のため出発が25分遅れる。
この新幹線って、途中まで他の新幹線と連結して運転して
盛岡で切り離して秋田方面に行くのね~。
しかも、途中で線路が単線になるので
上り列車の通過待ちで2回待って、結果50分遅れになった。
なんだか日本の電車じゃないみたいだわ。。。

訪れたのは、角館から田沢湖周辺。
でもシゴトで行ってるから、観光地はちょびっとしか見てません。
シゴト先は、米どころ秋田の原風景。
田んぼのあぜ道を歩いて、お話を聞いてきました。


akita3.jpg akita4.jpg

それから秋田の地ビール第1号【田沢湖ビール】を見学(これもちゃんとシゴト)。
『ジャパン・ビア・フェスティバル2006』で金賞を取った、とっても美味しいビールだけど
工場長の小松さんは
「ビールは、ワインのように細かく分析して飲むんじゃなくて
 感覚で『ぷはーっ、美味しい!』と思ってもらえば
 それでイイんですよ。だからコンテストは…本当は苦手なんです」
と恥ずかしそうに笑う。
タンクから直接、ビールを注いで飲ませていただく(写真上の左)。
…ビールってこんなに美味しかったの!!!
と感嘆符をふり撒きたくなるほど、美味しい(人´∀`).☆.。.:*・゚
香り、味、喉ごし…素晴らしいなぁ。
田沢湖ビールの特徴は、5種類のレギュラービールがある。
この中の「ケルシュ」が金賞、「ダークラガー」「ピルスナー」が銅賞を受賞。
それに「アルト」は『ジャパンビアカップ』の金賞を受賞している(私はこの「アルト」が一番好きかも)。
まさに地ビールのメダリストだらけの感じね~。
そのほかに、特別ビールとして
秋田の樹液を活用して作った「ぶなの木」ビールや
ほんのり色づく春限定の「さくら」ビールなども豊富にある。
一度、ぜひお手に取って飲んでみてくださいませ。
東京だと、有楽町駅前の【花まるっ秋田ふるさと館】で買えます♪

ちなみに田沢湖ビールの人によると、大手のビールメーカーで
美味しいなぁと思うのは、『キリンビール』だそうです。
なぜなら職人さん気質をとても大切にしてる会社だからとのこと。
同業者さんの話は面白いなぁ。


akita5.jpg akita6.jpg

夕飯にも朝食にも豊かな山菜料理をいただいて
翌日も山間を見てまわる。
こんこんと水の流れる沢は、本当に癒される。。。

移動中に角館で、かの有名な「ババヘラ」アイスを発見!
おばあさんがヘラでアイスを花のように盛ってくれるから
「ババ」ぁがアイスコーンに「ヘラ」でアイスを盛ってくれるから「ババヘラ」
薔薇の形をリクエストしてみたけど…どぅ?(写真上の右)
でも、本当に薔薇をヘラで作れる人は、公式サイトによると
 > 45人いる売り子の中でもたったひとり。
 > その売り子さんの名は橋本さんです

とのこと。いいなぁ橋本さん、出会ってみたいなぁ(≧▽≦)


akita7.jpgそれから私は秋田の日本酒【刈穂】の酒蔵を見学する
(これもおシゴト)。
お酒は寒い冬に作られるものとのことで、
今回は蔵の中で製造工程の説明のみ。
昔は科学的な根拠ではなくて、様々な人の失敗と経験を通じて
お酒造りに最適な方法を見出してきたそうだ。
今でも【刈穂】は1つの蔵で、手間隙かけて日本酒を作っている。
味は辛口。米の香りの高いお酒。
秋田のイイお米と、穀倉地帯の豊かな水で作られている。
秋田料理屋とかで見つけたら、一度お試しあれ


akita8.jpg akita9.jpg

帰りは、調べたいことがあったために仙台を経由する。
ほんの少しだけ自由時間ができて、
この日 偶然に仙台に出てきていた宮城の男友達とお茶する。
彼は今は、夢に向かって挑戦中。
不正には強く、女とお酒には弱めの彼だけど
あったかくて、見捨てなくて、人が集まってきちゃうような人。
仙台で創業130年の【源吾茶屋】に案内してもらって
名物「づんだ餅」をいただく(写真上の左)。
…緑のナニかが たっぷり餅にかかっている。何これ?
一口食べて驚く。えーっ、枝豆なのに甘いソース!
違和感はぬぐえないけど、美味しかったで♪。
本当にちょっとだけだったけど、彼に会えて話が聞けてよかった!
来てくれて、本当にありがとう。ごちそうさま☆

夜は、仙台なので牛タンを【味太助】で食べる。
男友達のアドバイスどおり、牛タンはオーストラリア産でなくアメリカ産をオーダー。
大正解。柔らかくて、ジューシーで感激しました!
やっぱり地元の人の情報は間違いないねぇ。

ということで1泊2日で秋田と仙台を駆け足で見学。
シゴト、がんばらなくちゃなぁ。

Comment

 秘密にする

実りある旅だね。

自分も東北はゆかりがなくて、
ほとんど知らないのです。
(勉強会で仙台に日帰りで行ったことあるくらいかな)

「ずんだ」
甘いモノ苦手だけど、色がキレイでみるのは大好きです。

地元の人の話、同業者の話って面白いよね。
アサヒビールはどうなのか、サッポロはどうなのか
ちょっと聞いてみたくなりました。
Daigo | URL | 2007/05/14/Mon 01:57[EDIT]
なんて美味しい仕事なの~、いやいやビールなの~、笑。東北にはあまり行った事がないのよね~。アメリカで出張と行っても、田舎が多いと肉!とかだから、これと言った日本程の繊細なお味のものには出逢った事がないのよね~。私も日本に出張したい!!! ~て無理か。新宿ゴールデン街にも行きたいわ~。学生以来、行ってないかも、、、。次は絶対に行こうっと。(何だか訳の分からないコメントでごめんよ、笑。)
向日葵 | URL | 2007/05/14/Mon 05:30[EDIT]
田沢湖ビールかなり気になります。私も工場見学行きたくなりました。。
ずんだもち?も初めて耳にしましたわ。う~ん 日本もまだまだ発掘がいが
あるなぁ~v-12
愛人 | URL | 2007/05/14/Mon 23:07[EDIT]
ありがとさんでした。
私の縄張りにいらっしゃるということで、仁義を切って頂き光栄です!(笑)
ホントに、グットタイミングでした。
久しぶりに会えて嬉しかったです。
ずんだ餅は、ビックリしたでしょう。
逆に、私は東京に行ったときに、ずんだ餅が無くてビックリしました。。
今度は、ダーリンとゆっくり温泉旅行にでもいらっしゃって下さい。
良いとこご案内します。
今の仙台はすごしやすいし、仙台七夕、松島、蔵王、桃の収穫、稲刈り、スキー、エトセトラ、、
山形、福島、岩手も良いよー
ではでは
ハッシー@修行中 | URL | 2007/05/16/Wed 12:24[EDIT]
>Daigoさま
私も東北は一緒くた(←うわ~、イッショクタってこう変換するんだ!)にしてたんですが、それぞれ歴史や個性があって面白かったです♪ Daigoさんって甘いもの、食べないんだ~。覚えておこう、メモメモ。あ、ちなみにビール話のつづきとしては、サ○ト○ーはプレッシャーがすごくて職人さんがシゴトするにはちょっと…な感じらしいです。笑。
Lee | URL | 2007/05/17/Thu 01:24[EDIT]
>向日葵さま
う~ん、アメリカは日本と比べれば新しい国だからねぇ、それほどストーリーが積もってない感じなのかな。でも国土が大きいから、鉄道とかヒッチハイクとかで大陸横断とか、別のロマンがあるけどな☆
ゴールデン街、今度 日本に来たときに時間が合えばぜひ行こうぜ♪
Lee | URL | 2007/05/17/Thu 01:27[EDIT]
>愛人さま
普段、ビールのおつまみに登場するアイツが砂糖味になって登場するのってば、けっこう衝撃的ですよ~~~! 本当に日本には知らない食べ物があるんですねぇ。田沢湖ビール、有楽町に行くことがあったらぜひお手に取ってみてくださいませ♪ 香りや味が濃くて、おいしいですよー☆
Lee | URL | 2007/05/17/Thu 01:31[EDIT]
>ハッシー@修行中さま
本当にグッドタイミングで会えてうれしかったわ! 仁義切れて本当に良かったー。やっぱり私たち、縁があるのねe-68 ハッシーの日記見ながら、こっちから心でエール送ってるので、顔みれて良かった~♪ くれぐれも体の幅と中身には気をつけてね(笑)。
今回、超短期滞在だけだったけど、もっと東北の奥深さをもっと感じたくなったわ。また行くときには相談させてね★ またゆっくり話、聞かせてください。
Lee | URL | 2007/05/17/Thu 01:39[EDIT]
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。