毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆の無人島リゾートへ
先日、幼なじみのkekoちゃんにお誘いいただいて
伊豆の小さな島にあるリゾートホテル【淡島ホテル】にご招待いただきました。

淡島ホテル。
リゾートな外観今は無き東京相和銀行のオーナーが、バブルの1980年代に
駿河湾に浮かぶ無人島に建てたリゾートホテルです。
ぜんぶで60室で、
全室オーシャンビューのスイートルーム!バルコニー付き!
以前は会員制で
メンバーのみが立ち入りを許されたホテルでした。
現在では時代も移り、一般にも開放されるようになって
雑誌などでも紹介されるようになったそうです。
それでも、1泊 もっとも安いお部屋でも 69,300円!
す、すごすぎですわね。。。

あ、ちなみにホテルのルールで
 ご利用の皆様にゆったりと快適にお寛ぎいただく為に、
   満12才未満のお子様のご来館はお断り申し上げております。

となっているのは、かなり私好み…(人´∀`).☆.。.:*・゚

駿河湾沿いにホテルの入口があり、
そこからは専用の船で海を3分ほど渡って島のホテルへ移動します。
別世界感があっていいですね~。
海の水は澄んでいて、気持ちいい。
ホテルの部屋から見える海も、底の石までキレイに見えました。
透明なエメラルドグリーン
 チェックインを済ませて、お部屋に通されると
 そこには ゆったりとしたリビングと、ベッドルーム、
 海が見えるバスルームがありました。
 バルコニーからは海と伊豆の山々が見えました。
 天気が良ければ、富士山も見えるそうです。
 静かで落ち着いた空間です。

なんともいえない感触…それから島を一周お散歩したり、
隣接する水族館でウニやヒトデやナマコを触ったり
露天風呂に入ったりして、のーんびりと過ごしました。
生きたウニもヒトデも、手のひらに乗せると
なんともいえない
じわじわじわ…としたうごめきの感触があって
なかなか面白い体験でした☆

夕食は欧風料理のコースをいただきました
地元・静岡で摂れる果実を使ったワインも食前酒にあって
ミカンのワインをいただきました。
レストランは大人のご夫婦やカップルが睦まじく並んでいました。
私も年とってもラブラブカップルで旅したいなぁ。

エレガントなお部屋部屋でkekoちゃんが持って来てくれた白ワインを片手に
2人で ほのぼのと おしゃべりをする。
kekoちゃんと旅するのは
5年前のベネツィア・ミラノ以来だなぁ~。
パスポートのスタンプページが無くなる程
あちこち旅してまわるkekoちゃん。
チャーミングで優しい彼女とは9歳からの友達なので、
何でも話せる大事な存在です

翌朝、寝坊しかけても朝風呂はしっかり入って
また船に乗って伊豆半島へ戻りました。
専用の送迎バスでJRの三島駅まで戻りながら
途中下車させてもらって、三嶋大社へ立ち寄りました。
松坂大輔選手が結婚式を挙げたというのでも有名な神社です。

そこから、てくてく歩いて半時間ほどかけて
【柿田川公園】へ行きました。
ここは富士山に沁み込んだ水が常に湧き出ている水の公園。
その量は1日約100万トンで、東洋一の湧水量といわれているとのこと。
写真だの、水の輪が出ているところや
底の砂が舞い上がっているのが、水の湧き出ているところです↓
中央左側から 青い底から
その水はどこまでも豊かに澄みきっていて、飲料水に なるほどのピュアさだそうです。
派手さはないですが、とっても清々しい気持ちになれました…

そんなこんなで女2人で のほほんな旅でした。
誘ってくれたkekoちゃんに大感謝です。ありがとう!!!


charm.jpg 今回の旅をコーディネートしてくれた御礼に
 お礼に、私とお揃いのハッピーチャームをプレゼントしました
 シンデレラ風水の谷口令先生のオリジナル作品で
 ラッキーモチーフがいっぱいついた贅沢チャームです
 それぞれのチャームに意味があって
   カメリア・スワロフスキー(恋愛運・金運・社交運)
   ハート(愛情運)
   バラ(良縁・結婚運)
   ティアドロップ(ビューティー運)
   水玉(出世運・勝負運)
   コイン(金運)
 全部で9個のチャームです。
 「9」には"完成"という意味があるそうです。  
見た目よりも実際に持ってみると軽くて
とにかく どこから見てもキラキラしていて、運気もテンションもアガりそうですよ

Comment

 秘密にする

憧れるし、ガキがいないってのもいい!
でも、小遣い制には厳しい料金設定だわ・・・
kan | URL | 2009/10/16/Fri 09:12[EDIT]
>kanさま
いやいやいやいや、パパな貴方が(笑)。
でも、そういうとこが嫌いじゃない☆

もちろん、上記の値段は定価なので、いろいろ探せば
もうちょっと手の届くものもあるみたいよー。
非現実への対価、かな?
Lee | URL | 2009/10/16/Fri 23:37[EDIT]
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。