毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NY#10(その4) popなホテルと、剣と聖杯
【NY#10(その3) 神様の声を聞くには】コチラ


あぁ、もうちょっとNY日記、書いても良いですか???

今回、ステイしたホテルは、【エクスペディア日本語版】 で予約しました。
これまでは、【hoteldiscount.com】 など、がんばって英語で取っていたんですが
日本円強いことだし、やっぱり日本語で細かい部分まで読めて安心でした☆
ちなみにエクスペディアの英文サイトとも見比べましたが、価格差がなくて、さらに好感触。

で、泊まったのが51stの東側、Grand Central駅から斜め右上に行った位の所にある
【The Pod Hotel New York】
なんだか、ミニマムでpopなホテルでした。
ホテル入口 廊下もpop
私が泊まったのは、シェアードバスのシングル
…つまり、1フロアに共用のバス・トイレがあって、部屋にはないってこと。
で、素泊まりで、1泊$110前後(エクスペディアの割引で)。
それでも、NYのホテルにしちゃ、この便利な立地では格安なのよ~。
1週間以上の宿泊だったからか、角部屋になってて日当たりも良かった
ベッドとデスク 細長い部屋です
エメラルド色のソファが夜にはベッドになります。その下が引き出しになってます。
あと部屋にはハンガーラックと小さな洗面台。
乗ったことないけど、客船の宿泊室って、こんな感じ?
部屋のドアに説明書きがありました
ムフフ
 ① 自分の荷物をしまって
 ② ベッドカバーをはずして
 ③ ハンガーラックの上にある枕を掴んだら
 ④ あとはお楽しみください
      …みたいな感じ?

あぁ、点いてる… シェアードバスのホテルやアパートメントは
 何度か泊まったことがあるので大丈夫でしたが
 このホテルの秀逸なところは、
 現在バスルームが使用中かどうかを
 ドアの上にあるサインで見られるところ
 私は最上階で、バスルームが2つあったんですが
 左の写真の場合、片方が使用中ですよーの意味。
 せっかく行ったけど、全部使用中だった…ということもなく
 もし両方ふさがってても、他のフロアへ行くか、10分くらい待てば
 また使えるので、なんとかなりました。
 とっても掃除の行き届いていたので、気持ち良く使えました。

繋がってウレシイあと、じつは私、このホテルで
無線LANデビューを果たしました
このホテルは各部屋、無料でネットし放題でした。
これまでただの旅日記の筆記用具だったPCくんが
今回は ものすごーく心強く感じられました。
波がかーなーりー微弱だったんで
ブログが書けるほどではなかったのですが
気になったお店の支店を探したり
New Jersey行きの電車の時刻表を見たり、助かった~♪


バス車内 こんなホテルを今回の基地にして
 例によって地下鉄とバスを駆使して
 街を東西南北に うろうろと歩きをしておりました。
 基本的には地下鉄は南北にしか走っていないので
 バスでの東西の移動は かなり便利。
 あとバスだと、急いでなければ
 街並みを見ながらゆっくり移動できるので
 けっこう楽しいんです。
 荷物を持ってると、男性が私に席を
 ゆずろうとしてくださったりして、またニッコリ。


てくてく歩いた橋話は ガラっと変わって、今回初めて体験したのが
「メトロポリタン美術館&クロイスターズ訪問」
「フリックコレクション見学」
「ブルックリン橋を歩いて渡る」

(R平ちゃん、ありがとー!)だったのですが
もう1つ、トライしてみたのが
「お坊さまによるタロット占い」

うふ。

NYでお坊さまであると同時に
沖縄三味線演奏者、シンガー、占い師、ヒーラーであるという
Kossan にお会いしました。
mixiのNY関連のコミュニティでの書き込みを拝見して
楽しそうだなーと思って、メッセージをお送りしてみたんです。
お目にかかった Kossan は
竹中直人のカッコイイ部分だけ残して柔和にしたような
それでいて芯の強さを秘めた、面白い方でした
また、うまく言えないんですが、
正統派じゃないアプローチでアンビバレントな世界をつなぐ姿が
なんだかとても親近感というか、憧れというか、興味深かったのです。

で、「お坊さまならではの視点も交えたタロット占い」なんて
滅多に出会えないんじゃないか!と思って、お願いした次第でした。
そして、その結果は…
以下、タロットが ちんぷんかんぷんの方は、下の方まで飛ばし読みしてくださいませ。

前半は、めくってもめくっても
SWORDS、つまりそのものや
剣を持った大アルカナのカードが出っぱなし。
過去・現在・未来と、闘いっぱなしの私が丸見えで…いやはや、なんともね
「自分の可能性を広げたい、という強い信念」はイイんだけど、
「アグレッシブすぎる。個性を中和させなさい」とも。。。

そして、立場や対策や周囲…と後半になると
今度は、CUPS聖杯がどんどん出てきて
つまり、「鎧ではなく、心や愛情を大切になさい」ということでした。
あらっ、もしかして…と思っているうちに
最終結果に出てきたのは…
『Knight of PENTACLES(金貨の騎士)』という
真面目で誠実で忍耐強い、男性のカードでした。

あぁ、ここに"彼"が…居てくれたんだね。ほろり…

そんなこんなで、
肩の荷物をかなり下ろすことのできた結果でした
この結果は、Kossanの所で見たときにもオドロいたけど
後から考えれば考えるほど、思い当たることが多くて、とっても驚きでした。
Kossan、ありがとうございました!
後になって コチラコチラ など たくさんのインタビュー記事を拝読しました。
来月には沖縄へ移住することを決められたそうで
NYでお会いできるのは、これが最初で最後になりますね。
またどこかで、お会いいたしましょう


歯磨き粉みたいな味…そんなこんなで
後半にはノドを痛めて、声枯れに悩まされましたが
(右は薬局で慌てて買ってきた咳止めシロップさん達)、
やりたいことを全部やって、帰って来ました
リッチな旅だったのか、つつましやかな旅だったのか
混沌しておりますが、それもまた自分らしいかと。。。
あと、なによりも健康は大事!!!
そして、愛もね…
この旅での充電した分で
なんとかこの冬を乗り切りたいと思うLeeでした

Comment

 秘密にする

Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。