毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I LOVE 預言者 (前編)
私が学生だった頃、
表参道にはイルミネーションが輝いていました…涙。

そんな学生時代、
サークルの部室で Y先輩が 授業で聞いた話をしてくれました。
以下、かいつまんで&うろ覚えでご紹介します

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

よげんしゃ、と書くときには2種類ある。
ひとつは、「ノストラダムスの予言」とかで使われる「予定」の「予言者」
もうひとつは、「預金」などに使われる「預ける」という字を使う「預言者」
聖書の中に出てくる よげんしゃ は「預言者」の方。
後者は文字を見ると「言葉を預かった者」ということになる。

「預言者」というと、なんだかファンタジーの登場人物のようだけど
なにも聖書や神話の中だけにいるわけじゃない。
現実にだって、もしかしたら現代にだって、実在するかもしれないのですよ。

かのモーツァルトやショパンは
壮大で美しい旋律を書き上げたとき
『頭の中に聞こえた音を譜面に写しただけという。
その音楽で どれだけの人が心を潤すことができたか。

歴史上の人物だけにとどまらない。
もっと現代なら、
たとえば手塚治虫が描いた『ブラックジャック』『ジャングル大帝』を読んで、
医学を志したり、自然への畏怖を知った人もいる。
でもその壮大さは、きっと手塚治虫だけの力によるものじゃないだろう。
美空ひばりの歌声で、日本中のたくさんの人の心が明るくなった。
でもその美しさは、きっと美空ひばりだけの力によるものじゃないだろう。

何かを、天または神様から言葉を預かった人は、いつの時代にも存在するのです。
たとえるなら、ラジオのチューニングが他の人より
ちょっと研ぎ澄まされている人
が時々いて、
天からの声が 他の人よりクリアに聞こえている人が、「預言者」なのです。

ただ「預言者」たちの中では、
亡くなってから評価される人も少なくなかった。
あの残酷なほど青い空を描いたゴッホをはじめとした芸術家は、
生きているうちに評価されることはなかった。。。

ですから、皆さんにお願いがあります。
もしも、自分が何かを預かっているような気がするなら、
是非、それを表すことを ためらわないでください

そして、もし自分には預かっていない…という人は
自分の周りの「預言者」をみつけたら、面と向かって褒めてあげたり
生きているうちから応援してあげてください



そしてもしも…この話をいいな、と思ったら
その時からこの話は あなたの話になるのです。
これからは、あなたの話として、誰かに話していただいて構いません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その後、授業を受けたY先輩が部室で私たちに話してくれて
私はその話を10数年以上も気に入りつづけていて
今、ここで書いている…というわけなのです。
聞いたとき、私はものすごくワクワクしました
今ではなんと言う科目の授業だったかも忘れましたが、
当時、翌年にはこの授業を取ろうと思っていました。
しかし結局、必修科目と重なっていて、受けることはできませんでした。
残されたのは、この話だけ。
それでも、とっても大好きなお話なのです…
(Y先輩、お元気ですか~?


残念ながら私は
あまり天から何かが聞こえたりはしないのですが
「あ、この人は預言者なんだなぁ」と思う瞬間が、その後たくさんありました。
桑田さんのおかげで、AIDSを知りました。
NYのBigghamさんのおかげで、なにか赦された気がしました。
オバマさんのおかげで、違いを乗り越える希望をもらいました。

そして、身近でも天からの言葉を届けてくださる人に囲まれています…
最近、いろいろ言葉をいただく事が重なったので
次の日記で、いくつかご紹介しますね

つづきは コチラ

Comment

 秘密にする

おひさしぶりです。
預言者のお話素敵ですね。
神様から何かを授かって生まれてきたのだとしたら
そして授かったものを何らかの形で具現化できたのなら
なんて素敵なのでしょう。
生きることが苦しいことであってもどれだけ救われることでしょうか。
私は病気柄、同じように苦しんでいる仲間にも出会う機会があるのですが
健常者と同じように働くことができないことで金銭面でも精神面でも
苦しい思いをしている人がたくさんいるのです。
でも病気になってしまったからといって人生が終わるわけではありません。
病気と共に生きていかなければいけないというのはある種の試練です。
そのなかにもし預言者がいるのだとしたら私は心から応援したいなと思うのです。
りお | URL | 2009/12/06/Sun 17:01[EDIT]
>りお様
おひさしぶりです!
りおさんの御心の美しさが すみずみまで感じられるコメント、
とってもウレシイです…e-420
りおさんも日々、授かったもの、ある種の試練に
真摯に向き合ってこられているんですよね。
その中から、凛としたまなざしが はぐくまれてきたのでしょうね。。。
文章から伝わってくる気がいたします。

ある種の試練、という意味では
私も外国人として生まれて、微妙に他者とスタートラインが違う中で
いろんな方に支えられて、応援されて、これまで生きてきました。
なので、今度は私が
誰かを応援できたらいいなぁ、と最近、しみじみと思っています。

そんな中でご紹介したのが、この「預言者」のお話でした。
こうして共感していただけて、なんだか私まで幸せな気分をいただきました。
ありがとうございます!
Lee | URL | 2009/12/06/Sun 22:51[EDIT]
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。