毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華の女性 アワード授賞式
今年もお招きいただきました、
【モンブラン・デ・ラ・キュルチュール - アート・パトロネージ・アワード】
(モンブラン国際文化賞)の授賞式とレセプション

世界的な高級万年筆ブランド、モンブランが1992年に設立した
モンブラン文化財団によるアワードで
宝石のような万年筆毎年、世界のアートパトロン(芸術支援者)に対して
モンブラン財団から贈られるアワードで、今年で19年目。
世界各国(今年は11カ国)から各1名ずつを選んでいて、
日本ではこれまでに平山郁夫さんや倉本聡さん、
仲代達矢さんや渡辺貞夫さんや野村萬斎さん、
そして、コシノジュンコさんが受賞されてきました
(ジュンコ先生の授与式の様子は コチラ)。

このアワードは とてもユニークで
いわゆる"賞金"は受賞者ご本人には渡されず
受賞者が指定する芸術関連のプロジェクトに
モンブラン財団から1万5000ユーロの賞金が寄付される
…というスタイルなのです。
そして副賞として
この賞のためだけに作られた、世界で数本しかない特製モンブラン万年筆だけが
受賞者に手元に贈られる…という、
かーなーりー粋な賞が、このモンブラン国際文化賞なんです

Mr. Waddington 冒頭に挨拶に立たれた
 モンブランGBUジャパンのCEO兼プレジデントの
 ニック・ワディントン氏。
 大変な紳士で、
 某レセプションでお目にかかって以来
 いろいろお気遣いいただいています。
 今回はミセス・ワディントンにも
 ご挨拶させていただきましたが
 笑顔の絶えない、素敵なご夫婦でした。

そして、今年の日本人受賞者の名前が読み上げられると
そこに登場したのが…

万年筆入りトロフィーの授与 女優の 夏木マリ さんでした
 Leeも激しく憧れ、目指している女性
 パフォーマーとしての活躍が注目されている夏木さんですが
 今回の受賞理由は、1994年から
 演劇人としてワークショップを国内外で開催して
 後輩を指導している点が評価されての受賞だということです。

 "ワークショップ"とは、簡単にいうと参加体験型の講座のことで
 一方的な講義とは違って、
 お互いの経験やプロセスを分かち合うことができる
 …というもののこと。

普段は派手な活動に注目されがちな夏木さんご本人も
「こんなに地味な活動を評価していただけてとても嬉しいです」 と受賞の喜びをお話されていました。
ただ、続けてこられたのには ご苦労もあったようで
「悩んだときに、自分自身も海外でワークショップに参加して
 とてつもない開放感を得たことがあって
 日本でもそうした経験をしてほしいと思って始めたんです。
 でも、資金繰りはいつも大変で…。
 これからもがんばって仕事して、いろんな人に体験してもらえる場を続けていきたいと思います」

とおっしゃっていました。

天井まで響く歌声授賞式の直後には
会場で夏木さんのサプライズライブもあって
とっても華やかなレセプションでした
真っ赤なライトの中で、
ピアノ・ベース・パーカッションだけを従えて
歌い上げる、華奢な女性…。
そこには圧倒的な表現者の夏木さんの姿がありました。
中でも最後に歌った曲、
エディット・ピアフの「パダン・パダン」
私はシャンソン歌手・金子由香利さんの歌声でしか
聞いたことがなかったのですが、
夏木さんの歌声は、響き渡るような、苦悩も昇華させるような
…ゾクゾクするほどの迫力でした
とにかく、素晴らしい


華奢・華やか・昇華…
図らずも夏木さんを表現しようとすると
「華」が付いてまわる、本当にそんな女性ですね。
公式サイトを拝見したら
夏木さん、みずからプロデュースされた薔薇を売って
その売り上げを発展途上国の子供たちの支援をする 【One of Love】 という活動も
されているそうです。ますます、華 ですね。。。

美味しいシャンパンをたくさん頂きながら、
カッコイイ女性、という一言では言い尽くせない凛とした美しさを
全身で感じることのできた、素敵な授賞式でした。
同じく夏木さんが大好きなmichikoさんと一緒に
「私たちも将来、社会に貢献できるカッコイイ女性になりたいね」って
大興奮して語りあって、夜は更けていきました。。。


こちらのレセプションでは また素敵な女性との出会いもあったのですが、
その話はまたの機会に

Comment

 秘密にする

華がある方は
自然と人が集まって
華やかですよね


外見の美しさより
心の美しさが
華の質を左右しますね


自分もそう、在るよう

日々精進します
sapphire | URL | 2010/04/18/Sun 10:40[EDIT]
>sapphireさま
そうなんです。
ご本人だって、「華になろう!」と意識してないわけではないんでしょうが
それよりももっと本質的な
自分以外のものへの深い愛情があるからこそ
色褪せない輝きがあるのでしょうね~。

私も、sapphireさんと一緒に精進いたします☆
Lee | URL | 2010/04/19/Mon 23:24[EDIT]
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。