毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つたえられた伝言
週末に届いた本を、一気に読み終わった。

【夜にそびえる不安の塔】
井形慶子:著 講談社 1,575円

今年に入って急に再会できて、旧交をあたためられた女性がいて
その女性のことが、この本に取材対象として書かれていると知って
どうしても手に入れて読んでみたくなった。

昔の知り合いから
「3人の電話鑑定の占い師に偽名で相談して
 その奥にあるものを確かめてほしい」という依頼を受けた筆者。
その依頼をしてきた知り合いは行方不明になり、
筆者は3人と連絡を取り始める。
彼女たちの言葉から次々と当てられる未来。
やがて信じていた人との別れ、
その先にあったものは…。

というなんとも神秘的でクールなノンフィクション
そう、この話は実在する。
その登場人物のうちの1人を私は知っているから
彼女が登場するシーンはすべて、彼女の声で再生された。

だけど、私か今 書きたいことは、それだけではない。


この本を読んでいる最中に、"武士"から電話がきて、
彼の身近のツラいニュースを知らせてくれた。
あまりに重なった悲しい出来事に彼は心を痛めて、
私と話せる夜の時間を待っていたそうだ。
私はその声を受け止めて、
外出先だったために帰宅したらもう一度電話する約束をして、
一旦、電話を切った。
すこし沈んだ気分のまま、この不思議な本を読みながら家路を急いでいたら
次のページの 真ん中にあった3行に、私の目は釘づけになった。

> 夜明け前が最も暗いと魔法使いさんは口癖のように言っていた。
> 「光に向かって進むときが一番きついのよ」
> その言葉が杖になった。


あぁ。
私の中で、なにか太くて強い光が貫いていった感じがした。
そうだ、この言葉だ。
それはまるで
今この時に何者かが私につたえたかった『伝言』のように、
ここ数年、自信を無くしかけて、
諦めたくないけど
日々に埋もれて諦めそうになっている私に向かってきている…。
そして次の瞬間、
なんとかしてこれを、すぐ"武士"に届けたい。
私は急いで携帯メールで この言葉を転記して、送信した。
ほどなくして、携帯のメール着信音が鳴った。
そこには『Leeのやさしさが俺の杖になる』と書かれていた。


旧交をあたためられた女性に惹かれて読み始めた本が
偶然のようなふりをして、私に『伝言』を運んでくれた。
きっと何かが始まろうとしているから
私は彼女と再会し、
本の中の言葉に釘付けになり、
"武士"は杖が必要になったのかもしれない。


…そんなことを日記に書いても、
きっとわけわかんないだろうなーと躊躇して
PCを閉じて、眠りにつこうと思った矢先に
きまぐれに開いた占いページをみて
私はまた震撼することになる。

【助けてエンジェル】の今週のアドバイス

どうして見つけたか覚えていない、週間占いの載る誰かのブログ。
私の星座・獅子座への言葉は、こんな言葉で始まっていた;

> 獅子座7月24日~8月23日生まれ
>
> 夜明けの前が一番暗いなどというけれど、
> その時間帯は新しい一日の準備のためにとても重要である。
> たとえば、夜明け前に見た夢の中で
> とても需要なメッセージを受け取ったことはないだろうか。…


確信に変わった瞬間だった。

Comment

 秘密にする

9月!
夜明けは9月! らしいよ
あとひとふんばり
がんばろうね
こちらも、なかなか大変です

いや、一番美しい時間をともに楽しみましょうぞ。

この日記、全面支持のg仔より
g仔です | URL | 2007/07/11/Wed 12:26[EDIT]
不思議なこと
不思議な現象って実際にあるんですよね。これは運命かも!って思える瞬間。
そこには固定概念は存在しなくて・・・
太陽の言葉を口にしたいというLEEちゃんの前向きな気持が呼寄せたのだと
思います。
私も、今、いろんなことが確信に変わってきている瞬間で。
人に対してすごく優しくなれてます。
夜明け前を準備の時間・・・すごくいい言葉ですね。私も去年、おととしが夜明け前だったみたいなの。その時に何をしたかによって、夜明けに対しての喜び、感動の大きさが違うような気がします。
なんか、よかったねv-238
kyoko | URL | 2007/07/11/Wed 14:39[EDIT]
そだね
つい最近まで、私も真っ暗な中にいるような気持ちでいたよ。
でも今は、電気を消した暗い部屋の中にいるような気持ち(笑)。
暗いけど、カーテン閉めていても、外の灯りが隙間からにじんでいて、何も見えないわけじゃない。
目が慣れてくれば、居心地が悪いわけでもない。
むしろ、夜明けを待っている部屋の中は、薄暗くて寂しいのに、実は結構好きな場所だな、と思ったら、じっと待っているのも怖くなくなった(^_^)
朝が白んでくるのが楽しみだね♪
Ryo | URL | 2007/07/11/Wed 23:00[EDIT]
>g仔さま
おぉーーーぅ! 9月、ね!!!(鼻息)
お互い、ここ数年、がんばったよね。。。もうひとふんばりも、g仔と一緒にがんばれるなら、心強いわe-344
まもなく来る、美しい時間を心待ちにしつつ…e-420
Lee | URL | 2007/07/12/Thu 00:01[EDIT]
>kyokoさま
「その時に何をしたかによって、夜明けに対しての喜び、感動の大きさが違うような気がします」というkyokoさんの言葉に、激しく同意します。人からhappyを奪う人より、与える人になりたいね。そんなこと、kyokoさんなら分かってくれそうな気がしてます…i-80
Lee | URL | 2007/07/12/Thu 00:01[EDIT]
>Ryoさま
おぉ、Ryoちゃんにもそんなことが…。あるときは流れに漂って、時が来るのを待つことも大事だね。じっと観察すれば、いろんなものが見えてくるし、きっと後になって「あの時があるから、今 このことが味わえる」ってことがあるんだろうな。
お互い、どんな朝になるか、楽しみにしてましょうe-68
Lee | URL | 2007/07/12/Thu 00:06[EDIT]
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。