毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖母と話して
なんだか祖母に会いにいかなくっちゃ、な気分になって
大好物の みかんと草餅をもって、祖母の暮す老人ホームを訪ねる。

すると祖母は、朝っぱらから ものすごーく血圧が上がって
3回計っても 機械で測定不能なほど高くて、大変だったらしい。
私が訪ねていった夕方には 
かなり落ちついてたらしく、顔色も良かったけれど
それでも、虫の知らせで行ったみたいで、ちょっと驚く。

みかんを むきむき、昔の苦労バナシを聞く。

祖母は、父方の祖母で在日韓国人の1世。
一人っ子の父が小さかった頃、祖父は脊椎の病気にかかり寝たきりになった。
家の中で介護が必要な旦那と、育ち盛りの息子、
祖母は内職をしながら 必死で3人分の家計を支えてきたけど
日本に身寄りもない、若い女がやっていくにはムリがある。

「あのね、2回だけね、『あぁ もーたくさんだっ!!!』って思って
 薬局で睡眠薬 買って、みんなで飲んじゃおうと思って
 店まで行ったことがあるの。
 ふらふらー・・・って、当時の街道沿いの薬局までね。
 でも、不思議なもんで、店の扉をガラガラって開けると
 ハッと気が戻ってくるのね。
 家族の顔が浮かんで、もうちょっとだけ
 あと もうちょっとだけ やってみよう…って」

それは私が生まれてはじめて聞いた 祖母の一家心中未遂の話だった。
えっ、そこまで追い詰められてたんだ…。

そっか…。外国で女1人で生活背負うなんて、それは辛かったね。
でも、そこで ばーちゃんが なんとか踏みとどまってくれたおかげで
私が今、目の前にいるんだよー
、って言ったら
ウンウンって言って、笑ってた。

ばーちゃんには 笑っててほしい。

出稼ぎに渡日した新郎(=祖父のことね)を追って東京に来たまま
半島で戦争が起きて、帰れなくなっちゃった祖母。
異国で、頼る人もなくて、食べるものもなくて、
まだ子供だった父にゴハンを食べさせて
「母さんはあとで食べるから、先たべていいよ」って嘘をついた。
…本当は、もう自分の分のお米は残ってなかったんだけど。

「言ったってしょうがないから、お前の父さんにも おじーちゃんにも
 愚痴を言ったことは1回もなかったのよ。1回もね。
 だって言ったって、どーにもならなかったんだもん、あの時代は」

86歳になった今、祖母は
明るく清潔で バリアフリーの新しい老人ホームで
三度三度の食事を きちんと出されて
静かに暮している。

「いーーーっぱい苦労した。もうたくさんっ!、ってくらい。
 だから今のこの暮らしの有り難みがわかるのよ」

うん。そうだね。
苦しかったからわかる有り難さって、あるよね。


相づちを打ちながら、私は一方の頭で
人は苦労をすると、他者に優しくなれるのかな、
それとも 厳しくなるのかな
って考えてた。

私の母親も 同じく海を渡って嫁いできた。
本来であれば似た境遇なのだから、
その不安さや苦労がわかって思いやっていても不思議はないのだけれど
祖母の場合は 私の母親については
ぜんぜん恵まれてるのに まだワガママを言ってて、
まったく子供のことを優先しようとしていない  って非難して
わかり合うことは、なかった。

むずかしいなぁ。

たとえば私だったら、どうなんだろう。
たとえば家族のことで ずっと苦しんできたから、
他者のそういう痛みに対して
寄り添ってあげることができるのだろうか、
それとも、『そーんな程度で辛いツライ言ってんじゃないわよっ』って
もっと辛かったんだぞコンテストをして 突き放してしまうんだろうか。

うーん。。。
考えても、すぐに答えは出そうにないなー。

とにかく、踏みとどまってくれた祖母のおかげで、私はここにいる。
ばーちゃんには なるべくこれからも 笑っていてほしい。

私に無条件の愛情を注いでくれた人だから。

Comment

 秘密にする

No title
人間は苦労をすると、優しくなれるのか、それとも 厳しくなるのか,
どっちとも真だなと私は思う。
JURI | URL | 2006/01/30/Mon 17:42[EDIT]
No title
家族話って、弱いのよ~。
ブログを読みつつ、目頭がうるうる(ToT)。鼻の奥がツーン。
ばーちゃんには笑ってて欲しいっていう
りーちゃんの優しい気持ちに感動したよ。
のぶ太 | URL | 2006/01/31/Tue 11:04[EDIT]
No title
何をもって、どんなことが“苦労”って括るのかは個人の思い方なんだと思うんですよ。
恵まれた環境でも、【愛】がわからない子も苦労?苦悩すると思うし、もちろん生活環境が苦しいのも苦労ですよね。
どちらかと言うと、自分は前者。
『人に優しく』をテーマに過ごしてるつもりですが、
優しい環境に育っていないと、それを演じることで手いっぱいです。
最終的に、厳しく・キツくなりがちなので、玉砕。。。
ただ、落ち込んでいてももっと嫌な人になっていまいそうなので、
『明日は優しく』…って切り替えてます。
厳しさも優しさも、バランスや配分さえ間違わなければ
きっと大事な人には通じると信じています。
KAYO | URL | 2006/01/31/Tue 17:06[EDIT]
No title
>JURIさま ★そうですね、優しくなるのも厳しくなるのも真。でも できれば…ねぇ。
madamlees | URL | 2006/02/01/Wed 18:28[EDIT]
No title
>のぶ太さま ★あぁ、そんな、ありがとうございます…。ここまで露悪的に家族について書くのもどーか、という声もあるようなんですが、なにも感じないフリもできなくて…。想っていても行動できない自分に地団太ふんだり しています。。。ありがとうございます。
madamlees | URL | 2006/02/01/Wed 18:30[EDIT]
No title
>KAYOさま ★そうねぇ、たしかに愛情を注がれれば、他者への注ぎ方もわかる っていうもんなんだけどネ。。。言うとおり、優しさも厳しさも気持ちを込めれば、(バカじゃなければ)通じると信じるわ。ま、あの人には通じな…ムニャムニャ。
madamlees | URL | 2006/02/01/Wed 18:36[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。