毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一度にいろんな人生に乗り移れる

友人の日記や本屋の店頭で気になってた本が、
【陰日向に咲く】  著:劇団ひとり/幻冬舎/1,400円

あの、時代遅れの俳優みたいな顔の人でしょ?ってくらいしか
とくに印象はないんだけど
…読んでみたら、最初の2ページくらいでオドロイタ。
劇団ひとり、文章がすごく巧い!

5つの短編からなっている作品で、
それぞれの登場人物が、途中ですこしだけ かすっているのが笑える。
なによりも、読んでいるうちに、自分が
ホームレスに憧れる男、売れないアイドルの追っかけ、
頭の弱い女の子、ギャンブル狂の男、浅草のコメディアン

…と、普段だったら見向きもしないような人種の人たちに
すーっと乗り移ったかのような、フシギな感覚が味わえる
それくらい、語り口がリアルで、毒気があって、可笑しくて、ちょっとチクっとくる。
時々、でき過ぎな部分もあるけど、それはご愛嬌。
そして、最後には あっ といわせる仕掛けがあったりして…☆

笑ったり、泣きそうになったりして
2日で一気に読み通してしまいました~♪
最近、読む本がないなぁ、という方はゼヒ手にとってみて下さいませ(^-^)

Comment

 秘密にする

No title
評判いいねーこれ。
あの斎藤美奈子女史をもって
「普通に直木賞を狙えるレベル」といわしめたほど。。。

読んでみようかにゃ
g仔 | URL | 2006/03/21/Tue 13:39[EDIT]
No title
おっ!これかなり気になってて読みたかったのよー。
某雑誌の対談も読んで面白い人だなーって思ってて。
即ゲットしにいこーっと。うす。
最近読んだの結構イマイチが多かったからー。
michiru | URL | 2006/03/22/Wed 14:03[EDIT]
No title
>g仔さま ★うーん、私はあまり期待しないで読んだから その上手にビックリしたんだと思うんだ。感情の波の表現が、リアルなのよ~。
madamlees | URL | 2006/03/23/Thu 23:54[EDIT]
No title
>michiruさま ★うん、私も読み終わってからライフカードのCMとか見かけると、急に才能ある人に見えちゃったりして~。単純かしら?
madamlees | URL | 2006/03/23/Thu 23:56[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。