毒にも薬にもなる人生が目標のLeeの「別天地」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなチケット入手方法もある
最近、私は あるサイトで舞台のチケットを手に入れました。
それも、定価より3000円引き

【おけぴネット】

こちらは、一般の方がチケットを買った後、
行けなくなったり、ダブったり、別日に行きたくなった時に
手持ちのチケットを譲ったり、交換したりするための掲示版サイトです。
某ネットオークションと違う最大の特徴は
『定価以外の値段でしか取引してはいけない』こと。
つまり、営利目的ではなく、チケットが不要になったけど純粋に空席を作りたくない人と、
他ではチケットが手に入らなかった人とをつなぐ
善意が前提のシステムのようです。
しかも、利用料は無料

ちなみに「オケピ」とは、オーケストラピットの略で
ミュージカルなどのときにオーケストラが入る、舞台前の窪んだエリアの略称のことです。

私の場合は すでに公演中の舞台に急に行きたくなったのですが
私が行ける日のチケットはプレイガイドではsold out
諦めていたときに、ふと以前聞いたことがある【おけぴネット】を思い出し
検索したところ、希望日のチケット譲渡希望が掲載されていたので
問合せフォームから連絡し、
返信を待って、それから条件をやりとりして
信用できそうだったので取引して、チケットを入手しました。
価格は1枚3000円引きで、
郵送料は私持ち→特定記録郵便でお願いして、
チケット代に郵送料240円をプラスして送金しました。

あくまで取引は個人同士での自己責任になるので
本当に相手がチケットを持っているか、
送金して必ずチケットを渡してくれるかの見きわめが肝心です
今回、私が取引しよう、と先方を信用できたポイントは

 *譲渡を希望している方の観劇歴が長く
  (相手が おけぴ会員なら相手のプロフィールが見られます)
  チケットを譲る理由も「同公演の別日を観ることになったので」とリーズナブルだったこと

 *チケット番号を尋ねたところ、具体的に明確に回答してくれたこと

 *メールのやりとりで、連絡先として住所や携帯番号も送ってくれて
  さらに口座名でご主人の名前も伝えてくれたこと

などを見て、信用できそうだと思いました
もちろん、相手に信用してもらえるように、私も丁寧に迅速に
リアクションするように努めました

ほかに、サイト内には『危険度チェックツール』
手数料がとられますが『おけぴ入金お取次ぎサービス』もあるので
適宜、使ってみるのもイイかと思います


逆に、観たい公演が決まってなくても
「今日の公演分」「明日の公演分」というのもあるので
受け取り方法さえ解決できれば、ふらりとお得に舞台を見に行くことも可能に


ということで、私はとても助かりました。
カテゴリも
「宝塚」「劇団四季」「ミュージカル」「演劇」「オペラ」「バレエ」「歌舞伎」
「伝統芸能」「クラシック」「コンサート」「お笑い」「その他」
とあるので、見てるだけでも楽しいですよ~

では、行ってきます
オレンジ・ピーコック!家を出るまであと5時間を切った午前3時に
まだ荷づくりが終わっていなくて
途中で飽きてきてブログを書いているLee。
あまりにギリギリまでバタバタの日常で
爪の色をオランダ・カラーの
オレンジ色にしてもらってくるのが精一杯でした!
まだあの本も、この本も読めてない。。。

今回、私はエールフランスでパリ経由でアムステルダムへ行くのですが
ネットで調べたところ、格安航空券の旅行社を通すよりも
航空会社の正規の割引航空券の方が安かったので
(ここ数年、そういうことが増えてきました)
今回も航空会社の公式サイトで直接購入しました

で、こんなサイトを見つけました
【SeatExpert】
自分が乗る航空会社名とフライトナンバー、日付を入れると
その便のどの座席がGood/badかを
教えてくれる、大変便利なサイトなのです!

せっかく事前にシートが選べるなら、なるべく当たりの席が良い、
ということで、さっそく自分が押さえようとしているシートをチェック。
すると、その席は「Good(良い)」けど「Beware(要注意)」で
理由は「前に座席がないから足元が広い」が
「アームレストが動かない席」である、ということなどが細かく書かれているのです
これまでも、座席表だけを見られるサイトはあったけど
当たり席・はずれ席がわかるサイトだなんて、すごいなぁ~。
で、今回は その「Good/Beware」な席を事前にゲット
今後、事前にネットでチェックインできるフライトを利用される方も
知っておいて損はないサイトだと思いますよ

さーて、荷づくりの仕上げに戻りますか。
ということで、行ってまいります

そんな日本に誰がした(PCから どうぞ)
私の"ガラウケ"(身柄引受人)・Tさん
だいぶ前からTwitterを使いこなしていることは知っていたのですが
何度かアカウントを教えてもらいそこねて
先日、やっと聞き出してフォローしました。
だって、ご自分のツイートが
すごーく気に入っているみたいだったんですもん。

で、そのツイートの中で紹介されていたある動画が
興味深かったので、ご紹介いたしましょう。
左下の再生ボタンをクリックしてご覧くださいませ。
ナレーションがあるので、音付きで どうぞ
(11分強ありますが、あっという間です)

Japan - The Strange Country (Japanese ver.) from Kenichi on Vimeo.


元記事は
『あなたの知っている日本と違う!?データが教える不思議な国ニッポン』
です。
淡々とした男性のナレーションとともに
ポップなイラストで次々と説明される日本の姿は
時に笑えて、わかりやすくて、それでいて後から じわっと来るコワさが 秀逸。。。

もちろん、切り口に偏りがあるとか、あまりにも極端だとか
イロイロ反論もあるんでしょうが
知ったつもりで知らない日本、
気づかないふりをしている日本…、
そろそろ、どーにかした方がイイんじゃないでしょうか?
誰かが、じゃなくて、自分たちで。

…そんなことを考えさせられる動画ですね
Tさんのツイート、ご自身がおっしゃるとおり、勉強になりました

おなか よじれるぅ(PCから どうぞ)
石井ゆかりさんの日記より。
あまりにタイミングが合いすぎてて、おなかよじれるぅ


マイケル、ただの陽気なオッサンに…!(白目)

猫に先を越される
今朝はこのニュースからでしたねぇ。
いつも荷物の多い私には、使いこなせそうにないですが。。。
これは可愛い



肉球で画面をぽふぽふしても、キズは付かないそうです。
猫にはたまらん うにょうにょだなぁ~
Copyright © 「言葉芸者」の別天地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。